Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/01/31
Update

映画『スカイライン 逆襲』感想と評価解説レビュー。シリーズラスト3作目はスケール増大で熱い戦いの幕が上がる!|SF恐怖映画という名の観覧車139

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile139

全SFアクション映画好きの魂を震撼させた映画『スカイライン 奪還』(2018)から3年。「熱さ」が前作よりもさらにパワーアップした映画『スカイライン 逆襲』

主人公ローズ役はドラマ『The 100 ハンドレッド』のリンゼイ・モーガン。また「ザ・レイド」シリーズで知られるインドネシアのアクション俳優ヤヤン・ルヒアンも前作から続投。

『スカイライン 制服』で製作・脚本、『スカイライン 奪還』では、監督・脚本を務めたリアム・オドネルが演出を担当。

今回は「スカイライン」シリーズの第3弾となるSF映画『スカイライン 逆襲』の魅力と注目点をたっぷりとご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スカイライン 逆襲』の作品情報


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

【原題】
Skylin3s

【日本公開】
2021年2月26日(イギリス・スペイン・リトアニア合作映画)

【監督】
リアム・オドネル

【キャスト】
リンゼイ・モーガン、ジョナサン・ハワード、ダニエル・バーンハード、ローナ・ミトラ、ジェームズ・コスモ、アレクサンダー・シディグ、ヤヤン・ルヒアン

映画『スカイライン 逆襲』のあらすじ


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

人間を回収し自分たちの兵隊である「パイロット」に作り変える宇宙人「ハーベスター」による侵略を防いでから5年の月日が経過。

「パイロット」にされてしまった父と母から生まれたことで「ハーベスター」の力を持つローズ(リンゼイ・モーガン)は、レジスタンスの目を逃れ生きていました。

ある日、洗脳が解け人間たちと共存する「パイロット」が奇病を発症してしまったことを契機に、レジスタンスと共に再び「ハーベスター」との戦いに赴くことになり…。

スポンサーリンク

大幅にスケールアップしたシリーズ第3弾


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

グレッグ・ストラウスとコリン・ストラウスによって2010年に製作された『スカイライン 征服』(2010)から始まった「スカイライン」シリーズ。

人類が宇宙からやってきた「ハーベスター」によって侵略される様を描いた第1作は、侵略者の恐ろしさに重点を置いた作品だったため「モンスターパニック」映画に近い内容でした。

しかし、続編となる『スカイライン 奪還』では追い詰められた人類の反撃が「熱さ」たっぷりに描かれており、シリーズが突如「SFアクション」へと変化し注目をファンの心を震撼させました。

そして第3弾となる『スカイライン 逆襲』では、「征服」と「奪還」の要素を吸収しさらに「SF」としての大幅なスケールアップを遂げた作品となっており、シリーズが新たな局面を迎えることになります。

1作も無駄にしない「スカイライン」シリーズ


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

2作目『スカイライン 奪還』には1作目『スカイライン 征服』の主人公ジャロッドが「パイロット」となった姿で登場しました。

前作の主人公とのクロスオーバーはファンにとっては堪らない演出であり、前作の「熱さ」の象徴であったとも言えます。

そしてシリーズの3作目となる本作の主人公ローズは1作目の主人公ジャロッドの娘であり、2作目の主人公マークが命懸けで守った少女です。

その演出だけでもシリーズの骨子を引き継ぐ「熱さ」を持っていますが、本作にはさらに2作目で「パイロット」となってしまった青年トレントがローズと共闘するメインキャラクターとして参戦。

1作も無駄にしない「スカイライン」シリーズの「熱さ」を登場人物からも感じさせてくれます。

前作を越える「熱い」戦いの数々


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

地球をあっさりと侵略するほどの進んだ技術を持つ宇宙人に「肉弾戦」を挑む、良い意味で馬鹿げた「熱さ」を持っていた第2作。

本作はそんな前作を越えるバトルの数々が展開され、度肝を抜くアクションが披露されます。

新たに登場する変異種との銃撃戦、「ハーベスター」との戦い、そして人間同士の肉弾戦。

銃を捨て「肉弾戦」に置き換えることでさらに生き生きとした表情と身体のキレを見せる、前作同様の魅力を見せる本作は「SFアクション」映画としての境地であり局地にいる作品でした。

映画界を支えるアクションスターの華麗なる殺陣


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

前作には『パージ:アナーキー』(2015)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に出演した俳優フランク・グリロと、『ザ・レイド』(2012)への出演で世界的なアクションスターとなったイコ・ウワイスが出演し、「SFアクション」映画としての異質さをキャスティングだけで演出していました。

そのキャスティングの異質さは本作にも引き継がれており、前作にも出演し演じたキャラクターが死亡した『ザ・レイド』シリーズでお馴染みの俳優ヤヤン・ルヒアンがまさかの再出演。

さらに『ジョン・ウィック』(2015)で敵役ヴィゴの腹心キリルを演じ、殺し屋ジョン・ウィックを追い詰めたダニエル・バーンハードが本作に参戦。

映画界を支えるアクションスターによる鍛え抜かれた肉体とキレのある殺陣が、「SFアクション」映画として異質なほどに画面で輝く作品でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.

征服からの奪還、そして「逆襲」。

人類と「ハーベスター」との戦いの「クロニクル」を描いた「スカイライン」シリーズ最新作『スカイライン 逆襲』。

「ハーベスター」の拠点に入り込んだローズが目撃する驚愕の真実、そこには報復の連鎖を意味する戦争の本質とも言えるメッセージが込められています。

熱い戦いと戦争の意味を描く本作を、ぜひ劇場でその目に焼き付けてください。

映画『スカイライン 逆襲』は2月26日より全国劇場でロードショーです。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile140では、4DXでの公開が控える名作SFアニメ『機動警察パトレイバー2 the Movie』(1993)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

次回の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら




関連記事

SF映画

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ジョンの母親サラ・コナーの登場で新展開は別次元のはじまりに

映画『ターミネーター ニュー・フェイト』のネタバレ解説。 未来から送り込まれて来た殺戮ロボットとの戦いを描く、「ターミネーター」シリーズの第6作目の映画『ターミネーター ニュー・フェイト』。 大ヒット …

SF映画

【ネタバレ感想】アリータ: バトル・エンジェル|少女の強さは戦闘だけではない⁈

蘇った最強のサイボーグは、人間の心を持った美しい少女でした。 実写で撮影した映像をベースにVFX技術で作り上げた主人公・アリータの存在は、人間とサイボーグの域を超え、私たちに感動のドラマを与えてくれま …

SF映画

おすすめSF映画『イカリエ-XB1』あらすじとキャスト。チェコ・ヌーヴェルヴァーグの潮流も

あの名作SF映画『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』が発表される以前の1963年。 チェコスロヴァキアで誕生した奇蹟のSF映画『イカリエ-XB1』が、デジタル・リマスター版として蘇ります! S …

SF映画

東京喰種主題歌illion(イリオン)『BANKA』歌詞と発売日情報!

2017年7月29日から公開される映画『東京喰種 トーキョーグール』。 この映画の主題歌として、野田洋次郎こと、illionが新曲「BANKA」を書き下ろしが提供されることが決まなりました! スポンサ …

SF映画

映画『E.T.』あらすじネタバレと感想。スピルバーグ監督の作風と特徴が画期的だった「トモダチ宇宙人」

イツモココニイルヨ。 離れていても心はいつも一緒。 1982年公開、スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒットSFファンタジー『E.T.』を紹介します。 公開当時、世界興行収入ナンバーワンという記録を叩 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学