Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/06/10
Update

『犬も食わねどチャーリーは笑う』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。主題歌はネバーヤングビーチ(never young beach)の楽曲「こころのままに」

  • Writer :
  • 大塚まき

主題歌を書き下ろした安部勇磨が本作の音楽も担当!

香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手掛ける映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が、2022年9月にTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開となります。


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

この度、“コメディだけど、怖い”唯一無二な本作を彩る、主題歌に爽やかでポップな楽曲をnever young beachが奏でます。

さらに主題歌について市井監督からのコメントも到着しましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

主題歌never young beachの「こころのままに」について

2014年より活動スタートし、土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった楽曲で、音楽シーンに一石を投じる存在として、注目を集めているnever young beach

彼らの新曲であり、メンバーの安部勇磨が作詞・作曲を手掛けて書き下ろした「こころのままに」が、映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の主題歌になりました。

表向きは仲良し夫婦である田村裕次郎(香取)と日和(岸井)の2人が、過激なSNS「旦那デスノート」によって引き起こされる夫婦ゲンカの結末に、彼らの奏でる楽曲がどんな彩りをもたらすのか。

日和が呆れる裕次郎の“ダメっぷり”と、切実な思いをネットにぶつける日和の姿、そして大切な関係を取り戻そうともがく2人の様子が“コメディだけど、怖い”本作。

never young beachの持ち味である爽やかでポップなメロディが、ちょっと過激で誰もが共感し痛感する夫婦ゲンカとどのようにマッチするのかと、期待せずにはいられません。

コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」をはじめ、一見とある夫婦の日常を切り取った作品かと思いきや、誰にでも起こりうることで、誰もが痛感し、共感できる一味違ったコメディ作品となっている本作の今後にご注目ください。

市井昌秀監督のコメント

参考:never young beachの安部勇磨が現場に訪れた際の記念写真


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

never young beachの安部勇磨さんと映画のことだけでなく、いろんな話をしながらお茶をしました。何度も。
そして、一見無駄なような会話を、空気を、時間を、安部さんは温かい毛布のような音楽に昇華してくれました。
「こころのままに」は2人が共通して感じるモヤモヤを安部さんが丁寧に掬い取ってくれた曲です。

スポンサーリンク

never young beachのプロフィール


(C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

never young beachは土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった楽曲で、音楽シーンに一石を投じる存在として、注目を集めるバンド。

2014年春に結成。2015年に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』を発表し、「FUJI ROCK FESTIVAL」に初出演。

2016年に2ndアルバム『fam fam』をリリースし、様々なフェスやライブイベントに参加。2017年にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム『A GOOD TIME』を発表。

2018年に10inchアナログシングル『うつらない/歩いてみたら』をリリース。そして2019年に、4thアルバム『STORY』を発表し、初のホールツアーを開催。また近年は上海、北京、成都、深圳、杭州、台北、ソウル、バンコクなどアジア圏内でもライブに出演。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督・脚本】
市井昌秀

【音楽】
安部勇磨

【キャスト】
香取慎吾、岸井ゆきの

スポンサーリンク

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』のあらすじ

田村裕次郎(香取)と日和(ひより/岸井)は結婚4年目を迎える夫婦。

表向きは仲良し夫婦の2人ですが……。

日和がこっそり投稿していたSNS「旦那デスノート」をきっかけに、少しずつ小さなすれ違いがつまびらかになっていきます。

コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」とは対照的に、シリアスなシチュエーションにもがく裕次郎と日和の未来は一体どうなるのか…。

まとめ

主題歌について市井昌秀監督が「2人が共通して感じるモヤモヤを安部さんが丁寧に掬い取ってくれた曲」と語ったnever young beachの主題歌「こころのままに」は、2022年6月10日(金)から行われる全国4都市を回る彼らのワンマンライブでも披露される予定です。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』の主題歌に留まらず、安部勇磨が本作の音楽も担当し夫婦の物語を彩ります。

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、2022年9月にTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『キャラクター』キャストの高畑充希は川瀬夏美役【演技力の評価とプロフィール】

映画『キャラクター』は2021年6月11日よりロードショー 菅田将暉と本作が俳優デビューとなる人気バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseの共演によるダークエンタテインメント。 …

新作映画ニュース

映画『るろうに剣心 最終章』キャストの沖田総司役は村上虹郎!演技評価とプロフィール紹介

大ヒットシリーズ『るろうに剣心』の完結編第2弾『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は2021年6月4日公開 和月伸宏の人気コミックを佐藤健主演&大友啓史監督で実写映画化した大ヒットシリ …

新作映画ニュース

映画『ひとくず』木下ほうかキャスト陣と監督 上西雄大が舞台挨拶。上映館は大阪なんばパークスシネマなどさらに拡大!

映画『ひとくず』は2021年も全国にて劇場公開を拡大中! 「劇団テンアンツ」を主宰する俳優・上西雄大が監督・脚本・主演などを務め、児童虐待や育児放棄の本質と人々の哀しみを描いた映画『ひとくず』。 20 …

新作映画ニュース

草凪優映画『どうしようもない恋の唄』あらすじ。藤崎里菜の画像解禁

圧倒的な筆力と流麗な官能描写で熱狂的ファンを持つ人気作家の草凪優。 彼の代表作との呼び声も高い傑作ラブストーリー『どうしようもない恋の唄』がついに映画化! 8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート …

新作映画ニュース

映画『ホムンクルス』女子高生役は石井杏奈!演技力の評価とプロフィール紹介

サイコミステリー『ホムンクルス』は2021年4月2日公開 山本英夫原作の国民的カルト漫画を、『呪怨』シリーズ、『犬鳴村』など国内外で活躍する日本ホラー界の巨匠・清水崇監督が綾野剛を主演に迎え実写化した …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学