Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/17
Update

佐野勇斗映画『小さな恋のうた』あらすじ。若手キャストがバンドMONGOL800の名曲を歌い奏でる

  • Writer :
  • 石井夏子

佐野勇斗があの名曲を歌う

MONGOL800が2001年にリリースした楽曲「小さな恋のうた」。

平成で最も歌われたカラオケランキング男性曲1位に輝き、世代や性別を問わず今なお歌い継がれるこの名曲から、1本の映画『小さな恋のうた』が誕生しました。

幾度と沖縄で取材を重ね、8年にも及ぶ時間をかけて完成した物語は、MONGOL800の楽曲の数々に込められた知られざるメッセージを導き出し、2つの国と共に生きる若者たちを中心に、単純な賛否だけでは割り切れない生きた青春を描きます。

映画『小さな恋のうた』は、2019年5月24日(金)より全国公開されます。

本作の情報を、バンドの練習を重ねる出演者たちのメイキング映像とともにご紹介します。

スポンサーリンク

映画『小さな恋のうた』メイキング映像

メイキング映像は、ドラムスティックの音から始まります。

そのリズムに重なる複数の男性の声。

そして映し出されるバンド練習にて、アカペラで歌うキャストたち。

撮影開始の半年前から始まったバンド練習を振り返り、本作の主演を務める佐野勇斗は、「正直すっげー長かったっす」と本音をはき出します。

ドラム担当の森永悠希は、メンバーの一番後ろにいるポジションのこともあり、「この人たちを見守って行かなきゃ」と心に誓ったそう。

唯一の女性メンバー、山田杏奈は「演奏中に目が合った時にバンドだと言う絆を感じた」と語りました。

本作が俳優デビューとなる眞栄田郷敦(まえだごうどん)は、「毎秒毎秒が勉強」と真剣な面持ち。

そして「苦手だと思っていた音楽への気持ちが変わった」と明るい表情で鈴木仁が打ち明けました。

その後映される撮影風景は、沖縄の抜けるような青い空に、佐野勇斗の真っすぐな歌声が拡がって行きます。

ライブでの撮影は、バンドメンバーも、観客役の大勢の出演者も心から楽しんでいる様子が伝わり、胸が熱くなりますね。

この歌は、映画は、きっとたくさんの人の心に響くはずです。

映画『小さな恋のうた』の作品情報


©︎2019「小さな恋のうた」製作委員会

【公開】
2019年5月24日(金)(日本映画)

【原作】
MONGOL800「小さな恋のうた」

【監督】
橋本光二郎

【企画・プロデュース】
山城竹識

【脚本】
平田研也

【主題歌】
MONGOL800

【キャスト】
佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁、トミコクレア、世良公則、金山一彦、佐藤貢三、中島ひろ子、清水美沙、上江洌清作、儀間崇、高里悟

【作品概要】
沖縄出身のバンドMONGOL800の人気楽曲「小さな恋のうた」をモチーフに描く青春映画です。

『羊と鋼の森』(2018)、『雪の華』(2019)などの橋本光二郎がつ監督を務め、沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、そしてフェンスを隔てた米軍基地に暮らす同世代の少女といった大切な人たちに思いを届けようとする姿を描きだします。

主人公の真栄城亮多には、『ちはやふる-結び-』、『3D彼女 リアルガール』(2018)、『凜-りん-』(2019)など多くの作品に出演が続く若手最有力俳優でありながら、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野勇斗。

亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎には『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013)でドラムを習得した森永悠希。

唯一の女性バンドメンバーを演じるのは映画『ミスミソウ』(2018)『五億円のじんせい』(2019)と話題作への出演が続き、ロッテ『ガーナミルクチョコレート』のCMにも出演している山田杏奈。

舞の兄にして亮多の親友である譜久村慎司には、本作で役者デビューとなる新鋭・眞栄田郷敦。千葉真一を父に、新田真剣佑を兄に持つ眞栄田郷敦の演技に期待が高まります。

同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝にMEN‘S NON-NOモデルでありながら、話題のテレビドラマ『3年A組』にも出演の鈴木仁など、今まさに夢に突き進む若手俳優陣が集結しました。

「小さな恋のうた」はもちろん、「DON’T WORRY BE HAPPY」「あなたに」など、MONGOL800の名曲を半年以上ものトレーニングを経て披露しています。

スポンサーリンク

映画『小さな恋のうた』のあらすじ


©︎2019「小さな恋のうた」製作委員会

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。

そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていました。

自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まります。

しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、行く先を見失ってしまうバンド。

そこに現れた、1曲のデモテープと、米軍基地に住む1人の少女。

それらによって、止まった時計の針は前に進み始めます。

フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がり…。

まとめ


©︎2019「小さな恋のうた」製作委員会

音楽の力、誰かに想いを伝える力。

たくさんの力が、佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁ら若手キャストの歌声と演奏に乗って、青空を駆け抜けます

映画『小さな恋のうた』は、2019年5月24日(金)より全国ロードショーです。

熱い想い、あなたにもきっと届きます。

関連記事

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの朝子役は根岸季衣【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

新作映画ニュース

岡山天音映画『踊ってミタ』あらすじとキャスト。公開日は2020年3月7日に決定した飯塚俊光監督作の上映リポート!

“踊り”を通して夢をとりもどしていく 観るものを熱くするヒューマン・ダンスムービー ユーモア溢れるヒューマン・ダンスムービーに思わず踊ってみたくなるかも!? 映画『踊ってミタ』が2020年3月7日より …

新作映画ニュース

映画『アンダードッグ』瀧内公美は妖艶な演技力でシングルマザー明美役を演ず【プロフィールと評価】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

新作映画ニュース

映画『その瞬間、僕は泣きたくなった』あらすじとキャスト。三池崇史や行定勲らのオムニバス予告編解禁!

詩と音楽、映像を一つに融合するオムニバス映画、シネマファイターズプロジェクト第3弾。 EXILE HIRO、SSFF&ASIA代表の別所哲也、作詞家小竹正人の3人によって打ち出されたシネマフ …

新作映画ニュース

《動画で見る芳賀俊監督インタビュー》映画『おろかもの』は人間を多面的に描く

映画『おろかもの』 動画で見る、芳賀俊監督インタビュー 弁慶グランプリ・キネマイスター賞・観客賞・俳優賞(笠松七海)・俳優賞(村田唯)と、田辺・弁慶映画祭にて史上初の5冠受賞を果たした映画『おろかもの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学