Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/03
Update

『天気の子』帆高(ほだか)役の声優は醍醐虎汰朗。プロフィールと演技力の評価

  • Writer :
  • 石井夏子

オーディションで抜擢された注目の若手俳優とは。

『君の名は。』(2016)の空前の大ヒットから3年。

期待が高まる新海誠監督の長編映画『天気の子』が、2019年7月19日より全国公開されます。

主人公・森嶋帆高を演じるのは、2000人を超えるオーディションを見事に勝ち抜いた醍醐虎汰朗(だいごこたろう)。

話題の若手俳優・醍醐虎汰朗について、本記事では紹介して行きます。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『天気の子』の作品情報

(C)2019「天気の子」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・原作・脚本】
新海誠

【音楽監督・主題歌】
RADWIMPS

【キャラクターデザイン】
田中将賀

【作画監督】
田村篤

【美術監督】
滝口比呂志

【キャスト】
醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、吉柳咲良、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子、小栗旬

【作品概要】
『君の名は。』(2016)が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

『君の名は。』に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザインを手掛け、『猫の恩返し』(2002)などスタジオジブリ作品に多く携わってきた田村篤が作画監督、『言の葉の庭』(2013)の滝口比呂志が美術監督を担当しました。

『兄に愛されすぎて困ってます』(2017)に出演した醍醐虎汰朗と、『地獄少女』(2019)『Last Letter』(2020)など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じます。

他にも、小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが出演し、『愛にできることはまだあるかい』など複数の主題歌を含む全ての音楽を人気ロックバンドRADWIMPSが担当しています。

映画『天気の子』のあらすじ

(C)2019「天気の子」製作委員会

高校1年の帆高は、離島から家出し、東京にやってきます。

生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業でした。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会います。

ある事情を抱えながらも、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。

彼女には、祈るだけで空を晴れに出来る力があり…。

スポンサーリンク

映画『天気の子』帆高役は醍醐虎汰朗

参考:醍醐虎汰朗の公式ツイッター

映画『天気の子』にて主役の帆高を演じる醍醐虎汰朗(だいごこたろう)は2000年9月1日生まれ、東京都出身の俳優です。

身長は167cmで、特技はサッカー・水泳・ボクシングと、スポーツ万能。

中学のサッカー部の引退をきっかけに芸能事務所「A-LIGHT(エーライツ)」のオーディションに応募。見事に合格し2016年に芸能界入りを果たしました。

2017年に舞台『弱虫ペダル』の『新インターハイ篇~スタートライン~』の一般公募オーディションにて、初の舞台出演ながら主人公・小野田坂道役(3代目)を射止め、同公演の座長も務めます。

その後も舞台『弱虫ペダル』では同役を『新インターハイ篇~ヒートアップ~』(2017)『新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~』(2018)と続投。

映画『兄に愛されすぎて困ってます』(2017年)では土屋太鳳演じるヒロインの中学時代の思い人・山田先輩を演じ、短い出番ながらも強い印象を残しました。

2019年には出演映画『セブンティーン モータース』も公開予定で、ますます注目を集めています。

映画『天気の子』主役の森嶋帆高はどんな役?


(C)2019「天気の子」製作委員会

物語の主人公は、離島から家出し、東京にやってきた高校1年生の森嶋帆高(もりしまほだか)

ひとりで生活をしていくには高校1年生という年齢はまだ幼く、仕事もなかなか見つからず、孤独な生活を送ることに。

新海誠監督は「主人公の男の子は模範的な少年ではなく、世の中の規範から外れていってしまう」と明かし、演じる醍醐虎汰朗についても、「初々しくて、一生懸命にやっているけどから回っている」「思い描いている主人公・帆高に似てる」と絶賛しています。

スポンサーリンク

醍醐虎汰朗の演技力の評価は


(C)2019「天気の子」製作委員会

舞台で主演を務め、本作で多くのライバルに打ち勝ってきた醍醐虎汰朗。

チャンスを確実に物にする強運の持ち主ですが、彼の魅力はなんといってもひたむきな向上心です。

本作でも、声のみの演技が初めてだったため、声優の梶裕貴と木村良平から、マイク前での演技の方法を教わったそう。

解禁された『天気の子』スペシャル予報でも、人の心を動かす彼の演技の魅力や、不器用ながらも一所懸命な人柄が伝わってきますね。

大きな役をつかみ取ったことに驕らず、さらなる高みを目指すために続けた努力が開花しています。

本作でますます注目を集めること必至な若手有望俳優です。

まとめ

参考:新海誠監督の公式ツイッター

自らにしか描けない世界を探求し続ける新海誠監督。

彼が3年ぶりの新作長編アニメーションの主役に抜擢したのは、俳優の醍醐虎汰朗です。

数々の舞台・コマーシャル・映画などで演技力を磨いてきた若手実力派・醍醐虎汰朗が、新海監督の表現をいっそう豊かに彩ります

映画『天気の子』は、2019年7月19日より全国公開です。

映画『天気の子』特集記事一覧はこちら




関連記事

新作映画ニュース

映画『12人のイカれたワークショップ』あらすじ/キャスト。田口清隆最新作が2021年劇場公開!

「ウルトラマン」シリーズ監督・田口清隆の新作映画はZ級にイカれたSFホラー! 「ウルトラマン」シリーズやドラクエを題材とした本田翼主演ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』等で知られる 監督・田口清隆。 …

新作映画ニュース

映画『そして、バトンは渡された』キャストの石原さとみは梨花役!演技力の評価とプロフィール

映画『そして、バトンは渡された』は2021年10月29(金)にロードショー 第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこのベストセラー小説を映画化した『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金 …

新作映画ニュース

大阪アジアン映画祭2020受賞結果発表!間瀬英正が最優秀男優賞・グランプリは『ハッピー・オールド・イヤー』

第15回大阪アジアン映画祭閉幕。 第15回大阪アジアン映画祭は、3月6日から15日までの10日間、全58作品の上映を終え、閉幕となりました。 本年は映画祭をできるかぎり縮小しようと試み、あわせて、人々 …

新作映画ニュース

【下北沢映画祭2020情報】オンライン配信で10月2日から開催!上映作品プログラム第1弾も発表

第12回下北沢映画祭は10月2日(金)~4日(日)オンライン開催決定! ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切 …

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学