Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】ミッションインポッシブルデッドレコニング|あらすじ感想と結末の評価解説。トムクルーズ代表作のスパイアクション前編で命がけ⁈

  • Writer :
  • もりのちこ

イーサン・ハントの過去が明かされる。
シリーズ集大成となる第7作目。

トム・クルーズの代表作のひとつ、人気のスパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズの第7作目となる『ミッション:インポッシブル デッドレコニング』。

IMFのエージェント、イーサン・ハントに課された新たなミッション。自我を持ったAI、脅威の新兵器”エンティティ”を権力者たちより先に見つけ出し、”それ”を阻止しろ。

今回のミッションは、イーサンがIMFに入るきっかけとなった過去に迫る運命とも言える戦いでした。仲間とともに世界中を駆け回り、命懸けのミッションが始まります。

シリーズ初の2部作となる前編『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』を紹介します。

映画『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』の作品情報


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
クリストファー・マッカリー

【キャスト】
トム・クルーズ、ヘイリー・アトウェル、ビング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、バネッサ・カービー、イーサイ・モラレス、ポム・クレメンティエフ、マリエラ・ガリガ、ヘンリー・ツェーニー、シェー・ウィガム、グレッグ・ターザン・デイビス、チャールズ・パーネル、フレデリック・シュミット、ケイリー・エルウィズ、マーク・ゲイティス、マーク・ゲイティス、ロブ・ディレイニー

【作品概要】
トム・クルーズの代表作となったスパイアクション映画シリーズ。第1作『ミッション:インポッシブル』(1996)から27年。前作『ミッション:インポッシブル フォール・アウト』(2018年)から5年の時を経てシリーズ第7作目が完成となりました。

監督・脚本は、『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』(2015)以降のシリーズを手掛けているクリストファー・マッカリー監督。

共演には、イーサンのお馴染みの仲間役として、ビング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソンが登場。

女ブローカー、白蜘蛛ことホワイト・ウィドウ役のバネッサ・カービーも登場。また、ヘンリー・ツェーニー演じるユージーン・キットリッジが、第1作以来の再登場となっています。

今作のヒロインとなるグレース役は、「キャプテン・アメリカ」シリーズのヘイリー・アトウェルが演じています。

映画『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』のあらすじとネタバレ


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

ベーリング海の深海を進むロシアの潜水艦“セヴァストポリ”。運んでいるのは高度なAIを搭載した“エンティティ”と呼ばれるものでした。

突然、レーダーが敵艦を探知。セヴァストポリは、絶対に探知されない秘密兵器です。ところが、敵艦がこちらに向けてミサイルを放ちました。

慌てて撃墜のミサイルを打ち返しますが、目的の敵艦は姿を消し、自ら放ったミサイルが弧を描きこちらに戻ってきます。“セヴァストポリ”は自滅。海の底へと沈んでいきました。

アムステルダムでは、IMFのエージェント、イーサン・ハントが新たなミッションを受けていました。任務は、“エンティティ”と呼ばれるすべての情報にアクセスできるAIを手に入れるために必要な鍵の回収です。

鍵は2つ。1つ目の鍵を持っているのは、イルサ・ファウスト。彼女にはすでに賞金が掛けられており、多くの賞金稼ぎが彼女を追っているとのこと。

イーサンは、アラビア砂漠でイルサに遭遇します。賞金稼ぎが次々と襲い掛かる中、イルサを助け出すイーサン。イルサは、イーサンの仲間なのでした。砂嵐の乱闘の末、イルサを死んだように見せかけ逃がすことに成功します。

イーサンは、“エンティティ”の謎に迫るべく、アメリカ首脳会議に得意の変装マスクを着用し紛れ込みます。

テロ組織や各国がこぞって手に入れようとしているのは、世界中の情報データを掌握したAIの“エンティティ”。自我を持った“それ”を所有することで、世界を思いのままにしようとしていました。

アメリカは戦争を防ぐためと言いながら、CIA長官キトリッジの思惑は違うようでした。イーサンは、キトリッジの命に背き、2つの鍵を破壊することを決意します。

仲間のルーサーとベンジーと合流したイーサンは、もうひとつの鍵の在りかを捜査。アブダビ空港で鍵を売ろうとしている男を追跡します。

買い手は誰なのか。鍵の使い道は。売り手の男を泳がせ、買い手との接触を待ちます。空港内ではCIAがイーサンを追っていました。ルーサーは監視カメラの顔認証機能を操作しCIAを混乱させていきます。

作戦は順調かと思いきや、男がある女とぶつかった瞬間、鍵を盗まれたことに気付きます。鍵を盗んだ女に近付くイーサン。

グレースと名乗る女は、一度はイーサンに協力する振りをするものの、華麗に裏切り飛行機に乗り込んでしまいます。行先はローマ。

グレースがローマに到着するとイタリア警察に捕まりました。これまでのスリ詐欺犯罪が明るみになっていたグレースに、弁護士がつくといいます。

なんと、その弁護士はイーサンでした。しかし、鍵を狙う謎の組織に襲われ、CIAにも追われるイーサン。なぜかグレースと手錠で繋がれてしまい一緒に逃げることに。

ローマ市街で激しいカーチェイスを繰り広げたあげく、またしてもグレースに出し抜かれてしまいました。

イーサンは、武器商人“白蜘蛛”ことホワイト・ウィドウ主催のパーティーにイルサと共に乗り込みます。ここで鍵の取引があることは把握していました。

現れたのは、鍵を持つグレースと雇い主のホワイト・ウィドウ。そして、イーサンがIMFに入るきっかけとなった因縁の相手ガブリエルの姿がありました。

ガブリエルは“エンティティ”に選ばれしエージェントだと名乗ります。2つの鍵を手に入れるためホワイト・ウィドウとの取引が始まりました。

鍵の危険性を察したグレースは、イーサンとイルサの協力で逃げることに成功。しかし、ガブリエルは焦った様子もなく、宣言するのでした。

「今夜、イルサかグレース、どちらかの命が奪われる。イーサン、またお前のせいで仲間が死ぬ」。

追っ手から逃れたイーサンたちは、グレースを探します。一刻を争う中、ベンジーのナビで入り組んだ路地を進むイーサンのもとに、ガブリエルの部下パリスが現れます。

イーサンは、“エンティティ”にジャックされた無線で、ベンジーの声を真似した“それ”に騙されていたのです。

イーサンの行動パターンはAIによって分析され、先回りの対応策が筒抜けになっていました。ガブリエルは、AIの“それ”に導かれるままイーサンを始末することを目的としていました。

以下、『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

まるで予想していたかのように、橋の上で待つガブリエルの元に、グレースが現れます。鍵を奪おうと襲い掛かるガブリエル。グレースは抵抗するも、投げ飛ばされてしまいます。

そこに、イルサが参戦。ガブリエルはグレースの持っていたナイフを、イルサに突き刺しました。イーサンたちは駆け付けますが、イルサはすでに命を落とした後でした。

ガブリエルの予言どおり、自我を持つAIの“それ”には勝てる手段はないのか。

グレースは、イリサの死に責任を感じていました。逮捕されるかIMFに入るか選択を迫られ、イーサンに協力することを約束します。

イーサンとグレースは、ホワイト・ウィドウとガブリエルの取引が行われるオリエント急行の車内に潜入を試みます。

しかし、変装マスクの故障で、ホワイト・ウィドウのマスクしか作れなかったため、先にグレースが変装し乗り込み、のちに走る列車にイーサンが飛び乗る手筈となりました。

ホワイト・ウィドウに成りすましたグレースは、車内でCIA長官キトリッジと遭遇。イーサンから「自分になにかあった場合、キトリッジにIMFに入ると告げろ」と聞かされていたグレースは、キトリッジに近付きます。

ところが、キトリッジは、ガブリエルと同様、ホワイト・ウィドウと鍵の取引を企んでいた人物でした。

グレースは、提示された金額にこのまま姿を消そうか迷うものの、これ以上イーサンを裏切ることは出来ないと思い直し、2つの鍵を手に入れます。

車内では、ガブリエルが、潜水艦“セヴァストポリ”の場所を知る唯一の人物デリンジャーを殺害していました。これも“それ”の指示によるもの。

イーサンの進入をも知り尽くしているガブリエルは、列車の速度を上げ進入を防ぎます。グレースとの約束を果たすため、イーサンは崖の上からバイクごとジャンプ、パラシュートで走る列車の窓を突き破り乗車に成功します。

グレースと合流したイーサンは、列車を止めるようグレースに指示し、自分はガブリエルとの戦いに挑みます。列車の屋根で激闘を繰り広げるイーサンとガブリエル。

グレースが操縦室にたどり着くも、列車の速度レバーは壊され、この先の橋に爆弾が仕掛けられていました。ガブリエルは、橋の手前で列車から飛び降りていきます。

乗客を前の車両に移動させ、爆発に備えるイーサンたち。暴走する列車の操縦室を切り離すも、爆発に巻き込まれてしまいます。

イーサンとグレースのいる車両が落下する寸前、ガブリエルの部下だったパリスが2人を助けます。パリスは、イーサンとの戦いで一度負けたにも関わらず命を助けられていました。

危機を乗り切ったイーサンは、パリスから鍵の使い道を聞きます。それは沈没した潜水艦“セヴァストポリ”にあると。

2つの鍵を守り抜いたイーサンは、脅威の“エンティティ”を阻止するためガブリエルを追いました。

映画『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』の感想と評価


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

アメリカで人気だったテレビドラマ「スパイ大作戦」の映画化作品。トム・クルーズ演じるイーサン・ハントが、様々なミッションに挑む壮絶なアクションが見どころの「ミッション:インポッシブル」シリーズです。

1996年から始まったシリーズは7作目となり、トム・クルーズも61歳を迎えています。アクションはもちろん、些細な動きでも感じるスマートな身のこなし、衰えを知らない肉体。恐るべしトム・クルーズ

シリーズを通して、CGに頼らず、自ら命懸けのスタントを決行し、本物のアクションを我々に見せてくれます。

回を追うごとにそのアクションは難易度が増し、今作では市街での激しいカーチェイスや、狭い路地での接近戦、断崖絶壁からの大ジャンプ、そして暴走列車の上での乱闘と、どれも度肝を抜くアクションが満載です。

また、アラビア砂漠、アブダビ空港、ローマ市街、豪華な城パーティー、オリエント急行と舞台が次から次へと移り変わり、それに合わせてストーリーも加速していく展開に2時間45分もあっという間に感じます

ローマ市街でのカーチェイスは、イーサンとグレースが手錠で繋がれたまま車を運転。黄色のFIAT500で走り抜ける見たこともないアクションは、ルパン三世なみのアニメを見ているかのよう。

バイクで崖すれすれを登りきり、暴走する列車に飛び乗るために、絶壁からジャンプするシーンは、もっとも大迫力のシーンとなっていますが、イーサンがどれだけ仲間を大事にしているのかという熱い想いが伝わるシーンでもあります。

今作は、これまでのシリーズの集大成ともいわれており、登場人物もイーサンの過去に関わりのある人物や、これまでの仲間が集結。


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

IMFの意味とは。なぜイーサンがIMFに入ることになったのか。シリーズファンはより楽しめる内容になっています。

「ミッション:インポッシブル」シリーズでは、イーサンと訳あり美女たちとの駆け引きも見どころのひとつですが、今作でも新たなヒロインが誕生しています。

鍵を手に入れるため武器商人ホワイト・ウィドウに雇われた謎の美女グレース。華麗なスリの手口でイーサンを翻弄します。

前編ではグレースの素性は謎のままですが、イーサンの仲間を守る熱い想いに触れ、IMFへ加わります

演じているのは、マーベル映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)でペギー・カーター役に選ばれ一躍スターとなったヘイリー・アトウェル。アクションも抜群のヘイリー・アトウェル。後編の活躍にも注目です。

まとめ


(C)2023 PARAMOUNT PICTURES.

トム・クルーズ主演のスパイアクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの第7弾。2部作の前編となる『ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE』を紹介しました。

シリーズ7作目のタイトル「デッドレコニング」は、「推測航法」を意味しており、航行した経路や距離、起点、偏流から過去や現在の位置を測定し、その位置情報をもとに航行する方法を指します。

そのことから、イーサン・ハントがIMFに入るきっかけとなった過去の出来事、そして現在に至るまでの経緯が明らかになると思われます。まさに、『ミッション:インポッシブル』の集大成。2部作の後編も見逃せません。

関連記事

アクション映画

ワイルドスピード スーパーコンボ|ネタバレあらすじ感想。結末まで疾走する初スピンオフでもホブスとショウは大暴れ!

ワイスピのスピンオフ見参!メガヒットシリーズ第9弾。 カーアクション映画してスタートを切った『ワイルド・スピード』から、シリーズ通算9作目となる『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』。 演出を担当した …

アクション映画

【ネタバレ】アクシデントマン:ヒットマンズホリデー|あらすじ感想と結末の評価解説。スコット・アドキンスら豪華キャストで贈るアクションコメディ

世界屈指の暗殺者からおバカな男を守り抜くアクションエンターテインメント! ジョージ・カービイとハリー・カービイが監督を務めた、2022年製作のアメリカ・イギリス合作のアクションエンターテインメント映画 …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の壁役は満島真之介。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

007オクトパシー|ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。ジェームスボンドと“00部署の諜報員009”も登場!

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第13作! ジョン・グレンが監督を務めた、1983年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/オクトパシー』。 「007」ことMI6 …

アクション映画

日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』あらすじ感想評価と解説レビュー。映画で蘇るスーパーマリオネーションの伝説的作品が完全新作で再び!

日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』は2022年1月7日(金)劇場上映開始、1月8日(土)オンライン上映開始 操り人形とは思えない細やかな動きと表情が印象的なスーパーマリオネーションという手法 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学