Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2018/08/05
Update

ネタバレ感想|ミッションインポッシブル6フォールアウトあらすじとラスト結末

  • Writer :
  • 西川ちょり

日本の夏に史上最大の”ミッション”発令!

イーサン・ハントの今回の使命は!?

トム・クルーズが捨て身で挑む「M:I」シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル フォールアウト』が、絶賛公開中です。

スポンサーリンク

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の作品情報

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Mission: Impossible – Fallout

【監督】
クリストファー・マッカリー

【キャスト】
トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、ヴイング・レイムス、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット、ヴァネッサ・カービー、フレデリック・シュミット、ミシェル・モナハン、アレック・ボールドウィン

【作品概要】
トム・クルーズ主演の人気シリーズ、第六作。トム・クルーズ扮するIMFのエージェント、イーサン・ハントはプルトニウムを奪って世界を破壊しようとするテロリスト組織を阻止するため、謎の男に成りすまして敵に接触を試みる。

組織はイーサンがかつて逮捕したテロリストのボスを取り返すことを企んでいた。騙し騙されのスパイ戦が今始まる!

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ジュリアと愛の誓いを交わしていたはずが、国際犯罪組織「シンジケート」のボス、ソロモン・レーンが現れ・・・。そんな悪夢にうなされ、IMFのエージェント、イーサン・ハントは目覚めました。

ドアがノックされ、合言葉を交わしたあと、封筒を受け取ったイーサンは、今回の指令を静かに聞いていました。

IMFの仲間、ベンジーたちとベルリンに飛んだイーサンはマフィアと取引をし、金を払ってプルトニウムを受け取る予定でしたが、「シンジケート」の残党の「アポストル(神の使徒)」がルーサーを人質にするという自体が発生。

イーサンたちがルーサーを助けているすきにまんまとプルトニウムを奪われてしまいます。

テレビでは、イタリア、エルサレム、メッカが核攻撃を受けた様子が放映されていました。

イーサンは車の事故で入院中の過激主義者のデルブルック博士を訪ね、声明文をテレビで流す代わりに、核爆弾のコードを解除するよう取引します。

解除した途端、病室だったはずの場所が透明のガラスケースで作られた取調室であることが判明。先程までほくそ笑んでいた博士が驚きの声を上げ青ざめました。

テレビニュースもフェイク。全てはイーサンたちが仕組んだ罠だったのです。

コードを解除することには成功しましたが、プルトニウムは依然敵の手に渡ったままです。

手がかりは“ジョン・ラーク”という男の名前と“ホワイト・ウィドウ”と呼ばれる謎めいた女の存在のみ。イーサンは“ジョン・ラーク”に成りすまし、ホワイト・ウィドウに接触を試みるという計画を練ります。

しかし、IMFとイーサンの動きに不信感を持つCIAの長官は、敏腕エージェントのウォーカーを監視役に同行させます。

パリに飛んだイーサンとウォーカーはホワイト・ウィドウが主催する慈善事業のパーティーに潜入し、トイレでついにラークを発見します。

ラークを気絶させ、彼のマスクを作り、イーサンがそれをかぶって彼になりすます計画をたてていたのですが、ラークは拳法を使い反撃。あまりの強さに苦戦していると、そこにイギリスのMI6の諜報員のイルサが乱入し、ラークを射殺してしまいます。

イルサはまだ諜報員を続けているのか!?驚くイーサンでしたが、ラークの死体を片付けると、ラークの顔を知るものがないことを逆手にとり、彼に成りすましてホワイト・ウィドウに接触しようと試みます。

慈善事業の会場では銃撃戦が起こり、ラークに成りすましたイーサンはホワイト・ウィドウを無事会場から連れ出し、彼女の信頼を得ることに成功します。

彼女はアポストルとの仲介役を務めていました。

アポストルはパリに護送されてくるソロモン・レーンを奪還しようと企んでいました。イーサンが逮捕した後、彼は各国をたらい回しにされているのです。

イーサンはホワイト・ウィドウからプルトニウムを手渡され、ようやく一つを回収することが出来ましたが、そのかわりに、レーンを脱獄させる役目を担わされます。

アポストルの計画通りにことは進んでいましたが、イーサンはレーンの乗った護送車に、自身が乗り込んだトラックを体当たりさせ、セーヌ河に突き落としてしまいます。

警官たちが懸命に脱出する中、手錠で繋がれたレーンは車とともに海の底に沈んでいきました。

その彼を水中で助けたのは、なんとベンジーとルーサーでした。

一方、イーサンはパリ警察から追跡され、猛スピードでパリの市内を逃走していました。しかしこれも念入りに計画されたもので、狭い路地でトラックがつかえてしまうと、イーサンとウォーカーは予め用意していたオートバイに乗り換えました。

しかしバイクのエンジンがなかなかかからず、イーサンはウォーカーを先に行かせます。ようやくエンジンがかかり、懸命に逃げますが、警官に追いつかれそうになってしまいます。

ここまでか、と思われたとき、イーサンは橋の袂にジャンプ! ボートで迎えに来ていたベンジーたちが彼を迎えて、まんまと警官たちの視界から姿を隠してしまいます。

レーンを奪い、車で護送するイーサンたちを追ってくる一台のバイク。それはイルサでした。彼女はレーンを射殺しようと、何度も発砲してきます。

イルサはMI6からレーンを暗殺するよう指令を受けていたのでした。一旦はMI6から開放された彼女でしたが、祖国からは裏切り者扱いをされ、それを晴らすために、諜報員を続けざるをえないという境遇に陥っていたのです。

レーンは最もイギリスで長く勾留されたため、各国が彼からイギリスの秘密事項を聞き出そうとしており、イギリスにとって、彼は抹殺すべきターゲットとなっていました。

イーサンは合流したIMFのハンリー長官から思いがけない話を聞かされ、愕然とします。

CIAはイーサンこそが本物の「ジョン・ラーク」であり、アポストルと組んだテロリストであると疑っているというのです。

イーサンはレーンのマスクを作り、ベンジーに装着させます。替え玉をアポストルに引き渡すという計画です。ベンジーは及び腰ですが、イーサンは彼を連れ、部屋を出ていきました。

残ったウォーカーは囚われのレーンのところにやってくると、彼に一緒に来るよう声をかけました。実はウォーカーこそが、「ジョン・ラーク」だったのです。

「私はここに残り、借りを返す」と言い張り動こうとしないレーンにウォーカーは「面倒なやつだな」と苛立ちを隠せません。しかし、ふと思いたち、レーンの顔に手をやると、レーンと思っていた男はマスクをかぶったベンジーでした。

罠にはまったウォーカーはハンリー長官を殺害し、逃走します。ベンジーが彼に発振器を装着していたので、イーサンはベンジーの指示に従って、ウォーカーを追跡します。

ベンジーのどたばたな指示で、イーサンはとんでもないコースを追いかけるはめになりますが、ようやくターゲットに追いつきました。

ウォーカーは自分に追跡装置がつけられていたことに気が付きますが、ビルの屋上に仲間を迎えに来させており、イーサンをまいてヘリコプターで逃走してしまいます。

レーンも敵の手に渡ってしまいました。しかし、これはイーサンがプルトニウムのありかを突き止めるためにわざとしたことでした。レーンにも追跡装置が付けられていました。

彼らの行く先はカシミール地方でした。ここは彼らが以前、天然痘をばらまいた場所です。レーンはここで残りの2つのプルトニウムを起動する計画を立てていました。

この地域の河川が放射能で汚染されれば、世界の3分の1の人口が失われてしまいます。

2つの爆弾は連動しており、一つを処理するともう一つが起動するよう作られていました。

現地には天然痘の治療をするために大掛かりな医療キャンプが来ていました。その中で働く医師の中にイーサンの妻、ジュリアの姿がありました。

イーサンはジュリアに自分のために人生が変わってしまったことを謝ります。彼女は同じキャンプの医者と再婚していました。

その医者が言うには、ここの治療に当たるに際して、膨大な援助があったというのです。全てはアポストルが念入りに計画したことでした。

ジュリアとの再会を喜ぶのも束の間、イーサンは爆弾を探してその場を離れます。レーンは自分に追跡装置がついていたことに気付き、すでに取り外していました。彼の居場所もつきとめねばなりません。

一個の爆弾が見つかり、ルーサーがその処理を引き受けました。

もう一つの爆弾を発見するべくイーサンのあとを追ってきたイルサと、ベンジーが奔走する中、イーサンは起爆装置を持つウォーカーを追跡します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ミッション:インポッシブル フォールアウト』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミッション:インポッシブル フォールアウト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その頃、レーンはウォーカーに爆弾を起動させたあと15分もあればこの地から脱出できると説明し、自分はこの地に残ると告げていました。

ウォーカーと仲間たちはヘリコプター二台に乗り込み、爆弾を起動させました。

イーサンは飛びたつヘリコプターからぶら下がったロープに飛びつき、ロープを伝いヘリコプターに乗り込もうとしますが、一度はうまく行かず、落下してしまいます。

再度チャレンジし、操縦席に乗り込んだイーサンは発砲してきた後ろの席の男を倒し、操縦士も倒して操縦席に潜り込みました。

しかし、彼は操縦経験がありません。眼の前のたくさんのスイッチを見ながら、操縦桿を握ったイーサンはなんとか自分を落ち着かせていました。

すぐにウォーカーは異変に気付き、後ろのヘリコプターにイーサンが乗っているのを確認します。

二台のヘリコプターの激しいぶつかり合いが始まりました。

その頃、もう一つの爆弾を探すイルサとベンジーは苦戦していました。大量の医療器具が、爆弾の代わりに反応して、邪魔になっていたのです。全てアポストルの計略通りでした。

そんな中、イルサはレーンの姿を認め、すぐさま彼を追跡します。

もう一つの爆弾はレーンが管理していたのです。イルサはベンジーに爆弾のありかを伝えます。しかし、レーンは彼女を待ち構えており、縛り上げられてしまいました。

駆けつけたベンジーもあっさり倒され、レーンは彼の首にロープをかけて吊ろうとします。このままではベンジーが死んでしまいます! 

イルサは椅子に縛られたまま、体を半転させ、割れたガラス片を掴むと、ロープを切り、素早くベンジーにパスしました。

イルサがレーンと死闘を繰り広げている間、なんとか吊るされたロープを切ろうとするベンジーですが、なかなか切れず、首がしまり意識を失いかけます。

レーンを倒したイルサが間一髪でロープを切り、ベンジーは九死に一生を得ました。

イルサはレーンを縛り上げました。

爆弾処理にあたっていたルーサーのもとにジュリアが駆けつけ、ルーサーの指導のもと、彼女が導線を切り始めました。

イーサンとウォーカーのヘリでのバトルは続いており、イーサンは操縦不能になった自分のヘリを敵のヘリにぶつけ、両者とも墜落します。

イーサンのヘリコプターは絶壁の一番端にかろうじて止まり、剥いだした二人はここでも熾烈な闘いを繰り広げます。

リモコンは崖っぷちに転がり、イーサンはなんとかそれに手を伸ばそうとしますが、ウォーカーはそれを阻止し、イーサンを崖下に突き落とそうとします。

その時、かろうじて止まっていたヘリコプターが動いて二人は宙吊りになってしまいます。イーサンの下にウォーカーが同じロープを握りしめぶら下がっていました。

崖の上にはぶら下がった起爆装置が見えています。キーを早く抜かなければなりません。上によじ登ろうとするイーサンをウォーカーが阻止します。

イーサンはヘリのフックを引っ張り、ウォーカーに激突させます。ウォーカーは崖下へと落下。イーサンは絶壁を登っていかねばなりません。時間はあと僅かしかありません。

ルーサーはベンジーたちに最後の線を切る時間を告げていました。同時に切らなくてはならないからです。レーンは「いくらあがいてももう止められない」と薄ら笑いを浮かべていました。

あと一秒のところで最後の導線が切られました。キーが抜かれていなければ爆発してしまいます。皆、目をつぶりました。

爆発は起こりませんでした。イーサンはキーを抜くのに成功したのです。

倒れていたイーサンを発見し保護したのはCIAでした。長官はわざとウォーカーに騙されていたフリをしていたのです。

ホワイト・ウィドウもCIAの協力者であることが判明しました。レーンの身柄はイギリスに委ねることになりました。

イーサンが意識を取り戻すと、そこにはジュリアがいました。イーサンは再び、彼女の人生を変えてしまったことを謝罪しますが、彼女は微笑み言うのでした。

「今の仕事は充実しているし、何よりもあなたのことを思うと夜眠ることができるの」と。

スポンサーリンク

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の感想と評価


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

前作『ミッション:インポッシブル ローグネーション』は、シリーズ最高傑作と評されるように、もうこれ以上の傑作を生み出すのは難しいのではないかと思わせる大傑作に仕上がっていました

ところが、『フォールアウト』はその前作を超える作品に仕上がっているらしいという前評判が聞こえてきました。

あの傑作を超える作品なんて可能なのか!?そんな疑問と期待を胸に封切り日に観た本作は、映画を観る愉しみに満ち溢れていました

前作と比較すると言うよりは、個人的には『スパイダーマン:ホームカミング』の時に味わったような、観ていて心躍る、わくわくが止まらない至福の体験に近いものがありました。

ベンジーのうっかり具合が相変わらずで、ウォーカー追跡シーンには笑わせられましたし(そもそも冒頭にプルトニウムを盗まれてしまうのもベンジーがあんな中途半端なところにスーツケースを置くからです!)、敵を欺いていく騙しのテクニックに何度もうならされました

ラストのタイムリミットアクションも手汗握るものでしたが、最高だったのは、トイレでのバトルシーンです。

あのアジア系の男性は一体何者だったのか、今でもよく理解できていないのですが、素晴らしい肉弾戦でした。空間の使い方もお見事でした。

MI6のイルサが前作に引き続き出演ということでどのような役割で、イーサンとどのような再会を果たすのか、楽しみにしていたのですが、このトイレのシーンであっさり出逢うのは存外、拍子抜けで、案外この二人らしいシチュエーションでした。

前作では一度も登場しなかったイーサンの妻、ジュリア。

イーサンが結婚しているという設定はシリーズを続けていく中、次第に邪魔なものになっている部分があり、このまま、登場せずにいつの間にかその設定もなかったことにするのではないか、と邪推もしました。

しかし、本作での筋の通し方は立派だったと思います。やはり、この作品において、イーサンの誠実さは魅力の大きな要素となっており、映画自体が不誠実でいられないと判断したのでしょう。映画がイーサンを模倣したと表現することも可能でしょう。

イーサンのこうした行いを「甘さ」と捉える人もいるかもしれません。スパイの世界でこんな「甘さ」が許されるのかと。

その「甘さ」が彼を通常の倍、またはそれ以上の窮地においやっているのも事実ですが、一人を助け、何万人を救うことを両立させることこそ、イーサン・ハントという男の持ち味であり、魅力なのです。

本作ではそのことが大きな主題となって現れています。

そのおかげで、何倍もの災厄を引き受けねばならず、通常のアクション映画を凌駕したアクションに継ぐアクション、苦闘に継ぐ苦闘、最後の力を振り絞るイーサンの姿が繰り広げられるわけです。それが私たちを興奮させてやみません

映画のラスト近くのジュリアの台詞にうなずいた人も多いのではないでしょうか!? 

あなたがいてくれるから夜、眠ることができる

こうした絶対的な安心感、信頼感こそがイーサン・ハントの、そして『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の最大の魅力といえるでしょう。

まとめ


(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

そうしたイーサン・ハントを演じるのがトム・クルーズであることがまた、映画的な説得力に満ちあふれています。

今回は撮影中の骨折が報道され、心配しましたが、彼の本シリーズに関する情熱が垣間見えるエピソードです。

ベンジーがサイモン・ペッグ、ルーサーがヴィング・レイムス、イルサがレベッカ・ファーガソンであることもまた非常に説得力があるといえるでしょう。

『ブラックパンサー』の主人公の母親役で貫禄を示したアンジェラ・バセットがCIAの長官役なのもはまり役ですし、ホワイト・ウィドウという謎の女に扮したヴァネッサ・カービーも魅力的でした。彼女は今後、レギュラー出演する可能性があるのではないでしょうか?

アレック・ボールドウィン扮するハンリー長官が亡くなったのはショックでした。実は亡くなっていなかったという展開を希望いたします。

本作はパリを中心に、様々な都市が舞台となります。ヨーロッパを舞台にすると、道幅が狭いので、従来のアメリカ映画のカーチェイスとは違った味わいがあります。

これはマット・デイモン主演の「ボーン」シリーズが開拓した分野だと個人的には思っているのですが、今回は狭い道でトラックが詰まって動けなくなるという狭さを利用した究極のシーンが登場します。

また、凱旋門を取り巻くラウンドアバウトを逆走するシーンも見ものとなっています。

監督は前作に引き続き、クリストファー・マッカリーが務めました。トム・クルーズと何度もコンビを組んでいる監督だけに息もぴったり

極上のエンターティンメントとなりました

関連記事

アクション映画

韓国映画『犯罪都市』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『新感染ファイナル・エクスプレス』で襲いかかるゾンビをなぎ倒した熱い男を演じ、一躍人気を爆発させらマ・ドンソク主演映画『犯罪都市』 。 2004年実際に起こった事件を基に、強力班(強行犯係)の刑事 …

アクション映画

三森すずこ吹替版チェンナイエクスプレスあらすじとキャスト!プレゼント情報も

三森すずこが実写の吹替えを初挑戦!『チェンナイ・エクスプレス~~愛と勇気のヒーロー参上~』日本語吹替版TV初放送決定! 7月29日(土)21:00よりファミリー劇場で放送内容やサイン台本プレゼント情報 …

アクション映画

映画『マルリナの明日』あらすじと感想。女性監督モーリー・スリヤが西部劇的な作風で描くフェミニズム

映画『マルリナの明日』2019年5月18日(土)ユーロスペースでロードショー! ならず者たちの不条理な行為に抗った一人の未亡人が、自身の思いを貫く旅に出る姿を描いたインドネシア・フランス・マレーシア・ …

アクション映画

映画『ダークタワー』あらすじとキャスト。原作者キングの感想は?

モダンホラーの帝王スティーヴン・キングの原点と言われている小説『ダークタワー』を、イドリス・エルバとマシュー・マコノヒー主演で映画化。 世界の平和を保つ塔「ダークタワー」を巡るバトルを描いたキング映画 …

アクション映画

パイレーツ・オブ・カリビアン最後の海賊ネタバレ!スクリーンX感想も

待望のシリーズ第5作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』をご紹介します。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』作品情報をど …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP