Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ2U』ネタバレ感想。タイトルの意味と主人公が成長した舞台裏を解説

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

スマッシュヒットしたタイムループホラー『ハッピー・デス・デイ』の続編が登場!

前作でビッチと呼ばれながらも、自力で犯人を突き止め、殺人ループからの脱出に成功したツリー。しかし映画は大ヒット、彼女がまたも同じ目に遭うのは当然の流れです

またも殺され続ける“殺人ループ”に陥ったツリー。しかし前回と何かが違う。ループしているのは、彼女だけでは無かったのです

しかもツリーは自分の周囲の人物が、今まで知っていた人物と異なる事に気付きます。今回ループする1日は、彼女の知っている世界と、明らかに何かが異なっていました。

彼女がタイムループに遭遇した原因とは、また殺害を繰り返した、犯人の正体とは。そしてオツムの出来は控え目な彼女に、この謎は解明できるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ハッピー・デス・デイ 2U』の作品情報


(C)Universal Pictures

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Happy Death Day 2U

【監督・脚本】
クリストファー・ランドン

【キャスト】
ジェシカ・ローテ、イズラエル・ブルサード、ファイ・ブ、スラージ・シャルマ、スティーブ・ジシス、サラ・ヤーキン、ルビー・モディーン、レイチェル・マシューズ、チャールズ・エイトキン

【作品概要】
タイムループを扱ったホラー『ハッピー・デス・デイ』に、新たなSF要素を加えた新感覚ホラームービー。

監督・脚本は前作に引き続きクリストファー・ランドン。また主要キャストも前作と同じメンバーが揃う、正統派続編ながらストーリーには新機軸が加えられた異色作です。

単純な続編映画を作りたくなかったので、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に触発された映画にした、と語るクリストファー・ランドン。新たな仕掛けが盛り込まれた結果、SF・ホラーのジャンルを愛する映画ファンを唸らせる作品となりました。

前作から続投する登場人物が多い中、新たに主要な登場人物として加わったスラージ・シャルマは、『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』で主人公のパイを演じた俳優です。

映画『ハッピー・デス・デイ 2U』のあらすじとネタバレ


(C)Universal Pictures

前作で“殺人ループ”から逃れたツリー(ジェシカ・ローテ)と、恋人となったカーター(イズラエル・ブルサード)。2人はカーターの部屋でラブラブ、おかげでカーターのルームメイト、ライアン(ファイ・ブ)は前作同様、部屋を追い出され車で一夜を過ごします。

目覚めたライアンは、寮の自室に向かいます。途中で老婦人の連れた犬に咆えられ、茂みの中から現れたホームレスに驚かされ、スケボーの男とすれ違い、寮の自室に着いたライアン。今朝もツリーとカーターのお熱い姿を見せつけられます。

そんなライアンに、すぐ研究室に来るよう連絡が入ります。彼は量子力学の研究仲間であるサマール(スラージ・シャルマ)とドレ(サラ・ヤーキン)と共に、ある実験を行っていました。

彼らが開発した装置“シシー”はまだ未完成で、制御出来ない状態ですが、昨晩装置が作動したとライアンに説明するサマールとドレ。そこにブロンソン学部長(スティーブ・ジシス)が現れると、2人はライアンを残して逃げ出します。

研究成果を出さず、膨大な電力を消費し停電まで起こす“シシー”を金食い虫と責め、6時には没収すると、ライアンに告げる学部長。

残されたライアンのスマホに、メールが送られてきますが、中身は自分を映した写真。不審に思う彼は、研究室の中の物音に気付きます。その音の正体を確かめようと扉を開けたライアンは、中に潜んでいた“ベビー・マスク”の男に刺殺されます…。

車の中で目覚めたライアン。今まで起きた事は夢だったのでしょうか。しかし車を出た彼は犬に咆えられ、茂みの中にはホームレスがおり、スケボーの男とすれ違います。

寮の部屋に入り、同じ1日を繰り返していると感じたライアンは、デジャブの様な感覚に襲われていると、ツリーとカーターに訴えます。殺されて目覚めたと語る彼に、“殺人ループ”を体験したツリーは、彼が自分の体験と同じタイムループに陥ったと説明します。

ツリーの話を信じられないライアンは、映画『インセプション』の様に、夢の中で夢を見ているんだと考えますが、カーターに股間を叩かれ、これは間違いなく現実だと認めます。

“殺人ループ”から逃れるには犯人を倒すまで、と3人はライアンが殺害された場所に向かいますが、そこに犯人の姿はありません。

背後から現れた“ベビー・マスク”の男を殴り倒しますが、正体はサマールでした。ライアンは自分が殺された時、彼は別にいたと思い出し、サマールは犯人ではないと説明します。

彼らはこの状況について語り合います。しかしライアンらが作ったシーシュポス量子冷却反応装置、略して“シシー”に、タイムループを発生させる機能は無いはずだと考えます。

そこにツリーの女子寮を仕切るダニエル(レイチェル・マシューズ)が現れます。前作と変わらぬ高慢な態度で、彼らの集まりを「コミコン会議」と馬鹿にすると、彼女は去って行きます。

ツリーが11回死んだのと同様に、自分もまた殺されると訴えるライアンを、カーターは人目のある場所なら安全と、大学のバスケチームの試合会場に連れ出します。

良いアイデアに思えましたが、応援席には大学チームのマスコットキャラ、“ベビー・マスク”を着けた人物が溢れ、ゲンナリするツリーとライアン。

ツリーは自分が“殺人ループ”に陥った理由は、自分と母の誕生日であり、同時に母を失った特別な日だからだと信じていました。それが科学的実験の偶然がもたらした出来事と知り、少し悲しく感じていました。

いきなり試合会場に非常放送が流れ、皆は外へと避難します。2人と離れたライアンの前に、人の流れに逆らって彼に迫る“ベビー・マスク”の男。

必死に逃れるライアンは、“ベビー・マスク”の男に追い詰められますが、間一髪ツリーとカーターに助けられます。倒した男の“ベビー・マスク”を取った3人は、その正体を知り驚きます。


(C)Universal Pictures

ライアンを襲った男もまた、ライアンでした。彼を研究室に運び込んだ一同は、間違いなく異常な事態が発生していると思い知らされます。

新たに現れたライアンは平行時空、すなわち別次元から現れたと語り、今は次元の並列タイムループに陥ったと説明します。この状態が続くとバタフライ効果で、更に悪い事が起きると訴えます。

現れたサマールとドレもこの事態に困惑します。ともかくタイムループと次元の交差を閉じるべく、“シシー”を作動させるライアン。

そこに“シシー”を没収すべく現れたブロンソン学部長と警備員。混乱の中で“シシー”が作動し、光と波動が彼らを包みます。

そしてツリーは目覚めます。今日は誕生日の18日の朝、あの“殺人ループ”の日に戻ったと知って叫び、何も知らずカーターの部屋に現れたライアンに、彼女は“シシー”で元の世界に戻すよう怒鳴りつけます。

またしてもあの日の、同じ光景を目にして怒り狂うツリー。しかし以前体験した“殺人ループ”の1日とは、何かが異なっていると気付きます…。

以下、『ハッピー・デス・デイ 2U』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハッピー・デス・デイ 2U』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Universal Pictures

誕生日の18日の朝、“殺人ループ”の日に女子寮に戻ったツリーですが、今回はダニエルが迎えに現れません。やはり何かが違う様です。

そして前作で犯人であった、ルームメイトのロリ(ルビー・モディーン)に、毒入りのカップケーキを出すよう迫りますが、彼女は怪訝な顔をします。ロリはケーキなど用意していませんでした。

改めてカーターとライアンに自分の陥った状況を説明するツリー。話を聞いた2人は状況を『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に例え、マルチバース理論で多元宇宙を説明しますが、名作映画の話も科学の話もさっぱり判らず、ただただ困惑するツリー。

そこにダニエルが現れます。今度芝居で演じる役の、ヘレン・ケラーとアンネ・フランクの区別も付かない、お馬鹿な所は以前と変わりませんが、慈善事業に関心があるなど、ツリーの知るダニエルとは少し性格が異なる様です。

そしてダニエルはツリーの目の前で、カーターとキスを交わします。何とこの世界では、カーターとダニエルは恋人同士でした。ようやくツリーは自分が別の次元、パラレルワールドの世界で、あの“殺人ループ”の日にいるのだと気付きます。

そこに父から、誕生日のランチに誘う電話がかかってきます。ツリーはライアンに3時に研究室で会うと約束すると、父とのランチに向かいます。

そこには父だけでなく、母の姿もありました。この次元ではツリーの母は死ぬ事は無く、まだ健在だったのです。母との再会を狂喜するツリーに、両親は戸惑いながらも彼女を優しく受け入れます。

ライアンの研究室で実験装置“シシー”を作動させ、ツリーは元の世界に帰ろうとしますが装置は停止します。“シシー”はこの事態を収束させるには、まだ未完成の状態でした。

ツリーは女子寮に戻って自分の持つスマホを見て、この世界は自身の記憶と異なる世界であると確認します。そして前作同様ダニエルから、何度も殺されるきっかけとなったパーティーに誘われますが、もちろん断固として断るツリー。

ところがTVのニュースで、前作でロリに利用されツリーを襲った連続殺人犯・トゥームズがロリの務める大学病院に収監されたと知ります。彼が逃げれば犠牲者が出ると知っているツリーは、病院へと向かいます。

病室に忍び込み、ベットにトゥームズの姿が無い事を確認したツリーですが、警護の警官に捕まって手錠をかけられます。

警官はツリーに、トゥームズはロリに手術室に連れていかれたと説明します。ところが“ベビー・マスク”を着けた男が現れ警官は殺害され、ツリーは手錠のまま逃げ出します。

逃げたツリーはロリと出会い、彼女と共に“ベビー・マスク”の男から逃れようとします。しかし今度はロリが男に殺されます。以前と異なる展開に困惑し、犯人から逃げようとして転落死するツリー。

ツリーはお馴染みとなった、18日の朝を迎えます。この次元でも彼女は“殺人ループ”に囚われたのです。

この世界ではダニエルの恋人であるカーター、彼のルームメイトのライアン、その研究仲間のサマールとドレに事情を打ち明けたツリーは、事態を収束するよう求めます。そうなればツリーは元の次元に戻るか、この次元に残るかを選ばねばなりません。

ツリーはカーターと恋人である元の次元より、母が健在であり、ロリもダニエルも良き存在である、この次元に残る事を選びます。

しかし実験装置“シシー”は未完成、殺人が起きる時間までに試行錯誤を繰り返し、すべての変数を絞り込んで完成させる事は不可能。しかしアイデアが閃きます。

ツリーだけはループの中で、体験した記憶を持って同じ朝を迎えます。つまり皆の研究の成果をツリーが記憶し、頭に詰め込んだら殺される事を待たずに、手っ取り早く自殺して、その情報をライアンたちに伝えれば“シシー”はいずれ完成します。

こうして科学に縁の無いツリーは、頭に研究の成果を詰め込むと、自殺する行為を繰り返します。まずは浴槽にドライヤーを投げ込み感電死、お次はスーパーで漂白剤を一気飲みして死ぬツリー。死ぬ度にダニエルらが驚く知識をもたらす事で、研究は進んでいきます。

どうせ死ぬならと、ビキニ姿のパラシュート無しでスカイダイビングを決行、ピンポイントでカーターとダニエルの目前に見事に落下、当てつけの墜落死を遂げるツリー。

そして時計台から飛び降り、死を遂げたツリーは同じ日の朝を迎えますが、前作と同様死のループを繰り返す彼女の体には、ダメージが蓄積していました。目覚めたツリーはカーターの前で意識を失います。


(C)Universal Pictures

カーターによって大学病院に運び込まれたツリー。担当はやはりグレゴリー教授(チャールズ・エイトキン)ですが、前作と異なりこの次元では彼女は教授と不倫関係に無く、彼の授業も受けていませんでした。

ツリーの予想通り、彼女の体は死人も同然と診察されていました。ここで彼女は間もなく、病院内でロリが襲われ死ぬ時間だと気付きます。

トゥームズの病室に向かい、警護の警官から銃を奪ったツリーは、ロリを襲う“ベビー・マスク”の男を倒します。その正体は想像通りトゥームズでした。

しかしもう1人“ベビー・マスク”の男が現れ、ロリは殺害されます。真犯人と格闘になり、ガスボンベを撃ち抜いて、犯人もろとも死を選んだツリー。

同じ日の朝を迎えた彼女の体は、限界を迎えつつありました。しかし完成に近づいた“シシー”は、あと6〜7時間で作動し、事態を収束させる見込みとなります。

ツリーは母が生きている、この次元に残る事を選びます。しかしカーターはこのままでは、“シシー”が作動する前に大学病院で人が殺され、それらの人々の人生が終了したままで、ループは閉じると指摘します。

しかし繰り返す死に追い詰められた彼女は、彼らを犠牲にしても、母と共に生きるこの次元での未来を選択します。両親と再会すると説得し、共に大学から離れた地に逃れるツリー。

ツリーは母と言葉を交わします。事情を知らない母ですが、ツリーの苦しい胸の内を察していました。過去に引きずられても、必ず未来が呼んでくれる。心の声に従う様にと、ツリーにアドバイスする母。

そこにテレビのニュースが流れます。大学病院でトゥームズが逃走、ロリと警護の警官、そして2人の殺害を阻止しようとしたカーターが殺害されました。

まもなく“シシー”が作動すると、カーターらが死んだままループは閉じます。ツリーはライアンに連絡しますが応答しません。。彼女は車を走らせますが、装置の作動前に研究室に到着する事は不可能です。

ツリーは車で変電所に突っ込み、自分の命と引き換えに停電を起こさせて、“シシー”の作動を阻止します。

またしても18日の朝を迎えたツリー。彼女は過去に生きる事を止めました。ループが閉じる時には元の次元に戻る決意を、カーターに伝えます。


(C)Universal Pictures

その前に人々に別れを告げるツリー。この世界の善良なロリは、グレゴリー教授と不倫関係にありました。ツリーは自分の体験を踏まえて、彼女に関係を清算するよう諭します。

この世界ではカーターと恋人で、善良でもあるダニエルに別れを告げに行き、実は彼女が他の男と関係を持ち、カーターと二股をかけていたと知るツリー。元の世界と同様にビッチな彼女の姿を知って、言葉を失い立ち去ります。

そして両親とレストランで再会したツリー。母と最後の別れの言葉を交わします。そこに父が幼い頃からと誕生日にしていた様に、ケーキを持って現れます。ろうそくの火もかつてと同じ様に、母娘2人で吹き消しました。

あとは“シシー”を作動させるだけ、という時にブロンソン学部長が現れ、装置を没収します。しかし皆に別れを告げ、体の弱ったツリーには、今回こそループを閉じる最後のチャンスです。

学部長に逆らうと、退学の危機だとサマールは尻込みしますが、ツリーを追いこんだのは実験の結果だと、カーターに告げられたライアンは、自らの責任でループを閉じようと決意します。

そこで一同は、芝居の役作りでヘレン・ケラーを演じていたダニエルを協力で、学部長の注意を引きつけている間に“シシー”を取り戻し、作動させてループを閉じる計画を立てます。

ダニエルと学部長がドタバタ劇を演じている間に、“シシー”を持ち出す事に成功します。しかし殺人鬼を止めないと、ロリは死んでしまいます。そこで“シシー”の操作をライアンらに任せ、大学病院へと向かうツリー。

ツリーは護衛の警官を脅し、トゥームズが逃げたと通報するよう指示し解放します。そしてトゥームズを射殺し、ロリの命を守ります。

その頃ようやく学部長はダニエルの下手な芝居に気付き、ライアンたちが“シシー”を取り戻したと知ります。

ツリーとロリの前に、もう1人の“ベビー・マスク”の男が現れます。その正体はグレゴリー教授でした。ロリとの不倫が妻にバレ、前作でロリがツリーに図った様に、自らがロリを殺すか、もしくはトゥームズに殺させるかを仕組んだのでした。

グレゴリーと対決するツリーとロリの背後に、更に1人の人物が現れロリを撃ちます。それはグレゴリー教授の妻でした。彼女はロリを殺し、夫婦関係を元に戻そうと望んでいました。しかしその妻も邪魔者と射殺する教授。ツリーは必死に逃げ出します。

研究室に乗り込もうとする学部長と警備員を、サマールとドレが必死に阻止します。その間に“シシー”の作動の準備を進めるライアン。

グレゴリーに追われMRI室に逃げ込んだツリー。追い詰められた彼女はMRI装置を作動させ、磁力でグレゴリーを捕え、ついに倒す事に成功します。

ツリーを助けようと、病院に現れたカーターはロリを救っていました。幸いにも病院で撃たれた彼女はすぐに治療に回され、命を取り留めます。

自分が元の次元に戻るのは、その世界ではあなたと恋人だからと、カーターに告げるツリー。2人はキスを交わします。そしてライアンは無事シシー”を作動させ、ループと次元の交差は閉じられます。

元の世界に戻ったツリーは、学部長からのお仕置きなのか、カーターやライアン、サマールとドレと共に、ゴミ拾いをさせられていました。そこに車で現れた黒服の男たち。5人はとある国防研究所に連行されます。

そこで実験装置“シシー”の成果は高く評価され、研究所の科学者は彼らに実験を続けるよう要望します。しかし被験者は悲惨な目に遭うと、一同は尻込みしますが、ツリーには実験に相応しい人物に、心当たりがありました。

ベットで悲鳴を上げて目覚めるダニエル。やはりタイムループは、どの次元世界でもビッチな彼女にこそ相応しい、という事でしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ハッピー・デス・デイ 2U』の感想と評価


(C)Universal Pictures

殺人ループからパラレルワールドへ

前作『ハッピー・デス・デイ』をご覧の方は、最初のユニバーサル映画のロゴがループして登場していた事にお気づきでしょう。

そして『ハッピー・デス・デイ 2U』では、ユニバーサル映画のロゴの画面は2つに、3つにと別れ、前作同様映画の内容を示すお遊びを行っています。

本作に意図してSF要素を加えた監督のクリストファー・ランドン。その発想の原点は、前作のカーターのルームメイト、学園コメディ映画にありがちな口の悪い人物が、実は物語の原因であり、ある種の天才だったら、と考えた事にあると語っています。

この映画の為に、量子物理学や宇宙論をリサーチした監督は、同時に映画化するに当たっては、複雑な設定を単純化して描く事を試みたと話しています。映画の中では「本物の科学」と「でたらめ(bullshit)の科学」の、両方が見いだせると告白しています。

『ハッピー・デス・デイ 2U』の続編を示す「2U」、音は無論「トゥー・ユー」を現しますが、同時に「2つのユニバース(世界・宇宙)」を現しているのです。

前作から成長を遂げた“ビッチ”な主人公


(C)Universal Pictures

主人公のツリーは、前作では人から好かれない性悪女から、クールで魅力的な人物に成長する姿を描く事が出来た、と監督は評しています。

それだけに今回、彼女をどう描くのかを悩んだと語るクリストファー・ランドン。最終的に彼が選んだのは、彼女が母と対峙するストーリーでした。

このアイデアをプロデューサーのジェイソン・ブラムに語ると、それは素晴らしい、その内容で脚本を書くべきだと後押しされたと振り返っています。

主人公のツリーを演じたジェシカ・ローテは、この映画の役柄について聞かれたあるインタビューに対し、ここ2年間で3人の祖父母を失った個人的体験を語っています。

実際に母親とは親密な関係である、と語るジェシカ・ローテ。祖父母との別れを経験した彼女にとって、母の身に何か起きる、という事は考えるだけでも大きなものでした。

クリストファー・ランドンはその事実を知っていた、と彼女は言葉を続けます。それを踏まえて監督と、事前に役柄について語り合ったジェシカ・ローテ。

さらに彼女は、脚本に愛する母との個人的体験、共に旅行をした事や、細やかな日常の一コマを書き加えます。監督はセリフを語る時に、これらの出来事を心に留めるよう望みます。こうして主人公のツリーは作り上げられました

まとめ


(C)Universal Pictures

前作『ハッピー・デス・デイ』は完成後のテスト試写で、観客から評価を得られずラストを取り直す事になりました。

それは衝撃的な出来事だった、と振り返る監督のクリストファー・ランドン。そして今回は逆に、完成後何の変更も加えず、ラストの再撮影も無かったと語っています。

前回のテスト試写の評価はともかく、エンディングを撮り直していない映画を手がけた事は一度もない、と彼は告白しています。より良い映画を作る為の、試行錯誤は当たり前という環境で撮影している彼には、今回の出来事こそ驚きだと振り返っています。

ところで今回の映画でツリーは、ライアンに対し自分は“殺人ループ”で11回死んだ、と語っていますが、実際死んだ回数と違う、前作のセリフと違うと、見た方からツッコミが入っています

別にこれは再撮影するような間違いではないんでしょう。なんせパラレルワールド、何があっても不思議はありません。

そもそもこの映画は、どこまでが科学的に、そして脚本的に正しいのか、今一つ判断出来ません。考えれば考える程頭が痛くなるので、止めておきます。

ツリーの様に“殺人ループ”ならぬ“自殺ループ”で学習すれば、天才にも負けない知識を獲得できるようですが、…遠慮したいものです。

関連記事

ホラー映画

映画『ポラロイド』あらすじネタバレと感想。アナログな恐怖の秘密はカラヴァッジョの陰影とスピルバーグファンとしての遊び心

『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』のロイ・リーがプロデューサーを務めた、ポラロイドカメラが巻き起こす怪奇ホラー! 『ポラロイド』は、ノルウェー出身のラース・クレヴバーグが製作・監督・脚本を …

ホラー映画

バイバイマンあらすじネタバレと感想!実話って本当?ラスト考察も

7月8日より東京・ヒューマントラスト渋谷ほかで上映中のホラー映画『バイバイマン』。 その謎の存在の名を知るだけで呪われると言う異色ホラーは全米公開初登場第2位獲得!バイバイマンとは一体何者なのか? 考 …

ホラー映画

『イット・フォローズ』動画無料視聴はHulu。ネタバレ感想と考察

「ずっと、ずっと、ついてくる・・・」 派手に脅かせるわけでもなく、派手に肉体が損壊するわけでもない・・・なのに、じわじわと、真綿で首を絞められるような新しい怖さがここにあります・・・。 今回は、斬新な …

ホラー映画

『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ感想。結末まで怖い“それ”の正体とは

新感覚ホラーとしてスマッシュヒットした『イット・フォローズ』の製作陣が新たに放った“外は恐怖。中は狂気。のサスペンスホラー! 映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は、11月23日(金・祝)より新宿シ …

ホラー映画

映画『ザ・リング/リバース』あらすじと感想レビュー!劇場公開日は

ジャパニーズ・ホラーの名作『リング』のハリウッド版「リング」シリーズ第3弾『ザ・リング/リバース』は、2018年1月26日より全国ロードショー! “観ると必ず7日後に死ぬ”と噂される呪いのビデオを観て …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP