Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/30
Update

全裸監督2|7話ネタバレあらすじ感想と結末解説。ヘア解禁とVシネマとなる時代を描いた意味!シーズン2の見どころ考察

  • Writer :
  • 増田健

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介

2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV監督・村西とおるを描いたノンフィクション「全裸監督 村西とおる伝」を、虚実交えて映像化した作品は世界を騒然とさせました。

そして待望された人気ドラマの第2シーズンが、2021年6月24日(木)より配信されました。

前回の『シーズン2』第6話で、「空からエロを降らせる」野望は潰え、仲間たちからも見捨てられた村西。

そんな村西の前に現れた黒木香から、衝撃の言葉が飛び出します…。

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

【総監督】
武正晴

【監督】
後藤孝太郎

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、小寺和久

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司、室井滋、小雪、ピエール瀧、リリー・フランキー、國村隼

【作品概要】
シーズン1』でAV業界のトップの座へと昇り詰めた村西とおる。時代が平成となったシーズン2では、バブル景気の勢いそのままにAV業界の帝王となり、巨万の富と世間の注目を集めますが、女優・黒木香と疎遠になり、「空からエロを降らせる」衛星放送事業が資金繰りを悪化させます。

会社の金を持ち逃げされ、ついに衛星放送も終了。仲間に去られドン底に転落する、究極のしくじりを経験した彼にどんな未来が待っているのでしょうか。

村西を演じるのは、カリスマ的怪優となった『ゾッキ』(2021)、『ステップ』(2020)の山田孝之。黒木香役の森田望智を始めシーズン1からの出演者も引き続き出演。新たに恒松祐里・吉田栄作・伊原剛志・宮沢りえ・石橋蓮司・室井滋ら豪華出演陣が加わり、AV業界もバブル経済も共に絶頂から転がり落ちた、狂乱の時代を再現します。

ホテルローヤル』(2020)、『アンダードッグ』(2020)、『銃2020』(2020)の総監督・武正晴のこだわりの演出と美術も見どころ。全てが世界基準のドラマとして製作された、伝説の怪男児の一代記の誕生です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督シーズン2』第7話「奇想転落」のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

「監督、あなたは終わりです」と告げる黒木香(森田望智)。村西とおる(山田孝之)はそれを否定します。

でも、助かる方法がある、「私を殺してください」と黒木は話します。エイズで死んだ事にする、それが黒木の提案でした。

九州にある新興宗教を買い取って下さい、その間に自分は山にこもり蘇る。監督が教祖になり、私が巫女になると告げる黒木香。

経済が破綻した今後、人々は癒しを求める。このビジネスなら再生できると提案した黒木に、馬鹿な事を言うなと拒絶する村西。この方法しかない、私たちは2人で1人の生き物だ、と黒木は語りかけました。

黒木は村西の手を取り、2人は無言で見つめ合います。何かを悟った黒木は静かにほほ笑むと、別れを告げ去って行きます。

順子(伊藤沙莉)のマンションに戻った黒木は、初めての撮影で順子にメイクされた思い出を語ります。涙ぐんで誰よりも傷付いた黒木に、自分は何もしなかったと詫びた順子に、私は望んでこうなったと語りかける黒木香。

彼女は”黒木香”にしてくれてありがとう、と順子に告げました。黒木は酒を飲みながら、村西と過ごした日々を想い浮かべます。

黒木香は、順子が見つめる前で、マンションのベランダから転落しました…。

彼女は病院に運ばれます。手術室の前で待つ順子の前に、トシ(満島真之介)と川田(玉山鉄二)が駆け付けます。

サヤカ(西内まりや)とその母・茂子(室井滋)もいる古谷(國村隼)の組事務所で、借金が返済できない村西は暴行を受けていました。

支払う額は1億弱だと伝える荻原(笠松将)。村西は始末されかけますが、最後のチャンスを与えられます。

警視庁は成立した暴力団対策法の施行に向け、暴力団対策課を設立する準備を進めていました。規制の対象となる「指定暴力団」の選定が重要だと説明する警察幹部。

これからは好き勝手に振る舞えなくなると、不満げな武井(リリー・フランキー)の前に村西が現れ、古谷たちに受けた暴行の跡を見せ、善良な市民を守れと訴えます。

無修正ビデオをバラ撒く奴のどこが善良だ、とあざける武井に、助けてくれれば売り上げの半分を渡すと告げる村西。

お前は人を頼るような奴では無かったはず、と指摘する武井。それでも来年の春には暴対法が出来ると教えました。

武井には巨大化した古谷の組を、いずれ手柄として潰す目論見があったようですが、時代の流れに任せるか、と言い残して去って行きます。

相変わらずマネキン人形を愛するサファイヤ映像の川田ですが、黒木の病院に向かう順子に金を差し出しました。

何を悟ったの判りませんが、川田は執着したマネキン人形を河原で焼き、彼女(?)と決別します。そして心機一転、トシと共にビデオ店チェーン社長・和田(ピエール瀧)を訪ねます。

ついに新作AVが製作できると報告する川田に、和田は誰かの様に裏ビデオに手を出すなと釘を刺します。そして彼は2人に、篠山紀信の写真集「TOKYO NUDE」を見せました。

これからは”ヘア解禁”だ、猥褻の基準が変わり、有名女優も脱ぐヘアヌードの時代が来たと和田は語ります。写真集を見て興奮し、性の革命だ、黒木香が望んだ時代が来たと叫ぶ川田。

自分たちのやってきた事は、間違いでは無かったと涙ぐむ川田の姿に、いささか引いてしまうトシと和田。

その店では三田村(柄本時生)が働いていました。旧交を温める前に和田は川田とトシに、自分のチェーン店で売るオリジナルAVを作って欲しいと依頼します。

以前ほどAVが売れない状況で、問屋から高く買わされるなら自分たちでAVを作る、それが和田の狙いでした。

川田は即引き受けました。準備不足だと訴えるトシに、作りたいものを作るだけだ、モザイクの向こう側を見せます、と宣言する川田。彼らの製作現場に三田村も加わります。

借金取りに追われ、荒れ果てたダイヤモンド映像の本社に乃木真梨子(恒松祐里)がやって来ました。

彼女は村西に室内に落ちていた、ダイヤモンド映像が華やかな頃の写真と、「SMぽいの好き」のビデオテープを見せます。村西に抱きつく真梨子。2人は愛し合います…。

以下、『全裸監督シーズン2』第7話「奇想転落」のネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督シーズン2』第7話「奇想転落」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

営みを中断した村西に、正直がっかりした、人生の予定も狂ったと話す真梨子。それでも後悔していないと話す真梨子は、やはり村西のパートナーは黒木香だと告げました。

黒木は現れた自分を見透かしていた、そして村西を私より理解していたと語る真梨子。私は黒木香を越えられなかった、とつぶやきます。

駅まで真梨子を見送った村西は、新聞で黒木香の転落事故を知ります。同じ新聞は雲仙普賢岳の火砕流も報じていました。

新聞は黒木の転落を自殺未遂と断じていました。顔を洗い、自分を落ち着かせて病院に向かう村西。

病院に現れた村西に、レポーターたちがマイクを突き付けます。彼女の病室を探す村西に、順子が気付きました。

黒木に対し今の村西が出来る事はない、村西との新作AV撮影を楽しみにした黒木を傷付けたと、言えなかった事を全てぶつける順子。

生命維持装置につながれた黒木の前には、神に祈る彼女の母・加代(小雪)の姿がありました。

病院から出た村西は、レポーターたちに何も語らず去ります。懐かしい思い出のあるサファイア映像に現れ、金庫を開け「SMぽいの好き」のマスターテープを掴む村西。

気付いた三田村や川田、トシがテープを取り上げました。裏に流すつもりかとトシが尋ねても答えない村西は、サファイア映像から叩き出されます。

呆然と街を歩く村西は、車から現れた男たちに拉致されました。

村西が目覚めた時、彼の前に古谷がいます。ついに始末すると決めたのです。村西は隙を付き逃げ出しました。

サファイア映像に荻原たちヤクザ一味が現れます。村西が借金を返さず姿を消した以上、お前たちに肩代わりさせると告げる荻原。

その額は20億。借金のカタにカメラや金目のものをを取り上げ、ダビング設備を壊して荻原たちは引き上げました。

突然の出来事に打ちひしがれる川田とトシ、順子と三田村。ヤクザたちは村西の姿を求め、夜の街を探し回ります。

人目を避け逃げ回る村西の前に車が停まります。車を運転していたのは決意を秘めた表情のトシでした。

村西を乗せたトシの車は走り出します…。

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』第7話「奇想転落」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

前回ラストの黒木香の爆弾発言。これは事実だと村西とおるが語るエピソードです。

彼女の真意がどこにあったのか、様々な解釈が可能ですが、ドラマでは村西と黒木の決定的な別れの時として描きました。

そして彼女の転落事故が起きます。実際は爆弾発言後も村西と黒木には様々な出来事がありました。そして1994年5月、黒木の転落事故が起きます。

実際はホテルの2階ベランダからの転落でした。当時黒木は酒に頼る生活をしており、仕事を共にしたAV監督やヘアメイクスタッフ(順子のモデルの1人)に支えられ生活していました。

後に酒に酔った上での事故とされますが、当時マスコミは自殺未遂と騒ぎます。2階から自殺を図る?と疑問が生じますが、人気AV女優の凋落との筋書きで面白おかしく報道されます。

何度もこのドラマは、起きた出来事の時系列を変えていると説明しましたが、黒木の転落事故も1991年の出来事として描かれています。

激動の1991年、宮沢りえのゲスト出演は当然です

村西が黒木の事故を知った新聞には、1991年6月3日に起きた雲仙普賢岳で発生した、大火砕流を伝える見出しが併記されています。ドラマの世界は1991年だと伝えるものでしょう。

普賢岳の火砕流では多くの方が犠牲になり、報道関係者も亡くなりました。しかし彼らが避難勧告地域内に立ち入った為に、それに対処せざる得ない地元の方も犠牲になったと、非難する声も起きました。

マスコミの取材姿勢を問う事例として、今も語られる災害です。この記事の見出しと黒木の自殺未遂と並べたのは、当時黒木などAV業界の関係者を時代の寵児と祭り上げ、没落すると貶めたマスコミへの皮肉と見るのは、うがち過ぎでしょうか。

衝撃的出来事の後は、負債を抱えヤクザから追われる村西の姿を描きます。前回は「青春回」と書きましたが、今回は「Vシネマ回」。これはヤクザ映画ですか?という展開が続きます。

前回同様エロが無い、と嘆きたくなります。しかし調子に乗り好き勝手した山田孝之演じる村西と違い、真面目にエロスの道を追求し続けた玉山鉄二演じる川田の存在が、今回唯一の清涼剤となりました。

彼が見せられた、篠山紀信の写真集「TOKYO NUDE」は1990年に出版されたものです。彼は樋口可南子をモデルにした写真集、「Water Fruit 不測の事態」を1991年に発表。これが事実上のヘア解禁であり、玉山鉄二が「性の革命」と叫ぶ訳です。

同じ1991年、篠山紀信は当時トップアイドルの宮沢りえのヌード写真集、「Santa Fe」を発表します。シーズン2で財閥の女帝役に、宮沢りえを起用した理由がよく判りました。

そして劇中には、翌年暴力団対策法が施行されるとのセリフが登場します。いわゆる「暴対法」は1992年3月に施行された法律です。

Vシネマっぽい展開になるのも当然です

参考映像:東映Vシネマ25周年記念作『25 NIJYU-GO』(2014)

ドラマ『全裸監督』シリーズは、バブル期の裏社会を描いた作品でもあります。この時代、”地上げ屋”と言えば暴力団。様々な形で経済活動の闇の部分に進出し、”企業舎弟”や”経済ヤクザ”という言葉が登場します。

東映が「Vシネマ」を製作し始めたのが1989年。「Vシネマの帝王」哀川翔と竹内力らが出演する、Vシネマの任侠物は当時を反映した作風です。それ以前の東映任侠映画や、『仁義なき戦い』以降の実録路線とは異なる、新たなスタイルのヤクザ映画となりました。

『全裸監督』で描かれた時代の空気を体感するには、当時のVシネマを見るのが最適でしょう。

ヤクザたちの対になるもう一つの悪、リリー・フランキー演じる警視庁の武井は、思わせぶりなセリフを放ちます。

悪徳警官の武井は仕事もしています。思い出して下さい、彼はシーズン1のラストで癒着していたAV業界最大手、村西のライバルの石橋凌が演じたポセイドン企画社長を逮捕しました。

彼は犯罪組織や裏のあるAV業界に接近し、甘い汁を吸いつつそれを育て、最も目立つ形で見せしめの様に摘発する、実に「有能な警官」の顔を持っているのです。

武井は自身の言葉通り、今後は「暴対法」時代に合わせた警官になるのでしょうか。警察と裏社会の関係を描いた作品は昔からありますが、近年新たな作品が続々登場しています。

白石和彌監督の『日本で一番悪い奴ら』(2016)や『孤狼の血』(2018)はその一例。『孤狼の血 LEVEL2』は2021年8月の公開が予定されています。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

激動のVシネマ回、『全裸監督シーズン2』第7話「奇想転落」、ヤクザ映画そのままの展開でラストを迎えました。

トシを演じる満島真之介、荻原を演じる笠松将は、シーズンを通しVシネマに登場する時代のヤクザを演じ、作り上げたと言えるでしょう。

緊迫のラストは、劇的な最終回を予感させます。しかしこのシーズンのクライマックスに、エロはあるのでしょうか。

そんなシーズン2を通し、黙々とエロスの道を探求する川田社長の姿に清々しいものを感じました。

川田を演じた玉山鉄二には、”変態という名の紳士”の称号を与えたいものです。

『全裸監督シーズン2』第1話は2021年6月24日(木)より配信開始

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『左様なら』あらすじと感想レビュー。少女の不在がもたらすものと“教室ごと”描く青春|銀幕の月光遊戯 38

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第38回 映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された映画『左様なら』。 監督は本作が長編映画デ …

連載コラム

【ネタバレ感想】孤独なふりした世界で|ピーター・ディンクレイジはかっこいい映画俳優だ!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録48

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第48回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。人類が死に絶えた世界を描いた映画は数あれど、その世 …

連載コラム

映画『ムイト・プラゼール』あらすじ感想と評価解説。在留外国人の立場を言葉や表情で描き“未来へ”と綴る|銀幕の月光遊戯 78

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第78回 ブラジル人学校を訪問することになった国際交流部の部員たち。しかし、彼らを迎えたブラジル人学校の生徒たちの反応は思いもよらないものでした。 在留外国人と日本人の間に …

連載コラム

アート・オン・スクリーン『私は、クロード・モネ』印象派の巨匠に迫る体験|映画と美流百科1

連載コラム「映画と美流百科」第1回 はじめまして。この度「映画と美流百科」というコラムを担当することになりました、篠原愛と申します。 このコラムでは、ファッションやアートなどを切り口に、映画を紹介して …

連載コラム

映画『死霊船メアリー号の呪い』あらすじネタバレと感想。“海洋ホラーな幽霊屋敷”的な構造に魅入られたゲイリーオールドマン!?|未体験ゾーンの映画たち2020見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第15回 様々なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学