Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

007黄金銃を持つ男|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ブリット・エクランド演じるボンドガールの魅力満載のシリーズ9弾!

  • Writer :
  • 秋國まゆ

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第9作!

ガイ・ハミルトンが監督を務めた、1974年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/黄金銃を持つ男』。

「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが、タイのプーケット島を舞台に、自身の番号「007」が刻まれた黄金銃の弾を送ってきた正体不明の殺し屋と激闘を繰り広げていく姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

ロジャー・ムーア演じる3代目ジェームズ・ボンドと、「黄金銃を持つ男」という異名を持つ超一流の殺し屋の対決を描いた、「007」シリーズ第9作『007/黄金銃を持つ男』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『007/黄金銃を持つ男』の作品情報


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

【公開】
1974年(イギリス・アメリカ合作映画)

【原作】
イアン・フレミングの小説『007号/黄金の銃をもつ男』

【監督】
ガイ・ハミルトン

【キャスト】
ロジャー・ムーア、クリストファー・リー、モード・アダムス、ブリット・エクランド、エルヴェ・ヴィルシェーズ、クリフトン・ジェームズ、リチャード・ルー、スーン=テック・オー、マーク・ローレンス、バーナード・リー、ロイス・マクスウェル、マーン・メイトランド、デスモンド・リュウェリン、ジェームズ・コシンズ

【作品概要】
007/ゴールドフィンガー』(1965)、前々作『007/ダイヤモンドは永遠に』(1971)、前作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)を手掛けたガイ・ハミルトンが監督を務めた、イギリス・アメリカ合作のスパイアクション作品。

原作であるイギリス人のスパイ小説・冒険小説家イアン・フレミングの小説『007号/黄金の銃をもつ男』をもとに描かれた、「007」シリーズ第9作目です。

前作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)に引き続き、『ゴールド』(1974)のロジャー・ムーアが3代目ジェームズ・ボンドを演じ、『吸血鬼ドラキュラ』(1958)のクリストファー・リーと共演しています。

映画『007/黄金銃を持つ男』のあらすじとネタバレ


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

ある日、英国情報局秘密情報部「MI6」に、「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドの番号「007」が刻まれた黄金の銃弾が送られてきました。

その送り主は、「黄金銃を持つ男」という異名を持つ正体不明の殺し屋フランシスコ・スカラマンガです。

サーカス団出身のスカラマンガは、ソ連の情報機関・秘密警察「ソ連国家保安委員会(KGB)」にスカウトされて以降、薄利多売の殺し屋へと変貌を遂げたという経歴。

そして、第3の乳頭があるという身体的特徴があること以外、彼に関する情報は何もありません。

さらに、スカラマンガは「002」ことMI6の諜報員ビル・フェアバンクスを殺した犯人ですが、現場から黄金銃の銃弾が出なかったため、断定することができていませんでした。

このままでは最悪の場合、敵に正体が知られているボンドは、スカラマンガに抹殺されてしまう。そうなれば、ボンドが従事する任務に支障をきたしてしまう。

そう考えた結果、MI6の部長であるMは、ボンドが従事中だった「ソレックス・アジテーターの入手」という任務を解くことにしました。

ソレックス・アジテーターとは、太陽エネルギーの権威であるギブソン博士が、合法的な大企業「ハイ・ファット建設」の社長である億万長者ハイ・ファットの下で開発した、太陽放射能を産業レベルで電気に変える小型装置のことです。

これに対しボンドは、「スカラマンガより先に彼を見つけ出し、事態を好転させてみせる」と宣言し、自らビル殺害事件の調査を行うことにしました。

まずボンドが向かったのは、ビルが殺されたマカオ・ベイルートのクラブです。そこには、ビルが死ぬ直前まで一緒にいた踊り子サイーダがいます。

ボンドがサイーダに話を聞いてみた結果、ビルは黄金の銃弾が首を貫通し即死。壁からその銃弾を抜き取ったサイーダは、幸運のお守りとして自身の臍につけたことが判明しました。

するとそこへ、クラブにいた複数の男たちが現れ、ボンドは彼らと戦う羽目になってしまいます。

ボンドはこの戦いに紛れて、サイーダから黄金の銃弾を手に入れて逃走。ロンドンにあるMI6の本部に帰還します。

MI6の特務装備開発課「Q課」の課長であるQに鑑定してもらった結果、黄金の銃弾は当たった衝撃で変形して殺傷効果を倍増する銃弾であること。

その重量から推測して、スカラマンガがビル殺害時に使用した銃は4.2口径のものであることが判明しました。

さらに軟らかい23金にニッケルの量が少ないことから察するに、その銃弾を作れる製造者はラザーという、独創的で非凡な技術を持つマカオ在住のポルトガル人だとQとMは言います。

その後、再びマカオへ飛んだボンドは、ラザーに会いに行きました。そしてラザーの工房にあった新型のライフル銃を使い、ラザーを問い詰めた結果、彼は上客であるスカラマンガに頼まれて、黄金銃と銃弾を制作したこと。

今夜マカオのクラブにて、黄金の銃弾の受け渡しが行われることが判明しました。ですがラザーは、スカラマンガと面識がありませんでした。

マカオのクラブに張り込んだボンドは、ラザーから黄金の銃弾を受け取った謎の美女を目撃。彼女の後を追って香港に渡りました。

香港に到着後、ボンドは助手のメアリー・グッドナイトと出会い、謎の美女が滞在するホテルを教えてもらいました。

早速そのホテルへ向かい、ボンドは黄金の銃弾を受け取った彼女を問い詰めました。

その結果、彼女はスカラマンガの愛人アンドレア・アンバースであり、スカラマンガに内心恐怖していること。

そして今夜、「ボトム・アップ」という香港島にあるストリップクラブにて、スカラマンガに黄金の銃弾を渡す約束をしていることが判明しました。

その日の夜。ボンドは、アンドレアが入っていったボトム・アップの向かいの店に張り込みます。

すると、ボトム・アップから男と一緒に出てきたギブソン博士が何者かに狙撃され、即死しました。

その場面を目撃したボンドが、咄嗟に銃を取り出し周囲を警戒すると、ギブソン博士と一緒にいた男に容疑者だと疑われ逮捕されてしまいます。

そのまま警察署に連行されるのかと思いきや、ボンドが連れて行かれたのは沈没した世界最大の豪華客船「クイーン・エリザベス」に作られたMI6のアジアの秘密事務所でした。

そこにいたMやQたちに話を聞いたところ、ボンドを逮捕した男はヒップ大尉という協力者であること。

行方を眩ませていたギブソン博士が、ある条件で戻ることに同意したため、Mたちが出向いたこと。その折衝役がヒップ大尉だったことが分かりました。

当初の予定では、ギブソン博士からMI6にソレックス・アジテーターが渡されることになっていましたが、彼の遺体にはソレックス・アジテーターは無かったのです。

それを聞いて落胆するMたちに、ボンドは自身の推測を話します。

1つ、ギブソン博士を殺したのはスカラマンガであること。2つ、高額な依頼料を要するスカラマンガを雇えるのはファットだけ。

3つ、ファットはギブソン博士の殺害を依頼したものの、足がつかないようにスカラマンガと直接会ってはいない。

そう推測したボンドは、スカラマンガに化けてファットに接触するため、Qにスカラマンガと同じ第3の乳頭の制作を依頼しました。

以下、『007/黄金銃を持つ男』ネタバレ・結末の記載がございます。『007/黄金銃を持つ男』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

翌日のバンコク。スカラマンガに化けたボンドは、警備が厳重かつ広大なファットの屋敷に忍び込み、ファットに接触します。

ファットからディナーに招待されたボンドは、一先ず屋敷を後にすることにしました。その屋敷に、既にファットと面識があるスカラマンガがいるとは気づかないまま………。

その日の夜。再度ファットの屋敷を訪れたボンドでしたが、そこにいた2人の力士とスカラマンガの手下であるニック・ナックに襲われ捕まってしまいます。

翌朝。気を失っていたボンドは、ファットの道場で目を覚ましました。呆然と門下生たちの鍛錬する姿を見ていたボンドでしたが、急遽この道場で一番強い門下生チュラと対決することになりました。

苦戦を強いられたものの、何とか彼を倒したボンドは道場から脱走。しかしすぐに大勢の門下生に取り囲まれてしまいます。

するとそこへ、ヒップ大尉とその姪2人が登場。彼らのおかげで助かったボンドでしたが、不運にもヒップ大尉が運転する車に乗り損ねてしまいました。

そのためボンドは、道場近くの運河に停泊していたボートを使って逃走。チュラたち門下生は別のボートに乗り込んで後を追いかけますが、他のボートに行く手を阻まれてしまいます。

ボンドはそんなチュラたちのボートを真っ二つに破壊して逃走。その様子を、たまたま妻と旅行に来ていたルイジアナ州警察の保安官J・W・ペッパーが目撃していました。

一方ファットは、ボンドが来たことで多額の資金を投入した計画が頓挫してしまうのではないかと恐れ、しばらく身を隠そうとします。

スカラマンガはそんなファットと話をしながら手早く黄金銃を組み立て、ファットを殺害。ファットの後任となり、彼が持っていたソレックス・アジテーターを手に入れました。

一方、宿泊先のホテルに戻ったボンドは、グッドナイトと甘い一夜を過ごそうとします。するとそこへ、突如アンドレアが訪ねてきました。

アンドレアはボンドに、黄金の銃弾を送ったのは自分であると告白します。実はMI6にボンド宛に黄金の銃弾が送られてきたのは、スカラマンガとの関係を清算するために、ボンドに彼を殺させようとしたアンドレアの偽装工作でした。

アンドレアがスカラマンガの目を盗んでここまでやって来たのは、ボンドに直接スカラマンガの殺害を依頼するためです。

その対価として、アンドレアは自身の熟れた体と、スカラマンガが持っているソレックス・アジテーターをあげると言います。

翌日の夜。ボンドはアンドレアが待つキックボクシング場「バンコック・スタジアム」へ行きましたが、彼女は既にスカラマンガによって殺されていました。

スカラマンガはボンドの前に姿を現し、自身の生い立ちを語った上で、「女が盗み出したものは必ず取り返す。君に遺恨はないから、私を尾行するな」と言いました。

スカラマンガが立ち去った後、ボンドはピーナッツ屋に扮していたヒップ大尉と合流。外で待っているグッドナイトの元へ向かいます。

この間、ボンドはスカラマンガに気取られることなく、アンドレアの鞄から零れ落ちたソレックス・アジテーターを入手。

ヒップ大尉はニック・ナックに銃を突きつけられているボンドを助けるため、彼から渡されたソレックス・アジテーターをグッドナイトに預けていました。

そのグッドナイトは、バンコック・スタジアムから1人で出てきたニック・ナックを尾行し、彼が乗り込んだ車のトランクに追跡装置をつけようとします。

それに気を取られていたせいで、背後に立つスカラマンガに気づかず、グッドナイトは彼らの車のトランクに押し込められてしまいました。


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

無線を使ってこのことを知ったボンドたちは、ソレックス・アジテーターの奪還およびグッドナイト救出のため、スカラマンガたちの車を追跡します。

ボンドが追跡用に選んだ車は、ペッパーが試乗しようとしていた車でした。ペッパーと再会したボンドは、やむを得ず彼を乗せたままカーチェイスを繰り広げていきます。

カーチェイスの末、スカラマンガたちは納屋に隠しておいたジェット・エンジン付きの飛行機に車を装着し、ボンドたちの目の前でどこかへ飛び去っていきました。

その後、ボンドはヒップ大尉とMたちと合流。スカラマンガの車はバンコク郊外に乗り捨てられ、彼にグッドナイトどころかソレックス・アジテーターを奪われ、逃亡されてしまったことを報告します。

その直後、中国領海にあるタイ・プーケット近くのパン・ナ・ベイにあるカオ・ビンガー島から発信されている、グッドナイトの発信機の信号をキャッチ。

スカラマンガを追跡するために、中国の領海に入ったと英国首相にバレたら縛り首になることを恐れ、Mは作戦を続行するか躊躇します。

するとボンドが、「MI6の指示ではなく個人的な行動として、単身現地へ向かう」と言い出したのです。

中国側にバレないよう、飛行機を低空飛行させてカオ・ビンガー島へ向かうボンド。カオ・ビンガー島には、ハイ・ファット建設の超電導エネルギー施設兼スカラマンガのアジトが築かれていました。

スカラマンガはやって来たボンドを歓迎し、施設内を案内します。その時スカラマンガは、ソレックス・アジテーターを取り付けた集光装置と、ここにある発電機と巨大なソーラーパネルを使って従来の発電システムを駆逐し、太陽エネルギーの独占販売をするという自らの計画を明かしました。

そしてスカラマンガは、拉致したグッドナイトとボンドに、ニック・ナックが作った昼食を振舞いました。

自分たちは報酬金額は違えど、似た者同士だと言うスカラマンガに対し、ボンドは「俺は政府の命令で人を殺す。お前のように殺人をすることに快楽を求めていない」と反論します。

それがスカラマンガの琴線に触れたのか、スカラマンガはボンドに黄金銃の銃口を向け、「私は偉大な芸術家のごとく、永久不滅の傑作を残したい」、「007と対決し、死を与えることが我が生涯の望みだ」と言いました。

つまり、スカラマンガはボンドに1対1の決闘を申し込んでいるのです。ボンドはこの決闘の申し込みを受けました。

昼食後、ニック・ナック立会いのもと、黄金銃(装填数1発)を持つスカラマンガと、ワルサーPRK(装填数6発)を持つボンドによる決闘が行われました。

互いに背を向け、ゆっくりと20歩歩いて撃ち合う。それで決着がつくはずでしたが、ボンドが放った銃弾はスカラマンガに届きません。

スカラマンガはこの日のために大量に仕掛けを用意したアジトのミラーハウスへ、ニック・ナックを使ってボンドを誘い込みます。

ミラーハウス内での死闘の末、ボンドはスカラマンガの胸を1発で撃ち抜き、彼を倒しました。

同時刻。グッドナイトは背後から発電機の管理・警備を担当する作業員を襲い、コイルを零下270度の液体ヘリウムで冷却する窯の中に落とします。

しかし作業員の体温によって、液体ヘリウムの温度が上昇してしまい、大爆発の危機を招いてしまうのです。

グッドナイトと合流後、彼女が仕出かしたことを知ったボンドは、発電機が大爆発する前にソレックス・アジテーターを手に入れようと奮闘します。

グッドナイトはそんなボンドに気を取られ、自身の尻でソーラーパネルを作動させるマスター・スイッチを押してしまい、さらにボンドを窮地に追い込んでいってしまうのです。

幸か不幸か、太陽が流れる雲によって隠れたことで、何とかソレックス・アジテーターを手に入れることができたボンド。グッドナイトと一緒に急いで脱出します。

ボンドたちがスカラマンガの船を使って、カオ・ビンガー島を脱出した直後、施設はスカラマンガのアジト共々爆発し炎上しました。

自動操縦にした船が香港に着くまで、あと8時間。ボンドたちは束の間の船旅を堪能することに。

ですがその船には、ニック・ナックが潜んでいたのです。ボンドはニック・ナックと格闘の末、小柄な彼をスーツケースに押し込めました。

これでやっと2人だけの時間を楽しめると思ったボンドでしたが、ベッドの横にある電話が鳴ります。電話をかけてきたのはMでした。

ボンドはMからの問いかけに適当に返事をして、「グッドナイト(おやすみ)」と言って電話を切りました。

そんなボンドたちが乗る船の帆のてっぺんには、小さな籠に入れられたニック・ナックの姿がありました。

スポンサーリンク

映画『007/黄金銃を持つ男』の感想と評価


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

突如正体不明の殺し屋に命を狙われることになったジェームズ・ボンド。ですがその殺し屋、フランシスコ・スカラマンガはボンドに恨みなどなく、好敵手として好感を抱いていました。

ボンドがスカラマンガと戦うことになったのは、彼との関係を清算したいアンドレアの偽装工作によるものだった衝撃的な事実も相まって度肝を抜かれます。

そして物語の後半、スカラマンガのアジトがあるカオ・ビンガー島内で行われた、ボンドとスカラマンガによる1対1の決闘。

これまで「007」シリーズ作品では、ボンドvs犯罪組織、またはボンドvs悪党たちによる激闘の数々が描かれてきたものの、ボンドが1対1の決闘をする場面は描かれていません

超一流の殺し屋vs「007」ことMI6の敏腕諜報員による決闘は、新鮮かつ貴重なアクション場面であり、男同士の真剣勝負に誰もが胸が熱くなるほど格好良いです。

また、本当の敵はグッドナイトではないかと疑いたくなるほど、彼女の不注意な行動がボンドを窮地に追い込んでいきます。

まとめ


(C) 1974 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

「007」ことMI6の敏腕諜報員ジェームズ・ボンドが、行く先々で出会う美女たちに翻弄されつつ、正体不明の殺し屋フランシスコ・スカラマンガとの決闘に挑む、イギリス・アメリカ合作のスパイアクション作品でした。

本作の見どころは、物語の後半で描かれるボンドとスカラマンガの1対1の決闘、そしてボンドガールであるグッドナイトと、スカラマンガの愛人アンドレアという2人の美女に翻弄されるボンドの姿です。

また本作では、原作小説とは違う設定と物語の展開が描かれています。1つは協力者がボンドの盟友ライターではなく、ヒップ大尉であること。

もう1つは前作『007/死ぬのは奴らだ』(1973)で行方不明になったボンドが、ソ連に捕らわれ洗脳されてしまったせいでMを暗殺しようとする、といった内容が描かれていないことです。

そうした原作小説との相違点もあるため、映画版「007」シリーズファンのみならず、原作ファンも充分楽しめる作品となっています。

ロジャー・ムーア演じる3代目ジェームズ・ボンドが、クリストファー・リー演じる超一流の殺し屋スカラマンガとの1対1の決闘に挑む、笑いありスリルありのスパイアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

『トップガン』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。トムクルーズの戦闘機パイロットとして空中戦を制す!

世界的メガヒットを記録したトム・クルーズ主演のスカイアクション! トニー・スコットが監督を務めた、1986年製作のアメリカのスカイアクション映画『トップガン』。 米海軍のトップ1%のエリート中のエリー …

アクション映画

映画『東京リベンジャーズ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。実写化したヤンキー・タイムリープSF!

ダメな人生を変える壮絶なリベンジの物語! 累計発行部数2500万部を達成し講談社漫画賞を受賞した大人気漫画「東京卍リベンジャーズ」。 アニメシリーズの公開によって人気が勢いに拍車がかかるこの作品が20 …

アクション映画

映画『ザ・マミー』ネタバレと感想!ラスト結末やダークユニバース考察も

2017年7月28日より公開されたアクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。 ユニバーサル・スタジオの礎を築いてきたモンスターたちが蘇る「ダーク・ユニバース」という新たなシリ …

アクション映画

【ネタバレ考察】スパイダーマン ノーウェイホーム|ヴェノムのラストシーン解説からMCU/SSUシリーズの今後の展開を予想!

トム・ホランド主演・MCUスパイダーマンついに完結! 各シーン解説&今後の展開を予想! 2022年1月7日に劇場公開を迎えた映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』(以下、『ノー・ウェイ・ホーム』 …

アクション映画

『ダイ・ハード』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価解説。ブルース・ウィリス代表作おすすめ1番!不運な刑事マクレーンを演じた人気シリーズ

映画『ダイ・ハード』はブルース・ウィリスが災難に巻き込まれる刑事ジョン・マクレーンを演じた人気シリーズ第1弾。 監督は、『プレデター』(1987)や『レッド・オクトーバーを追え!』(1990)のジョン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学