Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

韓国映画『英雄都市』あらすじネタバレと感想。ラストでオールキャストが歌って終わるエンディングが最高に素晴らしい!

  • Writer :
  • 西川ちょり

ヤクザのボスが国会議員を目指す!!

マ・ドンソク主演で大ヒットした『犯罪都市』の監督&オールキャストが再結集!ヤクザのボスがなんと政界に進出か!?

韓国で100万人動員の大ヒットを記録した爽快アクションコメディー『英雄都市』が「のむコレ3」(シネマート新宿、シネマート心斎橋)にて公開されています。マ・ドンソクも意外な場所に登場していますよ!

スポンサーリンク

映画『英雄都市』の作品情報


(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M & Michigan Venture Capital Co., Ltd.& FILMONSTER & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2019年公開(韓国映画)

【原題】
롱 리브 더 킹: 목포 영웅(英題:Long Live the King)

【原作】
ウィロウ・フォレスト「The Long Live the King」

【監督・脚本】
カン・ユンソン

【キャスト】
キム・レウォン、ウォン・ジナ、チン・ソンギュ、チェ・グィファ、マ・ドンソク、ユン・ゲサン、チェ・ムソン、

【作品概要】
『犯罪都市』(2017)のカン・ユンソン監督が、韓国の大人気WEBコミックをキム・レウォン主演で映画化。『犯罪都市』チームが勢揃いした笑いあり、恋あり、アクションありの痛快アクションコメディ。

『エクストリーム・ジョブ』、『神と共に』で活躍したアクションコーディネーターのチョン・チェヒョンが本作にも参加している。

映画『英雄都市』あらすじとネタバレ


(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M & Michigan Venture Capital Co., Ltd.& FILMONSTER & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

モッポ(木浦)のヤクザ組織「パルリョン会」のボス、チャン・セチュルは、テーマパーク建設に反対する市場の住人たちを鎮圧するため現場にやってきました。

彼はそこで懸命に住民たちを支援する女性弁護士ソヒョンをみかけ一目惚れしてしまいます。ソヒョンから『恥を知れ!』と罵られた彼は手下たちに撤退するよう命じ、彼らを驚かせます。

3ヶ月後。あいかわらず反対派とパルリョン会のにらみ合いが続いていました。セチュルはソヒョンと親しくなろうと試みますが、いつもいつも撃沈していました。「何か俺が悪いことしたか?」と彼が問うと、ソヒョンは「ヤクザが悪くないと?」と言い返します。

彼はヤクザから足を洗い「いい人」になろうと決心。「クラブを売り払うぞ!」とボスに言われた手下たちは右往左往するばかりです。

元ヤクザで今はすっかり住民にも親しまれている立派な男がいるときいたセチュルは、教えを乞おうとその男、ファンボを訪ねていきました。

ファンボは貧しいお年寄りたちのための食堂を経営し、街の人のために様々な慈善活動を行っていました。ファンボとセチュルがある店に入ると、金貸しのグアンチュンの手下が、店の従業員を殴っているではありませんか。セチュルは、男を殴りつけ退散させます。

しかし店のオーナーは喜ぶどころか、借金をしているんだから復讐されたら大変だとまくしたてました。

「暴力がしみついている。まずそれを直せ」とファンボはセチュルに言うのでした。

セチュルは手下に「店のオーナーに無利子で金を貸してやれ」と命じ、またまた彼らを驚かせます。

セチュルを毛嫌いしていたソヒョンは、彼が市場の反対派の前に立つことで、他の勢力を寄せ付けないよう、一種のバリアになっていたことに気付きます。

国会議員を選ぶ選挙が近づき、ファンボは地元の市民から出馬することを切望されていました。迷っていたファンボもついに皆の期待に応えるべく出馬を決意します。

対抗するのは、3選を目指すチェ・マンス候補です。彼は元検事の切れ者で、再開発事業の中心にいる人物でした。

ファンボはセチュルに食堂を任せることにします。セチュルと手下たちは厨房に入り悪戦苦闘しますが、次第に慣れ、セチュルの作る料理はおいしいと好評を得ます。

ある日、木浦大橋でバスに乗用車がつっこみバスが橋の上で宙ぶらりんになる事故が起こります。このバスにはセチュルが乗っていました。セチュルは運転手が気を失っているのに気付き、バスの運転手を命がけで救い一躍「木浦の英雄」として時の人となります。

ファンボもセチュルの決心が本物だと認めてくれたようです。

チェ・マンスの側近はこのままではファンボに負けると予測していました。チェ・マンスは金貸しのグアンチュンに連絡をとり、ファンボを襲い、出馬を断念させるようにしろと命じました。

光州から来た巨漢の3人組がファンボを襲い、ファンボは数ヶ月の怪我を負ってしまいます。ファンボはセチュルに自分の代わりに出馬するよう要請し、ソヒョンもそれを後押ししました。

はりきって選挙演説を行うセチュルでしたが、聞く人もまばら。支持率も3番目ということで、当選する確率がないなら他の候補を推すと住民たちもあきらめ顔です。

しかし、市民の役に立ちたいと懸命に選挙運動に励む彼を見ていた労働党のノ議員が応援にまわり候補を一本化してくれたおかげで、徐々に支持が集まってきました。

その頃、ファンボを襲った3人組がフィリピンにいることがわかり、セチュルはこちらに連れてくるよう支持します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『英雄都市』ネタバレ・結末の記載がございます。『英雄都市』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

セチュルの人気が高まりあせったチェ・マンスは12年前に起こった「パルリョン会」の組員死亡事件にセチュルが関わったというニュースを報道させます。

実際、その現場にセチュルはいたものの、自分の親友を殺害したのはグアンチュンでした。チェ・マンスは、検事時代にその事件を担当し、グアンチュンの罪を見逃した代わりに、彼を12年間便利屋としてこきつかっていたのです。

セチュルは殺人事件には直接関わっていなかったと報道されましたが、元ヤクザということが問題視されます。

3人の男が自白すれば自分の身があぶなくなると考えたグアンチュンはソヒョンを誘拐。

気が気でないセチュルのもとにチェ・マンスが現れました。彼はセチュルを挑発し、セチュルは思わず拳を振りあげてしまいます。

チェ・マンスが引き連れてきたマスコミがカメラを回す中、わざと大げさに倒れたチェ・マンスはむちうちと称して入院し、それでもセチュルをかばういい人を演じ、支持率を回復させます。

セチュルはグアンチュンの行方を探しますが、なかなか判明しません。彼の親戚でギャンブル好きの男がいたことを思い出したセチュルは男の行動を見張り、やっとグアンチュンの居場所を突き止めます。

セチュルはソヒョンを助け出し、グアンチュンは駆けつけた警官に逮捕されました。警察もセチュルを応援しているので、彼に暴力を振るわせたくなかったのです。

チェ・マンスがグアンチュンに命じ、ファンボを襲わせた疑いがあることが報道され始めました。

チェ・マンスはありえないことだと否定しますが、証拠の音声データーがあることを事情通から聞かされ、愕然とします。

セチュルは選挙演説の中で、過去のことを謝罪し、ファンボに大切なことを教わったと述べました。「助け合う皆さんを見て何をすればよいかわかった。苦しい時も分かち合うことが大切なのです」

いよいよ投票日となりました。投票が締め切られ、開票、セチュルの当選が報道されました。

チェ・マンスは韓国から脱出しようと車を走らせていましたが、検問で止められ、飲酒運転の罪で逮捕されてしまいます。

ソヒョンはセチュルにいい人になろうと思ったのは私に一目惚れしたせいかと尋ね、否定されて頬をふくらませます。でも本当はソヒョンがまだ彼のことに気がついていないうちから、彼は彼女に一目惚れしていたのでした。仲良くよりそう二人の姿がありました。

その頃、チェ・マンスは留置場で目覚め、グアンチュンと再会しました。

スポンサーリンク

映画『英雄都市』の感想と評価


(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M & Michigan Venture Capital Co., Ltd.& FILMONSTER & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

マ・ドンソク主演の『犯罪都市』の大ヒットで一躍ヒットメーカーに名乗りを上げたカン・ユンソン監督が人気WEBコミックを映画化

『犯罪都市』で強面(こわもて)を演じた面子がここでも勢揃いしていますが、本作は、ヤクザを主人公にしつつ、コメディ―要素を全面に押し出したすこぶる楽しいアクション・コメディーに仕上がっています。

ラブコメ的な要素や、高速でのバス横転事故というパニックアクションも加わり、まさにオールジャンル映画として存分に楽しめ、見終えた時に尋常でないカタルシスを覚えます。

大まかに本作は2つのパートに分けることができるでしょう。1つは「ヤクザの主人公がいい人になれるか」というもの、もう一つは「いい人が政治家になれるか」というものです。

元ヤクザが「いい人」に改心するパートは、ヤクザという強面のイメージと、「いい人」とのギャップが大きければ大きいほど面白みが増し、またその過程で、主人公に対しての共感が生まれてきます。

一方、「いい人」となった元ヤクザが政界を目指すというパートでは現在の政治や政治家への不信感が浮上してきます。

弱者を切り捨て、財閥や富裕層を優遇し、至福を肥やす政治家にNO!を突きつけ、本当に国民のことを思って政治をしてくれる人を求めている現代人の切実な願望が主人公に込められているのです。

アメリカのテレビシリーズを韓国に置き換えてリメイクしたドラマ『サバイバー 60日間の大統領』(2019/全16話)では、現政権がテロで全て壊滅し、偶然一人生き残った学者あがりの素人大臣が大統領代行になるという物語でした。

これもまた、「いい人」が大統領になれるのかという問いと、彼のような人間が政治家になるべきだという願望を込めたエンターティンメントとして大変見応えのある作品でしたが、この『英雄都市』にも同じ匂いを感じ取ることが出来ます。

従来の政治家とイメージが離れていればいるほど面白く、また政治に良心を求める観客たちの願望が満たされていくことで、映画のジャンルを越えた別のカタルシスが生まれ、満足度を高めているのです。

まとめ


(C)2019 MegaboxJoongAng PLUS M & Michigan Venture Capital Co., Ltd.& FILMONSTER & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

主人公セチュルを演じるのは、原作ファン投票で“主人公を演じてほしい役者”第一位に輝いたキム・レウォンです。

『マイ・リトル・ブライド』(2004/キム・ホジュン)や『江南ブルース』など、幅広い演技で知られる彼は、“いい人”を目指すヤクザという複雑な役どころを豪快かつナイーブに演じています。

『犯罪都市』で活躍した面々が今回も役柄を変えて登場。『犯罪都市』ではマ・ドンソクの頼りない上司を演じていたチェ・グィファが、対立候補役で、いや~な人物をこれでもかとねちっこく演じています。こういう役柄が実に上手いチェ・グィファですが、どこか憎みきれない愛嬌があります。

また、『犯罪都市』で凶暴な悪役を演じブレイクしたチン・ソンギュは、キム・レウォンと対抗するこずるいヤクザを溌剌と演じています。

イ・ジョンジェ主演の『サバハ』(2019/チャン・ジェヒョン 日本ではNetflixで配信)では僧侶を演じたチン・ソンギュ。本作ではコミカルな演技もこなし、新たな一面を見せています。

セチュルが一目惚れした勝ち気で正義感の強い女弁護士には、ウォン・ジナが扮しています。2人の恋の行方もみどころのひとつです。

また、オールキャストが歌って終わるエンディングが最高に素晴らしいのです。歌われているのは、キム・ドンリュルの3rd Album「귀향 (歸鄕)」に収録されている「사랑한다는 말(愛するという言葉)」という楽曲です。

関連記事

コメディ映画

映画『そして泥船はゆく』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

今年2016年12月15、16日に、東京にある文京区シビックセンターにて、第1回「チンギス・ハーン」国際映画祭が開催されました。 モンゴルと中国内モンゴルで製作された映画が、日本との交流やお互いの平和 …

コメディ映画

いつだってやめられる7人の危ない教授たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

劇場未公開だったイタリア映画『いつだってやめられる7人の危ない教授たち』は、「Viva!イタリア vol.4」で劇場公開されました。 “落ちこぼれインテリをなめるなよ”とばかりに、危ない教授たちの逆襲 …

コメディ映画

実写映画『ピーターラビット』あらすじとキャスト。公開日情報も

イギリスの名作絵本「ピーターラビット」を初めて実写映画化。 原作とは雰囲気が違う、ワイルドなピーターラビットの活躍を描いた映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日(金)公開。 今回は、人気俳優 …

コメディ映画

今週公開の映画おすすめは?『パディントン2』のあらすじ紹介

いよいよ『パディントン2』は今週1月19日(金)より全国ロードショー! 今回はご存知の愛らしいパディントンが逮捕されてしまう騒動を描いた『パディントン2』から劇場にて上映がスタートしますよ。 スポンサ …

コメディ映画

松尾スズキ映画『108 海馬五郎の復讐と冒険』あらすじネタバレと感想。演劇と映画の面白さから突き抜けた艶笑譚

劇団「大人計画」の主宰・松尾スズキが映画監督4作目。 2018年に創立30周年を迎えた劇団「大人計画」。主宰の松尾スズキが監督・脚本にして、満を持して放つ主演も務めます。 妻に裏切られた脚本家の復讐劇 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP