Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/04/30
Update

ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行|あらすじ感想評価と解説レビュー。究極のシネフィル男が導く珠玉のキュレーション体験【だからドキュメンタリー映画は面白い68】

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第68回

今回取り上げるのは、2022年6月10日(金)から新宿シネマカリテほかにて全国順次公開の『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』

365日、毎日映画を観て過ごすスコットランドの映画オタク監督が、2010年から21年にかけて製作された映画111本を、独自の視点でひも解きます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』の作品情報

(C)Story of Film Ltd 2020

【日本公開】
2022年(イギリス映画)

【原題】
The Story of Film: A New Generation

【監督・脚本・ナレーション】
マーク・カズンズ

【製作】
ジョン・アーチャー

【製作総指揮】
クララ・グリン

【編集】
ティモ・ランガー

【作品概要】
20年以上のキャリアを持つスコットランドのドキュメンタリー監督マーク・カズンズが、タイムズ紙にて“映画について書かれた本の中で最も素晴らしい本”と評された自著「The Story of Film」をベースに、2011年に同名テレビシリーズを制作。

それから10年後、『ようこそ映画音響の世界へ』(2019)を手がけたイギリスの製作会社DOGWOOFと共同の元、映画版を制作。

2010年から21年にかけて公開された111本の世界各国の映画に焦点を当て、その内容や制作背景をマルチにひも解きます。

『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』のあらすじ

(C)Story of Film Ltd 2020

これまで観た映画は1万6000作品以上にも及ぶという、スコットランドのドキュメンタリー監督マーク・カズンズ。

そのカズンズ自らナレーションを務め、『アナと雪の女王』(2013)、『ジョーカー』(2019)といったメジャー作品から、アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作『光りの墓』(2015)、『グッド・タイム』(2017)などのインディペンデント作品、はては日本映画の『万引き家族』(2018)などなど、ジャンルを問わず選出。

制作に6年の歳月を費やし、独自の視点から近年の映画史をたどっていきます。

スポンサーリンク

究極の映画オタクの“映画深化論”

(C)Story of Film Ltd 2020

2011年のイギリスで、とあるドキュメンタリーのテレビシリーズが製作されました。

スコットランドでドキュメンタリー監督として活躍するマーク・カズンズが手がけたその作品『ストーリー・オブ・フィルム』(日本では映画配信サイトJAIHOで配信中)は、19世紀末の草創期から2000年代に至る映画120年の歴史を、数多くの名監督、名優へのインタビューや膨大な数の映画の印象的なシーンを引用し構成。

全15章・全編900分以上にも及んだこのドキュメンタリーは、映画史を新しい視点で紐解こうとする試みに加え、ユニークな作品選びや編集のセンスも評判となり、世界中の映画ファンの支持を得ました。

まさに究極のシネフィル(映画オタク)といえるカズンズ。ですが彼の探求心は、テレビシリーズ制作から10年を経た現在も、尽きることはありませんでした。

本作『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』は、テレビシリーズの映画版として、2010~2021年の11年間に制作された映画111本に着目。社会情勢の変化やテクノロジーの進化とともに、映画を取り巻く環境や新たな表現手法の出現を考察した、最新の映画深化論となっています。

21世紀を代表するアクションとは?革新的なホラーとは?

(C)Story of Film Ltd 2020

本作に登場する111本は、ハリウッド・メジャーからインディペンデント資本のアメリカ映画から、インドやアラブ諸国、アフリカ、エチオピア、南アメリカ、中国、韓国、そして日本といった世界各国の作品をピックアップしており、取り上げるジャンルやテーマも多種多様。

「365日、毎日映画を観ている」と豪語するカズンズの選定基準にあるのは、独自の批評的視点です。

冒頭での「『ジョーカー』と『アナと雪の女王』の共通点」を皮切りに、「21世紀のアクション映画は、トーンや視覚的嗜好や色分けが革新的な作品が多い」として、そのすべてが詰まっていると断言する作品を1本挙げます。

そのほか、「21世紀を代表する社会の崩壊を描いた映画2本」の共通点や、「独特の時間感覚が冴える革新的なホラー」「GoPro、スマートフォンといった新世代カメラを先鋭的に取り入れたアクション」、または「紛争地区で撮られた緊迫のドキュメンタリー」などなど、彼ならでの考察を「映画言語の拡張」、「我々は何を探ってきたのか?」という二部構成で検証していきます。

スポンサーリンク

映画を“冒険”せよ

(C)Story of Film Ltd 2020

新型コロナウイルスのパンデミックは、映画業界に大打撃を与えました。ただ逆に言えば、配信サービスの飛躍的な普及やSNSや映画キュレーション(まとめ)サイトの活用で、ステイホームによって映画に触れる機会が増えたという考え方もできます。

カズンズ監督は語ります。

知らない名前の監督を聞けば、その監督のことを調べたくなる。聞いたことのない作品や、新しい考えを持った監督を見つけること。それは、ぼくにとって冒険の旅のようなものなんだ。

コロナという未曾有の体験は、むしろ映画という名の冒険の魅力を再認識させてくれたのかもしれません。

新たな冒険の指針が111も詰まっているという点で、本作はいわば、究極のキュレーション映画

111本の中には日本未公開作も含まれているため、それらすべてを観ているという方はおそらく皆無でしょう。また日本公開作でも、未見という方もいるはず。

本作をきっかけに、未知の冒険に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

松平光冬プロフィール

テレビ番組の放送作家・企画リサーチャーとしてドキュメンタリー番組やバラエティを中心に担当。主に『ガイアの夜明け』『ルビコンの決断』『クイズ雑学王』などに携わる。

2010年代からは映画ライターとしても活動。Cinemarcheでは新作レビューの他、連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』『すべてはアクションから始まる』を担当。(@PUJ920219

関連記事

連載コラム

映画『ウスケボーイズ』あらすじと感想レビュー。ワイナリーにかけた僕らの夢|銀幕の月光遊戯3

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第3回 こんにちは、西川ちょりです。これから公開される新作をいち早くお届けし、その魅力をお伝えする本連載も今回で三回目。 今回取り上げるのは、『第二警備隊』(2018)など …

連載コラム

映画『バーシティブルース作戦』ネタバレ感想とラスト解説。リックシンガーのアメリカ不正入学事件から“受験”の在り方を問う|Netflix映画おすすめ26

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第26回 今回ご紹介する映画『バーシティ・ブルース作戦:裏口入学スキャンダル』は、2019年に起こった前代未聞の大学入試不正入学事件の実態を …

連載コラム

映画『仮面ライダーグリス』あらすじネタバレと感想。東映ビデオが見せる【ビルドNEW WORLD】の魅力|邦画特撮大全59

連載コラム「邦画特撮大全」第59章 2019年9月6日より期間限定上映が開始されたVシネクスト『ビルドNEW WORLD 仮面ライダーグリス』。 2017年から2018年にかけて放映され人気を博した『 …

連載コラム

映画『レッド・ブレイク』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ワイルド・スピードシリーズのタイリース・ギブソン主演による“元海兵隊員”のアクション活劇!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録12】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第12回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、ド派手なア …

連載コラム

映画『108時間』結末ネタバレとラストまでのあらすじ。ニューウェーブ演劇と多重構造で物語る演出|未体験ゾーンの映画たち2019見破録57

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第57回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は眠らずにいる果てに、何が起こるのかを描く …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学