Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2016/12/28
Update

映画『ドント・ブリーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『ドント・ブリーズ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました!

以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ドント・ブリーズ』映画作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

映画『ドント・ブリーズ』作品情報

公開
2016年(アメリカ)

原題
DON’T BREATHE

監督
フェデ・アルバレス

キャスト
ジェーン・レヴィ、ディラン・ミレット、ダニエル・ゾヴァット、スティーヴン・ラング

映画『ドント・ブリーズ』あらすじとネタバレ

盗みにはいる理由

男二人、女一人の三人組が裕福そうな住宅に侵入しています。女性はロッキーといい、恋人のマネーと友人のアレックスとともに、窃盗を繰り返していました。

警報装置を止め、金目のものを狙います。アレックスが時間をはかり、速やかに退散。鮮やかな手口です。

ここはデトロイト。自動車産業で栄華を誇った街も今は見る影もなく、若者たちは鬱憤を抱えています。自堕落な母親に代わり、ロッキーが幼い妹の面倒を見なくてはなりません。ここから出たい、妹にいい生活をさせてあげたい。友人たちは次々と街を脱出しています。金さえあれば・・・。そんな思いが彼女を窃盗に走らせているのです。

アレックスは自宅に戻り、父の机に鍵を戻しました。父親は警備会社に勤めており、客の鍵を預かっているのです。罪の意識を感じつつ、他の二人に引きずられるまま、鍵を持ち出しているのでした。

盗品は換金しても大した額にはなりません。マネーは取引相手から元兵士の老人が大金を隠し持っているという情報を聞き出します。

老人は娘を交通事故で亡くしており、加害者が裕福な家庭の娘だったことから相当な額の示談金が支払われたらしいのです。彼が住む区域は荒廃地域で周囲は全て空き家。しかも老人は盲目で、盗みに入るのは楽勝に思えました。

侵入

家に侵入した三人は音を立てないように靴を脱ぎ、金のありかを捜し始めました。マネーは老人の部屋に忍び込み、老人が眠っているのを確認。催涙ガスを仕込んだ空き缶に穴を開け、顔を起こすと、なんと老人がこちらを見ています!

しかし再び眠りにつく老人。マネーが缶を投げると、部屋に煙が充満し始めます。

鍵のかかったドアをこじあけようとしますが、どうしても開きません。いらつき拳銃を取り出したマネーを見て、アレックスは、危険過ぎる、俺は抜けると言って立ち去ります。

マネーは銃で鍵をふっとばします。しかしふと横を見ると老人が立っているではありませんか! 老人はマネーから拳銃を奪うと彼を撃ち殺してしまいました。

凍りつくロッキー。老人は彼女の存在に気がついていません。ロッキーはクローゼットに隠れますが、老人が入ってきました。彼は壁の裏に隠された金庫を開け、手探りで金が無事なのを確認しています。

老人が立ち去るや番号を記憶したロッキーは金庫を開け、札束をカバンに詰め込みました。そこへ銃声を聞き心配になったアレックスが戻ってきて、二人は地下の出口を求めて階段を降りていきます。

老人は何かが匂うような気がして部屋を嗅ぎ回り、靴を発見します。二足。一足は死んだ男のもの。もう一足は…! 金庫が空っぽになっていることに気づいた老人は恐ろしい勢いで彼らを追います。

死闘

地下は迷路のようで、出口になかなかたどりつけません。老人は盲目ですが、間取りを熟知しており、さらに元兵士ということもあり圧倒的にタフでした。なんとか逃れ、別の部屋に飛び込んだ二人は腕を縛られてつながれた女性に出くわし驚愕します。

女性は老人の娘を轢き殺した加害者で、監禁されていたのです。ロッキーは助けようとしますが、老人がアレックスを狙って撃った弾が女性に命中して命を落としてしまいます。

怒り狂った老人はアレックスを刺殺。ダクトに潜り込んだロッキーを凶暴な犬が追いかけてきます。出口に着いたと思いきや、老人が待ち構えており、ついにロッキーは捕らえられてしまいました。

老人は加害者を監禁し、自分の子どもを産ませようとしていたのです。お腹のなかで元気に成長していたのに死んでしまった、償ってもらうぞと言うと、ロッキーに予め用意していた自分の精液を注入しようとします。

そのとき、死んだと思っていたアレックスが現れ、老人を手錠でつなぎ、ロッキーを救出。しかし、玄関の鍵を開けるのに戸惑っている間に老人がやってきて、開いた瞬間アレックスは射殺されてしまいます。

外に出たロッキーですが犬が猛然と追いかけてきます。必死で放置車の中に逃げ込みますが、カバンを落としてしまいました。出て拾いたいのですが、犬が張り付いていますし、車の中にキーはありません。

ロッキーは車内にあったロープを使ってトランクを開け、そこから犬を誘い入れると、自分は外に転がり出て、犬を車内に閉じ込めます。カバンを拾ってほっとしたのも束の間、老人が姿を見せ、ひきずられて家まで引き戻されてしまいました。床に転がったアレックスの遺体を見て、ロッキーは「ごめんね」と囁きます。

ロッキーはアレックスから渡されていた警報装置を作動させました。音に驚いて叫び始めた老人を何度も強打して倒すと、パトカーが到着する前に逃げ出すことに成功します

妹とカリフォルニアに向かう途中、ロッキーは待合室のテレビに釘付けになります。二人組が元兵士の家に強盗に入るも、元兵士の反撃を受けて死亡。盗まれたものはなく、元兵士も順調に回復に向かっている…。ニュースはそう伝えていました。

スポンサーリンク

『ドント・ブリーズ』の感想と評価

冒頭、俯瞰で映し出されるのはデトロイトの郊外の街並みです。その映像を見る限り、茶色の屋根の家が並ぶ閑静な住宅街に見えるのですが、実はそれらは住人のいない荒れ果てた場所であることがあとでわかってきます。

財政が破綻し、インフラが整っていないデトロイトの姿は、ジム・ジャームッシュの『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』でも登場していました。街灯のない、漆黒のような闇は吸血鬼が動き回るのにうってつけの世界でした。

ホラー映画『イット・フォローズ』もデトロイトを舞台にしており、荒廃地域に行ってはならないと子供の時に親から言われていた若者がその光景を車から眺める場面が描かれます。その風景は子供時代の終焉の象徴なのです。

本作では、泥棒には都合のいい環境に見えて、実は誰も助けてくれるものがない恐怖の空間として浮かび上がってきます。

物語の展開はほぼ老人の屋敷の中で、一種の密室劇なのですが、デトロイトという街を抜きに本作を語ることはできないでしょう。出たくても出られない老人の家は、この街を出て行きたくても出ていけない若者たちの姿を表しているのかもしれません。

まとめ

冒頭の空撮をよく見ていると何やら画面の真ん中に小さく動くものが見えます。カメラが対象に近づくと、それは老人が瀕死の若い女性を引きずっている姿で、非常にショッキングなオープニングです。

このシーンは一体なんだろう? この女性は誰なんだろうと思い見ていると、終盤に出てきて、あ!やっぱりと唸らされます。非常に緻密に構成された作品なのです。

盗みに入る若者も悪人ですが、入られる老人も犯罪者であり、加害者と被害者という立場が入れ替わっていく様が圧巻です。

見終わってこれほど疲労を感じる映画もそうないのではないでしょうか。

関連記事

ホラー映画

ロメロ監督『ゾンビ』あらすじと追悼放送日は?どのバージョンがオススメか?

ジョージ・A・ロメロ監督を偲び、緊急放送が決定! ロメロ監督作品『ゾンビ』の2バージョンを8月4日(金)深夜0:00~ほか放送されるようです! スポンサーリンク CONTENTS1.追悼ジョージ・A・ …

ホラー映画

映画『妖怪人間ベラ』ネタバレ感想と結末まであらすじ。emmaがリブート版で女子高生のベラを演じる

テレビアニメ『妖怪人間ベム』のリブート版は、ベラ中心の実写作品 映画『妖怪人間ベラ』は、テレビアニメ『妖怪人間ベム』に登場するキャラクターの女性妖怪人間ベラに焦点を当て、女子高生という新たな設定で描く …

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

ホラー映画

映画『コンジアム』最後までネタバレ考察と評価。実在の廃病院で撮影⁈動画配信で描くリアリティとは

世界七大心霊スポットにも選ばれた「昆池岩精神病院」を知っていますか? 昆池岩(コンジアム)精神病院。京畿道広州市にあるこの精神病院は、20年以上前に廃業し廃墟になってからこの病院は不気味な噂が絶えませ …

ホラー映画

映画『サマーオブ84』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト10分のトラウマ必至な演出と脚本力

映画『サマー・オブ・84』は2019年8月3日公開。 フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセルら、カナダの映像制作ユニット「RKSS(ROADKILL SUPERSTAR …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP