Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/21
Update

映画『帰ってきたムッソリーニ』あらすじとキャスト。監督ルカ・ミニエーロの新作予告解禁!

  • Writer :
  • 加賀谷健

独裁者ムッソリーニが現代に生き返る!

「イタリア映画祭2019」で特別上映され、全席完売の大盛況だった映画『帰ってきたムッソリーニ』が、2019年9月20日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開されます。

今回はポスタービジュアルと予告編が解禁されました。

スポンサーリンク

映画『帰ってきたムッソリーニ』のポスタービジュアル

© 2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

解禁されたポスタービジュアルでは、両手を腰にあて演説に臨もうとしているムッソリーニの後姿が捉えられ、仁王立ちする独裁者のインパクトある印象が伝わってきます。

しかし目の前に聴衆の姿がありません。それは、突如現代に生き返ってしまった独裁者ムッソリーニが一から再び権力を掌握していく可能性を示しているのでしょうか……。

映画『帰ってきたムッソリーニ』とは

© 2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

イタリアの独裁者ムッソリーニが軍服姿で現代ローマに突如出現

時代に馴染まないスタイルに当初は笑い種にされていたものの、稀代のカリスマ性を発揮し、次第に人々の心を摑みはじめます。ついにはメディアにも露出し、多くの聴衆を目の前にするまでになるのです。

ドイツで200万部以上を売り上げた2012年のベストセラー小説『帰ってきたヒトラー』のムッソリーニ版である本作では、過去の独裁者の姿を通して、現代イタリアが抱える混乱の状況が浮き彫りにされます。

監督はイタリアでは喜劇映画の名手として知られるルカ・ミニエーロが務め、「はじめは笑ったけれども、後になってほんとうに笑ってよかったんだろうかという実感は、実際にファシズムを行った人たちの歩みを辿ってくれたことになる」とコメディタッチの本作の狙いについてコメントしています。

解禁された予告編では、ムッソリーニと売れない映像作家カナレッティがイタリア全土を巡り、次第に絶大な人気を博していく様子がコミカルに映し出されていき、見ている側も独裁者の煽動に乗せられてしまいそうです。

スポンサーリンク

映画『帰ってきたムッソリーニ』の作品情報

【公開】
2019年(イタリア映画)

【監督】
ルカ・ミニエーロ

【キャスト】
マッシモ・ポポリツィオ、フランク・マターノ、ステファニア・ロッカ

【作品概要】
2015年に日本でヒットしたドイツ映画『帰ってきたヒトラー』のムッソリーニ版作品。現代にタイムスリップした独裁者ムッソリーニが、インターネットやテレビを通じて人気を博し、スターになっていく様が活写されます。監督は、喜劇映画の名手ルカ・ミニエーロが務め、風刺の利いたコメディ作品に仕上がっています。

映画『帰ってきたムッソリーニ』のあらすじ

© 2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

独裁者ムッソリーニが現代のローマによみがえった!

売れない映像作家カナレッティ(フランク・マターノ)が、復活したムッソリーニ(マッシモ・ポポリツィオ)をカメラに偶然収めたことから、彼を主役にしたドキュメンタリー映画の制作を思い立ちます。

2人でイタリアを旅しながら、若者がスマホで彼の姿を撮ろうとする現代のカルチャーに戸惑いながらも、テレビに出演したりとかつての総帥は人気者になっていきます。

そして国を再度征服しようとするのですが…。

スポンサーリンク

まとめ

© 2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

本作には、新たに生まれた連立政権が議会政治よりもSNSの発進力に重きを置くようになったイタリアの政治性も反映されています。

大衆への迎合(ポピュリズム)の危険が懸念される状況で、「今イタリアの中で起きている混乱を描きたかった」と語るミニエーロ監督は、現代に生き返った独裁者ムッソリーニの姿を通して、明確な社会的メッセージを伝えるのではなく、観客がそうした危機に気付くことを促しているのです。

映画『帰ってきたムッソリーニ』は、2019年9月20日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー!


関連記事

新作映画ニュース

『スピリッツ・オブ・ジ・エア』名作映画が30年ぶり日本劇場公開!デジタルリマスター版予告解禁

30年の時を経て、孤高のファンタジーが蘇る! 本作は、1990年開催の第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映され、審査員特別賞を受賞。 翌年には日本でも劇場公開され、レイトショーで12週間 …

新作映画ニュース

映画『タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。女性監督がマイノリティの性にカメラを向けた衝撃作

第68回ベルリン国際映画祭金熊賞(最高賞)受賞作品。 カンヌ、ベネチアと並ぶ世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭2018 無名の女性監督が脚光を浴びました。 ルーマニア出身のアディナ・ピンティリ …

新作映画ニュース

映画『太陽と踊らせて』内容解説/公開日/上映館。実在のイビサ島のDJを追ったドキュメンタリー

息をのむような島の映像とバレリアックな音楽にのせて贈る、あまりにも自由で極上な音楽ドキュメンタリー。 リリー・リナエ監督作『太陽と踊らせて』が、2021年7月24日(土)より新宿K’s cinema、 …

新作映画ニュース

韓国映画『無垢なる証人』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月24日の感動作が予告編解禁!

韓国動員230万人突破の大ヒット作が日本公開。 チョン・ウソンとキム・ヒョンギという、実力派俳優が豪華競演している韓国映画『証人(原題) 』。 © 2019 LOTTE ENTERTAINMENT A …

新作映画ニュース

『劇場版プラシド・ドミンゴ』日本公開日/上映館/内容解説/予告動画。アレーナ・ディ・ヴェローナ音楽祭2020を映画化

奇跡の歌声が古代ローマの円形闘技場に響き渡る。 オペラ界のレジェンド、プラシド・ドミンゴ。 世界最大規模の屋外オペラ会場アレーナ・ディ・ヴェローナで行われた、プラシド・ドミンゴによるナイトコンサートの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学