Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2021/10/17
Update

映画『DUNEデューン砂の惑星』ネタバレあらすじ結末と感想考察。続編へのプロローグとなるポールの真の力からクイサッツ・ハデラッハの覚醒まで

  • Writer :
  • もりのちこ

続編への壮大なプロローグ。
SF映画に新たな大作誕生の予感です。

SF小説の古典とも呼ばれるフランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』を、『ブロードランナー2049』のドゥニ・ビルヌーブ監督が映画化。


西暦10190年、人類は地球を離れ宇宙帝国を築いていました。皇帝の命を受け大領家の1つ、アトレイデス家は、砂漠の惑星アラキス、通称「デューン」を治めることになります。

その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われる過酷な惑星「デューン」。アトレイデス家の後継者・ポールは、その地で権力争いと巨大な陰謀に巻き込まれていくのでした。

未来が視える「選ばれし子」ポールの運命とは。SFスペクタル・アドベンチャー『DUNEデューン 砂の惑星』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『DUNEデューン 砂の惑星』の作品情報


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

【日本公開】
2021年(アメリカ)

【監督】
ドゥニ・ビルヌーブ

【キャスト】
ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、デイブ・バウティスタ、ゼンデイヤ、デビッド・ダストマルチャン、スティーブン・マッキンリー・ヘンダーソン、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター

【作品概要】
原作は、1965年発行、フランク・ハーバートの大長編SF小説『デューン/砂の惑星』。「デューン」と呼ばれる砂の惑星を舞台に繰り広げられる宇宙戦争を、壮大なスケールで描きだした作品は、シリーズ全6作に及びます。

映像化不可能といわれた中、1985年にデビッド・リンチ監督が映画化に挑戦。そして2021年、『ブレードランナー2049』『メッセージ』とSF作品を手掛けるドゥニ・ビルヌーブ監督が、満を持して映像化に挑みました。

主人公のポールは、『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートを果たしたティモシー・シャラメが務めます。

その他、「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ、『アクアマン』のジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリンら豪華キャストの共演にも注目です。

今作は、IMAX社独自の最新テクノロジーで最高水準まで高めた次世代プレミアムシアターで、究極の映画体験が可能な「Filmed For IMAX」認定作品となっています。

映画『DUNEデューン 砂の惑星』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
西暦10190年、人類は地球を離れ惑星に移住。皇帝が率いる厳格な身分制度のもと、各惑星はそれぞれの大領家が統治する、宇宙帝国を築いていました。

この度、大領家のひとつアトレイデス家の当主、レト・アトレイデス公爵は、皇帝の命を受け、惑星アラキスの統治を任されました。

アトレイデス家の跡取りポールも、母ジェシカと共に惑星アラキスへと移住します。ポールは以前から繰り返し見る夢に戸惑っていました。

それは惑星アラキスで出会うであろうひとりの女性の夢でした。超能力を持つ女性種族ベネ・ゲセリットの出身のジェシカを母に持つポールは、未来が視える「クイサッツ・ハデラッハ」でした。

完全に覚醒はしていないものの、これから起こるであろう未来が恐ろしいものになる不安は断ち切れません。

惑星アラキスは、別名「デューン」と呼ばれる砂の惑星です。水分がなく、巨大な砂虫「サンドワーム」が出没し、暴風「コリオリの砂嵐」が巻き起こる過酷な地でありながら、抗老化作用をはじめ宇宙の重要な産物であるスパイス「メランジ」の唯一の生産地でもあります。

この惑星を制する者が全宇宙を制すると言われるほど莫大な利益をもたらすデューン。これまでメランジの採掘権を握っていたハルコンネ家は、以前から宿敵だったアトレイデス家の参入が面白くありません。

惑星アラキスには、砂漠の奥地に古くから住む先住民、フレメン族が生活していました。フレメン族は、独自の信仰を持ち、惑星の生体に適合した生活の知恵を身に付け、メランジの作用で眼球が青く光ります。

レト公爵は、フレメン族との協定のため戦士ダンカンを派遣し、リーダー・スティルガーとの対面にこぎつけます。これから起こるであろう戦闘を見据え、協力体制の強化が目的でした。

しかし、誇り高きフレメン族は、メランジ採掘は承認するも、移住地を探らないという条件をだし立ち去ります。

砂漠でのメランジの採掘は想像以上に大変なものでした。機械の振動は砂漠に潜む巨大な砂虫「サンドワーム」を引き寄せ、油断をすると飲みこまれてしまいます。

アトレイデス家が砂漠での生活に苦戦する中、ハルコンネ家が放った刺客がレト公爵の暗殺へと乗り出します。

蜂のように飛び回る小型のハンターシーカーが、レト公爵を刺します。お抱え医師であったドクター・ユエの裏切りによるものでした。

惑星に張られたシールドが破壊され、次々と戦闘機が押し寄せてきます。ハルコンネ家だけの戦力ではありませんでした。皇帝の近衛兵サルダウカーの姿があります。アトレイデス家は、皇帝とハルコンネ家の陰謀によりハメられたのです。

以下、『DUNEデューン 砂の惑星』ネタバレ・結末の記載がございます。『DUNEデューン 砂の惑星』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
ポールが目を覚ますと、そこは敵の戦闘機の中でした。母ジェシカも捕えられています。敵は2人を砂漠に落とし、サンドワームの餌食にするつもりです。

ジェシカは目覚めたポールを確認し、合図を送ります。相手を意のままに操る心身統御術。今それを作動させる時です。ポールはこれまで成功したことがありません。

ジェシカの力も加わり、どうにか危機を乗り越えた2人は、砂漠の真ん中に降り立ちます。はるか離れてしまったアトレイデス家の拠点が燃えています。

父の死を確信し気力を失くす2人の元に、ダンカンがフレメン族出身のカインズ博士を連れ、飛行船で助けにやってきます。

古い採掘施設に避難するポールたちでしたが、そこにも皇帝の送り込んだ戦士が押し寄せてきます。身を挺してポールとジェシカを守るダンカン。砂の民フレメン族を探すようにと言い残します。

カインズ博士の誘導で飛行船に乗り飛び立ったポールとジェシカを、今度はコリオリの砂嵐が襲います。爆風に飲みこまれ操縦不能となったポールは、その中で未来を視ます。

砂漠のメランジを大量に浴びたことで完全に「クイサッツ・ハデラッハ」に覚醒したポール。聞こえる声に導かれ無事、嵐を抜けることができました。

フレメン族のスーツに身を包み砂漠の中を歩き続けるポールとジェシカの前に、フレメン族は突然姿を現しました。ずっと見張られていたようです。

そして、ポールは夢に現れていた女性・チャニと出会います。リーダーのスティルガーは、助けようとしますが、それを認めない仲間が決闘を挑みます。

受けて立つポールに、チャニが部族の武器クリスナイフを渡しました。夢でみた場面が蘇ります。剣はダンカンに教わってきました。ポールはどう動けばいいか知っています。

しかし、最後のとどめを刺せないポール。彼は人を殺したことがありませんでした。息子の成長を願うジェシカ。その願いに答えるかのようにポールは強い戦士になりました。

「僕の道は砂漠へと続く」自分の進むべき道を確信したポールは、まっすぐ前を向いて歩いていきます。戦いは始まったばかりです。

スポンサーリンク

映画『DUNEデューン 砂の惑星』の感想と評価


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
フランク・ハーバートのSF小説『デューン/砂の惑星』の映画化。『スターウォーズ』シリーズにも影響を与えたと言われるSF小説の古典的作品です。

壮大なスケールの宇宙帝国、飛び交う飛行艇、砂漠の惑星に住む巨大な砂虫「サンドワーム」、魅惑のスパイス「メランジ」、シードルを発生させ戦う剣術、2人の師匠、未来が視える力を持つ「選ばれし子」。

SF好きならずとも、ワクワクする要素がぎっしり詰まった物語です。未来を視ることができる主人公が、夢で会った少女と再会する展開はラブストーリーとしても楽しめます。

SFの世界は、馴染みのない用語や、新兵器にロボット、見たこともない生物の登場など、未来の設定を紐解く作業が必要ですが、映画『DUNEデューン 砂の惑星』は物語が進むにつれ理解も自然と深まり、ストレスなく見続けることができます。

そして、何と言っても驚くのは映像美。IMAXの性能を最大限に活用したスペクタル映像は、IMAXスクリーンが搭載されていない映画館でも十分に楽しめるものになっています。

砂漠の惑星は気温が下がる夜が活動時間になります。薄暗いにもかかわらず、鮮明に浮かび上がる巨大サンドワームの迫力ある映像に驚きます。巻き上がる砂の粒子に息がつまりそうな感覚を味わいます。

また、映像と一緒に楽しめるのが音声です。どこまでも広がる砂漠の神聖的とも言える静けさの中、ドコドコと盛り上がる砂、砂虫サンドワームがやってきます。

サンドワームは、ドンドンという定期的な振動に反応し姿を現わすのですが、心臓に直に響くような低音のリズムは、不安をあおり恐怖心を高めます。


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

さて、続編への壮大なプロローグとなった今作は、主人公ポールの真の力、未来予視ができる超能力者「クイサッツ・ハデラッハ」の覚醒までが描かれています。

主人公のポールを演じるのは、新世代の「プリンス・オブ・ハリウッド」の異名をもつ、ティモシー・シャラメ。美しい容姿によく似合う未来の衣装にうっとりします。

始めは後継者としてまだ自信がなく不安定だったポールが、デューンでの辛い経験を乗り越え、さらなる試練に向かって救世主として成長を遂げる様子を見事に演じています。

ポールの夢に現れる謎の美女チャニ役は、新「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ。アメリカのティーンの間ではファッションアイコンとしても人気を集める彼女。砂の民フレメン族の特徴である、青く光る瞳がとても魅力的です。

その他にも、アトレイデス家のリーダーでありポールの父親レト公爵、超能力をもつベネ・ゲセリット族出身の母ジェシカ、アトレイデス家の忠実な戦士ダンカン、悪名高き非道の男ハルコンネン男爵など、続々と登場する強烈なキャラクターにも注目です。

まとめ


(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
究極の映画体験が可能な「Filmed For IMAX」世界初認定作品として話題を呼んでいる映画『DUNEデューン 砂の惑星』を紹介しました。

今作は、原作のフランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』シリーズの1作目の序章に過ぎません。主人公のポールの力が覚醒し、壮大な宇宙戦争の幕開けとなりました。

早くも続編への期待が高まるSF映画『DUNEデューン 砂の惑星』。ぜひ、映画館の大スクリーンで最高の映像美をお楽しみください。




関連記事

SF映画

映画『亜人』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

原作は桜井画門の人気コミック『亜人』が2017年に遂に実写映画化! キャストは『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督よる初タッグで贈る新感覚アクション・ムービー。 今 …

SF映画

スパイダーマン ホームカミング|ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。映画ラストまでMCUシリーズ新三部作の原点を紹介

主演に若手注目株のトム・ホランドを迎え、ついにスパイダーマンがマーベルに帰って来た! こちらも期待の新鋭、ジョン・ワッツ監督による新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』をご紹介します。 以下、あ …

SF映画

映画『ファンタスティック・プラネット』あらすじ感想と考察評価。進撃の巨人のアニメに影響を与えた共通点も解説

映画『ファンタスティック・プラネット』 は2021年5月28日(金) より 渋谷HUMAXシネマほかにて公開予定。 70年代に生まれて以降、世界中のクリエイターに多大な影響を与え続けているフランスSF …

SF映画

劇場版仮面ライダービルド2018|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年8月4日より、『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』が全国東映系で公開。 石ノ森章太郎生誕80周年記念作にして、平成最後の夏の仮面ライダー映画。 そんな本作『劇場版 仮面ライダ …

SF映画

映画『リディバイダー』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

映画『リディバイダー』は、2018年6月9日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開。 現実世界VS複製世界、そこで生き残るのはひとつ⁈ 映画『美女と野獣』で野獣役を演じたダン・スティーヴンス主演 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学