Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/07/06
Update

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

  • Writer :
  • かりごめあき

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー

詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯罪アクション・エンターテイメント映画。

詐欺師のひとり、AFTERSCHOOLナナが演じた美貌を武器にした宝石泥棒の映像と画像が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『スウィンダラーズ』の作品情報


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(韓国映画)

【原題】
꾼(英題:The Swindlers)

【脚本・監督】
チャン・チャンウォン

【キャスト】
ヒョンビン、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウン、アン・セハ、ナナ

【作品概要】
韓国で実際に起きたマルチ商法詐欺事件をモチーフに、『コンフィデンシャル 共助』などで知られるヒョンビンが巧妙な詐欺師を演じたクライムサスペンス映画。

ヒョンビンが主人公の知的詐欺師のジソンを務め、共演は『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、『ベテラン』のペ・ソンウ、『新しき世界』のパク・ソンウンたち人気俳優が固めます。

AFTERSCHOOLナナの美しい宝石泥棒映像解禁!

K-POPガールズグループ AFTERSCHOOLのナナが演じた女詐欺師“チュンジャ”は、美貌を武器に様々な男を手玉にとっていきます

ボディーラインがあらわになる服装でスタイルを際立たせたチュンジャに狙いを定められたら最後、惑わされない者はいません。

今回、美しいビジュアルで相手を幻惑するチュンジャが、白昼堂々行った宝石泥棒の本編映像が解禁されました。

映像は、ダイヤモンドのネックレスを試着するチュンジャの姿から始まります。

胸元が開いたシャツとタイトスカートを穿いたチュンジャが、シャツをはだけさせ、胸を強調しながらネックレスを着用すると、宝石店の社長も思わずチラ見してしまいます。

「ウエディングドレスに似合いそう」と結婚式を控えた新妻を演じたチュンジャは「他のネックレスも見せて」と社長の注意を後ろのショーケースに逸らします。

社長が後ろを向いた隙に、偽のネックレスと本物のネックレスを入れ替え、そっと鞄にしまいます。

泥棒大成功かと思いきや、後ろから「チュンジャ!」と呼ばれ、振り返るとチュンジャのダーリンを名乗る男がいました。

さらに外から別の男が入ってきます。

二人は刑事で、チュンジャを逮捕するために、宝石店の社長に騙されるよう芝居を打たせていたのでした。

見事にチュンジャに手錠をはめた二人は、社長から感謝され、ご満悦です。

隙を見て逃げ出そうとするチュンジャの腕をしっかりと捕まえ、パトカーで連行していきました。

しかし、運転していく男のポケットから何故か本物のネックレスが出てきます。

実は2人の男は、コ・ソクトン(ぺ・ソンウ)とキム課長(アン・ハセ)という詐欺師で、チュンジャの仲間だったのです。

見事なダブルトラップを仕掛けた3人の詐欺師。

繰り返される駆け引きと裏切りに、まさかの大どんでん返しが待ち受ける、犯罪アクション・エンターテイメント映画『スウィンダラーズ』を、ぜひ劇場でご鑑賞ください!!

スポンサーリンク

AFTERSCHOOLナナの未公開画像解禁!


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.
美しい宝石泥棒の映像と併せて、未公開画像も解禁されました。

チュンジャを演じたK-POPガールズグループAFTERSCHOOLのナナは、2014年から2年連続で米国の映画評論サイトTC Candlerが発表した「世界で最も美しい顔」第1位に選ばれています。

ナナの凛とした美しさが、魅惑の女詐欺師チュンジャの役柄にピタリとマッチした画像ですね。

この美貌をぜひ、映画館でご堪能ください!

映画『スウィンダラーズ』のあらすじ


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

1度目はダマすほうが、2度目はダマされたほうが悪い!?

韓国を騒がせた希代の詐欺師チャン・ドゥチルが死亡したという、テレビニュースが放映されます。

しかし、ドゥチルはどこかで今だに生きているという噂とともに、彼を保護した権力者たちによって、意図的に逃がしたという臆測までもが出回り始めるます。

詐欺師だけをダマす詐欺師ジソンは、自身の父親の命を殺めたチャン・ドゥチルはまだ生きていると確信を持ち、事件の担当検事パク・ヒスに、ドゥチルを捕まえようと提案を持ちかけます。

パク検事の署内で非公認の捜査ルートである詐欺師3人組コ・ソクトン、チュンジャ、キム課長を合流させ、行方をくらましたチャン・ドゥチルの右腕クァク・スンゴンに接近するため、新しい作戦を実行します。

しかし、パク検事はチャン・ドゥチル検挙ではなく、別の目的のために密かに違う作戦を企てています。

それに気づいたジソンと他の詐欺師たちも互いにダマされないため、それぞれの計画を立て始めるが…。

スポンサーリンク

まとめ

本作『スウィンダラーズ』は韓国映画界を牽引する豪華スターが集結し、映画化されました。

主演のヒョンビン他、ユ・ジテ、ペ・ソンウ、パク・ソンウンなど魅力的なキャストが多数出演しています。

中でも、2014年・15年と連続で「世界で最も美しい顔」第1位に選ばれ、2018も韓国代表としてノミネートされているAFTERSCHOOLのナナが演じた“チュンジャ”は、峰不二子、ハーレークイン、キャットウーマンに次ぐ、女泥棒界のニューヒロインとして注目です。

チャン・チャンウォン監督の長編デビュー作の『スウィンダラーズ』、7月7日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!

関連記事

新作映画ニュース

映画『ダンサー そして私たちは踊った』あらすじとキャスト。のむコレ3にて公開されるアカデミー賞スウェーデン代表作!

ロッテン・トマト93%FRESH獲得のアカデミー賞国際長編映画賞スウェーデン代表作品。 第92回アカデミー賞国際長編映画賞部門スウェーデン代表に選出された『ダンサー そして私たちは踊った』。 (c) …

新作映画ニュース

『アイネクライネナハトムジーク』キャストの織田一真役は矢本悠馬【演技力の評価とプロフィール】

映画『アイネクライネナハトムジーク』が2019年9月20日より全国ロードショー! 『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』など数多くの作品が映像化されている大人気ベストセラー作家・伊坂幸太郎。 伊 …

新作映画ニュース

『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』映画劇場公開の本ポスター&予告動画解禁!

ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それに関わる人々の運命に迫る名画ミステリー『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』は2019年4月19日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほ …

新作映画ニュース

『罪の声』小説あらすじネタバレ。犯人9人は映画化キャストで誰になるのか⁈【予想解説】

これがフィクションなのか!? 昭和の未解決事件が、圧倒的リアリティで蘇る。 (C)2020「罪の声」製作委員会 1984年(昭和59年)。阪神を中心に起こった昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」。 江 …

新作映画ニュース

映画『愛なのに』『猫は逃げた』あらすじ。城定秀夫×今泉力哉のコラボ企画L/R15が始動!

城定秀夫×今泉力哉による異色のコラボレーション企画が始動! 『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』 『mellow』『his』『あの頃。』『街の上で』と続々話題作が公開され、今最も注目されてい …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学