Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2018/07/13
Update

映画『BLEACH』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【福士蒼汰主演】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『BLEACH』7月20日(金)より全国公開!

久保帯人の同題ベストセラーコミックの映画化。ベースになっているの原作の“死神代行編”

監督は『GANTZ』『アイアイムアヒーロー』『いぬやしき』とSFコミックの映像化に定評のある佐藤信介。

主演は福士蒼汰。共演に杉咲花、吉沢亮、早乙女太一、小柳友、真野恵里菜、田辺誠一、MITAVI、長澤まさみ、江口洋介。

アクション監督は佐藤監督とのコンビ作が続く下村勇二。主題歌はALEXANDROS。

スポンサーリンク

映画『BLEACH』の作品情報


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
久保帯人

【脚本・監督】
佐藤信介

【キャスト】
福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮、真野恵里菜、小柳友、田辺誠一、早乙女太一、MIYAVI、長澤まさみ、江口洋介

【主題歌】
ALEXANDROS

【作品概要】
週刊少年ジャンプで連載された人気漫画家・久保帯人の漫画『BLEACH』は、すでにアニメ化されており、待望の福士蒼汰主演での実写映画化。

そのほか、死神少女ルキアを『湯を沸かすほどの熱い愛』の杉咲花、一護のクラスメイトで滅却師(クインシー)の生き残りの石田雨竜を『ママレード・ボーイ』の吉沢亮が務めます。演出は『アイアムアヒーロー』『いぬやしき』の佐藤信介監督。

映画『BLEACH』のキャラクターと配役

黒崎一護(福士蒼汰)


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

霊感の強い高校生。ルキアとの出会いから死神を代行するように。


朽木ルキア(杉咲花)


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

虚<ホロウ>を狩る死神。一護に能力を一時的に渡す。

石田雨竜(吉沢亮)
死神と同様、虚<ホロウ>を狩る“滅法師クインシー”の末裔

井上織姫(真野恵里菜)
一護、雨竜らのクラスメイト。一護に想いを寄せる。

茶渡泰虎(小柳友)
一護のクラスメイト。寡黙なタイプだが常人離れした怪力を持つ

浦原喜助(田辺誠一)
人間界に残った元死神。


阿散井恋次 (早乙女太一)
死神のエリートでルキアとは幼馴染。


朽木白哉(MIYAVI)
冷静沈着で厳格な死神界の存在。圧倒的な実力を持つ。


黒崎真咲(長澤まさみ)
一護の母。幼い頃ナニモノかに襲われ命を落とす。


黒崎一心(江口洋介)
一護の父。妻亡きあとも一家を守っていく。

スポンサーリンク

映画『BLEACH』のあらすじとネタバレ


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

幼い頃、自分をかばってナニモノかに、母を殺された高校生の黒崎一護。

今も、霊が見えることに悩まされる日々。

ちょっとずれた発言をする一護に想いを寄せる織姫と、茶渡たちは少しあきれながらも付合っていました。

ある夜、彼の目の前に死神朽木ルキアが現れます。

時を同じくして虚<ホロウ>と呼ぶ怪物も現れました。

周囲の人には姿すら見えない虚<ホロウ>を認識できる一語に驚くルキア。

一護をかばいながらの闘いで負傷したルキアは、死神の力を一時的に一護に譲ることに。

力を得た一護は虚<ホロウ>を一蹴します。

ルキアはその適応力と、巨大に変化した死神の刃斬魄刀に驚きを隠せません。

一夜明けて、転校生として現れたルキア。

死神の能力を一護に譲ったために尸魂界ソウルソサエティに戻ることができず、一時的に人間界にとどまり、一護に死神業を代行させようとします。

頑なに断る一護だがルキアは譲りません。

そして、なんと一護の部屋に居座るようになってしまいました。

以下、『BLEACH』ネタバレ・結末の記載がございます。『BLEACH』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

人間界でルキアをフォローするのは元死神の浦原。彼は尸魂界からの手がすぐに伸びてくると忠告します。

尸魂界では阿散井恋次と朽木白哉が、戻ってこないルキアの存在を危惧していました。

無理やり死神の修行に付き合わされる一護、その彼の前に次とクラスメイトの雨竜が現れます。

恋次はルキアの真の標的は、グランドフィッシャーと凶悪な虚<ホロウ>であると語ります。

一方、雨竜は、自分が滅法師(クインシー)と呼ばれる一族の末裔で、死神にと対立していることを語ります。

その時、一体の虚<ホロウ>が出現、苦戦しながらもこれを倒す一護の姿を見てその隠された能力の高さを感じさせられます。

そこに恋次を従えた白哉が姿を現しました。白哉は次の満月までに一護を殺し、死神の能力を奪い返すように言い放ちます。

改め三者で話し合いの場を持つ白哉、恋次、ルキア。

ルキアは一護はグランドフィッシャーを呼び込むいい餌になるといって、一護の利用価値を語り存命を求めます。

その話を聞いた一護は、修業を再開して自身がグランドフィッシャーを倒すことを宣言。

ルキアは直近の17日に、グランドフィッシャーが現れると予測します。

しかも偶然なのか、その日は一護の母の命日だった。

その日、墓参りに向かう中、一護の霊力に惹かれてグランドフィッシャーが襲来。激闘が始まります。

そのまま町中になだれ込む一護、ルキア、グランドフィッシャー。

織姫や茶渡をも巻き込みながらも、雨竜のサポートもあってグランドフィッシャーを倒す一護。

ボロボロになりながらも、グランドフィッシャーを倒した一護の能力を認めながらも、掟を守るために恋次と白哉は一護に襲いかかります。

大苦戦の一護だったが、その能力の一端を発動した一護は恋次を圧倒します。

しかし、その力も白哉には通用しませんでした。

白哉の前にルキアが現れ、一護の止める声も聴かずに、死神の能力を強引に一護から奪い返します。

死神としての姿を取り戻したルキアは、一護から死神だったころの記憶を消し去り尸魂界へと戻っていきます。

ルキアの存在、自分が死神であったことを忘れているはずの一護。

しかし、どこかでルキアの存在を感じる一護。

ふたたび二人が虚<ホロウ>に立ち向かう日々が戻るのか?

映画『BLEACH』の感想と評価

(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

アクションスターとしての福士蒼汰

福士蒼汰は元々仮面ライダーフォーゼの主役に抜擢されたのだから、身体能力は高かったのだろう。

その後、「図書館戦争」シリーズで出会った岡田准一の影響もあって、カリやジークンドーなどに触れ、抜群のアクションセンスを見せています。

特に最近は『無限の住人』『曇天に笑う』、そして早乙女太一とも共演した『髑髏城の七人season月』など、ソード(剣劇)アクションスターとして、久しぶりに日本に登場した本格派になりつつあると言っても良いでしょう。

福士蒼汰の右手に刀が握られて居る時は注目した方がいい!


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

スポンサーリンク

まとめ


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会
本作は同題の人気ベストセラーコミックの映画化に、『GANTZ』『アイアイムアヒーロー』『いぬやしき』とSFコミックの映像化に定評のある佐藤信介が演出を担当しています。

また、主演は刀を握らせたら、今注目の俳優ともえる福士蒼汰!

共演に杉咲花のほか、吉沢亮、早乙女太一、小柳友、真野恵里菜、田辺誠一、MITAVI、長澤まさみ、江口洋介!

映画『BLEACH』7月20日(金)より全国公開!!


(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会

関連記事

SF映画

【ネタバレ感想】アントマン&ワスプを詳細に解説!名作へのリスペクトがてんこ盛り

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で大変なことになっているMCU本家を尻目に通常運転の愉快なアクションSFコメディを展開するアントマンシリーズ第2作。 今回は完璧すぎる新ヒーロー「ワスプ」も登 …

SF映画

仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER|ネタバレ感想と解説。クウガと電王のみならず『うる星やつら2』へのオマージュか⁉︎

2018年12月22日より、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』が全国東映系で公開。 公開からわずか3日で観客動員数は42万人、興行収入は5億円を突破しました。 平成仮面ライダーシリー …

SF映画

映画『美しい星』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

三島由紀夫が1962年に発表した小説『美しい星』。三島文学でも異色のSF小説として空飛ぶ円盤や宇宙人を取り入れ、三島自身も愛した作品と言われています。 この原作に大胆な脚色を加えたのが、『桐島、部活や …

SF映画

映画『ファンタスティック・プラネット』あらすじ感想と考察評価。進撃の巨人のアニメに影響を与えた共通点も解説

映画『ファンタスティック・プラネット』 は2021年5月28日(金) より 渋谷HUMAXシネマほかにて公開予定。 70年代に生まれて以降、世界中のクリエイターに多大な影響を与え続けているフランスSF …

SF映画

『バンブルビー』ネタバレ感想と4DX映画体験リポート。トランスフォーマーの最も肝心なことが伝わる必見の作品

トランスフォーマーシリーズ始まりの物語! 映画『バンブルビー』は、「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラ・バンブルビーが、最初に地球に来た時の冒険譚。 シリーズ最高傑作との呼び声も高い注目作です。 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学