Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

映画『スパイダーマン2』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの解説。ドクター・オクトパスの執念と信念に対して“戦意喪失のピーター”が見出した解答とは⁈

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

青年、ピーターが見出す“ヒーローの定義”とは

トビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督で贈るシリーズ第2弾『スパイダーマン2』。

グリーン・ゴブリンとの戦いから2年が過ぎたニューヨーク。ピーター・パーカーの前に新たな敵、ドクター・オクトパスが現れるも、スパイダーマンとしての自信を失ってしまうピーター。

やがて、ピーターは“ヒーロー”としての存在意義を見出し、ドクター・オクトパスとの戦いに臨みます。

そんな映画『スパイダーマン2』のネタバレを感想評価を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン2』の作品情報


(C)2004 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (C) & ™ 2021 MARVEL.

【公開】
2004年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man2

【監督】
サム・ライミ

【キャスト】
トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、アルフレッド・モリーナ、ジェームズ・フランコ、ローズマリー・ハリス、J・K・シモンズ、ドナ・マーフィ、ダニエル・ギリス、ディラン・ベイカー、ビル・ナン、バネッサ・フェルリト、アーシフ・マンドビ、テッド・ライミ、エリザベス・バンクス、ブルース・キャンベル、ウィレム・デフォー、

【作品概要】
2002年に公開された『スパイダーマン』の続編となる本作、『スパイダーマン2』は主演のトビー・マグワイアはもちろん、MJ役のキルステン・ダンストや、ハリー・オズボーン役ジェームズ・フランコらが再集結。

新たなヴィランとして登場するドクター・オクトパスことオットー・オクタビアスには、映画『ダ・ヴィンチコード』(2006)などで知られるアルフレッド・モリーナが。キャスティング・監督は、前作に引き続きサム・ライミが務めています。

本作で主人公・ピーター/スパイダーマンは自身の存在を揺るがす大きな危難に直面します。ピーターはその危難をどう乗り越えるのか、そして、新ヴィラン、ドクター・オクトパスとの戦いの行方は?

映画『スパイダーマン2』のあらすじとネタバレ


(C)2004 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (C) & ™ 2021 MARVEL.

グリーンゴブリンとの戦いから2年が過ぎ、ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)はスパイダーマンとしてニューヨークを守りながら大学に通い日々の生活のため収入を得ていました。

しかし、スパイダーマンとしての活動を優先するあまり、学業の成績は落ち、仕事も次々と解雇され、部屋の家賃の支払いも滞っていました。

そんなある日、ピーターは亡き父、ノーマンの遺志を継ぎオズコープ社を経営する親友、ハリーからオットー・オクタビアスに引き合わされます。

オットーは、核融合による新たなエネルギー技術の開発しており、大学のレポートのため、話を聞くピーターとオットーは意気投合します。

一方、ピーターが想いを寄せる女性、メリー・ジェーン・ワトソン(キルステン・ダンスト)通称、MJは女優とし、キャリアを積み、舞台に立てるまでになっていました。

その舞台を見に行こうとしたピーターですが、逃走する強盗犯を追い、開演に間に合わず、せめて劇場から出てきたMJに会おうとしますが、見知らぬ男性と親しげに話す様子を目撃し、ショックを受けます。

翌日、オットーは出資者へのデモンストレーションのため、公開実験を行います。

そこでオットーは効率的に実験を行うため開発した4本の補助アームを披露、それを装着し、実験に臨みます。

しかし、実験は失敗、オットーは重傷を負います。

重傷のオットーを救命する手術の最中、突如、補助アームが暴れだし、医者や看護師を襲います。

目覚めたオットーは補助アームの人工知能に影響を受け、凶暴な性格に変貌、失敗した実験をやり直すことに取りつかれ、資金集めのため、銀行を襲いますがスパイダーマンに阻止されます。

凶行を行ったオットーはいつしか、ドクター・オクトパスと呼ばれるようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイダーマン2』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイダーマン2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ピーターは時折、スパイダーマンの写真を買い取ってくれる新聞社の編集長、J・J・ジェイムソン(J・K・シモンズ)の指示でカメラマンとして訪れたパーティでMJが婚約したことを知ります。

また、その場でスパイダーマンの知人を公言し写真を撮っているピーターにスパイダーマンを父の仇と思い込んでいるハリーは酔った勢いから、「父を殺したスパイダーマンをかばうお前も同罪だ」と言われます。

立て続けにショックを受けたピーターはスパイダーマンとしての能力を失ってしまいます。

ピーターはスパイダーマンではなく、一般人としての人生を歩もうと誓います。

一方、ドクター・オクトパスは実験装置の製作を進めていました。

しかし、実験に必要な希少金属、トリチウムはオズコープ社が保管しており、トリチウムを得るため、ドクター・オクトパスはハリーを襲います。

ハリーはドクター・オクトパスにスパイダーマンを捕え、連れてくることを条件にトリチウムを渡す約束をします。

普通の人生を楽しむピーターでしたが、スパイダーマンが姿を消して以降、ニューヨークで増える犯罪を後ろめたく感じていました。

そんな中、ピーターは叔母、メイの言葉で再び、スパイダーマンとして戦うことを決意、力を取り戻そうとします。

その頃、結婚に向け、準備を進めるMJでしたが、ピーターに対して未だ想いがあることと、ピーターがスパイダーマンではないかという疑問を抱きそれを確かめるため、ピーターを呼び出します。

しかし、そこにドクター・オクトパスが現れ、MJを拉致、ピーターがスパイダーマンの知人と知り、MJを助けに来るように伝えるよう告げ、去っていきます。

ピーターは再び、スーツを纏い、スパイダーマンとして指定された場所へ向かいます。

しかし、MJの姿はなく、オットーを倒し、MJの居場所を聞き出そうとするスパイダーマンでしたが、戦いの最中、オットーは列車の制御装置を破壊、暴走させます。

乗客を守るため、暴走する列車を全力で止めることに成功したスパイダーマンでしたが、直後、襲ってきたドクター・オクトパスに気を失わされてしまいます。

ドクター・オクトパスはハリーの元へ向かい、スパイダーマンの身柄とトリチウムを交換、実験を行うため実験装置を建設している廃墟へ向かいます。

ハリーはスパイダーマンの正体を暴き、その上で父の仇を討とうとマスクをはぎ取り、スパイダーマンの正体が親友、ピーターであったことを知ります。

目を覚ましたピーターは自身の正体をハリーに知られたことに動揺しながらも、MJを助けるため、ハリーを説得し、ドクター・オクトパスの元へ向かいます。

拘束したMJには目もくれず実験を始めるドクター・オクトパスでしたがすでに装置は暴走、そのままではニューヨークが消滅する危険が迫っていました。

そこに駆け付けたスパイダーマンが装置を止めようとしますが、ドクター・オクトパスは妨害、2人は激闘を繰り広げます。

辛くも勝利したスパイダーマンでしたが、装置は暴走状態にあり、ニューヨークを守るため、ピーターは自ら、ドクター・オクトパスに正体を明かし、装置を止めるよう説得します。

その言葉に純粋な科学者の心を刺激され、元の人格を取り戻したドクター・オクトパスことオットーは装置を自身もろとも川底に沈め、ニューヨークの危機は去ります。

MJもまた、ピーターがスパイダーマンであると知り、ピーターの想いを知りながらも、スパイダーマンであり続ける限り危険が付き纏うため、あえて、自分から離れていったことを知ります。

その頃、父の仇が親友であったことで復讐の目的を見失い途方に暮れるハリーの前に死んだはずの父、ノーマン・オズボーン(ウィレム・デフォー)の幻影が現れます。

その幻影に誘われ隠し部屋を見つけたハリーはかつてノーマンことグリーンゴブリンが使用していた装備とグリーンゴブリンを生み出すこととなった身体能力強化薬を見つけます。

数日後、MJの結婚式当日。式場からMJは抜け出し、ピーターの元へ向かいます。

MJはピーターが敢えて自分を遠ざけた理由を理解しながらも自身の想いに従い、ピーターと生きることを決意します。

ピーターもMJの決意を尊重し、結ばれることとなった矢先、鳴り響くサイレンの音を聞き、ピーター/スパイダーマンはニューヨークの街へ飛び出していきます。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン2』の感想と評価


(C)2004 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (C) & ™ 2021 MARVEL.

本作『スパイダーマン2』において、“ヒーローとは?”というテーマが深く描かれています

前作『スパイダーマン』(2002)では、偶然、力を得た少年が様々な困難を乗り越えながらも自身の運命と対峙し、ヒーローへと成長していく姿を描いていました。

しかし、打って変わって本作ではピーターをヒーローとしての理想を体現しようとするが故、襲う現実に直面します。

スパイダーマンとしての活動は、ピーターの志や行いの尊さを差し置いて言ってしまえば、慈善活動に等しく、さらに、劇中でデイリービューグルのようなメディアから日夜、批判にさらされ、心身ともに疲れ切っている中でのMJの婚約、ハリーの心無い言葉を受け、限界を迎えたピーターは一度はスパイダーマンを引退しようとします。

しかし、メイの言葉でスパイダーマンがニューヨーク市民にとっての“ヒーロー”であり、みんなが求めていることに気付き、再びスーツを手にする訳ですが、本作で高い評価が得られているのが単純にピーターが自身に折り合いをつけ、ヒーローとして復活するのではなく、いかに“スパイダーマン”が人々に愛されているのかが描かれている点ではないでしょうか。

それを象徴するシーンがドクター・オクトパスが暴走させた列車を止める際、焦るピーターは思わず、マスクを脱いでしまい、人々の前に素顔を晒してしまいますが、誰もが口外しないことを誓い、直後現れたドクター・オクトパスから満身創痍のピーターを守ろうと次々と立ちふさがる姿は胸が熱くなる名場面です。

一度は心折れたピーターですが、日夜、自身の犠牲を顧みず、ニューヨークを守ってきたからこそ、誰もが“親愛なる隣人”として愛してくれていたのではないでしょうか

また、本作のヴィランであるドクター・オクトパスについても単純な善悪では語れないキャラクターでした。

ヴィランとなる前のオットー・オクタビアスはピーターと意気投合し、短い時間でしたがピーターはオットーから数多くのことを学びます。

ですが、補助アームの人工知能の暴走から、失敗した実験を成功させることに執着するようになり、その為の手段を選ばず、犯罪にも手を染めるようになります。

しかし、裏を返せば、元のオットーがそれだけ自身の研究に心血を注いできたことの証のわけで、そこには純粋に科学の発展や人類の繁栄という善良な想いが原動力としてありました。

最後にはピーターの説得でオットーとしての人格を取り戻し、暴走する実験装置を自ら水中に沈め、科学者としての矜持を全うしただけに、ドクター・オクトパス/オットー・オクタビアスについては、どこか考えさせられるヴィランでした

人間ドラマ面でも前作以上に濃く、深いものを展開していた本作ですが、アクションシーンについても、より迫力のある映像で圧巻のバトルが展開していきます

例えば、ドクター・オクトパスとスパイダーマンが始めて対峙する場面でビルの壁を足掛かりに人質にとられたメイを守り、戦います。

戦いの余波で崩れる落ちるレンガやドクター・オクトパスにより放り投げられるメイと、それを追って降下するスパイダーマンなど、人間が本能的に植え付けられている落下への恐怖を煽るような演出はスリル満点の映像でした。

また、走行する列車の上で縦横無尽に飛び回り、すれ違う別の列車や頭上を通り過ぎる歩道橋などを避けて戦う様子の列車でのバトルシーンは、前者とは打って変わって疾走感あふれる中で展開されるテンポの速いアクション。

その迫力に圧倒されるとともに、唐突にやってくるスリリングな演出は息をつかせません。

まとめ


(C)2004 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (C) & ™ 2021 MARVEL.

サム・ライミ監督版第2作となった本作『スパイダーマン2』。

前作『スパイダーマン』はスーパーヒーロー映画の常識を覆し、ハリウッド映画として大成功となった訳ですが、公開前にはいわゆる“2作目のジンクス”に飲み込まれてしまうのではと言う声が多くありました。

しかし、公開されてみると、前作を遥かに上回るスケールの作品に絶賛の声が多く上がりました。

中には以降、製作される第3弾や別シリーズと比べても最高傑作だというファンも多数いるようです

“ヒーローとは?”をテーマに掲げる本作ですが、ヒーローならずとも、自分の価値や存在意義を見失ってしまう時があります。

そんな私たちにも、誰かが見ていて、誰かが愛してくれていると感じさせてくれる作品の本作だからこそ、多くの人に支持されるのではないでしょうか




関連記事

SF映画

映画『ヴォイジャー』感想評価と内容解説レビュー。SF宇宙船という閉ざされた空間で成長する若者たちの“人間としての狂乱”

映画『ヴォイジャー』は2022年3月25日(金)より全国ロードショー! 人類が存続の可能性を求めるべく目を向け始めた宇宙。その新たなステージに向けて出発した若者たちが未知の真実に直面することで巻き起こ …

SF映画

ネタバレ【ウルトラマントリガー エピソードZ】映画あらすじ結末感想と評価解説。テーマとメッセージを“光と影の激突する戦い”に込める

ウルトラマントリガー最大の戦い!25年の時を経て、最悪の巨人が復活する 2021年に放送された『ウルトラマントリガー』の特別編として製作された本作、『ウルトラマントリガー エピソードZ』。 “光”を受 …

SF映画

【ネタバレ】X-MEN3 ファイナルディシジョン|あらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンで続編/新三部作を呼び寄せた“欠けてはならない”作品

対立か協調か、 迫るファイナルディシジョン(究極の決断) 人気アメコミ実写作品第3弾は、後に「X-MENオリジナル三部作」と呼ばれたシリーズの最終章にあたる『X-MEN:ファイナルディシジョン』です。 …

SF映画

伊福部昭(ゴジラ/特撮映画マーチ)CDで分からない魅力を書籍で知る

あなたにとって日本映画を盛り上げた作曲家というと、誰を思い浮かべるでしょうか。 本日6月23日発売の日本の音楽家を知るシリーズ第2弾「伊福部昭」! 日本楽壇とゴジラ音楽の巨匠の伊福部昭はご存知ですか? …

SF映画

伊藤峻太SF映画『ユートピア』あらすじとキャスト。公開日と劇場は

太陽嵐、空間鎖国、黑い災い…、映画『ユートピア』は4月28日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー! 『虹色★ロケット』の伊藤峻太監督が10年の年月を掛けて完成させたSFファンタジーとは? スポ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学