Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの海老原役は安田顕。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、海老原役を演じる安田顕について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】

ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』海老原役は安田顕(やすだけん)

参考映像:映画『愛しのアイリーン』(2018)

映画『ザ・ファブル』で海老原役を演じる安田顕(やすだけん)は1973年12月8日生まれ。北海道室蘭市出身の俳優です。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE。

俳優・大泉洋率いる演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、サブリーダーを務めています。

兄は作曲家・ラジオディレクターの安田史生。

大学時代に演劇研究会に入り、並行して劇団OOPARTSに加わりました。

1993年に現在のプロダクションに加入し、タレント活動を開始。

1996年森崎博之、音尾琢真と演劇ユニットTEAM-NACS」を結成し、1回限りの公演で解散します。

1997年にTEAM-NACSを再結成。

1998年OOPARTSが消滅した後、劇団upspeakを旗揚げ。主宰・作・演出をしながら2003年まで活動します。

1998年大泉洋出演バラエティ『水曜どうでしょう』に準レギュラー出演してから、TEAM-NACS共々全国に知られるようになり、東京での仕事も数多くこなすようになりました。

味わいある演技で今やオファーの絶えない人気俳優。近々では『下町ロケット』シリーズで、主人公の片腕役を熱演して好評を得ています。

2015年の映画『龍三と七人の子分たち』では、第25回東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。

ドラマ『重版出来!』『嘘の戦争』『小さな巨人』、映画『聖の青春』『銀魂』『北の桜守』など数多くの話題作に出演。

2018年には『愛しのアイリーン』で主演しています。

音楽にも精通しており、北海道では音楽番組ナレーションを放送開始から15年担当。雑誌でアーティストとの対談連載も持っています。

2002年からは室蘭ふるさと親善大使に任命されています。

自他共に認める「変態キャラ」で、酔うとすぐ服を脱ぎたがるため、「ヌーディスト安田」という異名があるそうです。

破天荒な上に不器用で、バラエティ企画で一歩間違えたら大惨事になりそうなトラブルを何度も起こしているのだとか。

それでいてほぼ無傷で済んでいることから「奇跡を呼ぶ男」「ミラクル安田」とも呼ばれているそうです。

映画『ザ・ファブル』海老原はどんな役?

海老原剛士(たけし)は、ボスと付き合いのある暴力団・真黒組の若頭。

ヤクザながら、「法がカバーできない部分で自分なりに街を守っている」という自負を持っています。

組長のほかに、ファブルの詳細を知るただ一人の人間。

ファブルを「シリアルキラー」だと思い、初めは嫌悪して排除しようとしていましたが、本人と会って無駄な殺生をしない人間とわかって和解。

その後はファブルを信用し、協力するようになります。

スポンサーリンク

安田顕の演技力の評価は

数々のヒット作に出演し、コツコツと演技経験を積んできた名俳優・安田顕。

映画『龍三と七人の子分たち』で、第25回東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞した演技派です。

強烈な”顔芸”は常に注目の的。

”顔芸レジェンド”とされる香川照之と並べて評されることもあるほどで、視聴者からも「顔で演技する役者!」「迫真の演技泣けた!」などと絶賛の声があがっています。

ドラマ『下町ロケット』シリーズで演じた、主人公・佃社長の右腕的存在「山崎部長」役ははまり役として、大人気となりました。

泥臭さいけれど情熱的、マジメだけどコミカル。一人の人間の中に深みを持たせて表現しています。

幅広い役を演じ分ける力を持つ俳優・安田顕。

真面目な熱い会社員でも、ゲイでも変態でも、どんな役であろうと、魅力的で存在感ある演技を見せてくれます。今後も目が離せない名役者です。

安田顕の公式SNSの紹介

安田顕の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

暴力団・真黒組の若頭・海老原を演じるのは、二枚目、三枚目を見事に演じ分ける名俳優・安田顕。どんなはじけた演技を魅せてくれるのかに大きな期待が寄せられています。必見です!

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

映画『エンド・オブ・キングダム』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。続編はアクションシーンがパワーアップ

マイク・バニング再び。 今度の舞台はロンドン。 急逝した英国首相の葬儀に集まる各国首脳。 それは世界を巻き込む壮大な陰謀の始まりでした。 世界へ復讐を果たそうとするテロリストの陰謀により再び窮地に陥る …

アクション映画

映画『太陽は動かない』ネタバレ感想とラスト結末の解説。藤原竜也×竹内涼真が小説のイメージ通りに産業スパイを熱演

明日の事は考えなくていい。 一日一日を生きるだけ。今を生きろ! 吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』の「鷹野一彦シリーズ」を原作に、羽住英一郎監督が映画化。 秘密組織「A …

アクション映画

香港映画『プロジェクト・グーテンベルク』感想とレビュー評価。贋札王ユンファ×クォックの演技力が光るクライムアクション

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』は2020年2月7日(金)よりロードショー。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活、アーロン・クォックとの強力タッグで魅せる予測不能 …

アクション映画

映画『ザ・フォーリナー復讐者』ネタバレあらすじと感想。結末を原作とは変えた救いのある物語に

ジャッキー・チェン×ピアース・ブロスナン共演。 戦慄のリベンジ・サスペンス。 愛する者を失った男が取った行動は、実行犯への復讐だった──。 娘を爆破テロで失った中国人のレストランオーナーが、事件の真相 …

アクション映画

映画『イップマン序章』ネタバレあらすじと感想。ドニーイェン人気シリーズはじまりの物語

伝説はここから始まった。 ドニー・イェン主演「イップ・マン」シリーズ第1弾。 今やハリウッドでも活躍する中国のアクションスター、ドニー・イェン。 彼が、“宇宙最強の男”の異名を広く知らしめるきっかけと …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学