Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/06/01
Update

『家族の肖像』ネタバレあらすじ結末と感想解説。ヴィスコンティ監督がバート・ランカスター×ヘルムート・バーガー共演で描く”家族の定義”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

アパルトマンの中だけで描かれる5人の疑似家族の物語

ベニスに死す』(1971)『山猫』(1963)で知られるイタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティの後期傑作と呼ばれる名作。日本ではヴィスコンティの死後1978年に公開され、ブームを巻き起こすほどの大ヒットとなりました。

「家族の肖像」と呼ばれる家族の団欒画コレクションに囲まれて、ひとりで豪邸に静かに暮らしていた老教授が、転がり込んできた家族によって狂わされていく姿を描きます。

キャストには『山猫』(1963)のバート・ランカスターとクラウディア・カルディナーレ、『ルートヴィヒ』(1980)のヘルムート・バーガーとシルヴァーナ・マンガーノらヴィスコンティ作品の常連が名を連ねています。

孤独を愛する老教授の家に住み着いたのはどんな人々だったのでしょうか。

第52回キネマ旬報外国映画ベストテン第1位を獲得し、日本アカデミー賞外国映画監督賞など多数を受賞した名作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『家族の肖像』の作品情報


(C)Minerva Pictures

【公開】
1978年(イタリア・フランス合作映画)

【原作】
エンリコ・メディオーリ

【脚本】
ルキノ・ヴィスコンティ、エンリコ・メディオーリ、スーゾ・チェッキ・ダミーコ

【監督】
ルキノ・ヴィスコンティ

【編集】
ルッジェーロ・マストロヤンニ

【出演】
バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ヘルムート・バーガー、クラウディア・マルサーニ、ステファノ・パトリッツィ、ドミニク・サンダ、クラウディア・カルディナーレ

【作品概要】
ベニスに死す』(1971)『山猫』(1963)で知られるイタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティの傑作。

ヴィスコンティが病気を患っていたために全編主人公の教授の室内で撮影され、教授自身の閉ざされた内的世界を巧みに描き出しています。

静かな生活を愛する老教授が、上階の部屋に住み始めた若者たちに徐々に心開いていくさまが映し出されます。

バート・ランカスター、ヘルムート・バーガー、シルヴァーナ・マンガーノ、クラウディア・カルディナーレらヴィスコンティ作品に数多く出演するキャストが出演。

映画『家族の肖像』のあらすじとネタバレ


(C)Minerva Pictures

「家族の肖像」という呼ばれる家族の団欒画に囲まれてローマの豪邸にひとりで静かに暮らす老教授。

そんな彼のもとにブランシャール画廊の男たちが絵画を売りにやって来ます。ひとり交じっていた女性はベランダを見せてもらった後、部屋を見に行きました。

買うことを断った教授に、客たちは絵画を預けて立ち去ります。そこに女性が戻ってきました。彼女は画廊の人間ではありませんでした。

その女性は階上の空室を貸してほしいと強引に頼み込みます。老教授は断りますが、押し切られて部屋だけ見せてあげることに。彼女は娘のリエッタを紹介した後、自身をビアンカ・ブルモンティと名乗りました。

部屋に入ると、今度はリエッタの婚約者のステファノが入ってきました。さらに外から「車をやられた」という大声が聞こえ、ビアンカはにわかに落ち着きをなくします。美しい男コンラッドが現れ、警察に車が持っていかれたことを伝えました。

気が変わり先ほどの絵を買おうとして教授は画廊に電話しましたが、絵はすでに売れてしまった後でした。

そこにミケーリ弁護士が来訪し、ブルモンティ伯爵夫人から部屋を借りたいと電話があったと話し、良い話だからまとめたいと言います。

そこに、リエッタたちが教授が求めていた絵をプレゼントに携えてやってきて、1年だけ部屋を貸してほしいと懇願します。教授は静寂が乱されるのがいやだと説明しますが、とうとう押し切られてしまいました。

数日後、上階で勝手に改装を始めたために、教授の部屋の天井が突然壊れ始めます。上階の部屋いたのはコンラッドでした。ビアンカは彼には部屋を買い与えたと嘘をついていました。

諍いが落ち着いた後、教授はコンラッドがモーツァルトやアーサー・デイヴィスの絵画など芸術に教養を持つことを知ります。

「あなたと話せてよかった」と言って自室に戻っていく彼を教授は静かに見送り、それからコンラッドの好きだと言ったモーツァルトのアリアをもう一度聴き返しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『家族の肖像』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『家族の肖像』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Minerva Pictures

教授は、きちんと賃貸契約を結び、部屋をもとに戻したら住んでもいいとリエッタに告げます。浴室だけは大きくしたいという彼女の言葉に彼は驚き、思わず大笑いしました。

そこにコンラッドが現れ、美術について教授と話します。その後、彼らがキッチンで食事の支度をしていると、ビアンカが現れました。コンラッドと彼女が熱くキスを交わすのを教授は見てしまいます。

しばらくすると、機嫌をよくしたビアンカも食事に加わりました。彼らは教授と夕食の約束をしてから、海へと出かけて行きました。

しかし、夕食に彼らは現れず、教授はひとりで夕食をとりました。

ひと月もたった晩、リエッタらがオウムを連れて帰ってきました。隠し部屋を見つけたコンラッドに、教授は戦時中に母がユダヤ人らを匿うために作らせた部屋であることを教えます。

ベッドに入った教授は、上階の物音に驚いて様子を見に行きました。すると階段を何者かが走り去っていくのが見え、室内ではコンラッドが血を流して倒れていました。彼が通報を嫌がったため、教授は自分の隠し部屋へと運びこみます。

コンラッドはこんな事件を警察は気にもとめないが、記者は「ファシストの大物、ブルモンティ氏の夫人の愛人」と書くだろうと話します。

一晩彼をその部屋に休ませてやり、翌日朝食を用意してやりました。コンラッドは自分の身の上を話そうとしますが、教授は聞くことを拒絶します。

教授は「そばにいて自分を助けてほしい」と泣いていた美しい妻を思い出していました。

ある夜、教授の書斎でコンラッドとリエッタ、ステファノらが全裸でドラッグを吸いながら踊っていました。悪びれない若者たちに教授は呆然とします。

リエッタから「先生も若い頃は遊んだでしょう」と言われた教授はまったく違うと答え、自分の結婚が破局に終わったことを話します。

「ふと周りを見回したら人との距離を感じた」と言う教授の言葉を理解するコンラッド。もし若者たちとの間に子どもができたら教授にあげるというリエッタに、教授は知識を与えたいので年かさの子がよいと答えました。

リエッタは思わずインテリのコンラッドを養子にすればいいと大声を出します。それから彼はばくちの借金が理由で先日殴られたことを教えました。

コンラッドは「明日の夜はミュンヘンにいる」といって帰っていきました。

ある日、教授をベルナイ警部が訪ね、コンラッド・ヒューベルは住んでいるかと聞かれます。間借り人の客だと話した教授は警察に呼ばれることになりました。

その後、教授はビアンカにコンラッドが国境で警察に止められていることを伝えます。コンラッドに麻薬の前科があったため家宅捜索されることになっていました。ベルリンの過激派だったコンラッドに娘を預けたビアンカを教授は責めます。

階上から聞こえる流行の音楽に邪魔されて読書できなくなった教授は、亡き母の姿を思い出します。リエッタからコンラッドの釈放パーティーに誘われた彼は断りますが、かわりに明日の夕食に一家を誘いました。

コンラッドとリエッタ、ステファノを前に、教授は、孤独がこわくなった衝動にかられて今夜招いたと言いますが、リエッタは「変化の時よ、孤独は終わったのよ」と言います。「家族を作るんだ」と言っているところにビアンカも現れました。

ビアンカは夫が大急ぎでマドリードへ旅発つことになったことを話します。コンラッドと別れさせるという夫に、それなら離婚するとこたえたことも。

しかし、ビアンカはコンラッドが結婚を申し込んでも断ると言いました。コンラッドはそれはなぜかと執拗に尋ね、かわいがるだけで大切なところでは締め出されるのだと言いながら次第に逆上していきます。ついには、夫が逃げたのは共産党員や閣僚の暗殺に失敗したからだとビアンカに教えました。

夫は右翼で犯罪組織とつながっていないと話す妻に、コンラッドはつながっていると断言し、ステファノがよく知っているといって巻き込みます。

怒ったステファノがコンラッドとつかみ合いになり、教授が間に入りました。ふたりは友だちだろうと言ってなだめた教授に、コンラッドは「お楽しみが終わればそれぞれの道を行く」と言って去って行きます。

ビアンカは「彼を喜ばせたかった。愛してたから」と呟き、リエッタは彼を傷つけたと言って全員を責めました。

教授は彼らに伝えます。見知らぬ人々に囲まれて邪魔をされることは、すべて想像を超えていたこと。それでも、リエッタのいう通り家族と想えばどんな結果になっても受け入れられると思えたこと。そして、すべてはこの家族のために役立ちたいと思い、とんだことになったのだと。

そして、彼らの存在が自分を音のない死の世界から自分を目覚めさせてくれたと最後に言いました。

数日後、コンラッドから教授に手紙が届きました。「残念ですがもう会うことはないでしょう コンラッドより」

その時、上階で突然爆音がしました。室内ではコンラッドが血まみれで息絶えていました。

ショックで病んだ教授のもとをビアンカ母子が訪れました。ビアンカはコンラッドは自らの死をもって償ったと言って泣きます。悲しみなんていつまでも残らないことを知るには彼は若すぎたのだと。

しかし、リエッタは彼は自殺ではなく殺されたと告げ、彼を信じてあげたのは先生だけだったから死んだ今でも見捨てないでと言い残します。

教授は手を伸ばしたままふたりを見送り、やがてあきらめたように手を下ろしました。両手で顔を覆って泣いた後、祈るように手を合わせます。

上の部屋からの足音が聞こえたように感じる中、彼はそのまま目を閉じました。

スポンサーリンク

映画『家族の肖像』の感想と評価


(C)Minerva Pictures

ヴィスコンティの退廃的な美の世界に酔う

イタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティの晩年の傑作『家族の肖像』。ヴィスコンティの姿が投影されたといわれる主人公を、ヴィスコンティ作品常連俳優のバート・ランカスターが味わい深く演じています。

母と娘とそれぞれの恋人である若い男がふたり。そんないびつな一家が、孤独な老人の住む豪邸に転がり込んでくる物語です。

興味深いストーリーに加え、ヴィスコンティ作品ならではの豪華絢爛な美にひきつけられる一作となっています。

名門貴族出身で、幼い頃から芸術に親しんできたヴィスコンティは、徹底した美意識を貫いて作品を生み出してきました。

物語は主人公の教授の住むアパルトマンの中だけで展開しますが、美しいシャンデリアや調度品、豪華なテーブルコーディネート、室内の色合いの調和などすべてが息を飲むような美しさです。

コンラッド役の美男子俳優ヘルムート・バーガーが、バイセクシャルを公言するヴィスコンティの恋人だったことは有名です。数々のヴィスコンティ作品で輝きを見せてきた彼が、伯爵夫人の愛人で危険思想に染まる若者を魅力的に演じています。

有閑マダムのビアンカを演じるシルヴァーナ・マンガーノの醸し出す退廃的な美は、がれきの空間でさえも一枚の絵画のような完璧な美しさに変えてしまいます。

学問や芸術を愛しながらも、過激な左翼思想に走った上、賭博にも手をだして借金まみれのコンラッド。そんな彼の危険な美しさにひかれて愛人にして束縛しようとするビアンカ。ふたりのツーショットにはただただ圧倒されます。

ビアンカの娘のリエッタはとても善良で賢い娘ですが、コンラッドとステファノと麻薬を吸いながらフリーセックスを受け入れるなどどこか壊れており、その生き方はやはり退廃的です。

極上の絵画に囲まれてひとりだけの世界で静かに生きてきた老教授、裕福な夫を持つきらびやかな伯爵夫人、狂気の中に生きる美青年。非現実にしか存在し得ない登場人物たちが住むうつろいの美しい夢の世界に存分に酔いしれてください。

「家族」にわずらわされることの喜び


(C)Minerva Pictures

この作品では、ヴィスコンティによる家族の定義が興味深く描かれています。

老年を迎えたヴィスコンティ自身を投影した主人公の老教授が、ラスト近くに一家を前に語るシーンにそれがよく表れています。

「家族と思えばどんな結果になっても受け入れられる。すべてはこの家族のために役立ちたいと思って、とんだことになった」

家族とはわずらわしさとは切っても切れない間柄です。家族と暮らしていても、完全に自分の自由のままに生活しているという人はごく少数しかいないことでしょう。

幼い子どもがいれば尚更ですが、大きくなった子でも、あるいは愛する配偶者相手であっても、家族とともに生きることにはなんらかのわずらわしさが存在するはずです。

そんなわずらわしさを受け入れることで家族は成立しえるといえます。教授の言ったように、「家族のため」と思うことで乗り越えられる困難もたくさんあるに違いありません。

劇中、教授の若き頃の母や、美しい妻が現れて彼に語り掛けます。それらを見る限り、彼の家族との生活は賑やかなものだったとは考えづらく、彼にとって大人数と関わり合って暮らすのはコンラッドたちが初めてだったと思われます。

人と親密に交流することは彼にとって劇薬そのものでした。彼は一家に語り掛けます。

君たちは私を音のない死の世界から覚ました」と。

現れたのがごく普通の人々だったなら、もしかしたら教授はずっと幸せでいられたのではないかと切なくなります。教授が自ら言う通り、彼らは「始末の悪い間借り人」で教授は「運が悪かった」といえるでしょう。

一時的に強烈に陶酔を与えて、その後破壊すると言う意味ではコンラッドたちは麻薬のような存在でした。

コンラッドは教授の頭上の部屋で爆死するという衝撃的なラストを迎えます。リエッタいわく、誰かに殺されたという悲劇的な死でした。

彼の死にショックを受けて病んだ老教授はベッドの上で、本に書かれていた通り、上の部屋に人生の終わりの知らせが形を変えて現れたことを知ります。

しかし、静寂以外何もなかった彼の人生に、にぎやかな何かが存在する時間が確かにあったことは、やはり幸せなことだったといえるのではないでしょうか。たとえ心が打ち砕かれ、先には死だけが待っていたとしても。

コンラッドを我が子のように愛しく思った時間は、忘却の彼方に置き去りになったからこそこの上なく美しいものになったのかもしれません。

まとめ


(C)Minerva Pictures

静寂の中だけに生きてきた主人公が嵐にさらわれる姿をこの上なく美しく描き出した名作『家族の肖像』。

重い病に苦しむ老年のヴィスコンティが、美しい絵画や美しい精神を追い求める主人公の老教授にわが身を投影させ、渾身の力を振り絞って生み出した傑作です。

監督自身の持つ美への執着が、美しいコンラッドに知識を与えたいと欲する老教授に乗り移ったかのように物語は展開します。

老教授は幸せだったのか、不幸だったのか。真実の行方は観る者に委ねられています。

教授と一緒に強烈な一家の香しい毒に酔いしれながら、そのこたえを探してみてください。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

ポエトリーエンジェルあらすじとキャスト!上映劇場情報も

和歌山県で開催されている第10回を迎える、「田辺・弁慶映画祭」を記念して製作された、飯塚俊光監督の『ポエトリーエンジェル』。 モデルとしても活躍する武田玲奈と、若手俳優として注目される岡山天音のダブル …

ヒューマンドラマ映画

『バハールの涙』ネタバレ感想レビュー。実話を基にした映画でゴルシフテ・ファラハニバが演じた女性の強さとは

2018年ノーベル平和賞受賞者ナディア・ムラトの言葉によって、全世界に性暴力の被害の実態が訴えられました。 映画『ババールの涙』は、ナディアと同じ境遇を持ち、捕虜となった息子を助けるために銃を取り立ち …

ヒューマンドラマ映画

映画『新解釈・三國志』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。大泉洋と福田雄一監督で描く新解釈の歴史エンタテイメント

映画『新解釈・三國志』は、2020年12月11日(金)全国ロードショー。 コロナ禍での公開ながらヒットを記録した『今日から俺は!!劇場版』の福田雄一監督がオールスターキャストで描く「三國志」の物語。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『Noise ノイズ』感想評価と内容解説。20代の松本優作監督が切り取る現代社会の問題点

映画『Noise ノイズ』は、2019年3月1日からテアトル新宿ほかので順次公開 立場の違う若者3人が、それぞれの理由で集まる街、秋葉原。 若者たち、その周囲の大人の視点から、現代社会のの問題点を問い …

ヒューマンドラマ映画

クリント・イーストウッド映画『運び屋』あらすじネタバレと感想。俳優復帰作は『グラン・トリノ』と表裏一体!

映画『運び屋』は2019年3月8日(金)全国ロードショー 2014年、ニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された「シナロア・カルテルが雇った90歳の運び屋」。 映画『運び屋』はその1本の記事をベース …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学