Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/08/27
Update

【ネタバレ】ザ・ローブ |あらすじ結末感想と評価解説。ブルース・ウィリスがSFアクションで特殊能力を持つ超人を演じる|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー117

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第117回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第117回は、ショーン・パトリック・オライリー監督が演出を務めた、映画『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』です。

世界中が「パルス」と呼ばれる災害に見舞われ、数十億人が死亡。急性放射能症候群による影響で特殊能力を持つ「超人」が誕生しました。

特殊能力を犯罪に利用する超人も現れ、社会が不安定になったため、アメリカは超人に対する法を整備し、「サン・ティブロン」という超人専用の巨大刑務所を設立。

中でも際立った天才、ジュリア・ローブこと通称ザ・ローブなどが収容されていました。

虐げられた超人たちを開放するため、ザ・ローブは超能力チームを結成し、サン・ティブロンを脱出しようとします。

映画『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』の作品情報


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2023年(アメリカ映画)

【原作】
グランド・チャステーンのSFグラフィック・ノベル『Corrective Measures』

【監督・脚本】
ショーン・パトリック・オライリー

【キャスト】
ブルース・ウィリス、マイケル・ルーカー、トム・キャヴァナー、ブレナン・メヒア、ケヴィン・ゼガーズ、ダン・ペイン、ヘイリー・セイルズ、ジョン・デサンティス

【作品概要】
『アンダー・ザ・シー ぼくたち海底王国パトロール隊』(2018)で脚本・監督を務め、自らも声の出演をしたショーン・パトリック・オライリーが脚本・製作・監督を務めた、アメリカのSFアクション作品。

グランド・チャステーン原作の人気SFグラフィック・ノベル『Corrective Measures』を映像化。ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2023」上映作品です。

「ダイ・ハード」シリーズや『ミスター・ガラス』(2019)のブルース・ウィリスが主演を務め、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのマイケル・ルーカーと共演しています。

映画『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』のあらすじとネタバレ


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

世界中が「パルス」と呼ばれる災害に見舞われ、主要都市も荒廃し資源不足に陥り暴動が発生。

急性放射線症候群で数十億人が死亡し、遺伝子の突然変異は100倍に増加。その影響で特殊能力を持つ「超人」が誕生しました。

その特殊能力を犯罪に利用する超人も現れ、社会が不安定になったため、アメリカは超人に対する法を整備し、彼らを取り締まりました。

そして「サン・ティブロン」という超人専用の巨大刑務所を設立。超人たちのなかでも際立った天才、ジュリアス・ローブこと通称「ザ・ローブ」や、自ら裁きを与える自警行為で50名以上の犯罪者を殺害したウォルター・ロックこと通称「ペイバック」などが収容されていました。

サン・ティブロンは通称「監督」と呼ばれる刑務所長のウォルトン・デヴリンが、マスコミや世間から非難されるほど厳しく管理しており、刑務所内では「ナリー」という装置によって超人たちの特殊能力は無効化されていました。

さらに刑務所内の照明や水、食事にも能力無効化の成分が含まれています。つまりどんな強力な特殊能力を持つ超人でも、ここではただの人間です。

他人の気持ちが分かる「共感」の能力を持つ超人ディエゴ・ディアスが、軽犯罪でサン・ティブロンに新たに収容されることに。

ディエゴは、サン・ティブロン初の囚人であるゴードン・トゥイーディーこと通称「ザ・コンダクター」から、厳重かつ特別なセキュリティーの独房に収容されたザ・ローブの存在を知らされます。

5回目の仮釈放の審理を却下されたザ・ローブは、デヴリンから「“囚人ファイト”が上にバレて賭けで儲けられなくなった」、「だから定年退職前に、お前の全財産10億ドルを私に寄越せ。拒否すればロボトミー手術をしてお前の自慢のマインドをズタボロにしてやる」と脅迫されました。

ロボトミー手術とは、うつ病・統合失調症・その他の人格障害などの精神疾患を患者から取り除くことを目的とした精神療法ですが、頭蓋骨に穴を開け、脳の前頭葉の一部を切除するという非人道的なものです。

その後、ローブはサン・ティブロンに勤務する女医のイザベル・ジョセフスによる健診を受けに医務室へ行きました。

しかしその健診に、騒ぎを起こして医務室に送られたペイバックが乱入。イザベルの首を絞めて気絶させたうえで、大金を盗み大勢を殺した重犯罪者であるザ・ローブを殺そうとします。

ちょうどそこへディエゴが通りかかり、ペイバックを取り押さえました。このザ・ローブを救った行為により、ディエゴは囚人たちから一目置かれる存在となります。

そしてディエゴはザ・ローブの独房に呼ばれ、扉越しに対峙した彼から「食堂の当番を代わってくれ、ダリウスは手根管症候群でね」と頼まれました。

ディエゴが「僕に借りがあるのに?」というと、ザ・ローブは「俺の分のデザートを譲っただろう、友人にもなってやる」と答えました。

ディエゴはその場ですぐ返事はしませんでしたが、ザ・ローブからの頼みを引き受けることにしました。

ディエゴはゴードンに、食堂当番の仕事を教えてくれと頼みます。この時、ゴードンは20年の刑期を務めたものの刑務所内で自分の居場所を持てていないことを再認識させられたうえに、仮釈放の心理を却下されてしまい、気分はどん底でした。

そんなゴードンに、超人のダリウス・デソウザがスプーンと針金を手渡します。ゴードンは看守の目を盗み、それを使ってナリーを外しました。


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

そしてディエゴに「どん底の私と友達になってくれてありがとう」と感謝を伝えたうえで、ザ・コンダクターと呼ばれる理由を知らしめるために自身の能力を発動します。

ゴードンの能力は、体に電気を通し操る「伝導体(コンダクター)」です。

ゴードンの「伝導体」により、食堂で火災が発生。食堂にいた看守のボブが殺害され、刑務所の発電機も停止させられたのです。

非常用発電機もダメになりましたが、なんとか電力が復旧し、ペイバックや超人のダイヤモンド・ジムらによる庭での暴動はナリーから発せられる強烈な電流によって鎮圧されました。

デヴリンの指示の下、看守たちが囚人たちを独房に戻している頃、騒ぎを起こした張本人であるゴードンは1人、医務室で感傷に浸っていました。

鉄格子のない景色を堪能するゴードン。看守のモラレスに捕まり、撲殺されました。

ゴードンの始末を命じたデヴリンは、ザ・ローブが何か計画を立てていると察し、彼から特別扱いされているディエゴを呼び出します。

時間の流れが遅くなっている懲罰房を案内してディエゴを軽く脅したうえで、デヴリンは、ザ・ローブから聞いたことは全て自分に報告するよう命じました。

以下、『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

そこからしばらく何の騒ぎもなく、平穏な時間が過ぎていき、デヴリンの定年退職日まであと数日となりました。

デヴリンの補佐を務める職員のジョンソンは、刑務所長後任の座を狙っていました。それを知っているデヴリンはジョンソンが反抗的な態度を取ろうとすると、取締役会への推薦状と、ジョンソンの問題点を列挙した批判の手紙をちらつかせ、自分に従わせます。

そのため、ジョンソンはデヴリンへの不平不満を零しながらも彼の力になろうと尽力しました。

ですがデヴリンは、そんな彼女を嘲笑うかのように、退職する直前まで決定を先延ばししたのです。

さらにデヴリンは、自分に忠実で看守たちからの人望も厚い看守長のブロディを、自分の後任候補にあげました。

そしてついに迎えた、デヴリンが定年退職する金曜日。デヴリンは自分の後任をブロディに決め、ザ・ローブに10億ドル送金するよう詰め寄ります。

その時、サン・ティブロンのソフトウェアが更新され、ナリーが突如無効化。これにより、ナリーを着けたまま能力を取り戻した囚人たちによる暴動が起こります。

当番のため医務室を訪れていたディエゴもまた、能力を取り戻しました。「ディエゴ、お前も加われ」、「早くしろ、この臆病者め」、「行動を起こせ」という言葉と共に、囚人たちの苦しみが伝わってきて、ディエゴはその場に蹲ってしまいます。

イザベルはディエゴの両耳を塞ぎ、自分に集中するよう言い、彼を落ち着かせます。

ブロディたちが暴動の対処に追われるなか、ザ・ローブに10億ドルの送金を急かすデヴリン。そんな彼に、ザ・ローブは「この刑務所にいる者全員に給料を支払った」といいます。

デヴリンがザ・ローブの要求に従って教えたWi-Fiのパスワードは、サン・ティブロンのソフトウェアとセキュリティーと同一のものでした。

そしてザ・ローブは看守のダニー・ブリーズを操り、ソフトウェアのパッチに不具合を生じさせたのです。ですがデヴリンにとって、囚人たちによる暴動はどうでもいいことでした。

暴動によって囚人が減るもよし、ナリーがオフになるもよし。何よりサン・ティブロンから脱獄することなどできないと信じているからです。

それにここ数日、デヴリンは囚人たちの食事に手を加えました。知人の伝手を使って低コストで手に入れた能力抑制剤を食品に混入したのです。

ですが、ザ・ローブは能力抑制剤入りの料理を食べていませんでした。なにより、ザ・ローブにはもう1つ、デヴリンが知らない特殊能力を持っていました。

それは、他者と自分の精神を入れ替える能力。デヴリンと入れ替わったザ・ローブは、看守に懲罰房に入れておくよう命じます。

デヴリンはザ・ローブの姿で懲罰房へと送られ、ザ・ローブはデヴリンの姿で自らの独房を出ました。

それを知らないジョンソンは、暴動の原因はソフトウェアのパッチに不具合が生じたことで、システム全体の再起動を行ったと彼に報告しました。

その過程で、ブロディとダイヤモンド・ジムが発電室に閉じ込められ、死闘の末にダイヤモンド・ジムが死亡したことも。

彼女の報告を聞いたザ・ローブは、清掃員に発電室の清掃を、技術部に修理をさせるよう指示を出しました。

ジョンソンが「それはブロディに」というと、ザ・ローブは後任は君だと言いました。


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

システム全体の再起動によって暴動は鎮圧されました。その後、医務室を訪れたディエゴは、イザベルに別の刑務所に移されることになったことを伝えました。

対してイザベルは、自分が必要とされている場所にいたいと言い、サン・ティブロンに残ることに。2人は握手を交わして別れました。

ディエゴと入れ違いで医務室にやってきたモラレスは、「ザ・ローブに精神安定剤の注射を」とイザベルに言いました。

イザベルがそれは誰の命令かと尋ねると、デヴリンだとモラレスは答えました。デヴリンは懲罰房で軽い罰を受けていました。

ジョンソンが刑務所長に就任し、ブロディは退職。家族のために尽くす道を選びました。

そしてザ・ローブと囚人の間を取り持っていたダリウスは、暴動に加わらなかったため釈放となりました。

サン・ティブロンから出てきたダリウスを迎えに来たのは、ザ・ローブでした。見事計画を成功させたザ・ローブは、事前に予約したスイス行きの飛行機に乗るため、ダリウスと共に空港へと向かいました。

映画『ザ・ローブ THE HEROES HIGHT VOLTAGE』の感想と評価


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

超人専用の巨大刑務所「サン・ティブロン」の中で、厳重かつ特別なセキュリティーで封じられた独房にいる超人ザ・ローブ。

作中で彼の人の心を操る能力(マインド・コントロール)が使われたのは、ダニーを操った時だけでした。

ですがザ・ローブにはもう1つ、他者と自分の精神を入れ替えるという特殊能力を持っていたことが、物語の終盤で明かされたのです。

それはザ・ローブを調べ知り尽くしていると自負するデヴリンでさえ知らなかった能力。観ている人もビックリ仰天することでしょう。

ザ・ローブが水面下で実行していた計画とは、暴動を起こして虐げられている仲間を解放すること。

ザ・ローブのおかげで自分の能力を取り戻した超人たちはもちろん、デヴリンに虐げられていたジョンソンたち刑務所の者たちの心も救われました。

ゴードンをはじめ、ダイヤモンド・ジムやペイバックたち超人が日頃の鬱憤を晴らしていく暴動シーンは、彼らそれぞれの能力に心が躍りますし、どこかスカッと爽快な気持ちになります。

そして諸悪の根源たるデヴリンが懲罰房行きになりいなくなったため、どこかピリリと張りつめていた刑務所内部の空気が変わり、ジョンソンたちの顔は晴れやかなものでした。

能力を使って犯罪をしたものの正義の天才ザ・ローブと、恐怖と権力で超人と看守を虐げ従わせている邪悪な刑務所長デヴリンの、対話による心理戦はスリリングでとても面白いです。

まとめ


(C)2022. Arcana Productions, LLC. All Rights Reserved.

人の心を操る能力(マインド・コントロール)を持つ超人ザ・ローブが、日々虐げられている仲間を護るべく立ち上がる、アメリカのSFアクション作品でした。

エンドクレジット前、デヴリンの強い推薦により、3年の刑期を終えたダリウスの釈放が決定したと、彼に言い渡される場面が描かれています

釈放を言い渡されたダリウスは、「蟻(アント)よりキモイのは?」「“伯父(アンクル)”さ」と冗談を言うほどに喜びました。

エンドクレジット後、「パルス・ウォッチ」という報道番組のキャスター、サラとグレンが、サン・ティブロンに関する新たなニュースを伝えている場面が描かれていました

「サン・ティブロンで暴動が起きた後、囚人が1名脱獄しました」、「デヴリン監督の退職日に、囚人は能力を取り戻しました」。

「その原因は不明ですが、現在その囚人は再び能力を封じられ、独房に入れられました」、「脱獄した囚人は通称ツェッド、逃亡中の様子が撮影されましたが、撮影者は殺されました」。

ツェッドが撮影者を殺そうとする映像が流れ、サラは「皆さん、屋内にとどまり、戸締りをしてください」、「彼はウイルスをばらまく吸血ゾンビです」と言いました。

超能力者と人間の差別による苦しみと戦いを描いた、スリリングでクレイジーなアメコミ発のSFアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ダイヤルMを廻せ』ネタバレあらすじと感想解説。ヒッチコックが小道具を活かした完全犯罪の行く末にあるものとは|電影19XX年への旅11

連載コラム「電影19XX年への旅」第11回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第11回は、『めまい』や『白い恐怖』など、多くの名作を映画 …

連載コラム

映画『くれなずめ』ストーリー内容と感想評価。タイトルの意味から成田凌とウルフルズの音楽の関連性を解く|映画という星空を知るひとよ60

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第60回 『アズミ・ハルコは行方不明』『君が君で君だ』など、独創性の高い作品を次々と生み出してきた松居大悟監督が、自身の体験を基に描いたオリジナルの舞台劇を映画 …

連載コラム

映画『バーヌ』あらすじ感想と評価解説。夫婦対立と交差する複雑な国事情で描く“争いの不条理”|2023SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集1

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2023国際コンペティション部門 ターミナ・ラファエラ監督作品『バーヌ』 2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映画産業の変革の中で …

連載コラム

映画『ハニーランド 永遠の谷』感想レビューと評価。自然養蜂家の女性とミツバチとの”協定”|だからドキュメンタリー映画は面白い47

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第47回 今回取り上げるのは、2020年6月26日(金)よりアップリンク渋谷・吉祥寺他全国順次公開予定の映画『ハニーランド 永遠の谷』。 北マケドニアの …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】②

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年2月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら CONTE …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学