Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

【ネタバレ】デュアル|あらすじ結末感想と評価解説。おすすめSF映画はカレン・ギラン主演作の“クローン人間との決闘裁判”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

「クローン」を認めた狂気の世界で起こる悲劇とは?

クローンと“オリジナル”の女性の生き残りをかけた死闘を描く衝撃のSFサスペンス『デュアル』。ライリー・ステアンズが監督・脚本を手がけた本作は、サンダンス映画祭などで上映されました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズや「ジュマンジ」シリーズのカレン・ギランが主演を務めます。

突然余命宣告されたヒロインのサラは、残していく母や恋人の悲しみを癒すためにクローンを作る道を選択します。その思いとは裏腹に、事態がとんでもない方向へと転がり始めます……。

果たしてサラは、どんな人生を辿ることになるのでしょうか。予測不能のストーリー展開で観る者を翻弄する、本作の魅力を紹介します。

映画『デュアル』の作品情報


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Dual

【監督・脚本】
ライリー・ステアンズ

【キャスト】
カレン・ギラン、アーロン・ポール、ビューラ・コアレ、テオ・ジェームズ

【作品概要】
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのネビュラ役、「ジュマンジ」シリーズのルビー役で大ブレイクしたカレン・ギランの主演作。

余命宣告された主人公が家族や恋人のためにクローンを残すことを選択したものの、奇跡的に病が治ったことから、クローンと対決しなければならなくなる様をスリリングに描いた本作。シニカルでブラックな視線が異色の味わいを残すSFサスペンスです。

トレーナー役を『ニード・フォー・スピード』(2014)のアーロン・ポールが演じるほか、『ダイバージェント』(2014)のテオ・ジェームズらが脇を固めます。また監督・脚本は『恐怖のセンセイ』(2019)で知られるライリー・ステアンズが手がけました。

映画『デュアル』のあらすじとネタバレ


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

サラは忙しくしている恋人のピーターとオンライン電話で話しながら、彼に会いたいという思いを募らせていました。

翌朝、悪夢で目が覚めた彼女は、大量の血を吐いていました。

サラは病院で検査を受けますが、手違いでその検査結果はピーターに伝えられ、彼経由で深刻な病状を聞かされます。ピーターは2日前にその事実を聞かされながら、サラにどう話してよいか悩み伝えられずにいたのです。

サラは病院の若い女医から、自分が珍しい病にかかっており、余命わずかであることを告げられます。また医師は、死期の迫った者が遺族を癒すために自身のクローンを作るプログラム「リプレイスメント(継承者)」という選択肢があることを教えました。

サラはクローンを作ることを決心し、リプレイスメントの会社を訪れます。現れたサラの“ダブル”は、瞳の色が異なるだけであとはまったく瓜二つの姿をしていました。

ダブル自身が持つ“エゴ”にとまどいながらも、サラは残された時間を引き継ぎに充てます。

恋人と親しくなっていくクローンを見て、どうしても寂しさを覚えてしまうサラ。また自身の母には、まだ病気のことやクローンのことは伝えていませんでした。

そんな矢先、彼女の病が奇跡的に完治したことが判明します。

サラが母の家を訪れると、ダブルとピーターが来ていました。約束を破って勝手に母と会ったダブルに、サラは怒りをぶつけます。

自分の病気が治ったこと、そしてもうダブルが必要なくなったことをサラが話すと、ピーターとダブルの表情が固まりました。

すでにピーターの心は、“オリジナル”であるはずのサラではなく、ダブルへと移っていました。そしてサラは自分の実家だというのに、ピーターに閉め出されてしまいます。

この世界において「ダブルとの共存」は法律で禁じられています。

その結果、サラは自らのクローンとの“決闘裁判”に挑むことになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『デュアル』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『デュアル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

決闘を前に、サラは戦闘訓練のトレーナーであるトレントの指導を受け始めます。殺す覚悟を問われ「ある」と答えたサラでしたが、彼女の身体能力の低さにトレントは驚きます。

トレントはサラにグロテスクな映画を見せたり、鏡に向かって切りつける訓練をしたり、武器を選ぶ大切さを教えたりなど、戦闘のノウハウだけでなく彼女自身の“闘争心”も訓練させます。

己の体こそが武器となり得ることを学び、一心不乱に自らの肉体を鍛え上げるサラでしたが、ダブルの生活支援費、ダンスレッスン代、戦闘訓練の指導代など金銭の問題も降りかかります。

また雷の予報が出たために、決闘は急遽1ヶ月延期に。サラはより経済的に苦しくなりましたが、ダブルの支援をやめると決闘時に“ハンデ”を受けねばなりません。そこでトレントは、サラにダンスを教えてもらうことで指導料をなしにしてやりました。

戦闘訓練の最後に、トレントは自分の愛犬をボウガンで撃つようサラに命じます。トレントは犬は高齢で病気で苦しんでいることからも「楽にしてやってくれ」と伝えますが、サラはどうしても撃つことができませんでした。

その時、窓の外にダブルの姿を見つけたサラは、思わず矢を放ってしまいます。彼女が外に飛び出すと、そこにいたのは撃たれた小型犬とその飼い主だけでした。

逃げたダブルを公園で見つけたサラは「互いに人生を奪われた」と罵り合います。ダブルも日々を過ごす中で、ピーターや母親に不満を持つようになっていました。

ダブルはサラを連れ、“生き残った人々”の会に参加します。決闘の果てに生き残った者たちは、ダブルまたはオリジナルを殺したトラウマに苦しんでいました。

サラはこのような会に連れてきたダブルに怒りをぶつけながらも、言われた通りに利き手と逆の手でダブルへの手紙を書き始めます。

ダブルが書いた手紙には「真の敵はお互いではない」「決闘はイカれた娯楽だ」と記されており、サラもまた同じことを考えていました。自分の一番の理解者はダブルだと悟ったサラは、彼女と一緒に生きたいと話します。

サラの車で、二人は国境を越えるために森へと向かいました。ダブルは運転はできませんが、サラの運転を見て簡単そうだと呟きます。車を降りたダブルはサラに水筒を差し出し、一緒に水分補給をしてから歩き出しました。

明るく喋りながら歩いていたサラは、突然立ち止まります。彼女の口からは血が流れていました。ダブルが暗い表情で、サラを振り返ります。

決闘会場には、足を引きずり、そのせいで時間に遅れたサラが現れました。ダブルからは「欠場」の連絡があったために決闘自体はなくなったものの、疑惑を持たれたサラは捜査を受けることとなります。

やがてサラは、法廷で裁かれることに。疑惑に満ちた状況下でしたが、生きているのが“オリジナル”であることをサラ本人、母、そしてピーターが証言したことで裁判は終わりました。

自宅に帰ったピーターはサラに向かって「遺伝子変異で若白髪や抜け毛になっても愛し続ける」と言う一方で、クローン製作時のローンをちゃんと払うようにと話します。

また母からは「コンタクトを追加注文した」という電話がかかってきましたが、サラは留守電にしたまま出ようとはしませんでした。

ボコボコになった車を道の真ん中で止めて、サラは大声で泣き始めました。周囲の車はサラに向かって、クラクションを鳴らし続けます。

映画『デュアル』の感想と評価


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

“狂った世界での決闘”の勝敗を分けたのは?

余命宣告されたヒロインが、残していく家族を悲しませないためにクローンを作ったことから悲劇に見舞われる様を描いたSFサスペンス『デュアル』思いもかけない方向へとストーリーが展開していく異色のサスペンスです。

冒頭は、ある男性とその“ダブル”の命がけの決闘という衝撃的な場面から始まります。血なまぐさい展開を想像させる幕開けです。自分と同じ顔をした人間にとどめを刺すのは、どれほど恐ろしいことでしょうか。もしオリジナルがダブルに殺されたなら、その悔しさは計り知れません。

本作は、そんな生死を賭けた決闘を、観客を入れて番組で放送されているという狂気の世界が舞台です。その中で生きている人々もどこか狂っており、非人道的な言動を繰り返します。

対して主人公のサラは社会性がなかったことが幸いしたのか、無表情な中に人間性を強く残した女性です。恋人のピーターにいつも気を遣い「寂しいから側にいてほしい」という本音を言えずにいます。そんな彼女だからこそ、恋人や過干渉な母の悲しみを和らげたいという思いを持ち、ダブルを作ることを選んだといえるでしょう。

サラを取り巻く人間は、実に自分勝手で薄情な人間ばかりです。恋人のピーターは、サラが体調を崩しても会いに来ず、本人より先に医師から悪い結果を知らされても「どうしたらいいかわからなかった」と2日間も彼女と連絡をとりませんでした。また一人娘に過干渉な母は、実の娘からあっさりとダブルに乗りかえます。

保身ばかりを気にするサラの主治医に至ってはひどいもので、無能なうえに「今後は葬儀について考えろ」と話し、リプレイスメントを勧めます。すべての元凶ともいえる彼女の姿は、これでもかというほどシニカルな視線で描かれます。

「クローンの製作費用は、ダブルがローンで負うから大丈夫だ」としれっと説明するリプレイスメントの製作会社。「法的に健康体のオリジナルとクローンは共存を認められない」という理由で決闘を強いる世界。なにもかも狂的で、恐ろしいとしか言いようがありません。

悲しいことに、病が奇跡的に治ったサラを、喜んで受け入れる者は一人もいませんでした。自我の芽生えたダブルの申告により、二人は命を賭けた決闘をすることになります。

決闘するために発生した次の問題が多額の金というのも、皮肉でなんとも現実的です。弁護士への依頼費用、ダブルの生活支援費、リプレイスメント会社へのローン。そして、戦闘訓練トレーナーであるトレントへの謝礼金。

それでもサラは「生き残るわ。私の人生だもの」と苦しい訓練に励みます。しかし、鍛え上げた身体でダブルと対決するかと思いきや、サラはダブルの企みに騙されて、戦うことなく敗れてしまいます。オリジナルの深すぎる心の闇を知り尽くしたダブルが、見事に欺く様に戦慄を覚えます

戦っていればおそらくサラが勝ち、恋人や母のもとには戻らずに一人で新たな人生に踏み出したことでしょう。しかし一方のダブルは、どんな形にせよ母と恋人から愛され、必要とされていました

生きるために理解者としてのダブルを選んだ孤独なサラと、生きるためにピーターと母を選んだダブル。はじめからサラは、ダブルに勝てるはずがなかったのです

欠落だらけのダブルの険しい人生


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

オリジナルのサラを出し抜き、見事に人生を勝ち取ったダブル。しかし、彼女のこれからの人生はおそろしく険しいと言わざるを得ません

ダブルは教えられたことは理解できますし、サラの模倣は得意でしたが、それ以外のことは全くできませんでした。この世に現れてからたった1年ほどしか経たないのですから、それは当然であり、ダブルは自我が芽生え始めた子どもとなんら変わりません。

サラの信用を勝ち得て一緒に国境に向かうことになったダブルは、サラの運転する姿を見て、自分は運転できないが簡単そうだと呟きます。しかし、事実はまったく違いました。山奥でサラを殺したダブルは、ひどい運転で車がボコボコになるほどぶつけた末、自身も脚を引きずる大ケガをして決闘場に現れるのです。

これは、彼女のこれからの人生そのものを暗示しています。欠落だらけの彼女は、どんなに不満があろうとも人でなしのピーターに従うしかなく、サラと同じ色のコンタクトを買ってくれる母親のグチやしつこい話にとことん付き合うしか生きていく道はありません。

決闘に“勝ってしまった”者が集うサークルは、本当にダブルにとって必要な場所だったのでしょう。死ぬも地獄、生きるも地獄のダブルの運命に、同情せずにはいられません。

まとめ


Copyright(C)2021 Dual Productions, LLC All Rights Reserved.

オリジナルとクローンの壮絶な戦いを描く異色のSFサスペンス『デュアル』社会を風刺する鋭い視線と、人の心の繊細さを描く心理劇的側面を持つ一作でもあります。

クローン技術はすでに現実のものとなり得ていますが、人道的な観点から普及には至っていないとされています。その「人道的」な部分が取っ払われ、人間の持つ原始的な醜さを前面に押し出したのが本作と言えるでしょう。

イタリア・コロッセオの時代のように、殺し合いを嬉々として見つめる観衆と、放送するテレビ局。「寂しさはクローンで埋められる」という短絡的な発想と、その果てに生まれた「いらない方は殺してしまえ」という法律。

信じがたい世界でありながら、ちょっと違う方に転んだら現実世界でも同じことが起きるのではないかという空恐ろしさを感じさせます

虚構なのに、まったくのウソとは言い切れない世界。人の心の闇を透かして見通したかのような『デュアル』。「もしも自分のクローンと殺し合うことになったなら」……そんな想像をしながら、映画を味わってみてください。




関連記事

SF映画

『アンシンカブル 襲来』あらすじネタバレと感想。スウェーデン製の侵略サスペンス映画を解説

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 (C)2018 Crazy Pictures Productions …

SF映画

『クローバーフィールドHAKAISHA』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。主観的な撮影を用い“怪獣”を見せすぎない

海外ドラマ『LOST』で話題を集めたJ・J・エイブラムス製作作品 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』は、2010年にバンパイア映画『モールス』や、2014年には映画史に残るSF映画の新シリ …

SF映画

スターウォーズ40周年記念書籍!キャストスタッフのインタビュー集

1977年にジョージ・ルーカス監督は、スペースオペラ金字塔を成し遂げた名作『スター・ウォーズ』。 実写映画本編の第1作品は、ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第1章『エピソード4』と呼ば …

SF映画

映画『パーティで女の子に話しかけるには』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督待望の映画『パーティで女の子に話しかけるには』をご紹介します。 1977年ロンドンで、パンク少年が出逢った最高に可愛い女の子 …

SF映画

【ネタバレ】アリータ:バトルエンジェルの感想と評価。少女の目に映った“イドの存在”を深掘り考察

ヒロイン・アリータの魅力に迫る! 木城ゆきとの伝説的コミック『銃夢』があのジェームス・キャメロンとロバート・ロドリゲスの手で完全映画化。 圧倒的なビジュアルイメージと強く美しいヒロイン・アリータにあな …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学