Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/08/06
Update

『ベティ・ブルー 』は恋愛映画なのか?『ファイト・クラブ』的な類似とは|偏愛洋画劇場2

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

連載コラム「偏愛洋画劇場」第2幕

何度も何度も観てしまう、自分の個人的な感情の奥深くに突き刺さる大切な映画をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。

初めて観た時とは全く異なる印象を受けた時、今までそんなことはなかったのに思わず涙してしまった時、映画の存在は何も変わっていないのに、観る時の感情、状況、タイミングによって感じ方は変わるものですよね。

私にとってそんな映画の存在はジャン=ジャック・ベネックス監督によるフランス映画『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』(1986)です。

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』とは


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

物語は海辺のコテージで1人暮らしをする男性ゾルグの元に、若く美しい女性ベティが訪ねてくるところから始まります。

自由奔放なベティと優しいゾルグは激しく惹かれ合い、一緒に暮らすことに。家主から言いつけられる雑用で生計を立てていたゾルグでしたが、実は小説家になるという密かな夢を抱いていました。

それを知ったベティは彼の代わりに小説をタイピングし出版社に送るのですが、その結果は辛辣なもので…。


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

情熱的に愛し合うカップルの姿とその壮絶で悲しい結末はあまりに衝撃的で、公開時はロングラン大ヒット。今も根強い人気を誇る名作です。

ずっと私はこれをゾルグとベティ、2人の人間による愛の物語としてだけ考えていました。

しかし1度友達におすすめしたところ、その友達から返ってきた答えは「これは『ファイト・クラブ』のような作品だと思う」ということ。

今回の連載ではなぜ『ベティ・ブルー』がデヴィッド・フィンチャー監督作品『ファイト・クラブ』的な作品なのか、友人の考えと私の考えをシェアさせて頂きたいと思います。

『ファイト・クラブ』のような作品なのか?

友人が言うに奔放でセクシーなベティは、ゾルグの分身のような存在。

彼女はゾルグの“小説家として生きていきたい、自分らしくありたい”という自我の化身というわけです。『ファイト・クラブ』では僕にとっての“タイラー・ダーデン”のような存在。

「まずベティがどこからやってきたのか、どんな存在なのかも詳しくは描かれていない。当初雑用をこなしているだけのゾルグは彼の部屋にかかっているモナリザの絵のように(モナリザは何の表情をしているか読みよることができないから)自分自身のことをよく分かっていない。彼がどんな小説を書いているか友人と会話をするシーンがあるけれど、『コメディか?推理小説か?』だなんて、彼も自分がどんな小説を書きたいかよく分かっていないんだ」

「ベティはゾルグにとって、自分が本当に望んでいることを行動してくれる存在。やりたくない仕事を辞めさせ、自分の作品を出版社に送った。彼女はエキセントリックな人物だけれど、ゾルグの代わりに行動している」

「異なるお酒を叩きつけてシェイクするシーンがある。これは2つの全く異なる存在、ベティとゾルグが統合されるということなのではないか。最終的にゾルグは自分が小説家として生きると決意することが出来る。彼はベティを必要としなくなるから、彼女を“殺す”。」

徐々に精神の均衡を崩してゆくベティは物語中盤、ゾルグの子供を妊娠したかもしれないという希望を持ちます。

結果それは誤解で、ベティは何もかも不安定になってしまいます。

ゾルグは最後寝たきりになったベティを自らの手で葬るのですが、ベティはゾルグの“自分が心から望むものを生むことができない”という恐れや不安を代わりに引き受け、ゾルグにその“自分”を殺すことによって、彼を本来の姿で生きていくよう導いたのかもしれません。

彼らの愛は激しく刹那的で、2人の男女の恋愛物語として観るとあまりにも切ないものですが、『ファイト・クラブ』的な作品として考えると美しいハッピーエンドなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

芸術家とミューズの存在


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

小説家、映画監督、画家、詩人、彫刻家。彼・彼女ら芸術家と“ミューズ”の存在。

ゾルグにとってベティは自分に小説家としての自我を呼び起こさせ、作品へ取り組む活力を与えてくれるミューズでした。

搾取や犠牲の上に成り立つ作品ではなく、愛から生まれる芸術。1人の人を骨の髄から愛し、自ら望んで心身を削って恋人に捧げ、互いを必要としたゾルグとベティの恋愛。

もしベティがゾルグの中に潜行する彼の自我だったとしても、彼女が実在していたとしても、ゾルグが最後静かに書き綴る小説はきっと彼が傾ける愛から生まれたものでしょう。

嵐が過ぎ去った後の静けさに満ちた深いブルーの空の美しさはそれを表しているかのようです。


(C)Cargo Films / Gaumont All Rights Reserved.

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』を監督したジャン=ジャック・ベネックスは、リュック・ベッソン監督、レオス・カラックス監督と共に“恐るべき子供たち”と呼ばれフランス映画にヌーヴェルバーグ以来の新しい風をもたらした存在。

監督作品は少ないもの、また彼の映画を観たいと待ち望んでいるファンの方はたくさんいらっしゃるはず(私もその1人です)。

夏の蒸し暑い日、夜明けの美しい空に思いを馳せながら『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』、また1度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回の第3幕は、1971年公開のハル・アシュビー監督作品『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『クレヨンしんちゃん』の監督原恵一の語りから作家性を考える|映画道シカミミ見聞録3

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第3回 みなさんこんにちは。森田です。 映画クレヨンしんちゃんシリーズや、『河童のクゥと夏休み』(2007)などの作品で知られる原恵一監督。 実は私が同郷で、大学の授 …

連載コラム

【大阪アジアン映画祭インタビュー】暉峻創三プログラミング・ディレクターに聴くアジア作品の現在|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録7 

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第7回 いよいよ開幕した第14回大阪アジアン映画祭。 2019年はアジアの17の国と地域から51作品が集まり、プログラムにはスリランカや香港の有名監督の最 …

連載コラム

マット・デイモン『オデッセイ』と宇宙に移住する人類の問題点|SF恐怖映画という名の観覧車8

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile008 8月3日に『金曜ロードSHOW!』で放映予定の映画『オデッセイ』(2016)。 事故で1人火星に取り残されたマーク・ワトニーが生きて地球 …

連載コラム

リム・カーワイ映画『どこでもない、ここしかない』感想レビュー。シネマ・ドリフターの暖かな視点|銀幕の月光遊戯6

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第6回 こんにちは、西川ちょりです。 今回取り上げる作品は、11月3日(土・祝)より16日(金)まで池袋シネマ・ロサにて2週間限定レイトショー上映されるのを皮切りに全国順次 …

連載コラム

『バイオレンス・ボイジャー』あらすじと感想。主人公ボビーの元ネタ映画とは⁈|シニンは映画に生かされて7

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第7回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第7回でご紹介する作品は、宇治茶監督の映画『バイオレン …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP