Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/09/06
Update

映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』あらすじ/公開日/上映館。阪元裕吾監督がドキュメンタリーで殺し屋の日常を追う

  • Writer :
  • 大塚まき

殺し屋ビジネスの実体が今、明かされる!

『ベイビーわるきゅーれ』『黄龍の村』の阪元裕吾監督が捉えた殺し屋の日常と殺しを追った禁断のドキュメンタリー映画。


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

『ベイビーわるきゅーれ』がスマッシュヒット中、新作『黄龍の村』も話題の阪元裕吾監督によるドキュメンタリー映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』が、2021年10月8日(金)より池袋シネマ・ロサにて公開されることが決定しました

スポンサーリンク

映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』について


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

2018年、監督の阪元は女子二人組の殺し屋を描く新作映画『ベイビーわるきゅーれ』のシナリオに取り掛かっていました。

阪元は“関西殺し屋協会”という殺し屋ビジネスネットワークがある事を知り、シナリオ作りの参考に協会に取材を申し込みます。

協会から紹介された人物は、京都最強と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸(23)でした。

国岡の密着取材を行う事になった阪元が見た殺し屋の生活は、笑って泣いて悩んで恋をして友人と酒を飲む一般人と変わらない日常生活と淡々と仕事としてこなす殺しの日々

ある日依頼元との連絡ミスで、間違った人間を殺してしまった国岡は、逆上した依頼元から送られてくるヒットマンと、殺された人間の仇を狙う者たちの両方に狙われる事になります。

そして大殺戮の日々が始まり……。

凄腕の殺し屋・国岡を筆頭にベテランサラリーマン殺し屋、舞子殺し屋、殺し屋ポンコツ集団、“ヒットガール”に憧れる女子殺し屋、危険な野良殺し屋など、個性あふれる殺し屋が続々と現れ、普段我々が知る事のない殺し屋ビジネスの実態と殺し屋の日常生活が赤裸々に語られる衝撃のドキュメンタリーが遂に公開となります。

映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』のポスタービジュアル


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

この度解禁されたポスタービジュアルには、左手にはスーパーの買い物帰りなのか長ネギがはみ出したビニール袋を持ち、右手には拳銃を持った国岡が、真顔ながらもどこか挑発的な表情でこちらを見ており、彼の実体に興味をそそられるビジュアルに仕上がりました。

ポスタービジュアルとともに解禁となる場面写真では、狙撃・戦闘態勢万全で銃を構える国岡や、彼の同業者である舞子殺し屋、ベテランサラリーマン殺し屋、野良殺し屋、“ヒットガール”憧れ女子殺し屋と、クセの強い面々が登場。

彼らが国岡とどう関わってくるのか、期待せずにはいられません!

スポンサーリンク

阪元裕吾監督のコメント

この度、本作を手掛けた阪元裕吾監督から撮影の裏側や本作への思いを綴ったメッセージが到着しましたので、ご紹介します。

3年前に撮影した、殺し屋の生活を追ったドキュメンタリー『最強殺し屋伝説国岡』がいよいよ公開となります。これが後の『ベイビーわるきゅーれ』になるわけです。殺し屋という、普通じゃない彼の、普通の毎日。クレーマーと喧嘩したり、銃弾屋さんにぼったくられたり、好きな女の子からメールの返事が来なかったり、ヤバいやつらの恨みを買って壮絶な殺し合いに発展したり…。と、生きてたら誰でも経験するようなことが詰まっています。
「人生、色んなしんどいことと戦っていかなきゃいけないけど、なんとか切り替えてやっていこうな」というポジティブなメッセージのこもった作品になっています。数十人死んでますけどね。そしてラストの8分間に及ぶ肉弾戦はどんなアクション映画にも負けない壮絶なものになっています。
日本一共感できる殺し屋の姿を、ぜひ劇場でご覧ください! 

                    

映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』の作品情報


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
阪元裕吾

【キャスト】
伊能昌幸、上のしおり、吉井健吾、松本卓也、でん一徳、申昇容、海道力也、藍海斗、中村銀次郎、ゆっけ、ゆっけ弟、地蔵竜希、田島剛、大坂健太、田中善則、藤井愛稀、安田ユウ、大島健真、雅マサキ、西村風音、若井志門、カランビットなぎさ、古屋華蓮、片山直樹、鬼木大地、小松遼太、うみのはるか、うみのつぐみ、森恵美、吉井優、木元康成、清水風太、北條風知、北見陽太、鈴木一真、竹村圭太、田辺はると、今井海渡、満腹満、茶谷優太、田中俊介

スポンサーリンク

映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』のあらすじ


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

映画監督・阪元裕吾は『ベイビーわるきゅーれ』のシナリオ作りに励むなか、“関西殺し屋協会”なる殺し屋ビジネスネットワの存在を知り、協会の紹介で“京都最強”と呼ばれるフリー契約の殺し屋・国岡昌幸(23)と出会います。

国岡の密着取材で彼と行動をともにする阪元は、友人や恋人と過ごす国岡のプライベートや、次々と仕事として殺人の依頼を受け、淡々と対象人物を殺めていく姿を包み隠さずに捉えていく。

阪元の熱心な密着取材により、殺し屋と依頼元との連絡ミスが良からぬ事態へと転じていく一幕もカメラが映し出します。

さらにトラブルが肥大化し、やがて国岡は大殺戮へと身を投じることに……。

まとめ


(C)2021『最強殺し屋伝説国岡完全版』製作委員会

殺し屋ビジネスは実在した!凄腕ヒットマンが殺し屋ビジネスの実態を赤裸々に語ります。

阪元裕吾監督が描く禁断と日常の殺し屋ドキュメンタリーの誕生です。

殺し屋を戦場カメラマンの如く間近で追ったことで実現した、唯一無二の衝撃映像がついに劇場公開を迎えます!

阪元裕吾監督によるドキュメンタリー映画『最強殺し屋伝説国岡 完全版』が、2021年10月8日(金)より池袋シネマ・ロサにて衝撃のロードショーです。




関連記事

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのマテバ役は小栗旬。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇』あらすじ。キャストは大泉洋と小池栄子で公開日は2020年2月14日!

昭和の文豪・太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』がコメディとして映画化! 『走れメロス』、『人間失格』などの代表作を発表し、2019年に生誕110年を迎えた文豪・太宰治。 ©2019『グッドバイ』フィル …

新作映画ニュース

映画『Diner ダイナー』キャストのブロ役は武田真治。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『もうひとつのことば』場面写真が解禁!根矢涼香・大塚信一監督ら第2弾応援コメントも到着!

自粛の夏。 英語と日本語が織りなす、《二ヶ国語》ラブコメディ! このたび、2022年7月22日(金)より池袋HUMAXシネマズにて劇場公開される堤真矢監督の映画『もうひとつのことば』。 コロナ禍で東京 …

新作映画ニュース

映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家森山大道』上映館/公開情報。三沢の犬がポスタービジュアルに!

写真界最後のカリスマ・森山大道に迫るドキュメンタリー。 2020年7月3日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開予定だったドキュメンタリー映画『過去はいつも新 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学