Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

ディストピア映画『クマ・エロヒーム』あらすじと感想レビュー。坂田貴大監督が描いた SF近未来の野心作

  • Writer :
  • 田中比奈

12月22日(土)より一週間、池袋シネマ・ロサにて映画『クマ・エロヒーム』の公開

少子化が叫ばれて久しい昨今ですが、もし将来、人類の繁栄だけを目的とした社会が生まれたらどうなるのでしょうか。

子どもは社会の財産。子どもは未来であり希望そのもの…。

“社会”とはいったい誰のための社会なのか?

ディストピアの中で愛し合う男女を描いた、坂田貴大監督のSF映画『クマ・エロヒーム』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『クマ・エロヒーム』の作品情報


(C)映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【監督】
坂田貴大

【キャスト】
村上由規乃、古矢航之介、高見綾、本田七海、加賀谷健、マリア・マルコビッチ、グールド・バイロン、渡部剛己

【作品概要】
キリスト教をベースとした宗教団体“ヤヌーカの丘”に支配された未来世界。

教団の命令で夫婦となったものの、不妊に直面したアユムとエマの運命は?

監督は日大芸術学部出身、本作が劇場デビュー作品となる坂田貴大。

坂田監督は学生時代、『阿呆の舞』で第11回TOHOシネマズ学生映画祭準グランプリを受賞しています。

主演には『赤い玉、』(高橋伴明監督)に出演の村上由規乃、『春みたいだ』(シガヤダイスケ)の古矢航之介。

映画『クマ・エロヒーム』のあらすじ


(C)映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

宗教団体“ヤヌーカの丘”の命令によって夫婦となり、地球ではないどこかの惑星で暮らすアユム(古矢航乃介)とエマ(村上由規乃)。

教団は妊娠・出産を推奨していますが、何年経ってもふたりの間に子供はできません。

エマは妊娠を望んでいますが、アユムはあるトラウマから子供を持つことを恐れていました。

朝が来るとアユムは仕事に行き、エマが赤ん坊の人形を抱き、夜になれば帰宅したアユムが人形を海に捨てることを繰り返す奇妙な日々。

しかしこのまま妊娠できなければ、エマとアユムは教団によって引き離されてしまいます。

単調で静かな生活の中、確実にその期限は迫ってきますが…。

スポンサーリンク

映画『クマ・エロヒーム』の感想と評価


(C)映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

本作『クマ・エロヒーム』は現代社会の歪みを誇張したような、全編に漂う寒々しい雰囲気が特徴。

謎の研究に勤しむアユム、母なる海に捨てられる人形、ヤヌーカの丘が執り行う不気味な結婚式と、あちこちに散りばめられた象徴的な描写が、不穏さを高めるとともに観客の想像力を煽ります

灯台が佇む海辺、近代的建築などから漂うノスタルジックな雰囲気は、16㎜フィルムによる少しざらつきのある映像とマッチし、ディストピアSFの世界を見事に表現しています。

少子高齢化社会を背景に発達してしまった、一見平和なディストピア社会。

そんな社会を構成する人々はどこに辿り着くのでしょうか。

本作冒頭では、イサクの燔祭と呼ばれる有名な説話からの引用があります。

創世記22章において神ヤハウェは、アブラハムが最も可愛がっていた息子イサクを捧げるよう要求します。

アブラハムは命令を遂げようとしますが、神がそれを止め、アブラハムの忠誠心を称えて祝福したというエピソード。

これは神がアブラハムの信仰を試したと一般的に言われていますが、そうと知らないアブラハムとイサクの会話は悲壮の一言に尽きます

「父よ」

「子よ、わたしはここにいます」

「火とたきぎとはありますが、燔祭の子羊はどこにありますか」

「子よ、神みずから燔祭の子羊を備えてくださるであろう」

この場面は、アユムとエマの心情と重なるところがあるかもしれません。

少子化解消を至上とする本作の世界では、ふたりの肉体だけが求められ、その内面は無視されます。

ふたりの心がすれ違いながら押し潰され、牛や馬のように右往左往するその姿はまるで犠牲獣のようです。

「あなたの子、あなたのひとり子をさえ、わたしのために惜しまないので、あなたが神を恐れる者であることをわたしは今知った」

神がこう発言したように、代えがたいものを捧げることに犠牲の意味があります。

いわゆる社会の繁栄の為、積極的に生贄を欲し、犠牲をシステム化してしまうのがディストピアたる所以なのかもしれません。

本作ではそんな世界に疑問を持たず、健気に役割を果たそうともがくアユムとエマの姿が静かに、しかし狂気的に描写されます。

追い詰められた末、ある結論に行き着くふたり。

果たしてふたりは捧げたものとは?そして引き替えに何を得たのでしょうか?

その答えは、鑑賞して確かめることをお勧めします。

まとめ


(C)映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

80分という短時間の中に、ディストピアSFのエッセンスをぎゅっと凝縮した映画『クマ・エロヒーム』。

人間を選別する“大きなもの”に翻弄されるごく普通の若者たち、その姿からは現代社会の限界を感じ取れるかもしれません。

映画『クマ・エロヒーム』は池袋シネマロサにて、12月22日~28日にレイトショーで上映

初日は監督と主演者による舞台挨拶のほか、製作陣による連日のイベントが企画されています。

ぜひ、劇場に足を運び、若き才能の世界観に触れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

SF映画

『宇宙戦争(2005)』動画無料視聴!ネタバレ感想と結末までのあらすじ【スピルバーグSF映画おすすめ代表作】

スティーヴン・スピルバーグ監督×トム・クルーズ主演のタッグで制作されたSF映画『宇宙戦争』。 巨大な宇宙生物による襲撃という異常事態に面した世界で、子供を守りながら戦う父親の姿が描かれており、主人公の …

SF映画

ガルガドット『ワンダーウーマン』演技力と評価!かわいい魅力とは?

ガル・ガドットのあまりにも美しく!強い!ワンダーウーマンの勇姿が見られた『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』。 まもなく夏に劇場公開となる『ワンダーウーマン』劇場公開8月25日!待ち遠し …

SF映画

『とおいらいめい』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。“地球最後の日”を SF映画として「三姉妹の家族」のかたちを描く

彗星の衝突により人類の滅亡が数ヶ月後に迫った世界を舞台にばらばらだった三姉妹が次第に一つになっていく…… 2004年に上演された舞台をもとに、『カメラを止めるな!』(2018)のしゅはまはるみや、『イ …

SF映画

映画『AI崩壊』ネタバレ感想とレビュー評価。大沢たかおを“世界的俳優”たらしめる入江悠オリジナル監督・脚本作

映画『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国ロードショー公開! 決して遠くはない未来である2030年の日本を舞台に、一つのインフラと化した巨大AIの暴走とそれに立ち向かう人間の姿を描く近未来S …

SF映画

【ネタバレ】レミニセンス|あらすじ考察評価と結末の感想解説。SFハードボイルド捜査劇として“過去を振り返る”意味を描く【SF恐怖映画という名の観覧車161】

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile161 上手くいっていない「今」の瞬間や、今から地続きの「未来」に希望を抱けなくなったとき、人はどうしても自分が一番幸せだった「過去」を振り返っ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学