Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/09/24
Update

映画『亜人』佐藤健(永井圭役)の演技評価 とキャスト感想!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

アニメ化にもなった桜井画門の大ヒットコミック『亜人』の主人公・永井圭役に、映画『るろうに剣心』シリーズの佐藤健を迎えて遂に実写化!

亜人と人類の壮絶な戦いを描いた映画『亜人』と、俳優・佐藤健のプロフィールや魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『亜人』の作品情報


(C)2017映画「亜人」製作委員会(C)桜井画門/講談社作委員会【公開】
2017年(日本映画)

【監督】
本広克行

【キャスト】
佐藤健、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、品川祐、吉行和子、綾野剛、鈴村健一、宮野真守I

【作品概要】
桜井画門のアニメ化にもなった大ヒットコミック『亜人』を主人公の永井圭役に『るろうに剣心』シリーズの佐藤健をむかえ、不死身のテロリスト佐藤役を綾野剛、厚生労働省の亜人担当職員・戸崎役を玉山鉄二が務め共演。

演出は『踊る大捜査線』シリーズや『曇天に笑う』の本広克行監督。

2.佐藤健(永井圭役)のプロフィール


(C)2017映画「亜人」製作委員会(C)桜井画門/講談社作委員会

佐藤健(さとうたける)は、1989年3月21日に生まれで、埼玉県岩槻市出身の俳優。

高校2年生の時に東京・原宿でスカウトされ、アミューズに所属します。

2006年にドラマ『プリンセス・プリンセスD』の河野亨役で俳優デビューを果たします。

2007年に平成仮面ライダーシリーズの『仮面ライダー電王』の野上良太郎&仮面ライダー電王(声)役で連続テレビドラマ初主演をします。

また同年公開『仮面ライダー電王 俺、誕生!』にて映画初主演でスクリーンデビュー。

2010年にNHK大河ドラマ『龍馬伝』の岡田以蔵役で時代劇に初挑戦。

2012年に舞台『ロミオ&ジュリエット』にロミオ役で主演。同年に主演映画『るろうに剣心』を公開

2014年に続編シリーズ『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』の2部作も連続公開されました。

2015年にドラマ『天皇の料理番』に秋山篤蔵役で主演し、調理する場面を代役なしで演じ切りました。

佐藤健の受賞歴

2010年:第20回日本映画批評家大賞 新人男優賞(南俊子賞)
2011年:エランドール賞 新人賞
2013年:第1回ジャパンアクションアワード ベストアクション男優部門 最優秀賞
2015年:第3回ジャパンアクションアワード ベストアクション男優賞
2016年:第24回橋田賞『天皇の料理番』、第42回放送文化基金賞・演技賞

佐藤健のフィルモグラフィー(映画)

『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』(2007)
野上良太郎 / M・U・K・R・W良太郎役
『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』(2008)
野上良太郎 / M・U・K・R良太郎役
『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』(2008)
野上良太郎 / M・G良太郎 / 仮面ライダー電王 ライナーフォーム(声) 役 ※特別出演
『GOEMON』(2009)霧隠才蔵(青年時代)役
『ROOKIES -卒業-』(2009)岡田優也役
『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』(2010)中森翔平役
『BECK』(2010)田中幸雄役
『るろうに剣心』(2012)緋村剣心役
『るろうに剣心 京都大火編』(2014)
『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)
『リアル〜完全なる首長竜の日〜』(2013)藤田浩市役
『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013)小笠原秋役
『トイレのピエタ』(2015)清掃員役
『バクマン。』(2015)真城最高役
『世界から猫が消えたなら』(2016)僕 / 悪魔役
『何者』(2016)二宮拓人役
『亜人』(2017)永井圭役
『8年越しの花嫁』(2017)中原尚志役
『いぬやしき』(2018)獅子神皓役

スポンサーリンク

3.俳優・佐藤健について監督と共演者の感想は


(C)2017映画「亜人」製作委員会(C)桜井画門/講談社作委員会

今作『亜人』の出演オファーがあった時に佐藤健は、「今回のお話をいただき、すぐに原作を読みました。一読者として楽しませていただいたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました」と語っていました。

また主人公・永井圭役に決まったことについて、次のようなのコメントをしています。

漫画原作の実写化は今もなお賛否両論あるものの、もはや今の時代を象徴しているようなところもあり、避けては通れないものだと感じています。それに成功例があることも事実で、それを目指して多くの映画人たちは、何か良い原作はないものかと様々な漫画を読み漁っているというのが今の業界の実状です。
もちろん、僕もその内のひとりですが、当然のように漫画を映画にするということはとても難しい作業なわけで、この原作を映画化したいと思えるような作品には簡単に出会うことはできません。
二年ほど前に今回のお話をいただき、すぐに原作を読みました。一読者として楽しませて頂いたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました。理由は明快で、この「亜人」という原作を映画化する意義がしっかりと見えたからです。それは、“死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる“ということです。
絶対に死なない亜人は殺してもすぐに復活するため、捕獲拘束するために麻酔銃などで眠らせようとします。戦闘中腕に刺さった麻酔が全身に巡ることを避けるため自らで麻酔の刺さった腕を切り落としながら、更に自らで自らの頭を銃で撃つ(リセットする)ことで損傷された腕を復活させながら、俳優たちが戦闘している『画』が見えました。
『るろうに剣心』のときにお世話になったアクションチームのみなさんと久しぶりに再会し、これからの撮影に向けて、今は日々アクションを練っている段階です。まだクランクイン前ですが、これは上手くいけば相当極上なエンターテインメント作品に仕上がるのではないかと手応えを感じております。楽しみに待っていて頂いて大丈夫かと。よろしくお願いします。

また、その際に監督を務めた本広克行監督は、これまでに自分が関わってきた『踊る大捜査線』『SP』『PSYCHO-PASS サイコパス』と同様な世界観が感じながら、主演に佐藤健をむかえた喜びを次のように語っています。

佐藤さんはずっとご一緒したいと思っていた役者の一人で、クールで達観したように見えて、実は熱いものを芯に秘めている感じが、本作の主人公にぴったりだと制作陣と満場一致で決定しました。『るろうに剣心』で魅せた身のこなしも、アクションが肝の今作で現場を引っ張ってくれる存在になるのではと期待しています。

『るろうに剣心』シリーズの佐藤健と『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督は初タッグを組むことになります。

奇しくもコミックの実写化の賛否について触れた佐藤健ですが、演出を務めた本広克行監督は、プロダクションIGに移籍した経歴からアニメ『PSYCHO-PASSサイコパス』の総監督を務めたことがあり見事に払拭させます。

好敵手となる亜人グループの佐藤役を演じたダブル主演の綾野剛は、

佐藤健について次のような感謝を述べています。

健君とは、久々の共演ということもあって僕自身非常に嬉しかったですし、さらにいいものを一緒に作ろうよという思いも強かったので、本当に良いタッグを組めて、本広監督に向かっていくことができたのかなと、健君には非常に感謝しています。

さらに、厚生労働省の亜人担当職員の戸崎役を演じた玉山鉄二は、

佐藤健の撮影中の様子を次のようにコメントを語ります。

主演の佐藤健さんは、本当に繊細にこの作品の事や自分のキャラクターを考えていらっしゃって、些細な事も監督と相談したり、スタッフとちょっと会話して、自分の中の溝を埋めていったりといい意味での神経質というか。ちゃんと役と向き合っている感じというのを沸々と感じる役者さんだなと僕は感じました。

主演の佐藤健に本広克行監督も一目置くほどの期待を寄せ、共演をした俳優仲間である綾野剛や玉山鉄二からも信頼を得ていることが分かりますね。

このような現場で作られた映画『亜人』の撮影やポスプロを終えた後、完成披露試写会の際に佐藤健は次のように観客にメッセージを送ってくれました。

「映画はジェットコースターのようにあっという間に終わります! 最後まで置いてけぼりにならぬよう、振り落とされることのないよう、しがみついてさえいれたら、最後まで楽しく観ていただけるんじゃないかなと思います」

佐藤健も自身と満足をのぞかせる完成度に映画公開が楽しみですね。

ちなみに圭と戦う亜人佐藤役を演じた綾野剛は、「佐藤健を追い込むのはなかなか楽しかったですね! いい顔をするんですよ」と笑いながらギャグを語っていました。

佐藤健と信頼関係のある綾野剛のオススメの“いい顔”にも注目しましょう。

3.映画『亜人』のあらすじ


(C)2017映画「亜人」製作委員会(C)桜井画門/講談社作委員会

病気である妹の命を救いたいと研修医となった永井圭だが、ある日、交通事故に巻き込まれてしまいます。

しかし、命を失った永井でしたが、その直後に蘇生を行い蘇ります。

永井は日本で3番目の亜人として厚生労働省に保護されるが、彼は秘密機関に収監され、組織を指揮をするのは厚生労働省の戸崎優の下で非人道的な人体実験をされてしまいます。

ある時、そんな圭の収容される組織に佐藤と名乗る男が襲撃してきました。佐藤は日本人最初の亜人であり、かつて長きにわたり亜人としてモルモットのような人体実験を受けていた人物でした。

佐藤の傍らには同じく、以前に彼に救われて人間へ激しい憎悪を持つ田中功次いました。

佐藤は圭に対して共闘する勧誘をかけますが、圭には誘いを断ると1人で秘密機関から逃亡します。

圭を誘い込むことに失敗したが、佐藤は人間に宣戦布告を開始。佐藤の周りには組織に確認されていない亜人が何人もいました。

亜人対策の中心的な厚生労働省に大掛かり爆破テロを仕掛け、人間を圧倒する佐藤に対して戸崎たちは後手の対応に回ってしまいます。

一方で全国に指名手配を掛けられた圭は逃亡を続けています。その頃、戸崎の部下である下村は永井圭の妹の慧理子を保護監察の対象にしていました。

そこの場に田中が襲撃をかけると、慧理子の目には映らない亜人の操る人型の特殊な分身IBM(インビジブル・ブラック・マター)が迫ります。

もはやなす術はないかと思われたが下村だったがIBMを発動させると、下村もまた亜人だったのです。

佐藤の度重なる非情なテロ行為を目にした圭は、なんと戸崎の方に共闘を申し入れます。

かつて自分の受けた酷い人体実験のことを忘れた訳ではなく、敵の敵は味方だとして佐藤との戦いを決意したのです。

佐藤の次なる攻撃標的は自身への人体実験をもとに生物兵器を作り出したグラント製薬でした。

圭と戸崎は襲撃が予想される佐藤と田中たちからの攻撃に備えてグラント製薬本社で待ち構えます…。

スポンサーリンク

まとめ

本広克行監督や共演者の綾野剛と玉山鉄二からの信頼も厚い佐藤健。

彼が新たな役柄に挑んだ主人公・永井圭の壮絶なバトルを描いた映画『亜人』は、2017年9月30日より全国一斉ロードショー。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

SF映画

映画『アドアストラ』あらすじネタバレと感想。ラストでブラピ演じる宇宙飛行士は父親を救えるのか!?

人類が宇宙に旅立つ時代。 進化する時代の中で変わらないものとは。 ブラッド・ピット率いる製作会社PLAN Bが手掛けた映画『アド・アストラ』。宇宙を舞台に衝撃の救出ミッションを描く、壮大なスペース・ア …

SF映画

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想と内容解説。最大の脅威である闇の正体とは⁈

『X-MEN: ダーク・フェニックス』は2019年6月21日(金)より、全国ロードショー! 20年に渡り壮大に展開されてきた“X-MEN”サーガが、今まさに壮絶な最終章(フィナーレ)を迎えようとしてい …

SF映画

映画『メッセージ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末【考察はヘプタポッド文字の考察と宇宙人の名付けについて】

突如出現した未知なる飛行体―。“彼ら”は人類に〈何〉を伝えようとしているのか? ドゥニ・ヴィルヌーヴが贈るすべての人の胸を打つ感動のSFドラマ『メッセージ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONT …

SF映画

映画『スパイダーマン2』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの解説。ドクター・オクトパスの執念と信念に対して“戦意喪失のピーター”が見出した解答とは⁈

青年、ピーターが見出す“ヒーローの定義”とは トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ第2弾『スパイダーマン2』。 グリーン・ゴブリンとの戦いから2年が過ぎたニューヨーク。ピーター・パー …

SF映画

【ネタバレ】X-MEN3 ファイナルディシジョン|あらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンで続編/新三部作を呼び寄せた“欠けてはならない”作品

対立か協調か、 迫るファイナルディシジョン(究極の決断) 人気アメコミ実写作品第3弾は、後に「X-MENオリジナル三部作」と呼ばれたシリーズの最終章にあたる『X-MEN:ファイナルディシジョン』です。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学