Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの海老原役は安田顕。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。

原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺さず普通に暮らす」ことに悪戦苦闘する様をコミカルに描いたアクション・エンターテイメント作品です。

監督を務めるのは、数々の広告祭で受賞歴を持ちCM界の巨匠と呼ばれ、『めんたいぴりり』監督として知られる江口カン

脚本は『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を手掛けた渡辺雄介が担当しています。

主人公ファブルを演じる岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗など豪華俳優が共演。

この記事では、海老原役を演じる安田顕について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』の作品情報


(C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
南勝久『ザ・ファブル』(講談社)

【監督】
江口カン

【キャスト】
岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕

【作品概要】

ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。本格的アクション・エンターテイメント作品です。

岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。

『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。

映画『ザ・ファブル』のあらすじ

「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。

「ファブル」とは「寓話」という意味。裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。

しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。

「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。

生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。

徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。

スポンサーリンク

映画『ザ・ファブル』海老原役は安田顕(やすだけん)

参考映像:映画『愛しのアイリーン』(2018)

映画『ザ・ファブル』で海老原役を演じる安田顕(やすだけん)は1973年12月8日生まれ。北海道室蘭市出身の俳優です。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE。

俳優・大泉洋率いる演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、サブリーダーを務めています。

兄は作曲家・ラジオディレクターの安田史生。

大学時代に演劇研究会に入り、並行して劇団OOPARTSに加わりました。

1993年に現在のプロダクションに加入し、タレント活動を開始。

1996年森崎博之、音尾琢真と演劇ユニットTEAM-NACS」を結成し、1回限りの公演で解散します。

1997年にTEAM-NACSを再結成。

1998年OOPARTSが消滅した後、劇団upspeakを旗揚げ。主宰・作・演出をしながら2003年まで活動します。

1998年大泉洋出演バラエティ『水曜どうでしょう』に準レギュラー出演してから、TEAM-NACS共々全国に知られるようになり、東京での仕事も数多くこなすようになりました。

味わいある演技で今やオファーの絶えない人気俳優。近々では『下町ロケット』シリーズで、主人公の片腕役を熱演して好評を得ています。

2015年の映画『龍三と七人の子分たち』では、第25回東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞。

ドラマ『重版出来!』『嘘の戦争』『小さな巨人』、映画『聖の青春』『銀魂』『北の桜守』など数多くの話題作に出演。

2018年には『愛しのアイリーン』で主演しています。

音楽にも精通しており、北海道では音楽番組ナレーションを放送開始から15年担当。雑誌でアーティストとの対談連載も持っています。

2002年からは室蘭ふるさと親善大使に任命されています。

自他共に認める「変態キャラ」で、酔うとすぐ服を脱ぎたがるため、「ヌーディスト安田」という異名があるそうです。

破天荒な上に不器用で、バラエティ企画で一歩間違えたら大惨事になりそうなトラブルを何度も起こしているのだとか。

それでいてほぼ無傷で済んでいることから「奇跡を呼ぶ男」「ミラクル安田」とも呼ばれているそうです。

映画『ザ・ファブル』海老原はどんな役?

海老原剛士(たけし)は、ボスと付き合いのある暴力団・真黒組の若頭。

ヤクザながら、「法がカバーできない部分で自分なりに街を守っている」という自負を持っています。

組長のほかに、ファブルの詳細を知るただ一人の人間。

ファブルを「シリアルキラー」だと思い、初めは嫌悪して排除しようとしていましたが、本人と会って無駄な殺生をしない人間とわかって和解。

その後はファブルを信用し、協力するようになります。

スポンサーリンク

安田顕の演技力の評価は

数々のヒット作に出演し、コツコツと演技経験を積んできた名俳優・安田顕。

映画『龍三と七人の子分たち』で、第25回東京スポーツ映画大賞助演男優賞を受賞した演技派です。

強烈な”顔芸”は常に注目の的。

”顔芸レジェンド”とされる香川照之と並べて評されることもあるほどで、視聴者からも「顔で演技する役者!」「迫真の演技泣けた!」などと絶賛の声があがっています。

ドラマ『下町ロケット』シリーズで演じた、主人公・佃社長の右腕的存在「山崎部長」役ははまり役として、大人気となりました。

泥臭さいけれど情熱的、マジメだけどコミカル。一人の人間の中に深みを持たせて表現しています。

幅広い役を演じ分ける力を持つ俳優・安田顕。

真面目な熱い会社員でも、ゲイでも変態でも、どんな役であろうと、魅力的で存在感ある演技を見せてくれます。今後も目が離せない名役者です。

安田顕の公式SNSの紹介

安田顕の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ

本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。

キャストには、岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。

監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。

暴力団・真黒組の若頭・海老原を演じるのは、二枚目、三枚目を見事に演じ分ける名俳優・安田顕。どんなはじけた演技を魅せてくれるのかに大きな期待が寄せられています。必見です!

一大エンターテイメント作品、アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。

関連記事

アクション映画

『アウトレイジ3最終章』ネタバレ感想と評価!北野武監督次回作は

大人気「アウトレイジ」シリーズの最新作にして最終作がついに公開! 様々な分野で活躍する才人・北野武監督の『アウトレイジ 最終章』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まず …

アクション映画

映画『ザ・ファブル』キャストの小島役は柳楽優弥。演技力とプロフィール紹介

南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …

アクション映画

映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

妻を奪った悪魔を狩る!ニコラス・ケイジ、ジョルジ・パン・コスマトスの息子パノス・コスマトス、ヨハン・ヨハンソンがチームを組み、全く予想できない世界を作り上げました。 理不尽な地獄の中でただひたすら“赤 …

アクション映画

映画『炎の城』あらすじと考察。加藤泰VS黒澤明のシェークスピア論

一昨年の2016年、名匠・加藤泰は生誕100年を迎えました。 ですが、本作『炎の城』はビデオのVHSが発売されたのみでDVD化はされていません。 そんな作品が2018年1月31日にNHKのBSプレミア …

アクション映画

映画『ラストサムライ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

お雇い外国人として新政府側で西洋式戦術を教えていた南北戦争の英雄オールグレン大尉。 反乱士族を率いる武将勝元に捕らえられるも、武士道を貫く勝元の姿に徐々に魅了され、反乱士族軍と政府軍の対決が目前に迫る …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP