Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/06
Update

『ベティ・ブルー 』は恋愛映画なのか?『ファイト・クラブ』的な類似とは|偏愛洋画劇場2

  • Writer :
  • こたきもえか

連載コラム「偏愛洋画劇場」第2幕

何度も何度も観てしまう、自分の個人的な感情の奥深くに突き刺さる大切な映画をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

初めて観た時とは全く異なる印象を受けた時、今までそんなことはなかったのに思わず涙してしまった時、映画の存在は何も変わっていないのに、観る時の感情、状況、タイミングによって感じ方は変わるものですよね。

私にとってそんな映画の存在はジャン=ジャック・ベネックス監督によるフランス映画『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(1986)です。

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』とは


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

物語は海辺のコテージで1人暮らしをする男性ゾルグの元に、若く美しい女性ベティが訪ねてくるところから始まります。

自由奔放なベティと優しいゾルグは激しく惹かれ合い、一緒に暮らすことに。家主から言いつけられる雑用で生計を立てていたゾルグでしたが、実は小説家になるという密かな夢を抱いていました。

それを知ったベティは彼の代わりに小説をタイピングし出版社に送るのですが、その結果は辛辣なもので…。


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

情熱的に愛し合うカップルの姿とその壮絶で悲しい結末はあまりに衝撃的で、公開時はロングラン大ヒット。今も根強い人気を誇る名作です。

ずっと私はこれをゾルグとベティ、2人の人間による愛の物語としてだけ考えていました。

しかし1度友達におすすめしたところ、その友達から返ってきた答えは「これは『ファイト・クラブ』のような作品だと思う」ということ。

今回の連載ではなぜ『ベティ・ブルー』がデヴィッド・フィンチャー監督作品『ファイト・クラブ』的な作品なのか、友人の考えと私の考えをシェアさせて頂きたいと思います。

『ファイト・クラブ』のような作品なのか?

友人が言うに奔放でセクシーなベティは、ゾルグの分身のような存在。

彼女はゾルグの“小説家として生きていきたい、自分らしくありたい”という自我の化身というわけです。『ファイト・クラブ』では僕にとっての“タイラー・ダーデン”のような存在。

「まずベティがどこからやってきたのか、どんな存在なのかも詳しくは描かれていない。当初雑用をこなしているだけのゾルグは彼の部屋にかかっているモナリザの絵のように(モナリザは何の表情をしているか読みよることができないから)自分自身のことをよく分かっていない。彼がどんな小説を書いているか友人と会話をするシーンがあるけれど、『コメディか?推理小説か?』だなんて、彼も自分がどんな小説を書きたいかよく分かっていないんだ」

「ベティはゾルグにとって、自分が本当に望んでいることを行動してくれる存在。やりたくない仕事を辞めさせ、自分の作品を出版社に送った。彼女はエキセントリックな人物だけれど、ゾルグの代わりに行動している」

「異なるお酒を叩きつけてシェイクするシーンがある。これは2つの全く異なる存在、ベティとゾルグが統合されるということなのではないか。最終的にゾルグは自分が小説家として生きると決意することが出来る。彼はベティを必要としなくなるから、彼女を“殺す”。」

徐々に精神の均衡を崩してゆくベティは物語中盤、ゾルグの子供を妊娠したかもしれないという希望を持ちます。

結果それは誤解で、ベティは何もかも不安定になってしまいます。

ゾルグは最後寝たきりになったベティを自らの手で葬るのですが、ベティはゾルグの“自分が心から望むものを生むことができない”という恐れや不安を代わりに引き受け、ゾルグにその“自分”を殺すことによって、彼を本来の姿で生きていくよう導いたのかもしれません。

彼らの愛は激しく刹那的で、2人の男女の恋愛物語として観るとあまりにも切ないものですが、『ファイト・クラブ』的な作品として考えると美しいハッピーエンドなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

芸術家とミューズの存在


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

小説家、映画監督、画家、詩人、彫刻家。彼・彼女ら芸術家と“ミューズ”の存在。

ゾルグにとってベティは自分に小説家としての自我を呼び起こさせ、作品へ取り組む活力を与えてくれるミューズでした。

搾取や犠牲の上に成り立つ作品ではなく、愛から生まれる芸術。1人の人を骨の髄から愛し、自ら望んで心身を削って恋人に捧げ、互いを必要としたゾルグとベティの恋愛。

もしベティがゾルグの中に潜行する彼の自我だったとしても、彼女が実在していたとしても、ゾルグが最後静かに書き綴る小説はきっと彼が傾ける愛から生まれたものでしょう。

嵐が過ぎ去った後の静けさに満ちた深いブルーの空の美しさはそれを表しているかのようです。


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』を監督したジャン=ジャック・ベネックスは、リュック・ベッソン監督、レオス・カラックス監督と共に“恐るべき子供たち”と呼ばれフランス映画にヌーヴェルバーグ以来の新しい風をもたらした存在。

監督作品は少ないもの、また彼の映画を観たいと待ち望んでいるファンの方はたくさんいらっしゃるはず(私もその1人です)。

夏の蒸し暑い日、夜明けの美しい空に思いを馳せながら『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』、また1度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回の第3幕は、1971年公開のハル・アシュビー監督作品『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『キュクロプス』感想と内容解説。大庭功睦監督が描く「情報が錯綜する現代」で信じるべき“本質”とは|サスペンスの神様の鼓動17

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、2019年5月3日から公開される、 …

連載コラム

ペドロ・アルモドバルの新作映画『ペインアンドグローリー』インタビュー【Pain&Gloryは個人的な記憶】FILMINK-vol.20

FILMINK-vol.20「Pedro Almodovar Gets Personal With Pain And Glory」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから …

連載コラム

映画『テッド・バンディ』あらすじと感想レビュー。疑心を抱いた恋人と“もう1人の殺されなかった女性”|メランコリックに溺れたい3

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第3回『テッド・バンディ』 「シリアル・キラー」はお好きですか? 今日取り上げるのは、その語源となった連続殺人犯を描く、 ジョー・バリンジャー監督の映画『テッド・ …

連載コラム

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。見つめ合う真っ直ぐな眼差しの美しさ|銀幕の月光遊戯22

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第22回 第89回アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』(2016)のバリー・ジェンキンス監督が、ジェイムズ・ボールドウィンの小説を映画化。 1970年代のニューヨークの …

連載コラム

【人とロボットの関係性】アニメ映画『イノセンス』『イヴの時間』から|SF恐怖映画という名の観覧車11

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile011 (C)2018 Production I.G/東宝 2000年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として発売され、斬新な演出の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP