Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/18
Update

映画『ティーンエイジ・パパラッチ』感想とレビュー評価。13歳少年が手にしたカメラが過熱セレブリティの実像を活写|だからドキュメンタリー映画は面白い35

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第35回

少年パパラッチが、お騒がせセレブたちに突撃取材!

今回取り上げるのは、2010年にアメリカ公開されたドキュメンタリー映画『ティーンエイジ・パパラッチ』

アメリカの人気テレビシリーズ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」で知られる俳優エイドリアン・グレニアーが、13歳の少年パパラッチの姿に密着します。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ティーンエイジ・パパラッチ』の作品情報


(C)2009 RECKLESS PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2010年(アメリカ映画)

【原題】
Teenage Paparazzo

【製作・監督】
エイドリアン・グレニアー

【製作】
マシュー・クック

【撮影】
デビッド・セラフィン

【編集】
ジム・カーティス・モル

【キャスト】
オースティン・ヴィスケデイク、エイドリアン・グレニアー、エヴァ・ロンゴリア・パーカー、パリス・ヒルトン、マット・デイモン、アレック・ボールドウィン、ウーピー・ゴールドバーグ、マリオ・ロペス、リンジー・ローハン、ロージー・オドネル

【作品概要】
映画『プラダを着た悪魔』(2006)や、テレビドラマシリーズ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」の俳優エイドリアン・グレニアーが監督・主演を務めたドキュメンタリー。

セレブたちに密着する13歳のパパラッチ少年オースティンの日々の生活を追い、彼の心の成長を通し、世界中で過熱するセレブリティビジネスの実像に迫っていきます。

マット・デイモンやパリス・ヒルトンといった、豪華セレブたちが出演していることでも話題となりました。

映画『ティーンエイジ・パパラッチ』のあらすじ


(C)2009 RECKLESS PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

アメリカのテレビドラマシリーズ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」でセレブ青年を演じ、一躍人気となった俳優エイドリアン・グレニアー。

このドラマの役柄同様、パパラッチに追われる立場となった彼はある日、大人たちに混ざって高級カメラを構える少年を見つけます。

その少年は名をオースティンといい、離婚した両親の家を往き来し、昼は家庭教師と勉強をしたのち、夜はセレブを追っかける生活を送っていたのです。

若干13歳にしてパパラッチとして活動するオースティンに興味を持ったエイドリアンは、彼を逆取材することにします。

スポンサーリンク

イケメン俳優エイドリアン・グレニアーが少年パパラッチを逆取材

エイドリアン・グレニアーのツイッター

本作『ティーンエイジ・パパラッチ』は、俳優のエイドリアン・グレニアーが監督・主演を務めたドキュメンタリー映画です。

『プラダを着た悪魔』などで脚光を浴びたエイドリアンですが、実は彼はドキュメンタリー作家としての顔も持っており、2002年には『Shot in the dark』(日本劇場未公開)を発表。

監督デビュー作となったこの『Shot in the dark』では、エイドリアン自ら、長らく行方知れずだった自身の父親を捜すうちに、秘められた自身の出自を突き止めていきます。

この映画で、優れた作家性があることを証明した彼が続けて発表したのが、『ティーンエイジ・パパラッチ』にあたります。
 

パパラッチとセレブは持ちつもたれつな関係?


(C)2009 RECKLESS PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

エイドリアンは、13歳の少年パパラッチであるオースティンに密着し、パパラッチになった経緯や、仕事の魅力などを尋ねていきます。

普段パパラッチに追われるセレブのエイドリアンがパパラッチとなり、普段セレブを追っかけるオースティンがセレブに密着されるという逆転現象の中で、本作はベテランのパパラッチや、大物セレブたちにもマイクを向けます。

それらから導き出されるのは、とかく非難の的となりがちなパパラッチと、彼らに追われるセレブとの関係性です。

パパラッチがいるからこそセレブはセレブたり得るし、パパラッチに追われるという状況も、ある意味で仕事の一環であるという、いわゆる持ちつ持たれつな間柄なのではという見解が浮き出てきます。

お騒がせセレブの筆頭であるパリス・ヒルトンが、相変わらずの世間知らずな顔を見せる一方で、パパラッチを責めずに自分の立ち位置を理解しているようなコメントを発するのも、興味深い場面です。

スポンサーリンク

その後のパパラッチ少年・オースティン

オースティン・ヴィスケデイクのインスタグラム

そして、少年パパラッチとして注目されるようになったオースティンもまた、ミイラ取りがミイラになったようなメディアの取材攻勢を受けるようになったことで、予期せぬ顛末を迎えることに。

本作製作から10年近く経った現在では、SNSなどの情報発信手段が進歩し、下手すれば13歳以下の子どもでも容易にパパラッチになれる時代となりました。

しかしながら現在のオースティンは、パパラッチではなく、フォトグラファー及びショートフィルムの撮影監督となっています。

カメラを構える仕事に変わりはないものの、レンズを向ける被写体や目的が大きく変わったのには、もしかすると本作出演がきっかけとなったのかもしれません。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『ストレイ・ドッグ』感想と評価考察。ニコールキッドマン最新作で演じた女刑事の“野良犬根性”と娘への愛|映画という星空を知るひとよ20

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第20回 オスカー女優のニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦! ある事件で心をむしばまれた女性刑事が、忌まわし過去と向き合う姿を描いたサスペンスノワール『ストレ …

連載コラム

映画『剣の舞 我が心の旋律』感想と考察レビュー。ハチャトゥリアンの代表作となった名曲はひと晩で誕生していた|心を揺さぶるtrue story1

連載コラム「心を揺さぶるtrue story」第1回 読者の皆さま、はじめまして。連載コラム『心を揺さぶるtrue story』を担当させていただくことになりました、咲田真菜です。このコラムでは実話を …

連載コラム

特撮映画としての『釈迦』『敦煌』内容解説とキャスト評価。邦画キングダムが受け継いだ超大作の源泉|邦画特撮大全43

連載コラム「邦画特撮大全」第43章 2019年4月19日の全国公開から大ヒットを打ち出した映画『キングダム』。 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会 紀元前の中国・春秋時代 …

連載コラム

映画『トータルリコール(1990)』ネタバレあらすじと感想。続編もあるポールバーホーベンの謎を残した演出|すべての映画はアクションから始まる18

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第18回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

大工原正樹映画『やす焦がし』あらすじと感想。映画美学校の講師と生徒が紡ぐ奇想のメルヘン|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り4

ちば映画祭2019エントリー・大工原正樹監督作品『やす焦がし』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 トークショーにて映画制 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学