Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2017/02/04
Update

映画『2001年宇宙の旅』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【SF歴代名作傑作】

  • Writer :
  • リョータ

20世紀を代表する巨匠、『時計じかけのオレンジ』『フルメタル・ジャケット』のスタンリー・キューブリック監督と、原作者アーサ・C・クラークによる、映画史を代表する不朽の傑作SF作品。

第42回アカデミー特殊視覚効果賞受賞し、スタンリー・キューブリック監督曰く、「この作品は、知的言語化を避け、本質的に詩的で哲学的な方法で観る者の潜在意識に届く」と述べています。

キャストは、ケア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスターほか。SF映画のオールタイム・ベスト作品『2001年宇宙の旅』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『2001年宇宙の旅』の作品情報

【公開】
1968年(アメリカ)

【原題】
2001: A Space Odyssey

【監督】
スタンリー・キューブリック

【キャスト】
キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ウィリアム・シルベスター、ダグラス・レイン、ダニエル・リクター、レナード・ロシター、マーガレット・タイザック、ロバート・ビーティ、ショーン・サリバン

【作品概要】
スタンリー・キューブリックがSF作家アーサー・C・クラークとタッグを組んで製作にあたった究極の宇宙SF。あまりにも抽象的で難解であることから、公開当初は多くの批判を浴びた。現在では再評価を受け、SFのオールタイム・ベストとしてのみならず、映画史全体としてのオールタイム・ベストとして名高い。

第41回アカデミー賞(1969年)特殊視覚効果賞受賞。監督賞(スタンリー・キューブリック)、脚本賞(スタンリー・キューブリック アーサー・C・クラーク)、美術賞ノミネート作品。

映画『2001年宇宙の旅』のあらすじとネタバレ

今から400万年ほど前の地球。人類の祖先にあたるヒトザルたちは、飢えに苦しんでいました。そんな彼らの前に突如出現した謎の黒い石板“モノリス”。

恐れつつも興味をひかれたのか、その周りへと集まって来るヒトザルたち。やがてモノリスに触れた一匹のヒトザルに変化が表れ始めます。

それは、知性の目覚めでした。彼らは両手を自由に使うことを覚え、それはやがて道具を使うことへとつながっていきます。人類最初の道具、それは骨でした。

この骨という武器を手にしたヒトザルは、狩りに利用するばかりか、縄張り争いをしていた別のグループとの戦いにまで用いることになります。ついには相手のリーダーを殺し、人類としての最初の一歩を踏み出したのでした。

21世紀、科学技術の進歩の末、骨という道具が形を変え宇宙船にまで発展しました。月の開発が進む中、人類はその表面に奇妙なものを発見します。それは黒い石板、モノリスでした。調査を開始すべく月面での会議を招集。その道の権威であるフロイド博士も、急ぎ現地へと赴きます。

フロイド博士が月面に到着し、早速モノリスの下へ。その時、上空では太陽と月が一直線に並ぼうとしていました。そして太陽光がモノリスを照らした時、フロイド博士たちの頭の中に響く強烈な音と共に、信号が木星へ向けて発信されたのです。

かくして、デヴィッド・ボーマン、フランク・プール他数名による調査団が結成され、彼らを乗せた宇宙船ディスカバリー号が地球を旅立ちました。食料や空気を節約するため、ボーマンとプールの2名で船を管理し、他数名の科学技術者は冷凍睡眠状態のまま目的地へ赴くという体制で臨んでいました。

以下、『2001年宇宙の旅』ネタバレ・結末の記載がございます。『2001年宇宙の旅』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

順調だと思われていた旅でしたが、船を制御している人工知能HALが突然警告を発します。まもなく地球からの信号を受信しているアンテナに故障が起きるというものでした。早速交換しようと、スペースポッドで船外へと出ていくプール。

作業を終え、プールが帰還して間もなくするとHALが別の箇所の故障を伝えてきました。先程の故障箇所のデータを地球に送ったが、どこも壊れていないとの報告を受けていたこともあって、何かがおかしいとHALへの疑念を募らせるボーマンとプール。警戒しながらも、確認のために再びプールが船外作業へと向かいます。

スペースポッドから宇宙空間に出て、直接作業に取り掛かるプール。その時、突如ポッドが彼に襲い掛かります。宇宙空間へと放り出されてしまうプール。慌てたボーマンがもう一基のスペースポッドに乗り込み救出に向かうも、時すでに遅し。

諦めて母船に戻ろうとしたボーマンでしたが、ハッチは完全に閉ざされていました。一方船内では、冷凍状態にあった残りの乗員たちが次々と命を落としていきます。HALが暴走したのです。

ヘルメットを装着していなかったボーマンは、非常用のエアロックを手動で開閉し、一か八か宇宙空間に飛び出します。

何とか無事帰還したボーマンは、HALを制御している心臓部に辿り着き、完全にシャットダウンすることに。徐々に失われていくHALの思考能力。彼が思い出を語りながら消えていくその最期の姿は、人間の死となんら変わらないものでした。

そうしてとうとう木星へと辿り着いたディスカバリー号。ボーマンの目の前に鎮座する巨大な黒い石板。スペースポッドに乗り込み、モノリスへと近付いていったボーマンは、奇妙な空間スターゲイトへと吸い込まれていきます。

気が付くとそこは真っ白な部屋の中。徐々に年老いていくボーマン。ついにベッドの上で彼が人間としての命を終えようとしていたその時、足元に突然現れたモノリス。手をかざすボーマン。

次に目覚めた時、彼は産まれたばかりの赤ん坊でした。人という存在を超越し、スターチャイルドとして転生した彼は、かつてヒトザルたちが生息していた地球という惑星を見下ろしていたのでした。

スポンサーリンク

映画『2001年宇宙の旅』の感想と評価

『2001年宇宙の旅』の原作者として有名なアーサー・C・クラーク。ただ、この作品の製作過程における一風変わった点は、まず原作ありきで映画が作られたという訳ではないということにあります。

この映画の始まりは、クラークの『前哨』という短編をベースに、それを発展させる形で映画脚本と小説を同時に進めていったというものなのです。

ちなみにこの『前哨』という短編は、月に人工構造物を発見した人類を描いており、映画でいうとフロイド博士のシーンにあたるもの。たったこれだけのストーリーから、これほど壮大なオデッセイにまで発展させてしまった2人の想像/創造力の豊かさには驚きを禁じ得ません。

当初クラークの意向としては、先に小説版を出版するというものだったらしいのですが、紆余曲折を経て最終的にはキューブリックの方が先に映画を発表してしまうという結果に。

キューブリックらしいと言えばそれまでですが、彼のこういった独善的な性格ゆえか、その後もまた一緒に仕事をしようというキューブリックの誘いにクラークはあまり乗り気でなかったとか。

キューブリックの性質を表すエピソードをもう一つ。映画と小説とを比べてストーリーにそこまでの隔たりはない(大筋では)のですが、一点大きく違うのがディスカバリー号の目的地です。

映画でそれにあたるのは木星でしたが、小説でボーマンが向かったのは、土星の衛星の中の一つ“ヤペタス”。なんでも土星の環を上手く表現出来ないという理由から、木星へと変更されたそうです。中途半端なものをやるくらいならいっそのこと変えてしまえという、キューブリックの完璧主義者っぷりが良く表れています。

また、この作品のテーマが人類の進化であることは周知の事実だと思われますが、この進化論はクラークが『幼年期の終わり』(1953)ですでに示している(異なるプロセスではあるものの進化の到達点には共通点がある)ということは、あまり知られていないことかもしれません。

アーサー・C・クラークという人物が、作家である前に数々の予言を的中させてきた本物の科学者であるといった点から考えると、ぶっ飛んでいるとも言える内容が途端に信憑性を帯びてくるのですから不思議なものです。

さて、肝心の中身について見ていきましょう。この作品において最も重要な点は、冒頭における骨が宇宙船に変わるというほんの一瞬のシークエンスで、人類の歴史を表現してしまうという離れ業をやってのけたキューブリックのショッキングとさえ言える映像感覚にあるのではないでしょうか。

これにより、時間と場所を一足飛びに変遷させることに成功しているのですが、この映像には、もちろんセリフもナレーションもありません。必要ないのです。

このように、余計なセリフや説明を極端なまでに排除することで、むしろ映像と音楽の存在感を際立たせ、これこそが映画でしか出来ないことだ!と言わんばかりのキューブリックの底知れないエネルギーを感じさせてくれます。

そして、息を呑むほど美しい宇宙の光景も注目ポイントです。元々カメラマン出身であるキューブリックがこだわりにこだわり抜いたその映像は、CG全盛の昨今の映像、例えばアルフォンソ・キュアロン監督の『ゼロ・グラビティ』(2013)などと比べても全く遜色ないものとさえ言えるのではないでしょうか。

他にも、人工知能HALが話すたびに映し出される赤いランプをあたかもHALの目であるかのように表現しており、真っ白な宇宙船内部で一際目を引くその赤い色味は、まるでHALに通った血であるがごとく感じさせるといった効果を与えています。

さらにはスターゲイト通過中のデヴィッド・ボーマンのシーンにおいて、多種多様な色調を帯びた光に照らされた顔のクローズアップと、受精をイメージさせるような映像を挿入することだけで表現してしまうことなど、注目すべきポイントは多々あります。

加えて音楽もこの作品の魅力を語る上では欠かせない存在です。リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」やヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」などといったクラシックの名曲の数々と映像との融合は、もはや芸術の域に達していると言わざるを得ません。

いわば光と色と音の織り成す総合芸術ともいえるこの作品ですが、これを60年代という時点ですでに完成させていたというのですから、キューブリックという人間がいかに時代の先を行っていたかが窺い知れますね。

まさにスタンリー・キューブリックここにあり!

まとめ

『2001年宇宙の旅』の登場が後世へと与えた影響は、革命的と言えるほどのものです。この作品を模倣しようと思っても出来る訳もなく、というより真似る気すら起きないのではないでしょうか。これほどの作品は、もう二度と現れないのではないかという気さえします。

リドリー・スコット監督の『エイリアン』(1979)は諸にその影響を受けていたし、SFではないにも関わらず、テレンス・マリック監督による『ツリー・オブ・ライフ』(2011)も明らかに本作を意識した作りになっていたりと、その他にも様々な映画へと波紋を広げていきました。

それほど伝説的ともいえるこの作品なのですが、その哲学的側面ゆえか難解なイメージがどうしても付きまとってしまいがちなのは否めないところ。観たことはあるが、意味が分からなかったという方も少なからずいらっしゃると思います。

そんな方は、アーサー・C・クラークの小説版を読んで頂くと良いかもしれません。「なぜHALは暴走したのか?」や「スターゲイト通過中のボーマンには一体何が起こっていたのか?」など、きっと数々の疑問に解決の糸口を見いだせるはずです。

関連記事

SF映画

【ネタバレ感想】 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER結末までのあらすじも

2018年12月22日に公開された、ライダーファン待望の映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。 平成仮面ライダーが共闘する劇場版「仮面ライダー平成ジェ …

SF映画

レジェンド・オブ・トゥモロー動画を全話無料で見る方法はHulu?

HuluでDCコミックの伝説(レジェンド)たちが暴れだす! 『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン1を、オンライン動画配信サービスHuluにて年6月12日(月)からSVOD独占配信スタート! また、 …

SF映画

アイアンフィスト シーズン2|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

「アベンジャーズ」シリーズに登場する人気キャラクター、ロキとワンダのスピンオフドラマの制作が決まり、マーベルドラマへの注目度は一気に上昇しました。 そんな中で、忘れてはいけないのがNetflixで独占 …

SF映画

【ネタバレあり】『テネット』『メメント』比較考察。ノーラン代表作の見どころ原点とこだわりポイントを解説

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 世界中のSF映画ファン、クリストファー・ノーラン映画ファンが内容について語り合い、様々な解釈を披露している『TENET …

SF映画

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレあらすじと感想。最終章は旧シリーズを受け継ぎ王道を貫いた完成度

SF映画の金字塔「スターウォーズ」シリーズの、新たな3部作として2017年から始まった新3部作。 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』に続き、新3部作の、そして「ス …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP