Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/10/05
Update

【テネット解説】主人公の名もなき男の秘密ネタバレ考察!映画冒頭間もなく死んでいたことの検証

  • Writer :
  • 増田健

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!

SF映画、クリストファー・ノーラン映画ファンのみならず、スケールの大きな大作映画を待ち望む世界の観客を集め、大ヒットを記録した映画『TENET テネット』。

内容は非常に難解だと話題です。繰り返し見る者、複雑な映画に挑もうとする者が、映画館に足を運んでいます。

自作に最新の科学考証を取り入れ、劇中に登場する言葉に仕掛けを用意しながらも、発見と解釈は観客の手に委ねるノーラン監督。

『TENET テネット』に関する様々な説に触れ、自分自身の解釈を生み出すのも楽しみ方の一つです。

スポンサーリンク

映画『TENET テネット』のあらすじ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

正体不明の敵に捕らえられた”名も無き男”。拷問を受けた彼は死を覚悟します。

目覚めた彼は未来から現れた敵と、人類の存亡をかけた戦いが行われている事実を告げられました。

未来で開発された、時間の逆行を可能とする装置を駆使した戦いに身を投じる”名も無き男”。

未来からの敵に協力する者は何者か。そして仲間と共に、彼は最後の戦場に向かいます…。

詳細なストーリーを知りたい方は、こちらをお読み下さい。

過去の名作映画でも活躍する”名も無き男”


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

※以下、ストーリーに関わる記述があります

冒頭、オペラハウスのテロ現場の突入部隊に加わる”名も無き男”。そこで多くの人々を救うものの、敵の手に捕らえられます。

拷問される”名も無き男(Protagonist=主人公)”。彼は自殺用の毒薬を取り上げられ追及を受けます。任務の秘密を守ることを選んだ男は、自らの命を絶とうと試みました。

ここで映画のタイトル、『TENET』が現れます…。

目覚めた”名も無き男”は目の前の男から、お前は死んだと告げられ、使命を与えられ新たな世界で生きるよう求められます。

さて、ここで”名も無き男”は、突然現れた男から告げられたように、文字通り死んでいたのでしょうか?

この構図は過去の映画の中に度々登場しています。

古くは黒澤明監督の『用心棒』(1961)。三船敏郎演じる主人公は”名も無き男”で、偽名として”桑畑三十郎”を名乗ります。

彼はヤクザたちに捕らえられ、拷問され半死半生の目に遭って逃れ、最後の決闘に臨みます。

『用心棒』はイタリアの西部劇映画、『荒野の用心棒』(1964)としてリメイクされました。

『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドが演じた主人公も”名も無き男(Man with No Name)”。

激しいリンチを受けた後に、最後の戦いを繰り広げます。

『荒野の用心棒』以降の西部劇映画にリンチを生き延び、逆種する主人公の姿は度々登場します。その後のアクション映画でもお馴染みとなる展開です。

これは疑似的な死から復活した主人公が、救世主となり悪を倒し人々を救う姿が、キリスト教的な価値観に重なり、好んで使われた結果です。

スポンサーリンク

フェイとバーバラの正体とは


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

『TENET テネット』は『用心棒』以降の、アクション映画で繰り返し描かれる展開に実に忠実な映画です。

普通に解釈すれば主人公が意識を取り戻した時点で、彼は死んでいません。比喩としてお前は死んだ、と告げられたはずです。

“名も無き男”にそれを告げた、この場面にしか登場しない人物の名はフェイ。

“妖精”の意味を持つ、神話的性格や未来を見通す力を示す名です。キリスト教的に解釈すれば、”天使”のような存在でしょうか。

フェイの言葉に従った彼はバーバラと出会い、銃の発砲が逆行する現象を見せられ、時間の逆行を理解します。

彼女もこのシーンにしか登場しません。バーバラの名にキリスト教的意味を求めると十四救難聖人の1人、聖バルバラ(バーバラ)にたどり着きます。

聖バルバラは建築家や消防士や鉱夫、そして囚人と砲手の”守護聖人”です。『TENET テネット』の主人公を守る聖人に相応しいのは、偶然でしょうか。

もし”名も無き男”が死んでいればその前に”天使”と、囚われ人と火器を操る者の”守護聖人”が現れ、彼を新たな世界に導いたと解釈できます。

キリスト教、カトリックの教理で死んだ者の魂は、天国と地獄の間にある「煉獄」に行き、そこで浄化されて初めて天国に迎え入れるとされています。

『TENET テネット』の世界を「煉獄」とすれば、そこにいる人々は天国に迎え入れられるか、地獄に堕ちる時まで延々と試練に耐えるしかありません

フェイとバーバラは普通に解釈すれば、人類の滅亡を企てる未来人を阻止する側の未来人、もしくはその意志に忠実な者です。

その名の宗教的意味と、”名も無き男”が「死んで、蘇った」直後に現れた点に着目すると、彼を異なる時間が支配する世界、来世にいざなったと解釈できます

こうして”名も無き男”は時間が逆行し循環する、逃れられない「煉獄」に囚われました。

繰り返される循環する世界


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

終わること無く繰り返される世界のイメージは、クリストファー・ノーラン監督作品に度々登場します。

『インターステラー』(2014)は様々な科学考証を駆使し、時間を越え過去に働きかける、循環する壮大な物語を作り上げました。

夢の世界を描いた『インセプション』(2010)。登場人物は今いる世界が、夢か現実かを判断する手段として、トーテムを持っていました。

結末が現実であればハッピーエンド、夢の世界であればそこに、永遠に囚われていることになる『インセプション』の主人公。

ラストシーンで主人公のトーテムであるコマは、果たして倒れたのか回り続けたのかは、映画を見た者の間で議論の対象になります。

『プレステージ』(2006)では奇術師として、自分の複製を作ると共に殺害し続ける、狂気じみた男の姿を描きました。

『メメント』(2000)では記憶障害を持った男が、その症状を利用して繰り返し、自らを復讐に駆り立てる姿を描いています。

さらにこの作品は全ては主人公の空想であり、病院に閉じ込められた男の頭の中で繰り返す、果たされることの無い復讐劇とも解釈を生みました

ノーラン映画のる主人公は、抜け出せない循環に囚われた、「煉獄」の住人のイメージで創造されているのです。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

『TENET テネット』のタイトルが出る前に、”名も無き男”は死んでいないと解釈するのが自然です。

本作のラストで”名も無き男”は、死んでいた男により救われます。

時間が逆行する世界では、自分の死を踏まえた上で、状況を上書し修正することが可能だと示しました。

『TENET テネット』の世界にも死は存在するが、時間への逆行を利用すれば、自分の死を超越した行動が可能です。

“名も無き男”が死んだとしても、正確には「時間に逆行してきた自分の死を目撃しても」、それを踏まえて行動することが可能だと、このシーンは教えてくれました。

“名も無き男”は、巡行する時間の流れにいる人間には、死を超越した人物に見えるのです。

その意味で彼は、死後の復活を遂げた男であり、ゆえに世界を救う救世主になりました。

しかし彼自身は「煉獄」に囚われ、人知れず永遠に戦い続ける宿命を背負ったのです。

改めてフェイとバーバラの正体は何者でしょう。正義の側の未来人でしょうか。

それとも、抵抗組織を作り上げた”名も無き男”の指示で、彼を「煉獄」に案内する役割を引き受けたのでしょうか。

ノーラン映画に重ねて登場する「煉獄」のイメージ。

『メメント』は自らを復讐に駆り立て、『プレステージ』では自らを破壊する行為を繰り返します。循環から抜け出す時は、地獄に堕ちるであろうイメージしか得られません。

『インセプション』や『インターステラー』では、循環の中で愛する人に迫ろうと試みます。作品を重ねる毎に「煉獄」に生きる登場人物の行動は、前向きなものに変化します。

『TENET テネット』で”名も無き男”は、フェイとバーバラという”天使”と”守護聖人”に導かれ、「煉獄」に足を踏み入れました。

その戦いは彼自身にとって魂の浄化です。”名も無き男”が循環する「煉獄」から離れる時は、おそらく天国に向かう時でしょう。

このように解釈すれば彼は死んでいるのだ、と受け取れるのです。

映画の中に様々な仕掛けを散りばめたクリストファー・ノーラン。それを意識せずとも『TENET テネット』は、アクション映画として楽しめます

しかし劇中のワードやピースを集めると、様々な解釈が可能になります。

ノーラン監督は作品の解釈を観客に委ねています。それを大いに楽しみましょう。

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー!




関連記事

SF映画

映画ランペイジ巨獣大乱闘|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『ドクター・エクソシスト』でホラーファンを震えがらせたブラッド・ペイトン監督! 『モータルコンバット』シリーズで同じみのゲームメーカー“ミッドウェイゲームズ”の同名ゲーム「ランペイジ」を映画化。 …

SF映画

『アリータ:バトルエンジェル』感想と評価。ジェームズ・キャメロンの名作映画を連想させる!

映画『アリータ:バトルエンジェル』2019年2月22日よりロードショー 日本の名作SFコミック『銃夢』を、『アバター』のジェームズ・キャメロンが完全映像化! 意外な驚きを与えてくれた本作、映画『アリー …

SF映画

【テネット内容解説】007スパイ映画と IMAXから考察。音楽の可能性も含めてノーラン様式美を深掘り!

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 映画がデジタル化し、CGの使用が進む中、IMAX65㎜フィルムカメラでの、実物を使用した撮影にこだわりを見せる、クリスト …

SF映画

『テネット』ネタバレ考察評価と結末までのあらすじ。ドラえもんのようなタイムトラベルと時間の逆行

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『メメント』(2000)では記憶を通して時間を描き、『インセプション』(2010)では夢の世界で、『インターステラー』( …

SF映画

映画『AI崩壊』ネタバレ感想とレビュー評価。大沢たかおを“世界的俳優”たらしめる入江悠オリジナル監督・脚本作

映画『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国ロードショー公開! 決して遠くはない未来である2030年の日本を舞台に、一つのインフラと化した巨大AIの暴走とそれに立ち向かう人間の姿を描く近未来S …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学