Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

007ムーンレイカー|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。悪役ジョーズと戦うボンドがついに大宇宙へ飛び立つ

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第11作!

ルイス・ギルバートが監督を務めた、1979年製作のイギリス・フランス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/ムーンレイカー』。

「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが、捜査を任されたハイジャックされたスペースシャトル「ムーンレイカー」を巡って、人類抹殺を目論む謎の組織に挑む姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

ロジャー・ムーア演じる3代目ジェームズ・ボンドがついに大宇宙へ飛び立つ、「007」シリーズ第11作目『007/ムーンレイカー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『007/ムーンレイカー』の作品情報


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1979年(イギリス・フランス・アメリカ合作映画)

【原作】
イアン・フレミングの小説『ムーンレイカー』

【監督】
ルイス・ギルバート

【キャスト】
ロジャー・ムーア、ロイス・チャイルズ、ミシェル・ロンズデール、コリンヌ・クレリー、リチャード・キール、バーナード・リー、デスモンド・リュウェリン、ロイス・マクスウェル、マイク・マーシャル、ウォルター・ゴテル、ジェフリー・キーン

【作品概要】
前作『007/私を愛したスパイ』(1977)のルイス・ギルバートが監督を務めた、イギリス・フランス・アメリカ合作のスパイアクション作品。

原作であるイギリス人のスパイ小説・冒険小説家イアン・フレミングの小説『ムーンレイカー』をもとに描かれた、「007」シリーズ第11作目です。

「007」シリーズのロジャー・ムーアが3代目ジェームズ・ボンド役を、『ナイル殺人事件』(1978)のロイス・チャイルズが本作のボンドガールであるホリー・グッドヘッド役をそれぞれ演じています。

映画『007/ムーンレイカー』のあらすじとネタバレ


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

英国は米国の大型ジェット旅客機「ボーイング747」を借りて、「ドラックス社」という会社が製造したスペースシャトル「ムーンレイカー」を空輸しようとしていました。

しかしアラスカ上空を飛行中、ボーイング747は空中爆発し、カナダ・ユーコンに墜落してしまいました。

ですが不可解なことに、墜落現場にはボーイング747の残骸しかなく、ムーンレイカーは影も形もありません。

米英政府から捜査を委任された英国情報局秘密情報部「MI6」の部長であるMと、米国の国防大臣のフレデリック・グレイは、「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドに、ハイジャックされたムーンレイカーの行方を捜索するよう命じました。

MたちとMI6の特務装備開発課「Q課」の課長であるQから事件の概要を聞いたボンドは、ドラックス社の社長ヒューゴ・ドラックスに接触するため、カリフォルニアへ向かいました。

カリフォルニアに到着後、ボンドはドラックス社の女性パイロットであるコリン・ダフォーと出会います。

ボンドは彼女が操縦するヘリに乗り、上空からドラックス社とドラックスの邸宅を観察しました。

コリンの話によると、ドラックスは宇宙制覇を夢見ており、ムーンレイカーを製造する工場・格納庫・実験室・試験センター全てを所有していました。

さらにドラックスは、宇宙飛行士の育成にも惜しみなく投資しており、ドラックス邸では宇宙飛行士を目指す訓練生が日々訓練に励んでいました。

ドラックス邸に到着後、ボンドはドラックスと謁見し、彼にムーンレイカーの製造は全てここでやっているのか尋ねます。

これに対しドラックスは、「宇宙を制覇することは人類の未来への投資だ。ゆえに世界各国の優秀な人材と技術を結集させる必要がある」、「だからムーンレイカーの部品はここだけではなく、世界各国で作っている」と答えました。

その後、ボンドはNASAから派遣された女性科学者ホリー・グッドヘッドと会い、彼女にムーンレイカーの総合施設(工場・格納庫・実験室・試験センター全てがある施設)を案内してもらいました。

スペースシャトル打ち上げ時の重力に対する訓練をする装置「遠心力訓練機」を目にしたボンドは、ホリーに勧められるがまま試乗することに。

そこへドラックスの手下チャンが現れ、ホリーと制御室にいるインストラクターに嘘を言い、退室させます。

そしてチャンは、遠心力訓練機を制御不能にし、ボンドを殺そうとしました。

どんどん遠心力と重力が増していき、意識を失いかけたボンド。間一髪のところでQから支給された新兵器を使って遠心力訓練機を停止させ、自力で脱出します。

この時ボンドは、ドラックスの指令を受けたホリーとチャンが、遠心力訓練機を使って自分を殺そうとしたのではないかと疑いました。

その日の夜。ボンドはコリンの寝室に忍び込み、彼女を誘惑して、ドラックス社はムーンレイカーの製造以外に何かしていることはあるか尋ねます。

これに対しコリンは、「閉鎖同然の研究所があって、そこで秘密の研究をしていたけど違う場所に移転したの」と答えました。

その秘密の研究とは何か探るべく、ボンドはコリンの静止する声も無視して、ドラックスの書斎に忍び込みます。

書斎内を調べた結果、秘密の研究所はドラックス社の傘下にある、イタリア・ヴェネツィアのガラス工房「ヴェニーニ工芸」で、ある製品を製造していることが判明。

その設計図のマイクロ・フィルム撮影に成功したボンドは、研究所で何を製造しているのか探るべく、ヴェネツィアへ向かいました。

しかし、ボンドに手を貸したコリンは、翌日ドラックスが飼っている猛犬2頭の餌食となってしまいました。

ヴェネツィアに到着後、ボンドは自分と同じようにヴェニーニ工芸を調べているホリーと遭遇します。

ホリーに上手く煙に巻かれてしまったボンドの元へ、ドラックスが差し向けた殺し屋たちが襲撃。壮絶なボートチェイスを繰り広げた末、ボンドは殺し屋たちを撃退しました。

その日の夜。ボンドは昼間目をつけたヴェニーニ工芸の中に隠された研究所に潜入。研究員たちの目を盗んで、そこで製造されている製品のサンプルを手に入れました。

するとそこへ、竹刀を持ったチャンが襲来。ボンドはヴェニーニ工芸内を調べつつ、チャンと激闘を繰り広げていきます。

激闘の最中、ボンドはドラックス航空貨物が、「C&W」というリオデジャネイロの会社に送られていることを知りました。

新たな手掛かりを得たボンドは、チャンを倒した後、ホリーの宿泊先のホテルに押しかけました。

この時、ホリーの部屋にCIAの常備品があるのを見て、ボンドはホリーがCIAのエージェントであることを見破りました。

翌日。ロンドンから駆けつけたMとグレイの立ち会いのもと、ボンドが見つけた研究所の現場検証が行われました。

ですが、研究所は跡形もなくなっており、代わりにドラックスが待ち構えていました。

恥をかかされたと怒り心頭でグレイと共に立ち去ろうとするMを引き止め、ボンドは製品のサンプルをQに渡してほしいとお願いしました。

そしてボンドはリオデジャネイロへ飛び、「C&W」について調べることにしました。

以下、『007/ムーンレイカー』ネタバレ・結末の記載がございます。『007/ムーンレイカー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

しかし、リオデジャネイロに向かったのはボンドだけではありません。ドラックスにチャンの代わりとして雇われた、鋼鉄の歯を持つ巨漢の殺し屋ジョーズです。

リオデジャネイロに到着後、ボンドは宿泊先のホテルで、VH支局から派遣された女性アシスタント、マニュエラと出会いました。

ボンドはマニュエラに、ドラックス航空貨物に記されていた「C&W」というリオデジャネイロにある会社について尋ねます。

これに対しマニュエラは、「C&Wとは、大物の輸入業者カーロスとウィルムスバーグが経営するドラックス・グループ会社のこと」、「その倉庫はカリオカ通りにあるわ」と答えました。

その日の夜。カーニバルで賑わう中、ボンドとマニュエラはC&Wの倉庫に向かいました。倉庫の中は空でしたが、ドラックス航空貨物があった証拠は残されていました。

するとそこへ、仮装したジョーズが襲来。ジョーズはボンドたちを殺そうとしましたが、そこへ偶然通りかかった踊り子たちにカーニバル参加者だと勘違いされてしまい、ボンドたちと引き離されてしまいました。

何とか難を逃れたボンドは、マニュエラに集積地はどこか尋ねます。これに対しマニュエラは、「サン・ピエトロ」だと答えました。

翌日。ボンドは集積地が見渡せる展望台に行き、C&Wを監視します。彼と同じ行動をとっていたホリーは、ボンドに「ドラックスが所有する航空会社の航空機が、2時間おきに飛行している」と教えました。

手を組んで捜査するかどうかはひとまず置いといて、ボンドたちはケーブルカーを使って下山します。

するとそこへ、ジョーズが襲来。強制的に止められたケーブルカーの上で激闘を繰り広げた末、ボンドたちはジョーズを撃退できたものの、救急隊員に扮したドラックスの手下たちにホリーが捕まってしまいました。

その後、ボンドはQから、研究所で入手した製品のサンプルの解析結果を知らされました。

ボンドが予測したとおり、研究所で作られていた製品は、「オーキディア・ネグラ」というアマゾンの奥地にあるタピラペ川の上流で採れる希少な蘭から抽出された、動植物には無害の有毒神経ガスでした。

QとMは、ボンドに今すぐアマゾンの奥地へ向かうよう指示しました。しかしその道中、ボンドはまたしてもドラックスの手下たちとジョーズに襲われてしまい、ボートチェイスを繰り広げていきます。

ボートチェイスの末、ボンドは危うく滝壺へ落ちそうになりましたが、Qが用意したボートに装備されていたハングライダーを使って危機を脱しました。

ボンドを殺そうと追いかけたドラックスの手下たちは、その大半がボートもろとも爆死し、生き残ったジョーズとドラックスの手下が乗ったボートは滝壺へ飲み込まれていきました。

ジャングルの奥地に辿り着いたボンドの前に、謎の美女が登場。彼女に導かれるがまま、ボンドは巨大な古代遺跡に足を踏み入れます。

その古代遺跡の地下に築かれた宇宙基地こそ、ドラックスの牙城でした。ドラックスはボンドとホリーがいる、ムーンレイカー5号機の真下にある部屋に閉じ込め、2人まとめて殺そうとします。

有毒神経ガスが入ったカプセルが大量に積まれたムーンレイカー1号〜5号機は次々と発射され、宇宙へと飛び立っていきました。

間一髪のところで部屋から脱出したボンドたちは、発射準備に入ったムーンレイカー6号機を奪い、ドラックスたちを追って宇宙へ飛び立ちました。

その道中、ボンドはムーンレイカー6号機の積み荷が何か調べます。発射されたムーンレイカーにはカプセルの他に、ドラックスと彼に選ばれた男女が乗船していました。

極秘に建造した宇宙ステーションに到着後、ドラックスはボンドたちが紛れ込んでいるとは知らぬまま、乗員たちに自身の計画を明かしました。

ドラックスの夢は、完璧なる肉体を備えた新人類を創造し、この宇宙ステーションで新たな帝国を築くことです。

その夢を実現するために、ドラックスは50個の球体カプセルに入った有毒神経ガス(以後、神経ガス球と表記)を地球上にまき散らし、全人類を抹殺しようと計画しました。ムーンレイカー6機は、この宇宙ステーションに移動するためのものでした。

ですがこの計画を実行する前に、宇宙ステーションへの移動用スペースシャトルが1機故障してしまい、その代わりとしてドラックスはムーンレイカーを奪うことにしたのです。

ドラックスが極秘に建造したこの宇宙ステーションは、電波妨害装置によってレーダーには映りません。

そのためボンドたちは、この電波妨害装置を破壊し、米軍に宇宙ステーションの位置を知らせます。これにより、米軍は宇宙ステーションに向けてスペースシャトルを発射しました。

それに気づいたドラックスは2人を捕まえ、彼らの目の前でそのスペースシャトルをレーダー光線で撃ち落とそうとします。さらにドラックスは、ジョーズにボンドたちを殺すよう命じました。

しかしジョーズは、「お前が築こうとしている帝国に、醜い人間は必要ないんだろう?」とドラックスの計画の盲点を突いたボンドの言葉を聞いて、このままでは運命的な出会いをしたドラックス社の女性乗員ドリーと一緒に生きられないと悟り、ドラックスに反旗を翻すことにしたのです。

ジョーズの裏切りに激怒したドラックスの目を盗み、ボンドは非常停止ボタンを押して宇宙ステーションの回転を止めます。

この混乱に乗じて進撃した米軍のスコット大佐率いる攻撃部隊は、ドラックスの手下たちと宇宙ステーション内外で銃撃戦を繰り広げていきました。

米軍とドラックスの手下たちは宇宙服とレーザーガンで武装し激闘を繰り広げる中、ボンドはドラックスとの決戦に挑みます。

追い詰められたドラックスは、死んだ手下から銃を奪い、ボンドを殺そうとしました。しかし、ボンドの腕時計に仕込まれた毒入りのダーツに胸を撃たれ、そのまま宇宙へ放り出されてしまいました。

宇宙ステーションが崩壊していく中、スコット大佐たちはボンドたちに促され、先にスペースシャトルに乗り込み脱出します。

ボンドたちは地球へ向けて発射された3個の神経ガス球を破壊するべく、レーザー砲が搭載されたムーンレイカーに乗り込みました。しかし、ドッキング装置が壊れて離脱できません。

宇宙ステーションに残っていたジョーズとドリーは、ボンドたちに協力し、彼らが乗ったムーンレイカーを力技で離脱させます。

そして、2人が緊急用ポッドに乗り込み脱出した直後、宇宙ステーションは大爆発し崩壊しました。

その後、ボンドたちは次々と神経ガス球をレーダーに捉え、レーザー砲で破壊し人類滅亡の危機を救いました。

米軍の管制室にいるMとグレイの元に、スコット大佐がジョーズたちを救助したことと、ボンドたちが乗ったムーンレイカーが太平洋のレーダー戦の空域に入るとの報告が入りました。

管制室のTVモニターには、任務を終え無重力空間の中で抱き合う2人の姿が映し出されます。それにどよめくMたちに不敵な笑みを浮かべ、ボンドはカメラを切りました。

「家に帰る時間だ」と言うボンドに、ホリーは「もう1周回らない?」と誘います。当然、ボンドの答えはイエスです。

2人を乗せたムーンレイカーが地球を周回する姿を最後に物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『007/ムーンレイカー』の感想と評価


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ついに宇宙へと飛び立つボンド

ハイジャックされたムーンレイカーを見つけ出すため、カリフォルニア・ヴェネツィア・リオデジャネイロ・アマゾン、そして宇宙へと飛ぶボンド。

これまでの「007」シリーズ作品以上で壮大で迫力があるボンドの戦いが、全編通してスピーディーな展開となっており、一瞬たりとも画面から目が離せません。

何度捕まって殺されかけても諦めず、ドラックスを倒しその野望を打ち砕こうとするボンドの姿はとても格好良いです。

そしてなんといっても、物語の終盤で前作『007/私を愛したスパイ』(1977)で死闘を繰り広げた殺し屋ジョーズとボンドが協力する場面は、これまでの彼らの戦いを見てきた人にとって、一番テンションが上がるところでしょう。

壮大な野望を抱くドラックス


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ドラックスは「完璧な肉体を備えた新人類を創造し、新たな帝国を築く」という長年の夢を実現するため、ある計画を企てました。

それは、希少な蘭「オーキディア・ネグラ」から抽出した有毒神経ガスを地球上にばら撒き、全人類を抹殺するというものでした。

物語の後半まで「ハイジャック事件の被害者」という顔を被っていたドラックスでしたが、実はドラックスがムーンレイカーを宇宙ステーションへの移動用シャトルとして奪った犯人だったのです。

そしてガラス工房を隠れ蓑にして、有毒神経ガスとそれを入れる球体カプセルを作る研究をしていました。

おそらくボンドが発見した航空貨物には、有毒神経ガス入りの球体カプセルを積んでいたのでしょう。

さらにはドラックスは、新人類を創造する場所である宇宙ステーションを極秘に建造していました。そこまで用意周到で夢の実現に挑んだドラックスの努力を考えると、呆気なく宇宙へと散っていったのは少し可哀想でした。

まとめ


(C) 1979 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

「007」ことMI6の敏腕諜報員であるジェームズ・ボンドが、壮大な野望を抱く悪党との戦いに挑むため、宇宙へと飛び立ったイギリス・フランス・アメリカ合作のスパイアクション作品でした。

本作の見どころは、世界各地で繰り広げられるボンドvsジョーズとドラックスの手下による激闘の数々と、米軍の攻撃部隊vsドラックスの手下による宇宙での戦いです。

前作『007/私を愛したスパイ』(1977)に引き続き登場したジョーズですが、作中ではボンドを執念深く追いかけ殺そうとする姿以外に、意外な一面を見せます。

それは、リオデジャネイロで繰り広げられたケーブルカーでの戦い。部下のミスによって乗っていたケーブルカーが大破し、負傷したジョーズは、自分を助けてくれたドラックス社の女性ドリーと恋に落ちるのです。

それを知ってか知らずか、ボンドはドラックスの計画の盲点を突いて、ジョーズを味方につけました。ジョーズがドリーと一緒にボンドを助けるところ、そんな2人の無事を祈るボンドの姿は、それまで殺し合っていた2人とは思えないほど穏やかなものでした。

ロジャー・ムーア演じる3代目ジェームズ・ボンドの戦いが、ついに宇宙に進出した壮大かつ迫力あるスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

映画『アメリカン・アサシン』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

スパイアクション映画『アメリカン・アサシン』は、6月29日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー! テロリストへの復讐のために、CIAにスカウトされ利用しようとする主人公ミッチ役に、「メイズ …

アクション映画

映画『マイル22』ネタバレあらすじと解説。ラスト結末のどんでん返しに驚愕せよ!

映画『マイル22』は、2019年1月18日(金)よりロードショー。 『ローン・サバイバー』、『バーニング・オーシャン』などの作品を放ってきた、マーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督が4度目のコン …

アクション映画

映画『モータルコンバット』ラストのネタバレ考察。続編期待の天才 ジェームズ・ワンが手掛ける新たなヒーロー譚!

モータルコンバットが幕を開ける。戦士の本能を呼び覚ませ! 人気シリーズ『ソウ』や『死霊館』といったサイコーホラー映画、『ワイルド・スピードSKY MISSION』、『狼の死刑宣告』などのアクション映画 …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストのボス役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

ジョジョ実写映画ネタバレと感想!続編はある?山﨑賢人の評価も

映画界の鬼才・三池崇史監督が漫画界の奇才・荒木飛呂彦の大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を実写映画化! 主人公・東方仗助を演じる山﨑賢人をはじめとした人気実力派キャストが、ファンから最も人気の高い第4 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学