Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/06/29
Update

全裸監督2|6話ネタバレあらすじ感想と結末解説。村西とおるエピソードが事実を超えて“真実のドラマ化”!シーズン2の見どころ考察

  • Writer :
  • 増田健

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介

2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV監督・村西とおるを描いたノンフィクション「全裸監督 村西とおる伝」を、虚実交えて映像化した作品が世界を騒然とさせました。

そして待望された人気ドラマの第2シーズンが、2021年6月24日(木)より配信されました。

前回の『シーズン2』第5話で、資金集めの奮闘空しく、会社の有り金を持ち逃げされた村西とおる。

もはや逃げ道無し。絶対絶名の危機に、どうする村西!?

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

【総監督】
武正晴

【監督】
後藤孝太郎

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、小寺和久

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、恒松祐里、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、渡辺大知、MEGUMI、西内まりや、笠松将、増田有華、吉田栄作、伊原剛志、宮沢りえ、石橋蓮司、室井滋、小雪、ピエール瀧、リリー・フランキー、國村隼

【作品概要】
シーズン1』でAV業界のトップの座へと昇り詰めた村西とおる。時代が平成となったシーズン2では、バブル景気の勢いそのままにAV業界の帝王となり、巨万の富と世間の注目を集めますが、女優・黒木香と疎遠になり、「空からエロを降らせる」衛星放送事業が資金繰りを悪化させます。

そして会社の金の持ち逃げが発生。絶頂からどん底への転落という、究極のしくじりを経験した彼にはどんな未来が待っているのでしょうか。

村西を演じるのは、カリスマ的怪優となった『ゾッキ』(2021)、『ステップ』(2020)の山田孝之。黒木香役の森田望智を始めシーズン1からの出演者も引き続き出演。新たに恒松祐里・吉田栄作・伊原剛志・宮沢りえ・石橋蓮司・室井滋ら豪華出演陣が加わり、AV業界もバブル経済も共に絶頂から転がり落ちた、狂乱の時代を再現します。

ホテルローヤル』(2020)、『アンダードッグ』(2020)、『銃2020』(2020)の総監督・武正晴のこだわりの演出と美術も見どころ。全てが世界基準のドラマとして製作された、伝説の怪男児の一代記の誕生です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督シーズン2』第6話「暴走」のあらすじとネタバレ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

金を持ち逃げされたダイヤモンド映像に、捜査員たちが来ていました。刑事から経理の大場(MEGUMI)は、名前も経歴も偽っていたと教えられる村西とおる(山田孝之)。

小向ことコム(渡辺大知)の身元も確認できず、逮捕は難しいと言う刑事に声を荒げた村西。不安がり給与の支払いを求める女優やスタッフを、三田村(柄本時生)は落ち着かせようとします。

大場とコムはスポーツカーで逃走中でした。なぜ尊敬していた村西を裏切ったと聞かれ、あんなずさんな状態で保管された金を奪わなければ、尊敬する村西に怒られるはずだと言い切るコム。

村西は高級料亭で会食中のサテライトイースト社の親会社会長・渡部(石橋蓮司)と、高宮グループの”女帝”高宮悦子(宮沢りえ)に土下座し、衛星放送局存続への助力を訴えます。

しかしAV女優による接待を申し出る村西の態度は呆れられ、彼は追い出されました。

金策を終え帰社したラグビー後藤(後藤剛範)は、編集作業中の三田村を見て驚きます。既存のAVのモザイクを薄くして、もう一度売り出せと命じていた村西。

川田(玉山鉄二)なら絶対しない、彼が金を管理していれば、とつぶやくラグビー。撮影は止まりスタッフは待機させている状態でした。

しかしベテラン女優・山本奈緒子(冨手麻妙)の怒りは収まりません。税金対策と称し保管された未払いのギャラまで使い込まれた、と叫ぶ彼女を三田村はなだめますが、三田村もラグビーも村西にただ服従しているだけだ、と非難する奈緒子。

村西は敵対したサテライトイースト社の海野(伊原剛志)に謝罪し、衛星放送の契約を切らないよう頼みます。会社を清算しろと言う海野に、村西は放送は会社の生命線で自分の夢だと訴えます。

お前は今まで最大最速で、幾らの金を失った経験がある、と訊ねた海野は人工衛星の打ち上げ失敗で一瞬に300億の金と夢を失った、と打ち明けました。

またチャレンジすれば良い、と言う村西にこの事業から降り、会社も辞めると話す海野。自分はチャレンジという言葉が嫌いになった、と村西に告げます。

お前も気が変わったら降りればいい、と海野は語りかけます。村西は言葉を失いました。競馬場をあても無くうろつく村西。

順子(伊藤沙莉)と黒木香(森田望智)のマンションを訪れた奈緒子は、ダイヤモンド映像の内情を話し、そんな状況でも乃木真梨子(恒松祐里)は特別扱いされているとグチをこぼします。

順子はAVの現場でメイクや監督として働き始め、黒木はTVの出演を控えた落ち着いた生活を送っていました。

いつからこんな状況になったと話す2人に、村西が自身を「ポルノの帝王」と思わなくなった瞬間からだ、と告げる黒木香。

村西が帰社すると、三田村が未払いのギャラについて女優から責められていました。必死に彼をかばう三田村に何も言わず、2階に上がる村西。

そんな村西を乃木真梨子は笑顔で迎えますが、村西は強引に彼女の体に覆い被さります。拒絶した真梨子に、君も拒むのかと村西はつぶやきます。

物扱いされれば当然だ、と答えた真梨子は、これでも覚悟を決めて村西と共にいると告げました。彼女から信じていいですよね、と言われでも、皆自分勝手だとこぼす村西。

自分がどれだけ会社の為に、粉骨砕身してるか誰も判っていない。と嘆く村西に、自分を卑下するなと諭す真梨子。村西は礼を言って、彼女に寄り添います。

サファイア映像では、社長の川田が過去のAV作品の再パッケージ化し、値引きして売る案をトシ(満島真之介)に提案していました。

そんな手法はお前らしくないと言うトシに、村西にも作れないエロの先を作らないかと提案する川田。まずはビデオデッキをかき集め、AVをダビングし廉価版を製造する2人。

ラグビーは村西に、今日は衛星放送の支払い期限だと告げました。黙って会社を出る村西。

村西は喫茶店で警視庁の武井(リリー・フランキー)と会いました。身内に金を持ち逃げされたのかと面白がる武井に、村西は真剣に捜査しろと訴えました。

早く捕まえろ、時間が無いから金を貸せ、ヤクザから巻き上げた金があるはずだ、と迫る村西の態度を面白がった武井は、去ろうとする彼を引き留めます。

村西の元から去った川田とトシが組んでいると告げ、まとまった金が必要ならうってつけの相手がいると教える武井。

ヤクザの親分、古谷(國村隼)の元を訪ねた村西は、土下座して金を借ります。古谷は気前よく金を貸しますが、部下の荻原(笠松将)は返さなけばどうなるか警告します。

借りた2億5千万の金を赤坂銀行の本田(吉田栄作)に渡す村西。衛星放送の支払いにあてろと言いますが、本田は元本の返済に回すと告げました。

状況が変われば条件も変わる、夢や希望に無駄金を使うなと告げた本田は、計画では初年度10万件を見込んだチャンネルの契約が、今だ763件との現実を突き付けます。

いずれ時代が追い付くと主張する村西に、暴走には誰も追い付けないと応じる本田。AVの売り上げも落ち、間もなくダイヤモンド映像の負債は40億を超えると説明しました。

愚かな死を選ぶ理由は何か、と尋ねる本田に対し金は衛星の電波料にあてろと告げる村西…。

以下、『全裸監督シーズン2』第6話「暴走」のネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督シーズン2』第6話「暴走」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サファイア映像はダビング用のビデオデッキをかき集め、トシが集めた人を使い、復刻廉価盤AVを大量生産します。

しかし「SMぽいの好き」のマスターテープは大切に保管し、手を出さない川田社長。

一方ダイヤモンド映像には、未払いを訴えに集まった業者に対し、三田村とラグビーが必死に謝っていました。

ヤクザの古谷を訪ねた武井は、自分が送った村西をどうしたか尋ねます。目論見通りに金を貸した、と答える古谷。全ては武井の計画通りに動いているようです。

村西はどこからか用意した金を積み、女優やスタッフに安心しろと明るく語ります。しかし皆が黙っていました。

集めた金は未払いの給与に程遠いと、皆を代表して奈緒子が抗議します。そこに雨の中を走って現れた三田村が、奈緒子に謝ります。

金は村西が裏ビデオを流出させ得たものでした。それを三田村は必死に回収していたのです。衛星事業に金を継ぎ込み、ヤクザに金を借り、ついには女優たちを売ったと皆の前で抗議する三田村。

これは経営判断だと言い、AVもAV女優も商品に過ぎないと叫ぶ村西。今までの好待遇を思い出せ、お前たちは人間の商品だ、お前たちは俺が作った、所有権は俺にあると主張します。

人は皆、裏が見たい。なら俺が裏を表に変えてやる。ありのままのエロスを流通させるのが俺の使命だと、暴言は続きました。

これからはモザイク無しの裏ビデオを撮ろう、参加しない奴はプロじゃないと叫ぶ村西。それを聞いた女優もスタッフも次々出て行きます。

泣き崩れる三田村と、それを慰めるラグビーにまで出て行けと叫んだ村西。1人残った乃木真梨子にも、目障りだから出て行けと冷たく告げました。叫び続ける村西の頬を打って去って行った真梨子。

活気が出てきたサファイア映像では、ついに新作AVを撮る目途が立ちました。川田社長が監督に招いたのは順子でした。

挨拶代わりにトシに一発お見舞いし、再会を喜ぶ順子。その輪に川田も加わります。

公園で自分は絶対に、村西に付いて行こうと決めていたとラグビーに語る三田村。ラグビーはその気持ちを理解していました。

それでも、今日で会社を辞めると告げて泣き出した三田村。ラグビーも涙ぐみます。

自分の金で奈緒子のギャラの未払い分の3千万を払い、裏ビデオも可能な限り回収する、と約束する三田村は、奈緒子に好きだと告白しました。

金は受け取れないと言う彼女に、AV女優になった事を後悔しているか三田村は尋ねます。そんな彼を抱きしめ、エッチしようと誘った奈緒子。

TVの画面には、ダイヤモンド衛星チャンネルの放送終了の文字が映されていました。督促状であふれたダイヤモンド映像に、村西は1人でいました。

そこに黒木香が現れると、監督に提案があると告げました。彼女は言います、「私を殺してくれませんか」…。

スポンサーリンク

ドラマ『全裸監督シーズン2』第6話「暴走」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

今回は「青春回」です。涙あり、感動あり。本音がぶつかり合い別れを経験し、愛の告白もあります。宿敵の意外な一面が見えるなど、熱くて濃厚な1話でした。

ドラマでは村西とおるの失敗は衛星放送事業に集約されていますが、実際は不動産投資など他事業への出資も影響しています。そしてドラマに描かれた製作現場への過剰な出資など、彼の金払いの良さも大きく影響しています。

そんな村西AV帝国絶頂期に、当時誕生した衛星放送チャンネル参入の話が持ち込まれました。当時のキャッチコピーは「空からスケベが降ってくる」。ドラマ化にあたり、「スケべ」が「エロ」に差し替えられた理由は良く判りません。

村西のしくじりがドラマでは衛星放送に集約されたのと同様、金の流出もMEGUMIと渡辺大知による持ち逃げに集約されました。

実際はグループ会社の雇われ社長たちが、相当額を私的流用した事実が判明したとされています。

ちなみに冨手麻妙演じるAV女優、奈緒子のギャラ3千万円が運転資金に流用されたのも、実際にAV女優の1人が体験したエピソードを採用しています。

フィクションでありながら生々しい真実が潜んでいる、これがドラマ『全裸監督』の面白さの正体です。

青春が終わりを迎える哀しさを描く

当時村西は40歳を越えていましたが、AV監督たちスタッフや20代や30代。柄本時生演じる三田村や、後藤剛範演じるラグビー後藤という仮の名を頂いた、若くして採用された古参AV監督たちは、面倒見の良い村西を慕っていました。

給与も存分に与えられていたので(そして使うヒマの無いほど激務でした)、支払いが滞った時も当初はあまり疑問に思わず、自身の貯金を取り崩し対応していたそうです。

専属女優たちを愛人のように扱い、宝石や衣服を買い与えた村西。彼自身は私腹を肥さず、周囲にバラ撒く人物でした。ただその金が、会社の金だか自分の金だかの区別がついていない。これが当時の村西の実情でした。

資金繰りが悪化し、人気AV女優たちのギャラ未払い問題が発覚するとTVのワイドショーで取り上げられます。こうしてどんどん追い詰められていく村西の姿を、山田孝之が今までとは違う熱演で見せてくれます。

羽振りの良い時期の村西に群がった人物はどんどん去って行きます。しかし三田村やラグビー、奈緒子に代表される古参の人物はギリギリまで彼の元を去りませんでした。

現在なら彼らを社畜だ奴隷だ、洗脳状態だと指摘することでしょう。しかし兄や親のような存在の村西を慕って集まり、共同生活に近い密な時間を過ごすことによって、彼らは疑似家族化していました。それが村西帝国の正体かもしれません。

ポルノの世界に流れ着いた人々が疑似家族的な集団を作り、それが崩壊する様を描く映画と言えばポール・トーマス・アンダーソン監督の『ブギーナイツ』(1997)があります。

彼らが離れがたい村西と決別する、親の庇護と束縛から離れてついに独立する。そんな青春の痛みを描いたのが今回のエピソードだと付いたでしょう。

そして当時、周囲の誰もから村西から離れていく、と思われた人物が乃木真梨子でした。今後彼女はどうなるのでしょうか。

村西とおるの狂気を山田孝之が見せる

参考映像:『M/村西とおる狂熱の日々 完全版』(2019)

村西の人生を面白おかしく描く『全裸監督』ですが、彼のダークサイドを最も描いて見せたのがこの第6話です。

原作の本橋信宏のノンフィクション、「全裸監督 村西とおる伝」をお読み頂ければ、どのエピソードがドラマに採用され、どの人物をモデルにキャラクターが創造されたか確認できます。

またドキュメンタリー映画『M/村西とおる狂熱の日々』でも、彼の生き様を様々な証言を通して知ることが出来ます。

とはいえノンフィクション・ドキュメンタリーは「真実」の一面を見せてくれますが、それだけが「真実」とは限りません。

当事者は必ずしも「真実」を語りません。優れたノンフィクション・ドキュメンタリー作家は、それを前提にした上で「真実」に迫ります。

今回重要な出来事であった、奈緒子たちAV女優の裏ビデオ流出事件。実は原作本では、村西は真実は判らない、犯人が内部か外部の人間かも判らないと、村西調の語り口ではぐらかすように答えています。

この証言が真実か否かも、部外者に判断はつきかねます。あらゆる修羅場の自身のバイタリティとトークで切り抜けた村西なら、当時も周囲の人間に対し明確な言質は与えなかったでしょう。

現実には彼が多額の負債に苦しんだ90年代半ば頃に、劇中に登場したボカシの薄消しビデオが大量に生産され、歌舞伎町に出回った裏ビデオの7割が村西のものだと噂された、という事実は残っているようです。

ですがこの第6話では、あえて裏ビデオ流出の張本人は村西であると示し、お馴染みの村西節と異なる感情の爆発を、山田孝之が演じて見せました。

あえて「事実ではない」場面を創作し、恐らく村西本人なら語ることの無い言葉が、ドラマでは劇的な形で登場します。

事実と異なる創作されたシーンです。しかしフィクションのドラマであるからこそ、ノンフィクション・ドキュメンタリーでは語れない、当時の状況と村西と周囲の関係の本質を描く事で「真実」に迫った、名シーンだと断言しましょう。

まとめ


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督2』

胸熱で涙無くして見られぬ青春回、『全裸監督シーズン2』第6話「暴走」でした。

ラストで黒木香から衝撃的な発言が飛び出しますが、ノンフィクション本・ドキュメンタリー映画をご覧の方なら、「アレか」と思われたでしょう。

しかしこのエピソードが、ドラマではどう処理されるかはお楽しみです。

青春ドラマ回である今回、素晴らしい内容ですがそれゆえ、残念な事にスケベが少ないです。

面白くないとは言ってませんよ。ただ、シーズン1・2を通し、最もエロが少ない回かもしれません。これも青春かぁ!

『全裸監督シーズン2』第1話は2021年6月24日(木)より配信開始

【連載コラム】「お待たせしました村西です」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介の記事一覧はこちら

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』Netflixドラマ『全裸監督シーズン1』を完全紹介の記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

『キネマの神様』原作ネタバレと結末までのあらすじ。映画愛を志村けんの代役で沢田研二が追求する|永遠の未完成これ完成である23

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第23回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは人気小説家・原田マハの小説『キネマの神様』です。松竹映 …

連載コラム

香港映画『空山霊雨』あらすじネタバレと感想。キン・フー監督が1979年に制作した時代劇とは|すべての映画はアクションから始まる7

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第7回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画監督林海象・深田晃司・二宮健、俳優の佐野史郎ら豪華ゲストが広島尾道イベントに集結|シネマ尾道の名もなき映画イベント3

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

映画『22ミニッツ』あらすじネタバレと感想。実話爆破テロ事件を基にしたサスペンスアクション|未体験ゾーンの映画たち2020見破録14

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第14回 世界各地の様々な映画が上映される「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リ …

連載コラム

NETFLIX映画『iBOY』ネタバレあらすじと感想。ヒーロー作品としてイギリスの現状を真正面から描く|SF恐怖映画という名の観覧車94

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile094 「携帯の破片が頭の中に入ったことで電子機器を操れるようになる」と言うスーパーヒーローのような設定で話題となったイギリス映画『iBOY』( …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学