Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/01/16
Update

映画『聖なる犯罪者』ネタバレ感想と結末考察。実話元ネタとモデルを描き“悪と善・嘘と真実”という人間の内面を問う

  • Writer :
  • 西川ちょり

『聖なる犯罪者』は2021年1月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開!

聖人か? それとも悪人か?

ポーランドで実際に起こった事件を基に、過去を偽り聖職者になりすました若者の運命に迫るヤン・コマサ監督の『聖なる犯罪者』。

ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』、ラジ・リ監督の『レ・ミゼラブル』などと並び第92回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた衝撃の問題作です。

スポンサーリンク

映画『聖なる犯罪者』の作品情報


(C)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewodzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

【日本公開】
2020年公開(ポーランド・フランス合作映画)

【監督】
ヤン・コマサ

【原題】
Boze Cialo

【キャスト】
バルトシュ・ビィエレニア、エリーザ・リチェムブル、アレクサンドラ・コニェチュナ、トマシュ・ジェンテク、レシュク・リホタ、ルカース・シムラット

【作品概要】
過去を偽り小さな村の聖職者になりすました男の運命を描き、第92回アカデミー賞の国際長編映画賞にノミネートされたポーランドのヤン・コマサ監督によるヒューマンドラマ。ポーランドで実際に起こった事件を基にしています。

2020年3月にワルシャワで行われたポーランドのアカデミー賞と称せられる「2020 ORL Eagle Awards」では監督賞、作品賞、脚本賞、編集賞、撮影賞ほか11部門を受賞しました。

映画『聖なる犯罪者』あらすじとネタバレ


(C)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewodzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

第二級殺人で少年院に送られた青年ダニエルは、出会った神父の影響で熱心なキリスト教徒となり、神学校に入学することを夢見ていました。しかし、前科者は聖職者になれないと告げられます。

そんな中、ダニエルの釈放が決まります。ダニエルに弟を殺されたことで恨みを抱いているボーヌスはダニエルに近づくと言いました。「逃げられると? 必ず見つけ出してやる」

少年院から遠く離れた田舎の製材所で働くため、長距離バスに乗ったダニエルは、タバコを吸っているのを中年の男に咎められます。

男は警官で、「製材所に行くのか?」と何もかもお見通しだというように尋ねました。うなずくダニエルに警官は「ずっと見張っているからな」と警告します。

目的地についたダニエルは製材所には寄らず、村の教会を訪れました。そこで偶然出会った少女マルタに「司祭だ」と言うと、マルタは「じゃあ私は修道女よ」と言って笑いましたが、ダニエルが司祭服を見せると、彼女は急に敬語になって、神父を呼びに行きました。

新任の司祭と勘違いされたダニエルはヴォイチェフ神父にもてなされ、自分のことを「トマシュ」と名乗りました。翌朝、ダニエルが神父を訪ねると、神父はベッドから落ちて倒れていました。

神父は重度のアルコール依存症で、治療をする間、代わりを務めてくれとダニエルに頼みます。ダニエルは戸惑いますが、告解もミサもなんとか自己流で乗り切ります。

司祭らしからぬ言動や行動をするダニエルに最初は戸惑っていた村人たちも、ダニエルの言葉に重みを感じて、次第に彼を信頼するようになっていきました。

この村では1年前、7人もの命を奪った凄惨な自動車事故がありました。亡くなった7人の中にはマルタの兄も含まれていました。事故は村人たちに深い傷を与えていました。ダニエルは遺族の心を癒そうと、祈り、彼らの怒りを吐き出させました。

献花台には亡くなった若者たちの写真が飾られていましたが、なぜか6人の写真しかありません。ダニエルは、マルタとその友人たちから話を聞いて、マルタの兄ら6人が乗った車とスワヴェクという男が運転していた車が激突し事故が起こったこと、スワヴェクの飲酒運転が事故の原因だろうと言われていることを知りました。

スワヴェクの遺体は司祭から埋葬を拒否され、遺灰は妻のエヴァに返されました。村人たちの怒りはエヴァに向い、彼女は村の中で孤立していました。

マルタは事故が起こる前に兄から送られてきた動画をダニエルに見せます。そこにはひどく酔っ払った若者たちの姿が写っていました。

ダニエルとマルタはエヴァの家を訪れました。一度目はけんもほろろに追い返されましたが、二度目は中に入ることを許されました。

ダニエルは遺族から遺品を集めていて、スワヴェクの遺品ももらいたいと伝えました。するとエヴァは小さなダンボール箱を持ってきました。

そこには村人から送られた憎しみに満ちた手紙が入っていました。マルタの母の筆跡の手紙もありました。エヴァは夫は4年間禁酒をしていたと証言しました。検死でもアルコールは発見されていません。

翌日、ダニエルはミサで「私は人を殺しました」と発言し、人々を戸惑わせますが、ダニエルの言葉は深く胸に刻まれるものでした。

聖体祭の晩、ダニエルは村人たちと楽しく過ごしますが、集まったお金でスワヴェクを埋葬すると語り、村人たちは反発します。

マルタの母は怒りを表明しながら「私たちは誰もが善良だ」と語りますが、ダニエルは献花台の前に立つ人々に彼らがエヴァに送った手紙を手渡しました。マルタの母は受け取らず、その場を走り去りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『聖なる犯罪者』ネタバレ・結末の記載がございます。『聖なる犯罪者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その夜、マルタがダニエルを訪ねてやって来ました。母親に家に入れてもらえないというのです。ベッドメイキングをしているダニエルのもとにマルタが近づき、その夜、2人は結ばれました。しかし2人は激しい音に目覚めます。飛び出すと、何者かによって火をつけられ納屋が焼かれていました。

翌日、やってきた警官はダニエルを見て「前にあった気がする。見た顔だ」と言いましたが、ダニエルは否定しました。警官はバスで出会った男でした。警官は司祭の証明書を見せろと言い、ダニエルは危うい立場になりますが、マルタの機転で救われます。

ほっとしたのも束の間、告解室に少年院時代の知り合いで製材所で働いている青年ピンチェルがやってきます。製材所のオーナーの要請でダニエルがやって来たときに、作業をしていた彼はそれがダニエルだと気づいたのです。

彼は金を要求してきました。「そんな金は払えない」とダニエルが言うと、ピンチェルは「少年院に戻ったら今度こそボーヌスに殺されるぞ」と脅し、挙げ句に子どもを養うために必要なんだと泣き落しを始めました。

村の有力者とマルタの母がエヴァと話し合い、葬儀が行われることとなりました。葬儀に向かって村の中を歩いていくダニエルたちを遺族らは複雑な表情で見送っていましたが、中にはその列について行く人もいました。

村人とは別に、一人の男がその列に厳しい視線を送っていました。葬儀を終えたダニエルをつかまえ、男は「なんのつもりだ」とダニエルを責めました。男は本物のトマシュ神父でした。

すぐに荷造りして出ていくように言われたダニエルですが、葬儀ミサに出るため、こっそり窓から抜け出します。

ダニエルがいなくなっているのに気づいたトマシュ神父は聖具室で着替えているダニエルをみつけ、叱咤します。「私を紹介したら去れ。ミサは私がする」

ダニエルは集まった人々の前で、司祭服を脱ぎ、入れ墨のはいった上半身をさらけ出し、教会を去りました。マルタの母親の横を通る際、「神の御加護を」と言い残して。

少年院に戻ったダニエルはボーヌスとの決闘を前にしていました。教官が席をはずした途端、決闘が始まりました。

ダニエルはボーヌスから滅多打ちを喰らいますが、一瞬のすきを突き反撃に転じ、彼の顔面に何度も頭を叩き込み、仲間からストップをかけられました。

ダニエルが去ったあと、村の教会では新たな神父がミサを行っていました。エヴァが姿を見せると、マルタの母は彼女に中に入るように促しました。

スポンサーリンク

映画『聖なる犯罪者』感想と評価


(C)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewodzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

司祭服を持っていたことで、少年院を出たばかりのダニエルはいとも簡単に立派な人と評価され、他者からの尊敬を得ます。

逆に彼が本当の司祭だったとしても、司祭服を忘れたら、見た目で判断されて追い返されてしまったことでしょう。人は何か象徴的なものを拠り所にすることでしか他者を判断することが出来ないのです。

村の司祭となった彼は、映画の終盤、人に評価されたかった、人から褒められたかったという自身の欲望をミサでの説教という形で正直に告白しています。

偶然収まった境遇に味を締めた部分も確かにあったでしょう。少年院あがりのチンピラが誰からも一目置かれる人間に成り代わることができたのですから。

では、彼はまんまと司祭になりすまし、心の中で笑いながら人々を騙してきたのでしょうか? 神に仕え、人々の魂を癒やしたい、誰かの役に立ちたいという彼の純真な思いに嘘はなかったのではないでしょうか?

実際の神父の言葉よりも、彼の言葉のほうが村人に届き、重みを持ち、心を動かしさえしているのです。

交通事故による悲劇に対する処置は前任者の判断よりもダニエルのほうがよっぽど正しいのではないか。「資格」はなくとも、ここには偽りのない、心に訴える「真なるもの」が確実に存在しています。

また、村人たちは、自らを「善良」であると思い込んでいますが、彼らは被害者であると同時に加害者でもあります。ダニエルが来るまで、彼らはそのことに気づいてさえいませんでした。

本作は一種のピカレスクロマンの体を取りながら、「悪」と「善」、「嘘」と「真実」、「偽物」と「本物」という相反するものが入り乱れ、共存する人間の内面や社会の複雑さを、冷え冷えとした空気感の中で、静かに淡々としたタッチで描き出しています。

まとめ


(C)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewodzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

ダニエルに扮しているのは幼いころから舞台で活躍してきたバルトシュ・ビィエレニアです。限りなく透明に近い彼の瞳は、純粋さを象徴するようでもあり、逆に何かを企んでいるように秘密めかしてもいて、ダニエルという人物を演じるのに最適なキャスティングといえるでしょう。

彼の瞳の奥にあるものを読み取りなさいといわんばかりにクローズアップが多用されますが、簡単に答えはでません。まるで観る者の心が試されているようにも感じられます。

ヤン・コマサ監督は本作のあとに『ヘイター』(2020)という作品を撮っています。SNSでの情報操作に関わる青年を主人公にしていて、作品の背景も雰囲気も本作とは随分違いますが、恵まれぬ環境の中、一度過ちを犯してしまったら、もう取り返しがつかず、世間から蔑まれながら生きるしかない若者の孤独と抗いというテーマは共通しています。

『ヘイター』はNetflixで観ることが出来ますので、合わせて鑑賞されることをおすすめします。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『鈴木家の嘘』ネタバレ感想レビュー。無力さを感じながらも支え合う家族の姿とは

野尻克己監督が長編デビュー作として選んだテーマは家族。 どこにでもある家庭に巻き起こった激流を、包み込むようなユーモアと冷静な筆致で描き出しました。 嘘によって再出発するヒューマンドラマ『鈴木家の嘘』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』作品情報映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』あらすじとネタバレ妻への献身真実の声 『マダム・フローレンス! 夢見る …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒトラー 最期の12日間』ネタバレ解説とあらすじ結末の感想考察。ラストに描く戦争の“気づけなかった真実”

全てを目撃した秘書がヒトラーの最期を語る実録ドラマ。 オリヴァー・ヒルシュビーゲルが監督を務めた、2004年製作のドイツの実録ドラマ映画『ヒトラー~最期の12日間~』。 迫りくるソ連軍の放火から逃れよ …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイニー・ファニチャー』あらすじとキャスト。感想レビューも

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ヒューマンドラマ映画

無法松の一生(1958)|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。三船敏郎が演じた純粋無垢な男の“美しすぎる一生”

侠気あふれる男の愛し抜いた人生を描く傑作 1943年製作の同名作品を、三船敏郎を主演に迎えて稲垣浩監督が自らリメイクした傑作です。第19回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞しました。 高峰秀子、芥 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学