Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/20
Update

韓国映画『コンジアム』感想と解説。廃病院402号室からYouTube世代へ向けた恐怖の真相を考察|サスペンスの神様の鼓動15

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回取り上げる作品は、2019年3月23日(土)より全国公開される、実在する廃病院を舞台に、7人の若者が遭遇する恐怖を描いた映画『コンジアム』です。

『コンジアム』はホラー映画ですが、今回は恐怖を盛り上げる手法に注目して、考察していきます。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『コンジアム』のあらすじ


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
ホラーサイト「ホラータイムズ」を運営するハジュンは、幽霊の目撃情報が耐えない廃病院「コンジアム精神病院」へ潜入し生放送を配信する企画を立ち上げます。

「コンジアム精神病院」は「理由もなく患者が死亡した」「院長が患者を生体実験し殺害してきた」など、さまざまな噂が飛び交う場所です。

ハジュンは「ホラータイムズ」のメンバーに、一般参加者を含めた7名で「コンジアム精神病院」に挑みます。

特に、呪われていると噂されている「402号室」の謎を解く事をメインにし、アクセス数100万ページビューを目指します。

生配信当日、配信と現場の指示を行うハジュンをテントに残し、6人の若者が「コンジアム精神病院」へ潜入、そこで院長と患者が写った写真や、謎の落書きを目撃します。

それらの全ては、アクセス数100万ページビューを達成し、大金を手に入れる事を目的にした、ハジュン達が仕掛けた演出でした。

しかし、一般参加者の1人、シャーロットが恐怖に耐えられず発狂を始めた事を皮切りに、予想外の怪現象が多発するようになります。

現場は大パニックになりますが、ハジュンは「402号室」の謎を解くように指示を出し続け、ハジュンに不信感を持つようになった参加者たちの間にも亀裂が入り始めます。

果たして、彼らは「コンジアム精神病院」から無事に脱出できるのでしょうか?


恐怖を構築する要素①「402号室の呪い」


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
『コンジアム』の舞台は、20年以上前に廃業した実在する廃病院「コンジアム精神病院」となっています。

同施設は2012年に、日本の青木ヶ原樹海や軍艦島と共にCNNが選ぶ「世界7大心霊スポット」に選出され、年間1000人が訪れるほどの世界的に有名な心霊スポットです。

本作の前半は、ただの廃墟と化した「コンジアム精神病院」の内部探索がメインとなっています。

「コンジアム精神病院」の院長室やシャワー室、中には実験室や集団治療室という、廃病院ならではの恐怖スポットもありますが、ここでは「コンジアム精神病院」の内部を、観客に伝えるという事が目的になっています。

後半で起きるさまざまな怪現象は、映画前半で紹介された場所でのみ発生します。

これにより、前半はただの廃病院でしかなかった「コンジアム精神病院」が、後半では別の次元に入ってしまったかのような「恐怖の病院」に様変わりした感覚を、観客は味わう事になります。

前半部分で唯一足を踏み入れていない場所があります。

「コンジアム精神病院」の402号室、ここに潜む謎が本作の主軸となります。

スポンサーリンク

恐怖を構築する要素②「カメラに映し出された恐怖」


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
『コンジアム』では、臨場感を出す為に、俳優に装着されたカメラでストーリーの大半が進行します。

ただ、それだけでは必要以上に閉塞感を出してしまう為、室内に仕掛けられたカメラや、ドローンの映像なども使用されています。

映画のキャラクター目線で、ストーリーが進行する、いわゆる「POV形式」と言えば、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『REC/レック』などを連想される方も多いのではないでしょうか?

主人公視点のカメラだけではなく、防犯カメラなどの映像も取り入れた映画『クロニクル』などの作品もありますね。

ですが『コンジアム』が他の作品と違うのは、実在する心霊スポットでの撮影の大部分を、実際に出演者が撮影した映像を使用しているという点です。

これにより、撮影の粗さなどが目立ち、逆に臨場感を生んでいます。

また、ハジュン達が事前に病院内に仕掛けたカメラにより、誰もいない場所での怪現象が映し出されるという場面があります。

誰もいない場所で突然起きる怪現象を、固定されたカメラが映し出すというのは、例えばネットの「恐怖映像」などに多い、監視カメラに偶然映った怪現象を見た時のような、ジワジワとした恐怖を感じます。

サスペンスを構築する要素③「徐々に積み重ねられていく恐怖演出」


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
『コンジアム』の恐怖演出の特徴は、徐々に恐怖が積み重ねられていくという部分です。

作品前半は、楽しそうに遊び半分で廃墟探索を行う若者達の様子が中心になりますが、「コンロの火が勝手に点く」「原因不明の通信障害」などの怪現象が徐々に多発するようになります。

当初は「気のせい」で済みそうな現象が、徐々に積み重ねられていき、観客の不安を積もらせた所で、クライマックスの「逃げる事は不可能」と覚悟するしか無い、恐怖の畳み掛けに繋がっていきます。

前述した、誰もいない所で起きている怪現象の映像によるジワジワした恐怖も、後半にかけて効果的になってきます。

スポンサーリンク

映画『コンジアム』まとめ


(C)2018 showbox and HIVE MEDIA CORP ALL RIGHTS RESERVED.
『コンジアム』の撮影方法は、YouTubeに親しんだ若者世代に合わせています。

登場人物達も個性的に描かれており、サイト運営の為なら、手段を選ばない危険な一面を持つリーダーのハジュン。

メンバー全員の実質的なまとめ役で姉御的な存在のジヒョン。

おっとりとした性格で妹的なアヨンに、自由奔放な帰国子女シャーロット。

男性メンバーも臆病なジェユンに、いじられキャラのスンウクなど、身近にいそうなキャラクターたちで親近感を生んでいます。

本作では、自ら遊び半分で「コンジアム精神病院」に足を踏み入れた若者達を描いています。

彼らの廃墟探索というありがちな遊びが、取り返しのつかない事態を陥るという、身近な恐怖が話題を呼び『コンジアム』は韓国ホラー映画で歴代興行収入2位を記録するほど、大ヒットしました。

若者世代に合わせ、ドローンなどの実験的なカメラ撮影を取り入れた本作ですが、作品全体からは、1982年の映画『ポルターガイスト』や1974年の映画『悪魔の棲む家』のような、往年のホラー映画の雰囲気を感じます。

また、前半に登場した何気ない下着が、作品後半で「逃れられない恐怖」を生む効果的なアイテムとなっているなど、小道具の効果的な使い方も印象的な作品です。

『コンジアム』は若者世代に合わせた、新時代の王道ホラー映画と言えるでしょう。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…


(C)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

世間から外れて生きてきた4人兄妹が直面する、日常が崩壊していく恐怖を描くサスペンス・スリラー『マローボーン家の掟』をご紹介します。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

鬼滅の刃名言/名場面刀鍛冶の里編|ネタバレ有でねずこ/禰豆子感動シーン×冨岡の意味深発言を解説【鬼滅の刃全集中の考察19】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第19回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 前回記事に引き続き、今回も「 …

連載コラム

SF映画『ミッドナイトスカイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。人類滅亡の危機に世界の終わりの天文台に残った孤独な老学者|Netflix映画おすすめ11

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第11回 Netflixのおすすめ映画『ミッドナイト・スカイ』。原作はリリー・ブルックス=ダルトンが、人類滅亡の危機的状況下で、人間はどう生 …

連載コラム

映画『空の瞳とカタツムリ』考察。村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』との比較から|映画道シカミミ見聞録33

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第33回 こんにちは、森田です。 今回は2月23日から池袋シネマ・ロサ他で公開となる映画『空の瞳とカタツムリ』を紹介いたします。 4人の男女をめぐる愛と喪失の物語。こ …

連載コラム

【細野辰興の連載小説:前語り】戯作評伝『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』

CONTENTS【細野辰興の連載小説  2018年10月下旬掲載号】戯作評伝『スタニスラフスキー探偵団~日本侠客伝・外伝~』「前語り」細野辰興のプロフィール 【細野辰興の連載小説  2018年10月下 …

連載コラム

映画『東京バタフライ』あらすじ感想と考察評価。水石亜飛夢×白波多カミンで描く挫折から這い上がる若者の姿|映画という星空を知るひとよ17

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第17回 映画『東京バタフライ』は、大学時代にバンドを組み、同じ夢を追いかけた4人の若者たちの人生の再生を描いています。過去の後悔や挫折と向き合い、必死にもがき …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学