Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/04/27
Update

映画『ローグ』あらすじ感想評価と内容解説。結末までライオンとミーガンフォックスのガンアクションが見どころ!

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ローグ』は2021年5月7日(金)より全国順次公開予定。

人質救出作戦に挑む傭兵部隊。ギャングの魔の手から逃れるべく奮闘する彼らには、もう一つの追っ手が迫っていた…!

ギャングの人質解放を試みる傭兵部隊が、アフリカの地で出くわした絶体絶命の瞬間を描いた映画『ローグ』。二つの脅威にさらされた人々の複雑な恐怖心理を、迫力の超絶銃アクションを交えて描きます。

映画、テレビドラマと話題作を手掛け注目されるM.J.バセット監督が作品を手掛けました。

また主演は、アクション映画で絶大な人気を誇るミーガン・フォックス。本作ではくせ者揃いの部隊をまとめる強きリーダーを熱演しています。

スポンサーリンク

映画『ローグ』の作品情報

(C) 2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited

【日本公開】
2021年(南アフリカ・イギリス合作映画)

【原題】
ROGUE

【監督・脚本】
M.J.バセット

【キャスト】
ミーガン・フォックス、ジェシカ・サットン、フィリップ・ウィンチェスター

【作品概要】
本格的なミリタリーアクションとアニマル・パニックを融合させた、サスペンス・アクション。

作品を手掛けたのは、『ソロモン・ケーン』や『サイレントヒル:リベレーション』等、数々の話題作を手掛けてきた実力派の M.J.バセット。自身がヨルダンの特殊部隊から訓練を受けた経験をベースとして物語を作り上げ、一部キャストに元軍人を起用する等、徹底的にリアリティーを追究しています。

また主演を務めたのは、日本でも圧倒的な知名度と人気を誇るミーガン・フォックス。他にも南アフリカ出身のジェシカ・サットン、ドラマ、映画とアクション作品に精力的な活動を見せるフィリップ・ウィンチェスターらが名を連ねています。

映画『ローグ』のあらすじ

(C) 2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited

傭兵軍団を率いるオハラ(ミーガン・フォックス)は、アフリカ大陸で誘拐された政治家の愛娘を救出する依頼を受け、現地で救出作戦を実行します。

ところが任務は失敗し部隊は現場に取り残され、敵対するギャングに追われた部隊はある廃墟に逃げ込みます。

敵影のない建物でひと時の安堵を得る部隊。ところが、そこはかつて密猟者がライオンの繁殖を行っていた場所で、血肉に飢えたライオンが建物の周囲に群がり、虎視眈々と獲物に狙いを定めていました。

果たして部隊は人質を救い、この窮地から無事に生還することが出来るのでしょうか……?

スポンサーリンク

映画『ローグ』の感想と評価

(C) 2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited
物語において主人公の一行は、ギャングとライオンという窮地からの脱出において二つの脅威にさらされます。ホラーやサスペンス、パニック系のジャンルにおいて、このケースは1986年の映画『エイリアン2』あたりから様々なケースに展開してきました。

一匹、あるいは一人の敵でも大変なのに、複数の脅威が主人公に襲い掛かってくる。そして2004年の『エイリアンVSプレデター』あたりから俄かに盛り上がってきた「全く異なる二つの脅威に立ち向かう主人公」というパターンは、近年のこういったアクションサスペンスジャンルに大きな流れを引き込みました。

本作もある意味この流れを汲んだ作品の一つともいえますが、一方でこの作品にはライオンという脅威の立ち位置において、ユニークなポイントを持っています。物語においてライオンはギャングと同じように、主人公オハラの一行の行く手を阻む存在として登場します。

脅威が物語の展開によって主人公の行動に絡んでいくという点では、先述の『エイリアンVSプレデター』に何らかの共通点も匂わせています。

完全なる脅威のゼノモーフとギャング、そしてその間に立つ存在であるプレデターとライオン。ところが物語が進むにつれ、このライオンの存在は単なるアフリカの獰猛な動物から、徐々に「寓話の登場キャラクター」へと変化していきます。

ライオンが示す物語のテーマ


(C) 2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited

ギャングたちはオハラたちの事情などお構いなし、自分たちの都合だけでオハラたちに襲い掛かっていきますが、ライオンの出没はオハラやギャングたちの心情をくみ取っていくようにも見え、ついにはクライマックスにおいて登場人物たちの心の内を汲んだかの如く彼らの前に登場します。

この物語に見える流れは、登場人物それぞれの立場に従った教訓を示しているようでもあります。

主人公のミーガン・フォックスは個性派集団の傭兵軍団を率いるリーダー役を務めますが、彼女が演じるオハラの芯の強さはその登場人物たちのバラエティに富んだそれぞれの性格、立場において基準を設けているようでもあり、作品に込められたメッセージ性を確固たるものとしています。

「なぜそこにライオンが現れたのか」と物語の展開を目で追っていると、果たして自分の立場であればどんな風にライオンと出くわすのだろうか?などと物語の行方に引き込まれていくことでしょう。

まとめ

(C) 2020 Mannequin Phoenix (Pty) Ltd. and Phoenix Wallace Limited
ミリタリー・ファッションで奮闘するミーガン・フォックスは、意外にも銃によるアクションを務めるのは本作で初めてとのこと。

撮影の為に厳しいトレーニングを積んだといい、本作で見られるその姿は、どちらかというと「トランスフォーマー」シリーズや『ミュータント・タートルズ』などのこれまでの彼女の出演作では見られないスタイルであり新鮮な雰囲気も醸しています。

銃撃戦、ライオンとの格闘とアクションの迫力も見ごたえ十分の本作は、スタンダードな人質救出サバイバルアクションからさらに一歩先を狙った意欲作です。

一方で人間描写としては『サイレントヒル:リベレーション』『デス・フロント』『処刑島』などの、予想外の窮地に追い込まれる主人公を描いたアクション作品を身上とするM.J.パセット監督ならではの作品といえ、単なるジャンル映画とかたづけてしまうには惜しいものでもあります。

映画『ローグ』は2021年5月7日(金)より全国順次公開予定。




関連記事

アクション映画

映画『スピリットウォーカー』あらすじ感想と評価解説。ユン・ゲサンらがクセになる混沌状態を熱演!

映画『スピリットウォーカー』は2022年4月1日(金)より全国ロードショー! 目まぐるしく変化する「自分」!?とある男性の意識が奔走する中、驚愕の真実にたどり着いていく様を描いた韓国アクションサスペン …

アクション映画

映画『ランボー ラスト・ブラッド』感想評価と解説レビュー。“完全結末”とタイトルの意味に込めたスタローンの真意とは

映画『ランボー ラスト・ブラッド』は2020年6月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー! 元グリーンベレーのエリート戦闘員ランボー。ベトナムで背負った戦う宿命は、いつまでも彼に付 …

アクション映画

映画『暗黒街』あらすじと感想!ピッポ役キャスト(俳優)の紹介も

“この街は、人間の血と、涙と、性液で、腐敗している” 映画『暗黒街』は、イタリア映画界最高の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)で5部門にノミネート。 監督を務めたステフ …

アクション映画

映画『ジョンウィック3』ネタバレ感想とパラベラムの結末解説。続編公開にむけて制作決定!

『ジョン・ウィック:パラベラム』は、2014年に初公開された大人気「ジョン・ウィック」シリーズの2019年最新作。 最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックを描いたアクション映画です。 主要登場人物に …

アクション映画

映画『キングダム』あらすじネタバレと感想。ロケ地が中国ゆえの画面の説得力に圧倒される

2019年4月19日(金)ロードショー! コミックス通算50巻を超える原泰久の人気コミック『キングダム』がついに映画化。 主役コンビの信役と漂役に山崎賢人と吉沢亮が。 共演に長澤まさみ、橋本環奈、本郷 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学