Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじネタバレと感想。キャストの演技力が光る【記憶喪失の総理大臣】

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『記憶にございません!』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開!

脚本家・演出家・映画監督として、数多くの笑いあり涙ありのコメディ作品を手がけてきた三谷幸喜

彼の通算8作目となる長編監督作品は、初の政治モノです。

構想13年を経て完成を迎えた作品に集ったのは、主演を務めた中井貴一をはじめ、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊といった豪華キャスト陣。

裏と表、欲望と権力にまみれた政治の世界を舞台に、時にリアルに、時に寓話的に描かれた物語が展開されます。

スポンサーリンク

映画『記憶にございません!』の作品情報


(C)2019 フジテレビ/東宝

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
三谷幸喜

【キャスト】
中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊

【作品概要】
三谷幸喜による通算8作目となる長編監督作品。

「もしも自分が、ある日突然総理大臣になったら……?」という空想から端を発する、三谷監督のオリジナルストーリーです。

主演の中井貴一を筆頭に、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊と主役クラスの俳優陣が集結しました。

映画『記憶にございません!』のあらすじとネタバレ


(C)2019 フジテレビ/東宝

病院のベッドで一人の男が目を覚まします。

おでこには傷が一つ。そして男は、自分がなぜここにいるのかが思い出せません。

彼の名前は黒田啓介。総理大臣に就任したものの史上最低の支持率2.3パーセントを叩き出し、自身を嫌う多くの国民からは「史上最悪のダメ総理」とまで呼ばれるほどの悪徳政治家でした。

「総理が記憶喪失になってしまった」。黒田の政治家生命が終わりかねないこの事実は、首席秘書官の井坂ら三人の秘書官のみが知る事実として扱われ、総理の家族にも秘密で通すこととなりました。

記憶を失うまでは口も悪く、不遜な態度で汚い仕事にも手を出していた黒田ですが、今は自分が総理であることすら信じられないような状況です。

そんな彼のもとに次から次へとトラブルが襲い掛かります。


(C)2019 フジテレビ/東宝

舌鋒鋭く黒田を糾弾し続ける野党第二党の女性党首・山西に呼び出されてみれば、実は二人が愛人関係であったことが発覚。怪しげなフリーライター・古郡からは、何のネタなのかも分からないままゆすられ続けるなど、何もかも忘れてしまっている黒田には耐え切れないほどのトラブルばかりです。

特に厄介なのが、政権内の最高実力者である鶴丸官房長官と間もなく来日する予定のスーザン大統領です。

表向きは総理を立てている鶴丸ですが、内面では軽く扱っています。その状況を井坂たちは面白く思っていません。

ただその井坂も、総理夫人であり黒田の妻である聡子と不倫関係にあったりと、必ずしも清廉潔白ではありません。

政治家になってからの記憶を失っている黒田は小学校時代の恩師・柳を呼び出し、社会の、そして政治の仕組みについての授業を依頼。記憶と共にすべてのしがらみを無くした黒田は、イチから現在の政治をやり直すことを決意します。

アメリカ初の日系女性大統領であるスーザン大統領との会談では、相手の顔色を一切気にしない黒田の態度がかえって正々堂々隠し事のない姿として捉えられ、大統領との関係は好転します。

以下『記憶にございません!』ネタバレ・結末の記載がございます。『記憶にございません!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 フジテレビ/東宝

生まれ変わったかと見紛うほどの黒田の姿に周囲は戸惑いながらも、次第に好感を持たれ始めます。

ところが、そこに井坂と聡子の不倫報道が流れます。鶴丸の策謀によるものでした。

黒田はすべての事実を知りますが、その上で井坂を遺留。さらに同じく秘書官である山西に掛け合い、党首討論の場にて、カメラを通して聡子への謝罪と愛情を伝えます。

家を出ていた聡子も戻ってきて、悪徳政治家であった父親を軽蔑し続けていた息子・篤彦も政治家を志すと言い始めました。

そして難敵・鶴丸も、黒田と井坂の弱みを探るように依頼していた古郡がゴルフにて工作活動をしていた写真を突きつけられたことで、官房長官を辞任します。

新たな体制になった黒田内閣。支持率は微増にとどまりましたが、国政と世論の風向きは変わりつつありました。

そんな黒田がある疑問を尋ねられると真実を話し出します。

実は総理大臣としての公務に追われ続ける中で、黒田は記憶が戻っていました。

しかし、記憶を失ったことでそれまでの自身やしがらみから解放されたことを機に、一政治家として、最初の一歩からやり直そうとしていたのでした。

新生・黒田内閣の第一歩が今始まりました。

スポンサーリンク

映画『記憶にございません!』の感想と評価


(C)2019 フジテレビ/東宝

「今回の三谷幸喜は、どうしたのか?」と思ってしまうほど、この映画は抜群によくできています。

今までの作品では、どうしても映画の本筋の邪魔をしてしまうようなギャグパートなどがあったものですが、今回はそれが目につかず、そのような場面があっても全てが有機的に繋がっているように感じました。


(C)2019 フジテレビ/東宝

他作品では主役を演じられるほどの豪華すぎるメインキャスト以外にも、山口崇、田中圭、梶原善、寺島進、藤本隆宏、迫田孝也、ROLLY、後藤淳平(ジャルジャル)、宮澤エマ、濱田達臣、有働由美子といった多種多様な面々が、時には意外な場面で登場します。

こうなると、映画として目につく部分ばかりで本筋を邪魔してしまいそうですが、今回はこのようなキャストの「遊び」も映画を邪魔していません。

上映時間は127分であるため、映画全体の尺を刈り込んでスリムになったわけでもなさそうですが、冗長に感じる部分がほとんど感じられません。

三谷作品初参加となるディーン・フジオカが話をタイトにする役割を担っている部分も大きいと思いますが、今までの三谷幸喜監督作品を「食わず嫌い」していた人ほど鑑賞していただきたい作品に仕上がっています。

まとめ


(C)2019 フジテレビ/東宝

三谷幸喜が描いた「総理大臣」といえば、彼が脚本を務めた田村正和主演のテレビドラマ『総理と呼ばないで』(1997)があります。総理大臣のキャラクターを筆頭に、本作の登場人物たちなどとの共通点が多く見受けられる作品です。

ただ『総理と呼ばないで』は、やはりテレビドラマということもあり、本筋から少し離れたエピソードも多数盛り込まれていました。

一方、今回劇場公開を迎える『記憶にございません!』は、「映画」という決められた時間枠によって脇道に逸れることもなく、「一人の総理大臣の再生の物語」という一本の物語に焦点が絞られたことでより「コメディ」としての純度が高い作品へと昇華されています。

各キャストの「コメディ」としての演技/演出表現も含めて、すべての要素が高いレベルで描かれているのです。

『記憶にございません!』は、今までの三谷幸喜監督作品からひと回りふた回りもグレードアップされた完成度の高いコメディ映画です。




関連記事

コメディ映画

Netflix映画『ルディ・レイ・ムーア』のあらすじネタバレと感想。エディ・マーフィーの熱演で70年代の黒人ムーブメントを描く

エディ・マーフィー演じるルディ・レイ・ムーア伝記映画『ルディ・レイ・ムーア』とブラックスプロイテーション エディ・マーフィー演じるラップのゴッドファーザーこと、ルディ・レイ・ムーアの映画『ルディ・レイ …

コメディ映画

映画『帰ってきたヒトラー』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【タイムスリップして21世紀の現れたヒトラー本人がモノマネ芸人に⁈】

ヒトラーをテーマにした映画と聞くと、つい歴史的大作やシリアスな秀作を想像してしまい、 軽いノリで観るよりは、ちょっと心の準備をしてから観ようなんて思いませんか。 『帰ってきたヒトラー』は、ヒトラーがタ …

コメディ映画

映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』|あらすじと感想レビュー。キャストの長澤まさみに加え、劇場第2弾では白濱亜嵐&関水渚&古川雄大らも参戦

長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』2020年7月23日(木・祝)より公開。 映画「コンフィデンスマンJP 」シリーズ続篇『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。監督は田中亮、脚 …

コメディ映画

映画『引っ越し大名!』あらすじネタバレと感想。星野源×高橋一生×高畑充希らで描く等身大時代劇

映画『引越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国ロードショー公開! 泰平の時代を迎えた江戸時代。 その時代を生きた大名たちにとっての一大事業「国替え(=引っ越し)」をテーマにした等身大時代劇を …

コメディ映画

『葡萄畑に帰ろう』ネタバレ感想レビュー。映画結末とワインに込めたエルダル・シェンゲラヤ監督の思いとは

映画『葡萄畑に帰ろう』は、官僚主義を痛烈に笑い飛ばした『青い山 本当らしくない本当の話』(1983)などで知られるジョージア映画界の最長老監督エルダル・シェンゲラヤのヒューマンコメディ映画です。 ジョ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学