Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『セブンガールズ』全国のミニシアターに作品を無料提供!興行収入の全額を上映館に寄付

  • Writer :
  • 石井夏子

「皆で助け合って生きていく」というテーマの作品を寄付。

新型コロナウイルスの蔓延に伴う大幅な動員減少に続き、緊急事態宣言による多くの映画館の休館の報道に多くの関係者・映画ファンが心を傷めています。

ミニシアターがあったからこそ上映出来た映画『セブンガールズ』(監督・脚本:デビッド・宮原/2018年公開)。

本作の実行委員長・小野寺隆一氏より、『セブンガールズ』を2020年5月~9月に上映していただける全国のミニシアター様に興行収入の全額を上映館様に寄付するというご提案がありました。

無料上映、割引上映なども含めて、ご自由にご活用して頂きます。事態の終息と共に、再び映画館に観客が集まる日を心より願っております。

スポンサーリンク

映画『セブンガールズ』とは?

(C)セブンガールズ映画化実行委員会/劇団前方公演墳

映画『セブンガールズ』は当初UPLINK渋谷での1館1週間の上映予定から計4週の延長上映をはじめ、全国10箇所以上で1年に渡って上映され、動員数2500名を越えた作品です。

わずかな動員数でありながら熱烈なファン、リピーターを生み、現在もTOHOシネマズ主催の復活上映希望サイト「ドリパス」にて3度ものランキング入り、復活上映決定を果たしています。

本作が描くのは、夢を持つことも、希望を持つことも、恋をすることさえ贅沢だった終戦直後。今日食べるもののためだけに生きる「パンパンガール」と蔑まれた女性たちを描き、極限状態に近いどん底にありながら、星を見上げ続けた夢の物語です。

原作となったのは2018年に旗揚げ20周年を迎えた、劇団前方公演墳の同名舞台。多くの観客に愛され、2004年の初演から、4度の再演を重ねてきた劇団の代表作を、舞台版のオリジナルキャストで映画化しました。

監督は劇団前方公演墳主宰で、マンガ『かぶく者』の原作なども手がけるデビッド・宮原

映画『セブンガールズ』の実行委員長小野寺隆一のコメント

(C)セブンガールズ映画化実行委員会/劇団前方公演墳

映画業界の未来を思い各所があらたな動きを進めている中、本作の映画化実行委員会の実行委員長であり、出演もしている小野寺隆一氏よりコメントが届きました。

この映画は、20年間小劇場で公演を続けてきた劇団を応援し続けてくださったファンの皆様によるクラウドファンディングでの支援から始まりました。
クラウドファンディング達成後も、やれるすべてのことを自分たちでやる姿勢をみて、多くの現場スタッフに支えられて信じられないような低予算での撮影を完了できました。
その後の上映も、自分たちの作品を映画化したいという思いに共感してくださったからこそ、この規模ではありえない動員数になったと思っています。
そして現在も多くの復活上映を望む声が集まっております。この映画のテーマは「皆で支え合って生きていく」ことです。
日本の映画、 音楽、 演劇などエンターテイメント文化までもがウイルスに感染しているような状況の中、
映画「セブンガールズ」という作品を世の中に送り出していただいたミニシアターという文化に少しだけでも恩返しをさせていただけたらと心より思っております。
また上映していただけるのであれば可能な限り舞台挨拶などご協力させてください。
映画の灯火を守り続けてくださるミニシアター様に感謝を込めて。
セブンガールズ映画化実行委員会 実行委員長 兼 出演 小野寺隆一

スポンサーリンク

映画『セブンガールズ』の作品情報

(C)セブンガールズ映画化実行委員会/劇団前方公演墳

【製作】
2018年(日本映画)

【原作】
劇団前方公演墳の舞台『セブンガールズ』

【脚本・監督】
デビッド・宮原

【音楽】
吉田トオル

【美術監督】
杉本亮

【キャスト】
劇団前方公演墳

映画『セブンガールズ』のあらすじ

(C)セブンガールズ映画化実行委員会/劇団前方公演墳

アメリカ軍の支配下にあった終戦直後、希望と尊厳を奪われたドン底の東京にわずかな命を生きた娼婦達がいました。

家族の命を奪ったアメリカ軍人を相手に体を売る彼女達を人は蔑み、パンパンガールと呼びました。

とっくに捨てた幸せ、あるはずのない愛、取り巻く男達の野心に翻弄されながらも、手を取り懸命に生きようとした彼女達の歌、「セブンガールズ」が、瓦礫の街に今日も聞こえてきます。

スポンサーリンク

まとめ

(C)セブンガールズ映画化実行委員会/劇団前方公演墳

ミニシアターへのいますぐの寄付よりも上映再開、通常運営に戻った際に少しでも各映画館様の動員に繋がり、少しでも多くの興行収入を手にしていただくことこそ大事なのではないかと考え、今回、この企画を立ち上げたと語る小野寺氏。

製作資金0円からクラウドファンディングで製作され、テーマが「皆で助け合って生きていく」という作品ということも理由のひとつ。

また、DVD他ソフト化も、配信を含めた放送もおらず、映画館でのみの上映作品です。全国のミニシアター様、ぜひ本作の上映をご検討ください。

映画『セブンガールズ』上映に関するお問い合わせ先につきましては公式サイトにてご確認ください。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年8月23日〜24日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載し …

新作映画ニュース

映画『空母いぶき』舞台挨拶リポート。西島秀俊・佐々木蔵之介らが完成披露試写会のゲストで登壇!

映画『空母いぶき』は2019年5月24日(金)に公開 2019年5月24日(金)に公開される、かわぐちかいじによるベストセラーコミックを、破格のオールスターキャストで映画化した超大作『空母いぶき』。 …

新作映画ニュース

『ある船頭の話』ヴェネチア国際映画祭公式上映レポート!オダギリジョー監督作に確かな手ごたえ

満席&鳴り止まぬ拍手。 『ある船頭の話』ヴェネチアでついにお披露目! 2019年9月13日(金)より公開されるオダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』が、第76回ヴェネチア国際映画祭の“ …

新作映画ニュース

映画『凱里ブルース』あらすじ/キャスト/公開日。日本で劇場上映されるビー・ガン監督の原点となる長編デビュー作!

ポン・ジュノ監督、ギエルモ・デル・トロ監督らも大絶賛! 史上最年少の26歳で金馬奨の最優秀新人監督賞を受賞作。 最新作映画『ロングデイズ・ジャーニー』のビー・ガン監督の原点とも言える初長編映画『凱里ブ …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの佐々木香役は内田理央【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP