Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『仮面ライダー剣ブレイド』感想と評価解説。トランプと昆虫のダブルモチーフが平成版の特徴的な魅力|邦画特撮大全40

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第40章

平成仮面ライダー第4弾である『仮面ライダー剣』(2004~2005)が今年放送開始から15周年をむかえました。

そのため椿隆之、森本亮治、梶原ひかりといったメインキャストが現在放送中の『仮面ライダージオウ』にゲスト出演したほか、大人の変身ベルト“COMPLETE SEKECTION MODIFICATION”の第22弾として仮面ライダー剣の変身ベルト“ブレイバックル”の発売も決定しています。

今回の邦画特撮大全は『仮面ライダー剣』を特集します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダー剣』の作品概要

【放送期間】
2004年1月25日~2005年1月23日

【原作】
石ノ森章太郎

【脚本】
今井詔二、會川昇、井上敏樹、宮下隼一、今井想吉

【監督】
石田秀範、長石多可男、諸田敏、鈴村展丈、佐藤健光、息邦夫

【キャスト】
椿隆之、森本亮治、天野浩成、北条隆博、竹財輝之助、江川有未、梶原ひかり、本宮泰風、相澤一成、春田純一、森次晃嗣、山口香緒里、山路和弘

『仮面ライダー剣』のあらすじ

1万年前、53種類の不死生命体“アンデッド”たちが己の種の繁栄を賭けて戦い合っていました。

アンデッドは不死身であるため、“ラウズカード”と呼ばれる専用のカードに封印する以外に倒す方法はありません。

そして現代―― 何者かによってアンデッドの封印が解かれてしまいました。人類基盤史研究所・BOARDはアンデッドを封印するため、特殊強化服“ライダーシステム”を開発します。

BOARDで働く橘朔也は仮面ライダーギャレンに、剣崎一真は仮面ライダーブレイドに変身しアンデッドと戦っていました。

しかし、アンデッドの襲撃によってBOARDは壊滅。生き残った剣崎と研究員・広瀬栞はノンフィクションライター・白井虎太郎の元に身を寄せ仮面ライダーとして活動することになります。

そしてBOARDに所属していない相川始/仮面ライダーカリス、高校生の上条睦月/仮面ライダーレンゲルも現れます。4人の仮面ライダーはアンデッドを封印して世界を守るため戦い続けるのです。

『仮面ライダー剣』のスタッフたち

『仮面ライダーアギト』(2001~2002)から『仮面ライダー555』(2003~2004)まで3作連続でプロデューサーを担当していた白倉伸一郎、同じく3作連続でメイン監督を務めた田﨑竜太が平成ライダーシリーズを外れることになりました。

そのため本作のプロデューサーを日笠淳、メイン監督を石田秀範が務めています。日笠は『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(1999~2000)から『爆竜戦隊アバレンジャー』(2003~2004)までスーパー戦隊シリーズのプロデューサーを5作連続で務めていま
した。

日笠がプロデュースした仮面ライダーシリーズ作品は本作が初にして唯一です。

石田秀範監督は『仮面ライダークウガ』(2000~2001)以来にパイロット(1話・2話)の監督を担当しました。

劇場版『仮面ライダー剣 MISSING ACE』(2004)の監督も務めた他、テレビシリーズ前期のオープニング映像も監督しています。

このオープニング映像はステージ上に出演者や仮面ライダーを並べ、スポットライトやスモークを多用したミュージックビデオのような斬新なものになっています。

メインライターを務めたのが『はみだし刑事情熱系』や『法医学教室の事件ファイル』などで知られる今井詔二です。今井が特撮ドラマの脚本を執筆するのは本作が初です。

そのため各話脚本には宮下隼一、井上敏樹ら特撮ドラマの執筆経験がある脚本家が起用されています。

今井がシリーズ前半で降板したため、後半のメインライターをテレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』や『鋼の錬金術師』(2003)で知られる會川昇が務めています。

クリーチャーデザインを務めたのがシリーズ初参加となる韮沢靖(1963~2016)です。レザーとビスを取り入れたアンデッドのデザインは独創的で、さらに『仮面ライダー』に登場するショッカー怪人へのオマージュも取り入れられています。

アンデッドのデザインは高く評価され、テレビシリーズ終了後に画集も販売されました。韮沢はその後『仮面ライダーカブト』(2006~2007)『仮面ライダー電王』(2007~2008)にも参加していました。

スポンサーリンク

トランプと昆虫のダブルモチーフ

『仮面ライダー剣』に登場する仮面ライダーたちは“トランプ”と“昆虫”の2つの要素をモチーフにしています。

仮面ライダー剣はヘラクレスオオカブトとスペード、仮面ライダーギャレンはクワガタとダイヤ、仮面ライダーカリスはカマキリとハート、仮面ライダーレンゲルはクモとクラブがそれぞれモチーフとなっています。平成ライダーでは数少ない昆虫モチーフの仮面ライダーです。

本作に登場する仮面ライダーたちは、トランプをモチーフとした“ラウズカード”というアイテムを使って変身・攻撃します。

変身・攻撃にカードを用いる点は前々作『仮面ライダー龍騎』(2002~2003)と共通しています。

しかし『龍騎』に登場するアドベントカードはカード1枚につき効果が1つですが、『剣』のラウズカードはポーカーの役のようにカードを組み合わせることでさまざまな技を生み出すことが出来ます。

敵怪人であるアンデッドたちにもトランプの要素が組み込まれています。ラウズカードはトランプ同様にスペード・ハート・クラブ・ダイヤのソートに別れています。

またアンデッドの中には“上級アンデッド”という強敵が存在し、下から順にJ(ジャック)Q(クイーン)K(キング)という風にカテゴリー分けされています。

怪人側のドラマの強化と斬新な設定・演出

この項では『仮面ライダー剣』の特徴を紹介しましょう。まず“怪人側のドラマの強化”という点です。

相川始/仮面ライダーカリスの正体は53番目のアンデッド・ジョーカーです。しかし彼は怪人でありながら人間の心を持ち、居候先の喫茶店ハカランダで生活しています。

本作は彼の葛藤を丹念に描いています。人間の心を持った怪人の描写は前作『仮面ライダー555』から発展させたものでしょう。

また、“職業としての仮面ライダー”という設定が導入されました。本作の主人公たちは基本的に雇われて仮面ライダーという仕事をしているのです。そのため仕事先から給与も振り込まれます。

そこで劇中にも“仮面ライダー”という呼称が頻繁に登場します。これまでの平成仮面ライダーシリーズで、劇中に“仮面ライダー”という呼称が登場するのは『仮面ライダー龍騎』のみでした。

本作の“仮面ライダー”は特殊強化服という設定です。そのため戦闘の際、マスクが割れて変身者の顔が覗くという演出がありました。いわゆる“マスク割れ”はスーパー戦隊シリーズではよく見られる演出です。

しかし仮面ライダーシリーズでは『仮面ライダーアギト』(2001)の仮面ライダーG3で前例があるものの、大々的に取り入れられたのは本作が
初です。

スポンサーリンク

まとめ

平成仮面ライダー第5弾となった『仮面ライダー剣』。

仮面ライダー同士のバトルや散りばめられた謎などこれまでのシリーズの要素を受け継ぎつつ、新たなスタッフによって斬新な演出や設定も盛り込まれた意欲的な作品となっています。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『仮面ライダードライブ』(2014〜15)を特集します。お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『メン・イン・ブラック3』ネタバレあらすじと感想。ラスト最後の結末も【キャスト変更を演技力で乗り越えた第3作目】SF恐怖映画という名の観覧車133

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile133 数多の作品が否定的な意見を受けたように、シリーズものにおける役者の世代交代は困難を極めます。 特に基となるキャラクターが魅力的であればあ …

連載コラム

【ネタバレ】哭悲(こくひ)結末ラストの考察解説。“グロホラー映画”として最凶最悪のパンデミック爆誕|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!8

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第8回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】17(最終回)

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2021年11月初旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサ …

連載コラム

韓国映画『ザ・バッド・ガイズ』感想評価と解説レビュー。マ・ドンソクの正拳が悪人VS悪人を打ちのめす痛快ムービー|すべての映画はアクションから始まる24

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第24回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『エルフ物語 ゴス・アズールの化身』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ファンタジー・アクションのヒロインが種族間の壁を越えて“闇の野望に立ち向かう”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー21

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第21回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学