Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/04/07
Update

映画『グランパ・ウォーズ』感想考察と評価解説。ロバート・デ・ニーロが部屋をかけて孫相手に全面戦争!

  • Writer :
  • 松平光冬

名優ロバート・デ・ニーロ主演!全米No.1大ヒットの“じいちゃんvs孫”ウォーズ!

アカデミー賞俳優のロバート・デ・ニーロが主演を務める映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』が、2021年4月23日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーされます。

妻を亡くし、娘一家の家に越してきた祖父エド。孫のピーターはおじいちゃんと暮らせると喜びますが、自分の部屋がエドのものになってしまうと知ったことで、その態度は一変する……。

デ・ニーロ演じる主人公が、孫を相手に部屋とプライドをかけた戦いを繰り広げるコメディの見どころを徹底解説します。

スポンサーリンク

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』の作品情報


(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
The War with Grandpa

【監督】
ティム・ヒル

【脚本】
トム・J・アッスル、マット・エンバー

【製作】
マービン・ピアート、ローザ・モリス・ピアート、フィリップ・グラッサー

【撮影】
グレッグ・ガーディナー

【編集】
クレイグ・ヘリング、ピーター・S・エリオット

【キャスト】
ロバート・デ・ニーロ、オークス・フェグリー、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、ローラ・マラーノ、チーチ・マリン、ジェーン・シーモア、クリストファー・ウォーケン

【作品概要】
二度のアカデミー賞受賞歴を持つ名優ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ映画。デ・ニーロ扮する主人公エドが、孫のピーター相手に部屋とプライドをかけた戦いを繰り広げます。

ピーター役を『ピートと秘密の友達』(2016)のオークス・フェグリー、エドの娘サリー役を『パルプ・フィクション』(1994)のユマ・サーマン、サリーの夫アーサー役を『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)のロブ・リグルがそれぞれ演じます。

さらにエドの悪友ジェリー役を、デ・ニーロとは『ディア・ハンター』(1978)以来の共演となるアカデミー賞俳優クリストファー・ウォーケンが演じるのも話題に。そして監督を、テレビアニメシリーズ「スポンジ・ボブ」(1999~)やその映画版『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』(2004)を手がけてきたティム・ヒルが務めます。

本国アメリカでは2020年10月9日に公開され、話題作『TENET テネット』(2020)を抑えて初登場1位となりました。

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』のあらすじ


(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

最愛の妻を亡くし一人暮らしとなったエドは、買い物の最中に起きたトラブルから足を負傷してしまい、娘のサリーから同居を勧められ、やむなく応じることに。

孫のピーターは、始めこそおじいちゃんと暮らせると喜んでいたものの、自分の部屋を明け渡して屋根裏部屋で暮らすこととなり激怒、宣戦布告します。

部屋を取り戻そうと、あの手この手の攻撃を仕掛けるピーターに、エドも報復を開始。祖父と孫の、部屋とプライドをかけた小さな戦争は、やがて隣人を巻き込み大騒動へと発展し……。

スポンサーリンク

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』の感想と評価


(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

今度のデ・ニーロは孫と戦争!?

1960年代後半にスクリーンデビューを飾って以降、『ゴッドファーザー PARTⅡ』(1974)と『レイジング・ブル』(1980)でアカデミー賞男優賞を2回受賞したほか、5回のノミネート歴を持つロバート・デ・ニーロ

年齢を重ねても印象の強い役どころをこなす、正に「名優」の誉れ高い彼が、本作『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』で演じるのは、妻を亡くしたばかりの老人エド。娘サリーの家族と同居することにした彼は、自分の部屋を取られてしまう孫ピーターの怒りを買い、予期せぬ戦いを仕掛けられます。

『ダーティ・グランパ』(2016)ではハチャメチャな行動で孫を振り回すじいちゃんを演じたデ・ニーロですが、本作では睡眠を邪魔されたり、大事にしていた物を無くされたり、シェービングクリームに細工されるなど、孫の攻撃(という名目のイタズラ)に悩まされる立場に。

もちろんデ・ニーロが演じるのですから、エドもやられっぱなしとはならず。ピーターのベッドを壊したり、通学カバンに細工したり、しまいにはドローンを使った空中戦まで展開。

まさに丁々発止の攻防戦が勃発します。

世代を超えた戦いに巻き込まれる人びと


(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

本作の原作は、アメリカの作家ロバート・キンメル・スミス(1930~2020)が1984年に発表したユーモアあふれる児童文学「ぼくはおじいちゃんと戦争した」(あすなろ書房刊)。同作は本国にて数々の文学賞を受賞しています。

原作はエドとピーターのやりとりが大半を占めますが、映画では彼らの周辺人物の出番を増やし、ドラマ性を膨らませています

エドの古くからの悪友ジェリーを演じるのは、『ディア・ハンター』以来、デ・ニーロとは実に40数年ぶりの共演となるクリストファー・ウォーケン

『ディア・ハンター』では、ベトナム戦争から復員したマイケル(デ・ニーロ)とニック(ウォーケン)の哀しき友情が描かれましたが、本作ではエドの勝利のためにジェリーが協力する可笑しき友情が描かれます。

そもそもエドとジェリーのコンビに加えて、チーチ・マリン扮するもう一人の悪友ダニーを交えた3人組の立ち位置は、『ディア・ハンター』でのマイケルとニック、そして復員兵のスティーブン(ジョン・サヴェージ)の3人の関係性を思わせます。

(c)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

またウォーケンとの再共演がクローズアップされがちですが、エドの娘サリー役のユマ・サーマンも、デ・ニーロとは1993年の『恋に落ちたら…』以来(なんとデ・ニーロの恋人役!)の共演となります。知らずして父と息子の戦いを生んだばっかりに、次々と災難に遭うサリーが気の毒すぎて笑ってしまいます。

そんなサリーの夫アーサーを演じるのは、コメディ俳優のロブ・リグル。義父エドとはなんとなくそりが合わないものの、家族に愛情を注ぐ良きパパぶりを発揮します。

そして本作のキーパーソンとなるのが、エドに宣戦布告した孫のピーター。映画デビュー作『ピートと秘密の友達』でいきなり主役に抜擢された実績を持つオークス・フェグリーが、チャーミングな孫を演じるのも見どころです。

まとめ


(C)2020 Marro WWG LLC. All rights reserved.

原作が児童文学だけに、ストーリー自体はほのぼのとしている本作『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ですが、実は「争いとは何か」「戦争がもたらすものとは何か」という大きなメッセージが込められています。

最初こそ妻を亡くして落ち込んでいたものの、日々のピーターとの戦いで活力を取り戻していくエド

最初こそ敵と見なしていたものの、次第にエドに一目置くようになるピーター

頑固で意地っ張りな者同士による戦い、はたしてその結末やいかに?

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』は、2021年4月23日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショー!





関連記事

コメディ映画

チャップリン映画のお笑い初期短編!没後40周年を吹き替えで楽しむ

2017年12月25日は、喜劇王と呼ばれたチャップリンの没後40年の命日。 洋画専門CS放送ザ・シネマは、20本以上のチャップリンの初期傑作短編無声映画のデジタルリマスター版に、豪華声優陣が声をあて日 …

コメディ映画

映画『5月の花嫁学校』あらすじ感想評価と内容解説。ジュリエット・ビノシュが良妻賢母の育成をするコメディ

映画『5月の花嫁学校』は2021年5月28日(金)より全国順次ロードショー! フランスを代表する名女優ジュリエット・ビノシュ主演最新作は花嫁学校の校長役をキュートに演じたコメディ。 舞台は1960年代 …

コメディ映画

映画『レディinホワイト』ネタバレ感想レビュー。吉本実憂演じる如月は覚悟とは⁈

大塚祐吉監督の映画『レディinホワイト』。 社会があたしを必要としてるの♪と、猛毒新卒モンスターが、ゲス上司と社畜を巻き込んで大騒動! すべてのフレッシャーズに贈る“真っ黒”サクセスストーリー『レディ …

コメディ映画

映画『MANRIKI』あらすじネタバレと感想。斎藤工は賛否両論ある実験的としながらも“映画はそうじゃなくてはならない”と熱く語る

斎藤工らが所属する映像クリエイティブ集団「チーム万力」初の長編映画 コンプレックス社会・日本を、芸人・永野の持つ鋭くもシュールな視点で描いた野心作! 美しい整顔師が経営する美容クリニック。彼は自身の持 …

コメディ映画

映画『ラブ×ドック』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ドラマや映画、CMまで今ではテレビで見ない日のない人気女優・吉田羊の初主演作品が映画『ラブxドック』。 また、バラエティ番組製作やドラマの脚本など、マルチな活躍を見せる鈴木おさむの初監督作品でもありま …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学