Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『スパイダーマン3』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。サムライミ版の最終章は“ピーターの過ちと赦し”とは⁈

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ最終章『スパイダーマン3』。

スパイダーマン/ピーター・パーカーはニューヨークから愛されるヒーローとなり、MJとの良好な関係が続き、順風満帆の日々を過ごしていました。

しかし父の復讐に取りつかれた親友、ハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリンの襲撃や叔父、ベンの仇であるサンドマン/フリント・マルコの存在、そして、MJとのすれ違いの中、心を擦れ減らしていくピーターに地球外から飛来した黒い影が忍び寄ります。

そんな映画『スパイダーマン3』のネタバレを感想評価を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン3』の作品情報


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2007年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man3

【監督】
サム・ライミ

【キャスト】
トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、トファー・グレイス、ブライス・ダラス・ハワード、ジェームズ・クロムウェル、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、エリザベス・バンクス、ディラン・ベイカー、クリフ・ロバートソン、テレサ・ラッセル、ビル・ナン、ブルース・キャンベル、テッド・ライミ、パーラ・ヘイニー=ジャディーン

【作品概要】
サム・ライミ監督版スパイダーマンシリーズの第3作で最終章となった『スパイダーマン3』。

主演は引き続きトビー・マグワイアが務め、MJ役のキルステン・ダンストや、ハリー・オズボーン役ジェームズ・フランコらおなじみのキャストに加え、新ヴィラン、サンドマン/フリント・マルコ役に『サイドウェイ』で知られるトーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴェノム・エディ・ブロック役に『イン・グッド・カンパニー』のトファー・グレイスが出演。

スパイダーマンとしての活躍も恋人、MJとの関係もすべて順調に進んでいたピーターでしたが、親友、ハリーが亡き父の力を手にし、ピーターの前に立ちはだかります。

一方、ピーターの叔父、ベンを殺害した犯人マルコはひょんなことから砂を操る超人、サンドマンへと変貌、スパイダーマンと対峙することとなります。

映画『スパイダーマン3』のあらすじとネタバレ


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

ドクター・オクトパスとの戦いの後、スパイダーマンことピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は恋人、メリー・ジェーン・ワトソン通称MJ(キルステン・ダンスト)との関係や大学生活すべてが順調に進んでいました。

ピーターはいつしかMJとの結婚を意識するようになっていました。

しかし、親友、ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)とは、スパイダーマンの正体がピーターであると知られて以降、絶縁関係にありました。

ハリーはかつてスパイダーマンと対決したグリーンゴブリンことノーマン・オズボーン(ウィレム・デフォー)の息子であり、スパイダーマン/ピーターを戦いの末、死んだ父の仇と思っていました。

ハリーは父が使用し、グリンーゴブリンとなる切っ掛けとなった身体能力強化薬を使い、ノーマンが残したグリーンゴブリンの装備を改良、ニューゴブリンとして、父の仇を討つためピーターを襲います。

ハリーとの戦いを避けるため、ノーマンの死が不可抗力によることを説明するピーターですが、ハリーは聞く耳を持ちません。

仕方なく応戦するピーターでしたが、ハリーに重傷を負わせてしまいます。

ハリーは一命を取り留めますが、記憶障害を起こし、ノーマンの死以前からの記憶を失っていました。

その頃、刑務所から脱獄した受刑者、フリント・マルコ(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は警察の追跡を受けていました。

マルコは逃走中に入り込んだ研究所で分子構造を変化させる実験に巻き込まれ、体の分子が砂に変化した超人、サンドマンへと変貌します。

サンドマンはその力を使い、重い病の娘の治療のため、現金輸送車を襲撃、駆け付けたスパイダーマンに阻止されます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイダーマン3』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイダーマン3』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ピーターはMJへプロポーズするため、ディナーへ誘いますが、すべたがうまくいっていることに浮かれMJの気持ちを顧みないピーターに愛想をつかし出て行ってしまいます。

翌日、ピーターは警察に飛び出されます。

叔母、メイと共に警察署に向かったピーターは数年前に殺害された叔父、ベンを殺した真犯人がいたことを知らされます。

その男こそマルコで、ピーターは見せられた写真から数日前に対峙したサンドマンがマルコであることに気がつきます。

ベンの復讐をするためマルコを探すピーターですが、なかなか見つけられず、焦りが募る日々が続きます。

ある日、ベンが殺害される夢を見て魘されるピーターに隕石と共に地球外からやってきた寄生生命体、シンビオートがピーターに取りつきます。

ピーターが目を覚ますと、見たこともない黒いスーツを纏ったブラックスパイダーマンになっていました。

ブラックスパイダーマンとなったピーターは、シンビオートの影響で負の感情が増幅され、知らず知らずのうち、普段より、大胆な行動や横暴な言動をとっていました。

警察無線でマルコの存在を知ったピーターは現場へ向かいます。

その際、現場に駆け付けた新聞記者、エディ・ブロック(トファー・グレイス)に横暴な態度をとったことで、エディは激怒します。

マルコ/サンドマンを追ったブラックスパイダーマンは怒りに任せ、サンドマンを惨たらしく痛めつけます。

一命を取り留めたサンドマンですが、スパイダーマンへの憎悪を募らせます。

一方、記憶を無くして以降、ピーターとの友情を取り戻していたハリーですが、ある夜、ノーマンの声が脳裏に響き、無くしていた記憶を取り戻します。

翌日、ピーターはMJに呼び出され、指定された公園へ向かいます。そこで、ピーターはMJから別れたいことを告げられ、ショックを受けます。

しかしそれはハリーがピーターを精神的に追い詰めるため、ピーターの命と引き換えにMJを脅して言わせていたのです。

その後、何も知らず相談しに来たピーターに失言を装い、MJと交際していることを告げさらに追い込もうとします。

しかし、ハリーの様子の変化から、記憶が戻っていることに気づいたピーターはその夜、ハリーの部屋へ向かい、2人は戦います。

翌日、新聞でスパイダーマンが盗みを働いた記事を見かけたピーターは記事を書いたエディが写真と記事をでっちあげていたことを突き止め、編集長のJ・J・ジェイムソン(J・K・シモンズ)へその事実を告げ、エディは解雇されます。

日に日に行動が大胆になっていくピーターは誤ってMJに手を挙げてしまいました。その罪悪感から、体からシンビオートを引きはがそうとします。

鐘の音に反応し、シンビオートを引き外すことに成功したピーターでしたが、偶然居合わせたエディにスパイダーマンの正体を知られてしまいました。

さらに、引きはがしたシンビオートは、エディに寄生。スパイダーマンの能力をコピーしたヴィラン、ヴェノムへと変貌します。

ヴェノムはサンドマンを探しだし、打倒スパイダーマンのため共闘を持ち掛け、サンドマンもこれを受け入れます。

ヴェノムとサンドマンはMJを誘拐、スパイダーマンを誘い出そうとします。

そのことを知ったピーターは一人では太刀打ちできないと感じハリーに助けを求めますが、断られてしまいます。

MJが捕らえられている建設中のビルに向かったピーター/スパイダーマンでしたが、ヴェノムとサンドマンの猛攻に追い詰められ、その窮地をハリー/ニューゴブリンが救います。

2人は共闘し、ヴェノム、サンドマンと激闘を繰り広げます。

サンドマンを戦闘不能に追いやった2人ですが、ヴェノムの攻撃を受けそうになったスパイダーマンをニューゴブリンが庇い、重傷を負います。

その後、スパイダーマンは鉄パイプの反響音でエディからシンビオートを引きはがし、焼却、勝利をおさめました。

ピーターの前にマルコが現れ、ベンを殺した時のことを語ります。

その時、車を奪おうとするマルコの不安を感じ取り、説得しようとしたベンに向けていた拳銃が暴発、誤って殺してしまっていたことを語ります。

そのことを聞いたピーターはマルコを許し、マルコは風と共に去っていきます。

ハリーの元へ急ぐ、ピーターでしたが、ハリーの傷は深く、助かりそうにありません。

これまでのことを謝罪するピーターとそれを受け入れるハリー、二人の固い友情を確認しあい、ハリーは息を引き取ります。

ハリーの葬儀の後、ピーターとMJは紆余曲折を超え、尚、互いの気持ちが変わらないことを知り再び共に歩んでいく事を決意します。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン3』の感想と評価


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

本作『スパイダーマン3』にてサム・ライミ監督による三部作は完結となりました。

第1作の『スパイダーマン(2002年)』では“等身大のヒーロー”に焦点を当て第2作『スパイダーマン2』では“ヒーローとは?”というテーマで描いていました。

本作でサム・ライミが描いたテーマとしては各キャラクターが抱える罪や復讐、それらをいかに“赦す”かという事にあったのではないでしょうか。

過去2作に登場したヴィランはそれぞれに抱える事情やピーターとの関係性により、純然な“悪役”とは言い難く、見る人の心情を揺さぶり、悩ませるキャラクターたちでした。

そういった面では今作登場したヴィラン達もかなり複雑なキャラクターたちでした。

とりわけサンドマンことトーマス・ヘイデン・チャーチが演じたフリント・マルコは重病に苦しむ娘のため、犯罪に手を染めてしまい、その際にピーターの叔父、ベンを誤って殺害、逮捕され刑務所に収監されるも、娘のために脱獄、その際、分子分解の実験に巻き込まれサンドマンとなったキャラクターです。

登場時から、娘を強く想っていることが語られる描写があり、観客の視点から考えれば単純に“ベンの仇”とみることが出来ず、複雑な心境になる中、マルコの事情を知らないが故、怒りとシンビオートの影響で、暴虐の限りを尽くすスパイダーマンに対し、に反感を覚えるような演出となっていました。

純然たる悪役ではなく娘を想う父、罪を後悔する罪人と言ったどこか同情を誘うキャラクターとしてサンドマンを描くことで、観客の感情移入を誘っているように感じられます。

また、その目的として前2作とは打って変わってスパイダーマン/ピーターを主観でとらえるのではなく、俯瞰で観察させ、シリーズで最もダーティなスパイダーマンの面を見せることで、最後に観客がスパイダーマンを“赦す”ことが出来るのかを問うているように感じられました。

最終的にはサンドマンとスパイダーマンは和解することとなりますが、まさに、スパイダーマン/ピーターにとっての“赦し”を象徴するキャラクターとなっていました

サンドマン以外にも、復讐と友情の狭間で揺れ動くハリーやピーターとMJのすれ違い、身勝手な逆恨みで身を滅ぼすこととなるエディなど、それぞれに抱える想いが飛び交い、一つの壮大な物語を織りなしていくストーリー展開は深い人間ドラマを基軸として評価されたサム・ライミ版スパイダーマンの集大成にふさわしいと感じられます。

もちろん、アクションシーンも、過去2作品以上に迫力あり、こだわりの演出が数多く見らえました。

ピーターがハリーことニュー・ゴブリンと初めて対峙するシーンでは、夜の摩天楼を舞台に壮絶な空中戦が繰り広げられます。

しかし、さらに圧巻だったのが、このシーンの終盤でビルとビルの隙間をすり抜けながらハリーがピーターを追駆する場面です。

ハリーの後方から、あるいはピーターの前方からの視点で場面が展開され、疾走感と立体感を表現し、ハリーが繰り出す攻撃はもちろん、すれすれで回避する障害物の演出がスリリングなシーンをさらに引き立てており、まるでアトラクションに乗っているかのような感覚を覚えます

また、クライマックスの建設途中のビルでのサンドマン、ヴェノムとスパイダーマン、ニュー・ゴブリンの戦いは、シリーズで初めての複数のキャラクターが入り乱れる戦いでした。

スパイダーマンとニュー・ゴブリンの親友タッグが息ピッタリに繰り出すコンビネーションと、アクロバティックなアクションの数々も圧巻です。

特に注目するのは、落下するMJを助けるため、二人乗りでグライダーで加速し、スパイダーマンが飛び出し、MJを救出、さらにスパイダーマンが射出したウェブをニュー・ゴブリンがグライダーで受け止め、MJを安全な場所へ避難させるという一連の場面。

2人の固い友情があればこそ成立する連携で、第1作以降、徐々に壊れていく2人の関係を描いていただけにシリーズファンにとっては感慨深く感じられる場面でもありました

まとめ


(C)2007 Sony Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

全3部作で締めくくられたサム・ライミ版『スパイダーマン』ですが、スーパーヒーロー映画の歴史を変えたシリーズとして、以降のスーパーヒーロー作品に影響を与え、一大ブームを起こす基盤となっていることは言うまでもありません。

単純にVFXなどの映像技術の発展でスパイダーマンやヴィランの迫力ある映像を描けるようになっただけでなく、それぞれのキャラクターの人間性に焦点を当て、深い人間ドラマを構築し、壮大なストーリーに仕上げるも、どこか共感できる物語が本シリーズが歴史を変えたと言われる要因となっています。

とりわけ、人間ドラマに関しては、本作『スパイダーマン3』は非常に深いテーマで描かれており、ヒーロー=完全無欠の存在ではなく、一人の“人間”である事を強調して描き続けた本シリーズで、誰もが犯す過ちとの向き合い方、それをいかに赦すのか、その過程でスパイダーマンが露わにする人間としての負の姿を描き、その“生き様”を見せていました。

そんな深いメッセージが込められた本作は、私たちはスパイダーマンのようなヒーローになれなくても、自分と向き合い、人と向き合い、互いに歩み寄ることが出来ると語り掛けているように感じられてなりません


関連記事

SF映画

『ビルとテッドの大冒険』ネタバレあらすじとラストまでの感想考察。SFタイムトラベル映画でキアヌリーブスの人気を確立したコメディ!

キアヌ・リーブスを一躍スターにした、伝説のSFコメディシリーズ第1弾 レンタルビデオにアーケードゲーム、ミュージック・ビデオやMTVなど新たに誕生したポップカルチャーがアメリカと、全世界を席巻しようと …

SF映画

アベンジャーズ インフィニティウォー |ネタバレあらすじ感想と考察解説。ラスト結末まで続編エンドゲームに続く“絶望”とは

マーベルコミック原作のヒーロー・チームが 宇宙の危機を救うために戦う「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。 宇宙の運命を握る、6つのインフィニティ・ストーンを巡り、最強の敵サノスとの争奪戦を描いた『アベン …

SF映画

映画『ヴォイジャー』感想評価と内容解説レビュー。SF宇宙船という閉ざされた空間で成長する若者たちの“人間としての狂乱”

映画『ヴォイジャー』は2022年3月25日(金)より全国ロードショー! 人類が存続の可能性を求めるべく目を向け始めた宇宙。その新たなステージに向けて出発した若者たちが未知の真実に直面することで巻き起こ …

SF映画

映画『ポゼッサー』あらすじ感想評価と解説レビュー。デヴィッド・クローネンバーグの遺伝子を受け継ぐ鬼才のSFスリラーに注目せよ!

『ポゼッサー』は2022年3月4日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 第33回東京国際映画祭2020「TOKYOプレミア2020」で上映され、これぞ傑作とSF映画ファンをうならせ …

SF映画

【ネタバレ】アクアマンのトリビア9つの秘密。母や父の血筋から原作巨大ダコの相棒など小ネタ紹介

今まで観たことのない、海中バトルアクション映画『アクアマン』は、2019年2月8日(金)より全国ロードショー! スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなど、名だたるアメコミヒーローを擁するDCコミ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学