Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー|あらすじとキャスト! 

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、『スターウォーズ』シリーズ番外編。

若きハン・ソロの知られざる冒険を描いた、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日公開。

ここから始まるスター・ウォーズのヒーロー伝説とは⁈

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Solo: A Star Wars Story

【監督】
ロン・ハワード

【キャスト】
オールデン・エアエンライク、ウッディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー、タンディ・ニュートン、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、ヨーナス・スオタモ、ポール・ベタニー

【作品概要】
『スターウォーズ』シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロを主役にした、番外編。

銀河一のパイロットを目指す、若きハン・ソロの活躍を、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズのロン・ハワードが描いた、SFアクション・アドベンチャー。

ハン・ソロは『スターウォーズ』人気NO.1キャラクター


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
ハン・ソロは『スターウォーズ』シリーズに出てくるキャラクターで、愛機のミレニアム・ファルコンを操縦する密輸業者。

相棒で副操縦士のチューバッカと共に、数々の修羅場を潜り抜けてきましたが、犯罪組織の首領、ジャバ・ザ・ハットに負債を作ってしまい、賞金稼ぎに狙われる危うい立場となります。

ですが、ルークやレイアと出会った事で、反乱軍に協力し、帝国軍との戦いを勝利に導いた英雄となります。

エピソード7以降の、主要キャラクターとなっている、カイロ・レンの父親でもあります。

ジェダイの生き残りで、フォースを操り戦うルークとは違い、特別な力を持たないハン・ソロですが、凄まじい操縦技術と、度胸を兼ね備えており、生存確率数千分の一と言われた小惑星帯を突破するなど、奇跡と呼べる展開を巻き起こし、ファンの心を掴んでいます。

「Rolling Stone Japan」の「『スター・ウォーズ』キャラクターランキング ベスト50|2018年度改訂版」では1位を獲得、日本版公式サイトの“『スター・ウォーズ』名言投票”で「愛してる」「知ってるさ」というレイアとハン・ソロの会話が名セリフ第1位になるなど、旧3部作の主人公、ルークを超える人気を誇ります。

口は悪く乱暴な性格ですが、困った人は見捨てられない優しい性格を兼ね備えているハン・ソロ。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』では、チューバッカとの出会いや、ミレニアム・ファルコンを手に入れるまでの、知られざるストーリーが語られます。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の主要キャスト


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ役)のプロフィール

参考映像:『ヘイル、シーザー!』(2016)

帝国軍が治める惑星コレリアで生まれ育ち、子供の頃から自力で生活してきた、若きハン・ソロ

人生を変えたいと願うハン・ソロは、どのような冒険を繰り広げるのでしょうか?

演じるオールデン・エアエンライクは、 1989年11月22日生まれのロサンゼルス出身。

10代の頃に、スティーブン・スピルバーグに見いだされた事で、TVドラマの脇役などに出演するようになります。

2009年の映画『テトロ 過去を殺した男』で映画デビュー、2016年の映画『ヘイル、シーザー!』で注目されます。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』では、2500人以上が参加したオーディションで選ばれ、ハン・ソロ役を射止めました。

エミリア・クラーク(キーラ役)のプロフィール

参考映像:『ターミネーター:ジェネシス』(2015)

ハン・ソロの幼馴染、キーラ。

知性と野心に満ちた彼女は、ハン・ソロと行動を共にするのでしょうか?

演じるエミリア・クラークは、1986年10月23日生まれの、イギリス出身。

音響エンジニアの父親の影響で、幼いころから女優を志します。

2011年から放送開始のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、王女デナーリスを演じ注目され、2012年には「世界で最も美しい顔100」の1位に選ばれました。

2012年の映画『Spike Island』で映画デビュー、2015年の映画『ターミネーター:ジェネシス』では、サラ・コナーを演じるなど大活躍の女優です。

ドナルド・グローバー(ランド・カルリジアン役)のプロフィール

腕利きの運び屋で、ギャンブラーのランド・カルリジアン。

後にハン・ソロの悪友となり、帝国軍と戦う事になるランドが、ハン・ソロとどのような出会いをし、絆を深めるのか、見所の一つではないでしょうか。

演じるドナルド・グローバーは、1983年9月25日生まれのアメリカ出身。

2006年から放送された人気ドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』の脚本に、大学在学中から参加します。

同時に3人組コント集団でも活動しており、2009年にトリオで製作した長編映画『Mystery Team』では、製作総指揮・共同原案・脚本・出演・音楽を担当しています。

2009年から放送開始のTVドラマ『コミ・カレ!』で注目され、2015年の映画『オデッセイ』や映画『スパイダーマン:ホームカミング』に出演しています。

ポール・ベタニー(ドライデン・ヴォス役)のプロフィール

冷酷な犯罪組織を率いる、ギャングのボス、ドライデン・ヴォス。

演じるポール・ベタニーは、1971年5月27日生まれ、イギリス出身。

芸能一家に生まれ、ロンドンで舞台俳優として活躍後、1997年の映画『ベント 堕ちた饗宴』で映画初出演、2001年の映画『ROCK YOU!ロック・ユー!』で、ハリウッドへ進出します。

映画『アイアンマン』シリーズでは、トニースタークをサポートする人工知能、ジャービスの声を担当、2015年の映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』から、ジャービスが実体化したヒーロー、ヴィジョン役を演じています。

ウッディ・ハレルソン(トバイアス・ベケット役)のプロフィール

ハン・ソロを冒険の世界へ導く、あらゆる困難を乗り越えてきた男、トバイアス・ベケット。

演じるウッディ・ハレルソンは、1961年7月23日生まれ、アメリカ出身です。

舞台俳優としてキャリアをスタートさせ、1985年から放送されたTVシリーズ『Cheers(原題)』に出演、1986年の映画『ワイルドキャット』で映画初出演を果たします。

1994年の映画『ナチュラル・ボーン・キラーズ』で主役を演じ、注目されます。

1996年の映画『ラリー・フリント』でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、2017年の映画『スリー・ビルボード』でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。

他の出演作に2007年の映画『「ノー・カントリー』、2009年の映画『ゾンビランド』などがあります。

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
惑星コレリアで生まれ育った青年、ハン・ソロは、銀河一のパイロットを目指していました。

やがて彼は、幼馴染の美女キーラと、自らを危険な冒険へ誘う、ベケットと共に、莫大な報酬が絡む危険な任務に挑みます。

相棒チューバッカや、愛機ミレニアム・ファルコン号との運命的な出会いを絡めながら、ハン・ソロの銀河を舞台にした冒険が始まります。

スポンサーリンク

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のみどころ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
2016年の映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続く、スターウォーズの番外編映画の第2弾。

エピソード3とエピソード4の間のエピソードを描いた『ローグ・ワン』とは異なり、今回は、ハン・ソロというキャラクターをピックアップした内容です。

みどころは、『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカスの盟友ロン・ハワードが監督を務めている事です。

ロン・ハワードは、1973年にジョージ・ルーカスが監督した映画『アメリカン・グラフィティ』に俳優として出演、1988年にロン・ハワードが監督した『ウィロー』を、ジョージ・ルーカスがプロデュースした事もあり、旧知の仲です。

1999年の映画『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』製作時に、ロン・ハワードがルーカスから意見を求められた事もあり、ルーカスが信頼している事が分かります。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、最初はフィル・ロードとクリス・ミラーが製作にあたっていましたが突如降板、白羽の矢が立ったのがロン・ハワードです。

ルーカスには、「自分を信じるんだ。きっと上手くいくよ」と励まされ、プレミア上映後はルーカスも満足していたようです。

また、本作の撮影中に挨拶に立ち寄ったルーカスが、5時間滞在しアイデアを出したという話もあります。

『スター・ウォーズ』シリーズは、2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 』から新三部作に突入し、さまざまなスピンオフ作品が企画されています。

旧三部作で育った私からすると、新三部作は少し盛り上がれない所があり、それは旧三部作の「スター・ウォーズらしさ」を感じられない部分にあるのかもしれません。

新たな『スター・ウォーズ』シリーズを作ろうとしているのは分かりますし、旧三部作の雰囲気が無いと絶対ダメとは言いませんが、何か寂しい感覚があったのは事実です。

そこへ、ルーカスの盟友ロン・ハワードが、ルーカスのアドバイスを取り入れながら、完成させた本作に、旧三部作の名残を感じる、何かを期待してしまうのです。

もちろん、エピソード9も期待していますが、それは「新たなスター・ウォーズ」と割り切って観るしかないと思っていますので、この『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が、旧三部作の名残を感じさせてくれる、最後の新作映画だと期待しています。

まとめ


(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
シリーズNO.1の人気を誇るハン・ソロの、若き頃の活躍を描く本作。

旧三部作で、ハン・ソロを演じたハリソン・フォードはオールデン・エアエンライクに会った際に「彼なら若きハン・ソロを演じられる」と、確信したそうです。

スティーヴン・スピルバーグに見いだされた、オールデン・エアエンライクが、ジョージ・ルーカスによって創作されたハン・ソロの物語を、ロン・ハワード製作で演じた本作。

往年の映画ファンからすると、存在するだけで価値がある作品と言えますし、本作のポスターも80年台を彷彿とさせるデザインにさせているのも、その辺りをターゲットにしているのではないでしょうか?

また、ロン・ハワードは今作を「インディー・ジョーンズ的な映画」と語っており、始まりの物語でもあるので『スター・ウォーズ』シリーズやハン・ソロを知らない人でも楽しめるのではないでしょうか。

『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、2018年6月29日から全国公開です。

関連記事

SF映画

映画『スパイダーマン3』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。サムライミ版の最終章は“ピーターの過ちと赦し”とは⁈

トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ最終章『スパイダーマン3』。 スパイダーマン/ピーター・パーカーはニューヨークから愛されるヒーローとなり、MJとの良好な関係が続き、順風満帆の日々 …

SF映画

映画『すべての終わり』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

自分の身を危険に晒してでも助けたい人がいる。 何が起きているのかも、何故そうなったのかも分からない「世界の終わり」が迫る中、その中心部にいる大切な人を助けに行く一風変わった「ロードムービー」である『す …

SF映画

【ネタバレ感想】キャプテンマーベルの結末までの詳細なあらすじ。アベンジャーズ参戦のヒーロー誕生!

「アベンジャーズ」シリーズへと連なる物語 MARVEL史上初の女性単体ヒーロー映画が、男女コンビ監督でついに誕生しました。 男女の枠も人間の枠も超えた最強のヒーロー、キャプテン・マーベルが満を持してス …

SF映画

映画『囚われた国家』感想とレビュー評価。近未来SFの地球外生命体の侵略という物語を2つの名作映画をヒントにリアルに描く

映画『囚われた国家』は2020年4月3日(金)よりイオンシネマほかでロードショー。 地球外からの侵略者に支配され、絶滅の危機に瀕した地球。果たして人類に未来はあるのか? エイリアンの侵略に降伏した現代 …

SF映画

映画『華氏451(2018)』ネタバレあらすじとラスト結末の感想解説。近未来SFの隠れた傑作をリメイクした“書籍を燃やす者と守る者”との闘い

本を燃やす者と本を守る者がぶつかり合う近未来サスペンス ラミン・バーラニが脚本・監督を務め、レイ・ブラッドベリの名作SF小説を映像化させた、2018年製作のアメリカの近未来SFサスペンス映画『華氏45 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学