Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/09/04
Update

【ネタバレ】シャン・チー|感想評価とあらすじ結末の考察解説。マーベル映画が描く中国武術アクションヒーロー

  • Writer :
  • 糸魚川悟

ハイスピードなアクションが炸裂する新たなマーベルヒーローの誕生作!

マーベルコミックスの映像化シリーズ「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)と『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)で一区切りを迎え、新たなフェーズへと突入しました。

2021年、人気キャラクターを主人公としたドラマやアニメなど、今までとは違ったシリーズの展開を見せる「MCU」に遂にアジア人初の単独主演映画が誕生

今回はマーベル映画としての面白味をしっかりと含みながらも、中国映画の魅力を世界に見せつけた異色のMCU映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の作品情報


(C)Marvel Studios 2021

【原題】
Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【監督】
デスティン・ダニエル・クレットン

【脚本】
デスティン・ダニエル・クレットン、デイブ・キャラハム

【キャスト】
シム・リウ、オークワフィナ、メンガー・チャン、ファラ・チャン、ベン・キングズレー、ベネディクト・ウォン、ミシェル・ヨー、トニー・レオン

【作品概要】
マーベルコミックスの人気キャラクター「シャン・チー」を題材とした「MCU」シリーズ25作目の長編映画作品。

黒い司法 0%からの奇跡』(2020)を手がけたデスティン・ダニエル・クレットンが監督を務めました。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のあらすじとネタバレ


(C)Marvel Studios 2021

1000年以上前、装着することで超常的な力と不老の体を手にすることが出来る10個の腕輪「テン・リングス」を手にしたシュー・ウェンウーはその力を私利私欲に使い、暗殺者集団「テン・リングス」を結成し、歴史の裏で暗躍してきました。

1996年、シューは更なる力を求めて魔術師が住むとされる伝説の村「ター・ロー」を訪れますが、村の守護者であるイン・リーが立ち塞がり、彼女の魔術の前に腕輪を手に入れて初の敗北を喫します。しかし、2人の戦いは禍根を残すことはなく、後に2人は結ばれ息子であるシャン・チーを授かることになりました。

現在、サンフランシスコで親友であるケイティと共にホテルの駐車係の仕事で食いつなぐシャンはバスの中で、母親の形見であるペンダントを狙う男達に襲撃されます。

腕から刀を生やすレーザー・フィストを含めた殺し屋集団をシャンは撃退しますが、ペンダントをレーザー・フィストに奪われてしまいます。

シャンの異常な戦闘能力を目にしたケイティは、シャンが何かを隠していることに気づき彼を問い詰めます。

シャンは母の死後、父であるシューに暗殺者として育てられました。14歳の年に暗殺の任務を命じられたシャンは殺人を許容することが出来ずに父のもとを脱走し、サンフランシスコに身を隠して生きてきたことをケイティに告白。

自分を襲った相手が父の部下だと悟るシャンは、次に襲われる相手が妹のシャーリンであることに気づき彼女の住むマカオへと向かいます。

無理やりついてきたケイティと共にマカオのナイトクラブについたシャンは、この場所がダークウェブ上で話題の格闘場であることを知ります。

サノスとの戦いで活躍したドクター・ストレンジの相棒ウォンが参戦するほどの危険な格闘場でしたが、シャンはバスの中での戦いの映像がウェブ上にアップされていたことで世界で話題となっており、強制的に試合に参加させられます。

試合の相手として登場した女性はナイトクラブのオーナーであり疎遠の妹であるシャーリンであり、彼女はシャンが自分を見捨てて逃げたことを恨み、独学で鍛えた体術でシャンを倒します。

オーナー室でシャーリンは、シャンの来訪目的を知るとこの場が危険と判断します。

シャンの行動はシューに筒抜けになっており、ナイトクラブに侵入した「テン・リングス」の集団によってシャンとシャーリン、ケイティは捕らえられ「テン・リングス」のアジトへと連れて行かれます。

家族との再会を喜ぶシューは、ケイティに過去を語り始めます。

インと結ばれシャンとシャーリンを授かったシューは腕輪を外し、一家の父として老いて行く人生を楽しんでいました。しかし、自身の暴力の過去の代償としてギャングにインを殺害されたシューは怒りのために再度腕輪を付ける道を選びます。

シャンが姿を消して以降、インの生まれ育った村「ター・ロー」の研究に没頭したシューは、頭の中にインの声が聞こえたことをきっかけに「彼女は生きており、自分との結婚を反対していた村人によって村に閉じ込められている」と信じるようになります。

シャンとシャーリンの持つペンダントには魔術で守られたター・ローに入るための手順が残されており、シューは3人と「テン・リングス」で母親を取り戻すことを提案します。

シャンは目の前で失った母の生存を信じきれず、さらにシューが母のためにター・ローの村人を皆殺しにする算段であることを知り提案を断りますが、怒りを露わにしたシューによってシャーリンとケイティ共々拘束されてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレ・結末の記載がございます。『シャン・チー/テン・リングスの伝説』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Marvel Studios 2021

牢獄の中でシャンは、囚われていた顔のない小動物のモーリスとモーリスの鳴き声を翻訳することのできる俳優のトレヴァーに出会います。

モーリスはター・ローに生息する動物でありシューよりも先にター・ローへとたどり着く方法を知っており、牢獄からの抜け穴を知るシャーリンによって抜け出した4人とモーリスはター・ローにたどり着きます。

シャンは村の中で自身とシャーリンの伯母にあたるイン・ナンと出会い、彼女に村の危機が迫っていることを話します。イン・ナンは2人がイン・リーの子供であることを理由に4人を村に迎え入れると、村の秘密を打ち明けます。

ター・ローはかつて村人が大きな犠牲を払い封印した異次元との扉「ダーク・ゲート」を守護することを使命としており、「闇の魔物」と呼ばれる巨大な災厄を倒すことの出来る武器を用意し、村人全員は常に鍛錬を重ねていました。

「闇の魔物」は力を持つ人間に幻覚や幻聴を見せ「ダーク・ゲート」の破壊を促すと聞いたシャンは、父が「闇の魔物」によって操られていることを勘付きます。

「テン・リングス」が攻めて来るまでの少しの間を使い、シャンはかつて母が父を倒した技術をイン・ナンから学び、シャーリンは幼少期に父に内緒で練習を重ねた「縄鏢」の感覚を思い出し、ケイティは弓の才能を見出します。

夜、シャンはケイティに初の暗殺任務の対象が母を殺したギャングであり、殺すことができずに逃げ出したのではなく、殺してしまったことから目を逸らすために父のもとを去ったと告白。

翌日、シューを筆頭とした「テン・リングス」が村に到着し、イン・ナンを筆頭とした村人たちとの抗争が始まります。

シューは村人たちが「ダーク・ゲート」の中に妻を閉じ込めているという妄想に囚われており、彼の暴走を止めに来たシャンと対峙。

シャンはシューに「母が生きていても今のお前を愛することはない」と言い攻撃を仕掛けますが、シューの腕輪を使った圧倒的な力に叶わず湖の底に沈められてしまいます。

シャンを退けたシューは「ダーク・ゲート」を腕輪の力を使い破壊を始めます。

「ダーク・ゲート」にヒビが入り、異次元からの怪物が大量に姿を現すと誰彼構わず魂を吸い殺害しレーザー・フィストを始めとした「テン・リングス」のメンバーも異常を感じ村人と協力し怪物たちに立ち向かいます。

母の声を聞き湖の底で目を覚ましたシャンは湖の底に眠る龍を目覚めさせ、怪物たちを一掃すると同時に「ダーク・ゲート」の破壊を続けるシューに再び対峙します。

母の使った技を会得したシャンはシューから腕輪をすべて奪うことに成功しますが、シューに「家族を救ってくれ」と懇願し、腕輪を返します。

直後「ダーク・ゲート」が完全に破壊され、異次元からかつて「闇の魔物」と呼ばれた巨大な怪物が姿を現し、シャンを襲います。

シューはシャンの身代わりとなって「闇の魔物」に魂を吸われて死亡し、彼に腕輪を託します。

村人と「テン・リングス」の構成員に多くの犠牲を出しながらも腕輪の力を使うシャンと、龍を操るシャーリン、そして弓を使うケイティの協力で「闇の魔物」は爆散しました。

すべてが終わり、サンフランシスコに戻ったシャンとケイティはウォンに呼び出されます。

ブルース・バナー博士とキャロル・ダンヴァースの解析で腕輪が地球上の物質でないことと、常に何者かに向けての信号が発信されていることが分かり、ブルースは2人に警戒を促し「サーカスへようこそ」と告げると通信を切ります。

ウォンはシャンとケイティに「二度と戻ることのできない領域に踏み入れた」と話すと休息を促しますが、2人はウォンを連れカラオケへと繰り出しました。

一方、シャンから「テン・リングス」の解体を頼まれたシャーリンは、「テン・リングス」を解体することなく自分の組織として私物化していきました。

スポンサーリンク

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の感想と評価


(C)Marvel Studios 2021

カンフーとワイヤー使用のアクション

「イップ・マン」シリーズでお馴染みのアクション俳優ドニー・イェンがハリウッドで活躍するなど、中国映画といえば「カンフー」を用いた怒涛のアクションという強い印象があります。

本作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は「マーベル・スタジオ」が製作したハリウッド映画でありながらもカンフーを用いるキャラクターを題材としているため、中国映画のノウハウを活かした壮絶な殺陣のカンフーアクションを見せつけてくれます。

出演俳優もアクション俳優として名高い中国映画の名優を起用しており、中でもアカデミー賞を受賞した映画『グリーン・デスティニー』(2000)でヒロインを演じたミシェル・ヨーが、再びワイヤーアクションを見せるシーンは必見です。

今までの「MCU」映画とは全く方向性の異なる、素手と中国の武器を利用した殺陣にファンタジー要素を加えたアクションは目を一切画面から離すことのできない文句無しのハイスピードアクションでした。

「父」と「破滅の男」の顔を持つ最強ヴィラン


(C)Marvel Studios 2021

ヒーロー映画では、私利私欲に生きる悪の権化のようなキャラクターが定番のヴィラン像でした。

しかし、『ブラック・パンサー』(2018)や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)などで、等身大の人間としての内面が描かれたヴィランが人気を博し、「MCU」シリーズは「ヴィラン」へのこだわりを強く見せるようになります。

本作ではトニー・レオン演じる主人公の父であるシューがヴィランを務めましたが、等身大の人間の心情を持つ父親としてのヴィラン像と、圧倒的な力を持つ悪の権化としての恐怖感を持つヴィラン像の2つを兼ね揃えた絶妙なバランスのヴィランとなっていました。

私利私欲で生きてきた不老の男がなぜ家族を持ったのか、そして家族を持った男がなぜ破滅への道を進むのか、強さも内面に抱える苦悩もすべてが魅力的なヴィランに釘付けになる作品でした。

まとめ


(C)Marvel Studios 2021

ドクター・ストレンジ』(2017)の主人公ストレンジの相棒ウォンが劇中に登場するなど、しっかりと「MCU」との繋がりを見せる本作は単体作の中でも特に多くのキャラクターがシリーズから登場しています。

シャン・チーの初登場の作品であり、シリーズ初見の人にもオススメ出来る作品である一方で、最初期の作品から追い続けている人には嬉しいカメオ出演のある『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。

今後の「MCU」を動かす要素も提示される本作は、シリーズ随一のアクションと魅力的なヴィランを含め誰に対しても自信を持ってオススメ出来る作品です。



関連記事

アクション映画

映画『モンスターハンター』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【キャストのミラジョヴォヴィッチが怪物と闘う】

特殊部隊の兵士が未知のモンスターと戦うアクションアドベンチャー ポール・W・S・アンダーソンが脚本・監督を務めた、2020年製作のアメリカのアクションアドベンチャー映画『モンスターハンター』。 シリー …

アクション映画

映画『仮面ライダーTHE FIRST』ネタバレあらすじ感想と解説。ラスト結末にある原点回帰の到達点はシン化を遂げるのか

日本を代表する特撮ヒーローシリーズ「仮面ライダー」。 今年生誕50周年を迎えた同シリーズは、テレビシリーズと並行する形で何度かリブートが試みられてきました。 2000年から始まった「平成仮面ライダー」 …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の壁役は満島真之介。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

【ネタバレ感想】SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班のあらすじラスト結末も

中国・香港合作映画『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』は8月18日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー。 香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリスト! アンディ・ラウが制作・ …

アクション映画

映画『ロンゲストヤード(1974)』ネタバレあらすじと感想。アルドリッチ監督が描く反骨精神

タフガイ俳優のバート・レイノルズがゴールデングローブ賞に初ノミネートされた作品 俳優バート・レイノルズは、1961年ハリウッドで映画デビューを果たし、1970年代はタフガイ・セックスシンボルのイメージ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学