Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/06
Update

韓国映画『サムジンカンパニー1995』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話ベースのスカッとするエンタメ作!

  • Writer :
  • 石井夏子

『グエムル-漢江の怪物-』のコ・アソン主演
実話をベースにした痛快大逆転お仕事エンタテインメント!

ポン・ジュノ監督作『グエムル-漢江の怪物-』で鮮烈な映画デビューを果たしたコ・アソンを主演に迎えた『삼진그룹 영어토익반』(英題:SAMJIN COMPANY ENGLISH CLASS)。

(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

国際化へと激変する韓国社会や某企業の汚水流失事件などの実話を元に、大企業に勤める3人の高卒女性社員たちが、偶然知った会社の不正に自らの知識と知恵と勇気で立ち向かう姿を痛快に描き話題となりました。

邦題を『サムジンカンパニー1995』として、2021年7月9日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開されることが決定。

あわせて日本版ポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『サムジンカンパニー1995』について

本作の舞台となるのは、1995年、ソウル。大企業に勤める高卒女性社員のジャヨン、ユナ、ボラムの3人は実務能力は完璧ながら、仕事は雑用ばかり。

そんな彼女たちに訪れたチャンスと、立ちはだかる組織の闇を、痛快に描いていきます。

本作で、時には弱気になりながらも真相追及を諦めない芯の強さを持つジャヨン役に『グエムル-漢江の怪物-』、『スノーピアサー』のコ・アソン

ジャヨンの同期で推理小説マニアの姉御肌ユナには『小公女』、『ハッピーログイン』のイ・ソム

数学オリンピックで優秀な成績を残す会計部の心優しき天才シム・ボラムには『スウィング・キッズ』、『あなた、そこにいてくれますか』のパク・ヘスという、韓国映画界を支える実力派女優たちが集結しました。

映画『サムジンカンパニー1995』日本版ポスタービジュアル

(C) 2020 LOTTE ENTERTAINMENT & THE LAMP All Rights Reserved.

今回あわせて解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、韓国90年代のレトロな雰囲気を感じさせる中、三人三様の個性あふれる姿を中心に、「じっとしているだけなんて、つまらない!」というコピーが配されました。

劇中登場する英単語“tiny tiny”=ちっぽけな存在の彼女たちが、どんな逆襲をしていくのか、期待が高まるビジュアルとなっています。

スポンサーリンク

映画『サムジンカンパニー1995』の作品情報

【日本公開】
2021年(韓国映画)

【原題】
삼진그룹 영어토익반

【監督】
イ・ジョンピル

【キャスト】
コ・アソン『グエルム-漢江の怪物-』 イ・ソム『愛のタリオ』 パク・ヘス

【日本語字幕翻訳】
小西朋子

映画『サムジンカンパニー1995』のあらすじ

1995年、ソウル。大企業サムジン電子に勤める高卒の女性社員たちは実務能力は完璧ながら、主な仕事はお茶くみや書類整理など、大卒社員のサポートばかり。

しかしそんな彼女たちにもチャンスがやってきます。社の方針でTOEIC600点を超えたら、「代理」という肩書を与えられることになったんです。そうすればもっと活躍の場が増えるはず!

ステップアップを夢見ながら英語の勉強に勤しむ女性社員のひとり、ジャヨンはある時、会社の工場から汚染水が川に流出しているのを目撃。

その証拠を隠蔽しようとする会社に、ジャヨンと同僚たちは解雇の危険も顧みず、力を合わせて真相解明に向けて奔走し……。

スポンサーリンク

まとめ

参考:韓国版トレーラー


熾烈な学歴社会の韓国では、どんな才能があっても高卒社員は大卒社員の雑用ばかり。

そんな現実に翻弄されながらも、前向きに自分の居場所を探し続ける女性たち。

その姿は、落ちこぼれOLたちの活躍を描いた『ショムニ』や、会社の危機を救う派遣社員を描いた『ハケンの品格』ように爽快でカッコよく、応援せずにはいられません。

映画『サムジンカンパニー1995』は、2021年7月9日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開です。

共感度MAXなお仕事エンタテインメントをお見逃しなく。


関連記事

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャストの添い寝ハウスの客・加奈子役は芦那すみれ【演技力の評価とプロフィール】

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにて公開! オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2021】オープニングは『映画をつづける』/クロージングは『アジアの天使』に決定!

オープニング作品とクロージング作品が発表! 2021年で16回目を迎える大阪アジアン映画祭。この度、オープニング作品とクロージング作品が発表されました。 オープニング作品に、香港映画界の巨匠、アン・ホ …

新作映画ニュース

映画スウィンダラーズ|AFTERSCHOOLナナのセクシーな詐欺師の本編映像公開!

アジア各国で絶大な人気と知名度を誇るヒョンビンが、初めて詐欺師を演じた話題作『スウィンダラーズ』が、7月7日(土)より全国ロードショー。 詐欺師だけをダマす詐欺師5人とエリート検事による予測不可能な犯 …

新作映画ニュース

インド映画『燃えよスーリヤ!!』あらすじとキャスト。公開日が12月27日と決定したヒーローアクション作品

世界中の映画ファンが燃え上がったインド発のカンフーアクションエンターテインメント。 『ロボット』、『バーフバリ』を生み出したインド発、痛み知らずのアクション・ヒーロー・エンターテインメント『Mard …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学