Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2022/07/31
Update

【ネタバレ】ジュラシックワールド3|あらすじ結末感想と解説評価。最後の完結で天才スピルバーグが描いた“世界のあり方”とは⁈

  • Writer :
  • さくらきょうこ

「ジュラシック」シリーズ、待望の完結作!

1993年、スティーブン・スピルバーグが『ジュラシック・パーク』を発表してから29年。監督や主人公を変えながら続いてきたこのシリーズは、6作目となる本作でついに完結します。

2015年に始動し、実際の時間軸と同じように進んできた「ジュラシック・ワールド」シリーズは、オーウェンとクレアという二人の男女を中心に展開してきました。

本作『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』では“初代”『ジュラシック・パーク』に登場したアラン・グラント、エリー・サトラー、イアン・マルコムの3博士が加わり、シリーズファンにはたまらない豪華な展開となっています。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の作品情報

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Jurassic World: Dominion

【監督】
コリン・トレボロウ

【製作総指揮】
スティーブン・スピルバーグ、アレクサンドラ・ダービシャー、コリン・トレボロウ

【キャスト】
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ディーチェン・ラックマンほか

【作品概要】
「ジュラシック・ワールド」シリーズの3作目です。監督は『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウが再び務めましたが、彼はシリーズ3作すべての脚本に関わっています。

そしてシリーズの“最終章”にあたる本作は、恐竜が隔絶された島から放たれ、人類と恐竜が共存する世界へと変化するというビジョンのもとで製作されました。

製作総指揮はもちろん、シリーズの生みの親であるスティーブン・スピルバーグ。彼がマイケル・クライトンの原作に興味を持ち映画化の権利を獲得してから30数年、途中14年も新作が公開されない期間もありましたが、ようやく完結の時を迎えました。

「ジュラシック」シリーズ全作を一気におさらい!

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

『ジュラシック・パーク』(1993)

【監督】
スティーブン・スピルバーグ 

【キャスト】
サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、リチャード・アッテンボロー、B・D・ウォンほか

【あらすじ】
インジェン社の社長ジョン・ハモンドは、最新のクローン技術によって恐竜たちを現代に蘇らせました。

コスタリカ西方の島にテーマパークを建設し、一般公開に先がけ専門家3名を招き園内を案内させますが、高圧電流の柵にトラブルが発生。獰猛な肉食恐竜が獲物を求めて暴れだします。

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)

【監督】
スティーブン・スピルバーグ 

【キャスト】
ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、リチャード・アッテンボロー、アーリス・ハワードほか

【あらすじ】
閉鎖されたジュラシック・パークの近くにあるイスラ・ソルナ島は“サイトB”と呼ばれる恐竜の繁殖地。そこでは今も恐竜たちが多く生息しています。

インジェン社の新社長ピーターは会社を立て直すため、新たなパークをアメリカ・サンディエゴに建設し、そこに恐竜たちを移送することを企てます。

それを阻止するためにジョン・ハモンドは、かつてパークから生還したイアン・マルコム博士らをサイトBに送り込みます。

『ジュラシック・パークⅢ』(2001)

【監督】
ジョー・ジョンストン 

【キャスト】
サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニヴォラ、トレヴァー・モーガンほか

【あらすじ】
研究資金不足に悩まされている古生物学者アラン・グラント博士は、支援を申し出てくれた事業家ポールとその元妻の希望でサイトBへの同行を渋々承諾します。

しかしポールたちの本来の目的は、行方不明になった息子を探すことでした。そして着陸しない約束だったのに、飛行機は島へと降り立ってしまいます……。

『ジュラシック・ワールド』(2015)

【監督】
コリン・トレボロウ

【キャスト】
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー、B・D・ウォン、イルファーン・カーンほか

【あらすじ】
インジェン社を買収した事業家サイモン・マスラニは、新たに高級リゾート施設として「ジュラシック・ワールド」を運営していました。

施設の責任者クレア・ディアリングはマスラニから、新たに開発された凶暴な“キメラ恐竜”「インドミナス・レックス」の防壁について、ラプトルの調教に成功しているオーウェン・グレイディに意見を聞くよう指示されます。

ところがオーウェンが現場に向かうと、そこにレックスの姿が見えず……。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)

【監督】
J・A・バヨナ

【出演】
クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、ジェフ・ゴールドブラム、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェルほか

【あらすじ】
「ジュラシック・ワールド」での事件から3年。放棄された島では、火山活動によって恐竜たちは生命に危機に瀕していましたが、救出するか否か世論は割れていました。

恐竜保護団体を設立したクレアは、ハモンドの盟友ロックウッドの資産管理を任されているイーライ・ミルズの依頼を受け、恐竜たちを救出すべくオーウェンたちとともに島へ向かいます。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のあらすじとネタバレ

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

4年前に解き放たれてしまった恐竜たちは、世界中に散らばり繁殖を続けています。人々は恐竜に襲われる恐怖と隣り合わせで生活し、ある者は保護を訴え、ある者は闇で売買する……そんな世界になっていました。

恐竜保護団体の代表であるクレアは、密猟者の農場に忍び込みその証拠をつかもうとしますが、ナーストケラトプスの子どもを見つけると仲間の制止を無視して持ち出してしまいます。気づかれて追跡されますが、恐竜の群れに助けられなんとか逃げ切ることができました。

クレアはオーウェンとは微妙な関係のまま、彼の建てたロッジでメイジー・ロックウッドと3人で暮らしています。オーウェンは恐竜保護区で働きながらクローン人間であるメイジーを守り、また近くの森に住むヴェロキラプトル「ブルー」とその子ども「ベータ」を見守っています。

14歳になったメイジーは相変わらず町に出ることを禁じられ、会話する相手はオーウェンとクレアのみ。そんな日々に不満を募らせています。

ある日機嫌を損ね自転車で家を出たメイジーは、彼女をつけ狙っていた何者かに拉致されます。そして誘拐犯は、ベータも捕獲して連れ去ってしまいました。怒ったブルーはオーウェンの前に姿を現します。現場を目撃していたオーウェンは、必ず取り戻すとブルーに約束します。

その頃アメリカ中西部の農場では巨大化したイナゴが大量発生し、古生植物学者で土壌科学者のエリー・サトラー博士が調査に訪れていました。

「今回の蝗害は、かつてインジェン社のライバル企業だったバイオシン社と関係があるのでは」と疑ったエリーは、発掘調査中のアラン・グラント博士をたずね協力を仰ぎます。バイオシン社で講演活動をしているイアン・マルコム博士からの招待状があるので、ともに来てほしいというのです。

長年サトラーへほのかな想いを抱き続けていたグラントはそれを承諾し、二人はバイオシン社の本拠地にして、恐竜保護区のあるイタリア・ドロミーティ山脈へ向かいます。

到着後、彼らは広報担当のラムジーに案内されながらも、バイオシン社CEOのルイス・ドジスンと面会。彼は二人を歓迎しますが、エリーは違和感を拭えません。

その後二人は、講演を終えたマルコムと久しぶりの再会を果たします。マルコムは監視カメラや盗聴に気をつけながら会話し、件のイナゴの“サンプル”は地下6階「L4」で飼育されていることを告げた上でL4にに入るためのアクセスキーを密かに二人に渡します。

一方、地下のラボでドジスンは、自身がが開発したイナゴの“暴走”を気に病む遺伝子工学者ヘンリー・ウー博士の言葉を聞いていました。ドジスンは、ラプトル「ブルー」の子どもと、クローン人間であるメイジーが手に入ると伝えます。

その頃クレアは、かつての仲間で現在はCIAに勤めるフランクリン・ウェブに相談し、マルタ島で恐竜の闇市が開催される情報を教えてもらいます。そこには、オーウェンと以前一緒にラプトルを調教していたバリーも潜入していました。

マルタ島に到着していたメイジーは、身柄を謎の女性……バイオシン社と恐竜の取引をしている闇ブローカーであるソヨナ・サントスに引き渡されます。その様子を、ベータを輸送してきた貨物パイロットのケイラが見つめていました。

クレアとオーウェンもマルタに到着し、それぞれ闇市へと潜入。クレアは偶然出会った英語を話せるケイラに、メイジーの写真を見せて彼女を見たかと尋ねますが、ケイラは立ち去ってしまいます。

オーウェンとバリーは、ソヨナと密売人が“兵器用”に開発された恐竜アトロキラプトルを複数体取引する現場をおさえます。捜査員たちが一斉に取り囲みますが、檻を積んだトラックは走り出し、路上に仕掛けたトラップによって横転してしまいます。

闇市の中に逃げた密売人を追うオーウェンでしたが、犯人が恐竜の檻を開けたため大混乱に。何人もが食われ、犯人自身も犠牲となってしまいます。オーウェンたちはトラックから落下した檻の確保に向かいますが、ソヨナも檻の扉を遠隔操作してアトロキラプトルを解放し、捜査員たちにレーザーをあてて攻撃開始の合図をしてしまいます。

バリーは絶体絶命の危機に陥るも、オーウェンに助けられます。そして二人は昔のように息を合わせて1頭を檻に確保することに成功します。

ソヨナはドジスンに「あの子の“両親”が現れた」と電話で報告。ドジスンの返事は「殺れ」でした。ソヨナはオーウェンへ2頭、クレアへ1頭を標的として設定します。

クレアは建物から建物へ飛び移って逃げ回り、車の荷台に落ちてしまいます。それを見ていたケイラはすかさずその車に乗り込み、発進させます。クレアを助けようとマルタの町中を猛スピードで走るケイラ。荷台のクレアは鉄パイプで応戦し、なんとか振り切ることができました。

一方のオーウェンはバイクで走り回りますが、町の広場では闇市から出てきた大型のアロサウルスとカルノタウルスが通行人を襲っていました。

クレアから海岸から輸送機で飛び立つのですぐ来るように連絡があり、オーウェンは2頭のアトロキラプトルに追いつかれそうになりながらも、輸送機に飛び乗ることに成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

バイオシン社地下のラボに連れてこられたメイジーはウーと対面。

ベータは「父親なしにブルーが単独で産んだ子」であり、メイジーと同じだと語るウー。そして彼は、メイジーの母親シャーロットとかつてともに働いていたこと、子を欲したものの遺伝性の病に罹っていた彼女は、病が遺伝しないようDNA改変を行った上でメイジーを出産したことを明かしました。

その頃、グラントとサトラーはL4に侵入し、イナゴの成虫を入手。しかしイナゴたちが騒ぎ出し、廊下に出たところをラボから逃げ出していたメイジーに見られ、3人はお互いが誰かを知った上で一緒に逃げることに。また3人の状況を理解してくれたラムジーの協力のもと、出口へと向かう移動用ポッドに乗り込みます。

一方、ケイラの操縦する輸送機はバイオシン社の保護区に近づいていましたが、管制室に着陸を拒否されます。さらに翼竜の行動を管理していたADS(空域制御システム)を解除されてしまったことで、翼竜のケツァルコアトルスに襲われてしまいます。

緊急脱出用の射出シートは一つしかなく、オーウェンはクレアをそれで脱出させ、自身はケイラの操縦に運命を託します。

クレアは翼竜たちに襲われながらも森の木にシートごと引っかかって助かりますが、すぐ目の前にテリジノサウルスが迫っていました。クレアは沼に身を沈めてやり過ごします。

ケイラは湖にはった氷の上に着陸しますが、輸送機は水没。今にも割れそうな氷の上を歩くオーウェンとケイラの前に、ピロラプトルが現れます。氷の割れた部分から水中に入り、猛スピードで移動するピロラプトルから逃走する中でオーウェンは水中に落下してしまいますが、間一髪でケイラに引き上げられるのでした。

バイオシン社の管制室ではドジスンのもとに、サトラーとグラントがメイジーを連れ逃走したという報告が。ドジスンはポッドの運行を停止させた上で、マルコムを問いただしクビを宣告します。マルコムと「くたばれ」と捨て台詞を吐いて出ていきました。

オーウェンとケイラは、射出シートのGPSを頼りにクレアを探しますが見つけられません。葉についた血にオーウェンは不安になりますが、それは別の動物のものでした。

ポッドを止められたグラントたちは、ポッドを出てトンネル内を歩き始めます。しかしそこにはディメトロドンが棲んでおり、アランたちに襲いかかってきました。

ようやく出口を見つけますが、ロックされていて開きません。その外側に偶然やってきたマルコムはロックを解除するよう頼まれますが、パスワードロックの解除などできるはずもありません。しかし、その様子を監視カメラで見ていたラムジーが遠隔で操作してくれたおかげで、グラントたちは無事逃れることができました。

その頃クレアは、森の中の展望用の建物にたどり着きました。中に入るにはハシゴを登らなければなりませんが、何かが近づいている気配に動くことができません。そしてハシゴを背に追い詰められたその時、オーウェンたちが助けに来てくれました。

バイオシン社内では、ドジスンがイナゴの遺伝子操作に関する記録を削除。イナゴの飼育室を焼き、証拠隠滅を図ります。しかしラボ内のシステムにトラブルが生じ、火ダルマのイナゴたちは一斉に通風孔から外に逃走。撒き散らされた火の粉により、森は炎に包まれてしまいます。

マルコムの運転する車はクレアたちのいる建物にたどり着き、7人が揃います。建物に入ろうとしたその時、彼らの前に最大の肉食恐竜ギガノトサウルスが現れます。何度も危険にさらされながらも無事に建物内へ逃げ込み、襲撃を退けることができました。

バイオシン社の管制室ではドジスンが取り乱し、結局全員に避難を命令。部屋で自分の荷物をまとめている時にやってきたラムジーには「二人でやり直そう」と語りますが、彼には拒絶されました。

オーウェンたちは脱出にあたって、ヘリを確保し、それを安全に飛ばすためにADSを起動させること。そして何より、ベータを確保する必要がありました。そのために管制室にやってきたオーウェンたちはラムジーと合流し、分担して役割をこなします。

ADSを起動させるための電力が足りず、それを得るためにはメインシステムを切る必要があります。管制室からマルコムとラムジーが指示を受けながら制御室へ向かったクレアとサトラーは、イナゴに襲われながらもADSを起動させることに成功しました。

一方、メインシステムの電源が落ちたせいで、ドジスンが乗ったポッドは移動途中で停止。仕方なく車外へ出て坑道を歩き始めますが、ディロフォサウルスに阻まれます。ポッドに戻るも、ドジスンはすでに複数のディロフォサウルスに囲まれ、毒液を吐かれ襲われてしまうのでした。

ベータを確保するべく地下に向かったオーウェン、メイジー、グラントの3人は、オーウェンのラプトル調教法にもとづいて開いた手を前に出し、落ち着かせながら三方から近づきます。そしてベータがグラントに向かっていった瞬間、オーウェンが麻酔薬を打ち込み捕獲に成功しました。

脱出を待つメンバーの前にウーが現れます。彼はこれから例のイナゴを無害化すべく、シャーロットの遺志をついで病原菌を根絶する研究をしたいと懺悔します。メンバーは彼を受け入れ、ウーも連れていくことにしました。

ヘリを操縦するケイラが本部に近づき着陸しようとした瞬間、ラムジーがそれを制止します。なぜなら、恐竜たちに埋め込まれたチップによって、保護区内の個体がそこに集められていたからです。

ヘリに乗り込みたいメンバーたちの前に、再びギガノトサウルスが立ちはだかります。しかし今度はそこにティラノサウルス・レックスが現れ、2頭は戦い始めます。

スキを見て皆はヘリへ向かおうとしますが、なかなかうまくいきません。そのうちレックスが倒され万事休すかと思われましたが、突然テリジノサウルスが参戦。そして気絶していたレックスも起き上がり、戦いは三つ巴に。

メンバーたちが無事脱出に成功する中、図らずも協力する形となったレッkすうとテリジノサウルスがギガノトサウルスを倒していました。

後日、告発されたバイオシン社について上院で証言するため、グラントは議事堂へ行くことに。そばにはエリーもいます。もちろんマルコムも証言する予定です。

ウーはDNA改変に成功した1匹のイナゴを野に放ち、バイオシン社で開発したイナゴの全個体の無害化を進めています。ケイラは、手にした補償金で以前より大きな新しい輸送機を買いました。

オーウェンたちは自分たちの住む森に戻り、ベータを野に解放します。するとすぐブルーが迎えに来て、2頭揃って去っていってしまいました。見届けたオーウェンが帰ろうとすると、ブルーだけ戻ってきてオーウェンの方を見つめ、そして去っていきました。

バイオシン社のあった谷は、自然のまま恐竜が暮らせる地域になることが決定。支配しようとするのではなく、互いを信頼し、頼り、共存していく……人類と恐竜との関係はそんな時代に突入したのです。

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の感想と評価

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

まずは、「よくぞ29年もかけてこのシリーズを納得のいく終わり方にしたなぁ」というのが最初の感想です。

147分という若干長めの尺でもわかるように、この作品には多くの要素がギュウギュウに詰め込まれています。

恐竜たちの描き方

CGやアニマトロニクスを駆使した恐竜たちの生き生きとした姿にはもちろん目をみはるものがありますが、「ジュラック・ワールド」シリーズの人気者・ヴェロキラプトルのブルーとその子どもベータを必要以上に推しすぎない姿勢に好感が持てました(もちろん、しっかりおいしいところは持っていきます)。

また、より多くの新しい恐竜たちを見せることに注力している点は、“ジュラシック世代”と呼ばれる新たな恐竜の研究者が生まれるきっかけになった「ジュラシック」シリーズの使命を感じます。

中でも羽毛をもった恐竜や赤い羽根をもったピロラプトルなど、いままでのシリーズになかったファンタジックなビジュアルの恐竜は、ヨーロッパの山間部の景色とも相まって新たな魅力を添えています。

いままでになかった舞台

これまでシリーズでは、コスタリカ西方の島々とアメリカの一部しか出てきませんでしたが、今回はアメリカの中でも大西洋岸北西部、テキサス州西部、ユタ州、サンフランシスコなど雰囲気のちがう場所で撮影し、そこからマルタ島、そしてドロミーティ山脈とおよそ恐竜映画と結びかない景色の中で物語が展開していきます。

特にマルタ島はよく映画にも登場する美しい街並みですが、そこで大暴れする恐竜たちの姿は最終章にふさわしい驚きを与えてくれました。

また建物から車の荷台に落ちてきたり、ドロミーティ山脈の琥珀の採掘坑などスピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ」シリーズを彷彿とさせるようなアドベンチャー気分も味わえます。そういえばグラント博士のこだわり帽子も、インディ・ジョーンズぽかったです。

シリーズならではの見どころ

シリーズを通して成長していくキャラクターを見るのもこういったシリーズものの楽しみのひとつです。

「ワールド」シリーズで最も変貌したのはクレアでしょう。最初は鼻持ちならない金の亡者のようだった彼女も、ジュラシック・ワールドの崩壊を経験して恐竜を守る側の人間へと変わっていきました。オーウェンに対して素直になれないのは相変わらずでしたが、本作以降はきっとふたりの関係も変わっているでしょう。

前作では頼りなかったフランクリンやトガッていたジアが少し大人になったりして、そんな変化を見られるのもシリーズものならではの面白さです。

そして、全6作のシリーズを通して作品に影響を与え続けた人物、それはヘンリー・ウー博士です。

遺伝子を操作して恐竜を復活させ、雇い主に請われるままに次々とハイブリッド恐竜を生み出してきたマッド・サイエンティストとでもいうべき人物が、本作でこんなに罪悪感に苛まれるとはちょっと都合がよすぎる気もしますが、彼こそがこのシリーズのテーマを体現しているのでここは問わないことにします。

科学の誤った使い方への警鐘。それこそがこのシリーズのテーマだったので、ヘンリーの変化はそれを身を持って教えてくれるのです。

レガシーキャストの登場

本作には『ジュラシック・パーク』からアラン・グラント役のサム・ニール、エリー・サトラー役のローラ・ダーン、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラムが揃って出演しています。

それもオブザーバー的な立ち位置ではなく、ガッツリメインキャラとして冒険する役というのはうれしい限りです。

出演については「スピルバーグから直々に電話で相談を受けた」とローラ・ダーンが語っているとおり、こういったレガシーキャストの登場はともすると浅薄な印象になってしまいがちですが、時間をかけて熟慮された脚本によってその不安は払拭されました。

「本作で3人が再び共演する」というニュースだけでもワクワクしたのに、本当に楽しんでいるような関係性がスクリーンから伝わってきて、それは感動的ですらありました。

壮大な伏線回収

バイオシン社のCEOルイス・ドジスンは『ジュラシック・パーク』に登場していました。同作でパークの警備システムをオフにしたデニス・ネドリーは、恐竜の胚を盗みライバル社であるバイオシン社に売ろうとしていたのですが、その相手がドジスンだったのです。

ルイスはネドリーにシェービングクリームの缶を偽装した容器で胚を運ぶように渡していました。それが本作では、ドジスン自身の手で持ち運ばれる場面が出てくるのです。

その後、ドジスンはディロフォサウルスに襲われて殺されてしまうのですが、「乗り物の中でディロフォサウルスに毒を吐かれて襲われる」という死に方は『ジュラシック・パーク』でのネドリーの最期と全く同じ29年越しの伏線回収には恐れ入りました。

まとめ

(C)2022 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

最初の2作以降はマイケル・クライトン原作の物話ではありませんが、「ジュラシック・ワールド」シリーズになってからの方がよりクローンや科学技術など、クライトンの目指したテーマに沿った展開に戻ってきた感があります。

1作目『ジュラシック・パーク』の食堂での場面で「恐竜と人類、6500万年前に隔てられた2つの種が、突然一緒になった。何が起こるか、どうやって予測できるか?」とグラント博士が口にしますが、まさにそれを具現化したのが『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』だったのです。

そして本作は映画の可能性についてもひとつの光を与えてくれました。

約30年前のジュラシック・パークを観て映画業界を志した者、そしてシリーズを観て恐竜に興味を持ち学者になった“ジュラシック世代”の若者たち。1本の映画が、ひとつのシリーズ作品が人生に影響を及ぼし、それが次の世代へとつながっていく……。

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』は、そんなうねりを感じさせてくれるシリーズの完結編としてベストに近い作品です。






関連記事

SF映画

映画『東京喰種2グールS』ネタバレ感想。トーカ役の山本舞香と月山役の松田翔太も実にハマった怪演を見せる

人間も喰種も食べなければ生きていけない 全世界発行部数累計4400万を超える、石田スイの人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』の実写映画化シリーズ第2作。 ある事故をきっかけに人間からグールになっ …

SF映画

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。最終章は旧シリーズを受け継ぎ王道を貫いた完成度

続3部作の完結作にして SF映画の金字塔「スターウォーズ」シリーズ最終作! 『スターウォーズ フォースの覚醒』『スターウォーズ 最後のジェダイ』に続く、新3部作の完結作『スターウォーズ スカイウォーカ …

SF映画

映画『A.I.ライジング』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。SFアンドロイドへの禁断の欲望が恋に変化する宇宙探査飛行を描く

宇宙飛行士とアンドロイドの恋を描いたSFドラマ ラザール・ボドローザが監督を務めた、2018年製作のセルビアのSFドラマ映画『A.I.ライジング』。 地球から国家が消滅した近未来の2148年。ベテラン …

SF映画

『スターウォーズ/フォースの覚醒』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。続三部作の第1弾の内容を見る順番とともに振り返る

「スターウォーズ」シリーズ、再始動! 続三部作シリーズ第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 ついに2018年12月15日に公開された映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。 その前作であり、『 …

SF映画

SF映画『最後にして最初の人類』あらすじと感想評価。音楽家ヨハンソンが監督したメッセージを仲間と共に人類に託す

映画『最後にして最初の人類』は2021年7月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテにて全国順次公開 作曲家ヨハン・ヨハンソンの初長編監督作品であり、遺作となった映画『最後にし …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学