Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/11/03
Update

映画『ファイナルプラン』ネタバレあらすじ結末と感想評価。リベンジ復讐劇をリーアムニーソンが演じて光る

  • Writer :
  • 秋國まゆ

伝説の爆破強盗犯の最後の恋と怒りが燃え上がるリベンジ・アクション!

マーク・ウィリアムズが原案・脚本・製作・監督を務めた、2020年製作のアメリカのリベンジ・アクション映画『ファイナル・プラン』。

全米各地の銀行を襲い、あらゆる金庫を破ってきた爆発と戦闘のプロである伝説の爆破強盗犯が、運命の女性に出会い、彼女のために自首を決意。

そこへ、2人の冷酷なFBI捜査官の陰謀が立ちはだかる! 愛する女性を傷つけられた爆破強盗犯が、FBI捜査官に復讐する姿とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

「96時間」シリーズでリベンジ・アクションの礎を築いた名優リーアム・ニーソン主演で贈る、映画『ファイナル・プラン』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『ファイナル・プラン』の作品情報


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原案・脚本】
スティーブ・オルリッチ、マーク・ウィリアムズ

【監督】
マーク・ウィリアムズ

【キャスト】
リーアム・ニーソン、ケイト・ウォルシュ、ロバート・パトリック、アンソニー・ラモス、ジェフリー・ドノバン、ジェイ・コートニー

【作品概要】
『ファミリー・マン ある父の決断』(2016)のマーク・ウィリアムズが原案・脚本・製作・監督を務めた、アメリカのリベンジ・アクション作品です。

「96時間」シリーズや『トレイン・ミッション』(2018)、『メン・イン・ブラック インターナショナル』(2019)、『アイス・ロード』(2021)などに出演する、名優リーアム・ニーソンが主演を務めています。

映画『ファイナル・プラン』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

全米各地の銀行を襲い、あらゆる金庫を破ってきた爆破強盗犯トム・カーターは、現場には一切痕跡を残しません。

死傷者もゼロで、カーターの素顔を誰も知らないため、警察は最初の犯罪から8年経った今でも捕まえることが出来ず、彼は全米犯罪史の伝説となりました。

そんなある日、カーターはオーロラ貸金庫の店長アニー・サンプターと出会い、恋に落ちました。

それから1年後。カーターは恋人となったアニーと新しい人生を歩もうと考え、過去の罪を償うべく、FBIに自首しようとします。

しかし、この9年間で伝説の爆破強盗犯だと騙る人からの通報が相次いでいたため、対応したFBI特別捜査官サム・ベイカーとショーン・マイヤーズは、カーターの話を信じようとしません。

そこでカーターは、ベイカーたちにある取引を持ち掛けます。「金は返すし報いも受ける。だからその代わり、ボストン近郊の軽警備の刑務所で、刑期は2年未満で頼む」

「自首する理由は、賢明で優しく、前向きで愉快な女性に出会ったから。彼女のことを心から愛している」

「彼女と一生離れたくないが、過去を隠したままでは無理だ」「彼女の前では金など無意味だ。罪を償いたい」

「“チャールストン・ホテル”というホテルの216号室に泊まっているから、そこに来てくれれば、俺が本物だと証明しよう」

そう話すカーターとの通話後、ベイカーは同僚のラモン・ホール特別捜査官と、ジョン・ニベンス特別捜査官に情報を渡し、カーターが起こした事件の捜査を引き継ぎました。

それから2日後。待てど暮らせど現れないFBIにしびれを切らし、カーターは催促の電話を入れます。

その時はベイカーが不在だったため、彼の相棒であるマイヤーズが対応し、すぐさま捜査を引き継いだニベンスたちが向かうとだけ伝えました。

未だにFBIに自分の話を信じて貰えないことにうんざりするカーター。彼が自らFBIに出頭しようとしたその時、ニベンスたちが部屋にやって来ます。

「話だけじゃ、伝説の爆破強盗犯だという証拠にはならない」と言うニベンスたちに、カーターは自分しか知り得ない、強盗の手口を明かしました。

「鍵となるのは、銀行選びとタイミングだ。1950年以前の金庫を使う地方銀行が標的だ。新型の再施錠機構は爆破が難しい」

「それに加え、壁を共有する隣のビルが空室なのも条件だ。あとで強盗の日程を調べてみるといい、俺は必ず3連休前の金曜日に強盗を行っている」

「排気口から銀行に侵入し、決して急がず、時間をかけて鋼鉄製の扉に穴を開ける」「爆薬は風船に入れたゼリグナイト、どんな扉も吹っ飛ぶ威力を持つ」

「侵入経路の排気口は埋めて、ペンキを塗る。痕跡は一切残さない」「盗んだ金は、ここから数キロ離れたオーロラ貸倉庫の173番にある」

カーターはそう説明し、貸倉庫へ同行しようとしますが、何故かニベンスたちは「自分たちだけで行く」と言い、カーターから渡された貸倉庫の鍵を持っていってしまうのです。

貸倉庫内を捜索した結果、ニベンスたちは箱に隠された300万ドルを発見。目の前の大金に目が眩んだのか、ニベンスは自分とホールの退職金として横領しようと企みます。

ホールは「それはさすがにマズい」と言って止めましたが、ニベンスに「最愛の息子たちをいい大学に行かせてあげたいと思わないか?」と唆され、結局彼の共犯者になってしまいました。

かつてCIAの隠れ家だった家に横領した金を隠したニベンスたち。その際、アニーにパトカーのトランクに運び入れているところを見られてしまいますが、咄嗟に「カーターの友人だ」と嘘をつき、上手く誤魔化しました。


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

その日の夜。ホテルの部屋に戻ったニベンスは、黒い手袋をはめて銃を持ち、カーターに銃を突きつけながら、残りの金の在り処を吐かせようとします。

カーターはニベンスが金を横領したことを瞬時に察し、「切り札を残しておいて正解だった」と言いました。

するとそこへ、マイヤーズから「カーターから電話があった」と聞いたベイカーが部屋を訪問。何故か銃を持つニベンスと、両手をあげているカーターの間に流れるただならぬ空気を感じ、彼はニベンスに事情を聞こうとします。

ところが、ニベンスは自らが犯した横領がバレることを危惧してか、ベイカーを射殺したのです。

ニベンスの凶行に戸惑うホールをよそに、カーターは自分の金を盗み殺そうとしたニベンスに掴みかかります。

揉み合いの末、2人は部屋の窓を突き破り、カーターに会いに来たアニーの目の前に転落。カーターはアニーを連れて、その場から逃走します。

何とかニベンスたちの追跡を撒いたカーターは、アニーに自身の過去と、FBIに追われることになった経緯を話すことにしました。

「母親は俺が戦地に行っている間に、肺炎で命を落とした。帰国すると、父は別人みたいに変わっていた」

「最愛の妻を失い、深い悲しみに暮れた父親は、35年間仕事一筋で勤めてきた配管工場の溶接工の仕事へ行く意味を失い、仕事に身が入らずクビになった」

「しかもその会社のCEOが、社員の年金を横領していた。だが、収入を失った父親には、裁判で争う気力も残っていなかった」

「代わりに愛車を飛ばし、時速100キロで木に激突。ブレーキ痕はなかった」「1ヶ月後、俺はCEOの口座がある銀行に行き、そこから父親の生涯の稼ぎを超える額、65万8000ドルを奪った」

「だが、その金は一切使っていない」「海兵隊でやっていた地雷処理と同じで、危険と隣り合わせな状況が、俺に生きている実感を与えてくれた」

「でも君と出会って、同じ感覚を俺に与えてくれたから、強盗を辞めることが出来た」「君と過ごすたびに気づかされる。俺に必要だったのは金やスリルではなく、愛を感じることだったんだと」

「貸倉庫に隠しておいた金を横領したFBI捜査官たちは、俺に別の捜査官を殺した罪をなすりつけてくるだろう。彼らがやったと証言したいが、俺の話を信じる裁判官はいない」

「捜査官が殺されたとなると、FBIは躍起になって俺をとことん追ってくるだろう。このままじゃ君も罪に問われてしまう」

「だからこの先で降ろすから、そしたら君はすぐに警察に“人質にされたが、何とか逃げ出した”と通報するか、バスに乗って遠くへ逃げるんだ」

2人で暮らそうとしていた一軒家は、カーターが軍人時代に貯めた金で購入したことと、この話を通じて伝わる自分への深い愛を知ったアニーは、「人を殺していないと証明して」と言ってニューヨーク行きの高速バスに乗り込みました。

一方二ベンスたちは、警察やマイヤーズたちFBIが駆けつけたホテルへ戻り、マイヤーズにベイカーが殺されたことについてこう供述しました。

「俺たちが部屋に来た時には、既にベイカーは殺されていた。俺たちも虚を衝かれて、カーターに襲われ、取り逃がしてしまった。しかも金を隠したという貸倉庫には何もなかった」

二ベンスたちの話を信じたマイヤーズは、カーターが自身の相棒であるベイカー殺しの犯人だと考え、カーターと彼と一緒に逃げたアニーの捜索に取り掛かりました。

翌朝。マイヤーズが現場に残された指紋を採取し、カーターたちについて調べた結果、カーターの本名はトーマス・ドーラン、元海兵隊の隊員で地雷の除去をしていたこと。

アニーは、元夫の借金で自己破産を申し出たことが判明。カーターが強盗を働いていたのは、アニーのためではないかと推測します。

だからといって、カーターがベイカーを殺す理由になるとは考えられず、マイヤーズはとりあえず、アニーを捜し出して事情を聞こうとしました。

アニーの捜索に買って出たのは、ニベンスたちでした。ニベンスはホールをパトカーに残し、1人で貸倉庫の店舗へ乗り込み、自分たちの犯行を目撃したアニーを殺そうとします。

その店舗には、アニーがカーターに渡そうとしていた、ニベンスたちの犯行を映した防犯カメラの映像がありました。

ニベンスはその映像を盗もうとしましたが、ホールに促され店から立ち去ります。アニーから電話を受けたカーターは、店舗内で倒れているアニーを見つけ、すぐさま盗んだ車で病院へ搬送しました。

最後まで付き添いたい気持ちは山々でしたが、病院内に警官がいたため、やむを得ず逃走するカーター。彼はFBIに連絡を取り、ニベンスの携帯に繋げるよう頼みます。

マイヤーズが逆探知をしようとする中、カーターは繋がったニベンスにこう言いました。

「俺は自首すると申し出て、お前たちに300万ドルを渡した。なのになぜ、無関係の彼女に手を出した?」

これに対しニベンスは、マイヤーズもこの会話を聞いている手前、知らぬ存ぜぬを貫こうとします。

そんなニベンスの態度に、さらに怒りの炎を燃え上がらせたカーターは、「ニベンス捜査官、覚悟しろ」と告げ、電話を切りました。

以下、『ファイナル・プラン』ネタバレ・結末の記載がございます。『ファイナル・プラン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

カーターはまず、パトカーの追跡を振り切った後、そのパトカーからの無線で駆けつけた二ベンスたちの車を発見。身を潜めていた道路脇からバックして飛び出し、二ベンスたちの車の前に躍り出てわざと追突します。

カーターはさらにアクセルを踏みつつ、応戦するニベンスと銃撃戦を繰り広げていきました。銃撃戦の末、カーターはその場から離れた場所に車を乗り捨て、街中に逃げ込みます。

そんなカーターを発見したマイヤーズは、すぐさま車から降りて追跡を開始。揉み合いの末、カーターに追い詰められた彼は、ベイカーを殺したのはニベンスだと告げられました。

「証拠を隠蔽するために、ニベンスは貸倉庫の店舗を襲撃した。恋人が奴に襲われ、今生死の境にいる」

「ちなみにニベンスの相棒ホールも共犯だ」………そう話すカーターの言葉に耳を疑いつつ、マイヤーズは「とりあえず持っている銃を置いて、俺と一緒に来い。俺が真実を突き止めてみせる」と言います。

これに対しカーターは、ホールから奪った銃をマイヤーズに投げ渡し、「俺のやり方でケリをつける」と言い、その場から立ち去っていきました。

その後、カーターは教会の寄付物品から新たな服を調達。ホテルの部屋をとり、そこで病院に電話をかけ、アニーの無事を確かめました。

その日の夜。アニーが入院する病院を突き止めた二ベンスは、アニーを今度こそ始末しようとしますが、その病室にマイヤーズがいたため失敗。

立ち去っていくニベンスの後ろ姿を見たマイヤーズは、翌日、ニベンスたちを自身の執務室へ呼び出します。

尋問したのはニベンスだけでしたが、彼は簡単に口を割ろうとしません。マイヤーズは、ホールに彼の銃を渡して2人を解放するも、ニベンスに疑惑の目を向けました。


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

その日の深夜。新たな車を調達したカーターは、ワシントンD.C.にある連邦捜査局から出てきたホールを尾行し、彼の家へ襲撃。

出てきたホールを痛めつけてから、カーターはこう言いました。「君は二ベンスとは違い、失うものが大きい。君の考えではなかったにしろ、二ベンスに従ったのは間違いだ」

「今こそその過ちを正すチャンスだ。俺の疑いを晴らすために協力しろ」

ニベンスがベイカーを撃った時からずっと、息子たちのためとはいえ横領してしまったことを後悔していたホール。

彼は愛する息子たちのため、カーターに協力することを決め、防犯カメラの映像が記録されたUSBメモリーを渡し、金の隠し場所を教えることにしました。

そしてホールは、カーターに「アニーを病院から連れ出せ、二ベンスが殺そうとしている」と警告します。

それを聞いたカーターは、すぐさま病院へ向かい、アニーを自分が泊まるホテルに連れ出しました。

翌日。カーターはマイヤーズの携帯に電話をかけ、アニーを病院から連れ出したことと、自分のやり方で二ベンスを懲らしめると報告。

マイヤーズは説得しましたが聞く耳を持ってくれず、代わりにカーターに、「君とアニーに助けが必要な時は連絡してくれ」とだけ伝えました。

その後、カーターはホテルの部屋の中で爆弾を製作。それをベッドの上から眺めるアニーは、「あなたが刑務所に入ったら、毎日面会しに行くわ」と伝えます。


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

それから2日後。カーターは完成した爆弾を手に、車に乗ってニベンスの自宅付近に張り込みを開始。その傍らには、どうしても彼と一緒にいたいと言ってついてきたアニーの姿がありました。

カーターは車内からニベンスの携帯に電話をかけ、こう言いました。「俺は普通の生活が送りたい、銀行強盗をした罰は受ける」

「だがお前は、無実の人を殺した。俺への疑いを晴らすために、自白してほしい」「自白できないのなら、盗んだ金を持って今すぐ逃げろ」

これに対しニベンスは、「やっていないことを自白することは出来ない」「もし金があればそうしたかもな」と飄々としながら答えます。

すると、カーターが電話越しに、突如カウントダウンを開始。ニベンスが慌てて家を飛び出した直後、彼の家がカーターの手によって爆破されました。

自宅を爆破されたニベンスは激怒。金を隠した家へ逃げ込み、自分を疑うマイヤーズと、カーターへの殺意を燃やしつつ、ホールに助けを求めました。

同時刻。貸倉庫の鍵を預かったアニーは、マイヤーズを呼び出してUSBメモリーを渡します。

さらにアニーは、残りの600万ドル入った箱が隠された貸倉庫へ案内し、マイヤーズにカーターの話は本当だと証明しました。

一方カーターは、ホールを連れてニベンスの元へ行き、再度ニベンスに自白するよう求めます。その際、ホールがカーターに、防犯カメラの映像を渡したことを知ったニベンスは大激怒。

2人は仲間割れし殴り合った末、あろうことか、ニベンスはホールを背後から射殺したのです。部屋の中で銃撃戦を繰り広げていくニベンスとカーター。

銃撃戦の末、ニベンスは意地でも金は渡さんと、300万ドル入った鞄を持って車で逃走。

カーターは撃たれた腹の傷を抱えながら、ニベンスに電話をかけ、運転席のシートの下に、圧力で起爆する手製の爆弾を仕掛けたことを明かします。

トンネルを抜け、片道1車線の道路で停車したニベンスはやむを得ず、カーターの助言に従い、爆弾処理班の到着を待つことにしました。

その結果、カーターが仕掛けた爆弾は起爆装置がないことが判明。ニベンスは車内にあった300万ドルが見つかり、マイヤーズたちFBI逮捕されました。

その後、連邦捜査局に戻ったマイヤーズの元に、ニベンスがベイカーを殺した証拠となる音声が入ったボイスレコーダーが、カーターから送られてきました。

カーターの話は全て本当だったと知ったマイヤーズ。彼は財産分与できず、元妻から受け取った愛犬を散歩がてら、連邦捜査局を訪れたアニーに会いに行き、「カーターの罪が減刑するよう努力する」と伝えます。

そこへ、カーターが自首しに現れました。軽口を叩き合うカーターとマイヤーズ。カーターとアニーが別れを惜しむ姿と、2人の時間を邪魔しないように、愛犬をめでるマイヤーズの姿を最後に、物語は幕を閉じました。

スポンサーリンク

映画『ファイナル・プラン』の感想と評価


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

FBI捜査官へ復讐する伝説の爆破強盗犯

運命の女性に出会ったことで、長年やってきた爆破強盗から足を洗おうとした伝説の爆破強盗犯カーター。

FBIに自首するのを躊躇わない姿を見ると、本当にアニーのことを愛し、彼女と人生をやり直すために罪を償おうとする彼の強い覚悟を感じます。

そんなカーターの気持ちを踏みにじるかのように、欲に目が眩んだFBI特別捜査官ニベンスによって、証拠品として提出しようとした金を盗まれ、挙句の果てには最愛の恋人を殺されそうになってしまいました。

最後の恋とニベンスへの復讐の炎を燃やすカーターが、伝説の爆破強盗犯ならではのやり方で、意地でも自白しないニベンスを懲らしめていく様は迫力満点で楽しめますし、爽快感を感じます。

本当にニベンスを爆死させる気かと思いきや、起爆装置が最初からついていなかったという事実が発覚。

爆弾を使って懲らしめはするものの、これ以上罪を重くするわけにはいかないカーターが、ニベンスに最後の良心をかけたのでしょう。

金を横領したFBI捜査官


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

ニベンスは内心、毎日命を落とすかもしれない危険な現場に出なきゃならない、FBI特別捜査官としての仕事に嫌気がさしていたのでしょう。だからといって、横領も殺人もしていい理由にはなりません。

退職金として金を横領したニベンスは、己の私利私欲のために、自分の犯行がバレそうだったベイカーも、相棒のホールでさえ手にかけてしまいました。

目の前にある300万ドルという大金を目にした時から、ニベンスの中にあった良心や正義感は失われてしまったのでしょう。

仲間だったベイカーたちを手にかけたことについて、何の罪悪感も抱いていません。ある意味己の欲に忠実すぎたニベンスの暴走は、狂気すら感じるほどでした。

まとめ


(C)2019 Honest Thief Productions, LLC

愛する女性のために爆破強盗から足を洗いたい伝説の爆破強盗犯と、己の私利私欲のために金を横領し、FBI特別捜査官殺しの罪を着せたFBI特別捜査官が激突する、アメリカのリベンジ・アクション作品でした。

カーターがニベンスを懲らしめる復讐劇だけでも本作を充分楽しめますが、ニベンス逮捕に尽力したマイヤーズとアニーの活躍も見逃せません

最初はカーターの話なんてこれっぽっちも信じていなかったマイヤーズが、直接カーターとニベンスと話したことで、大事な相棒を殺したのはニベンスだということに気づかされます。

そしてアニーも、カーターが爆破強盗犯だと知って一度は別れを考えましたが、彼の自分への深い愛を知って、防犯カメラの映像を使って彼の無実を証明しようと尽力するのです。

カーターの復讐劇の裏で、ニベンス逮捕に向けて動き出すマイヤーズたち。彼らという協力者がいたからこそ、カーターは思う存分、自分のやり方でニベンスを懲らしめることが出来ましたし、望み通りの条件で自首することもできました。

最後の恋とFBI特別捜査官への復讐の炎を燃やす伝説の爆破強盗犯が、最後の爆破を見せるスリリングなリベンジ・アクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

関連記事

アクション映画

007サンダーボール作戦|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ボンドガールはクローディーヌ・オージェが登場し00要員の姿も見られるシリーズ第4弾

大人気スパイアクション映画「007」シリーズ第4作! テレンス・ヤングが監督を務めた、1965年製作のイギリス・アメリカ合作の大人気スパイアクション映画『007/サンダーボール作戦』。 「007」こと …

アクション映画

映画『ダーティファイター』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。オラウータン(クライド)の愛しさと滅法強いのストリートファイターの勇ましさ!

長距離トラック運転手が巻き起こす喧嘩と恋を描いたアクションコメディ! ジェームズ・ファーゴが監督を務めた、1978年製作のアメリカのアクションコメディ映画『ダーティファイター』。 アメリカ大陸を股にか …

アクション映画

『ラストサムライ』ネタバレあらすじ結末と感想考察。トムクルーズと渡辺謙の共演で描く明治維新の‟武士道”

第28回日本アカデミー賞外国作品賞受賞ほか数々の賞にノミネートされた傑作時代劇! エドワード・ズウィックが脚本・監督を務めた、2003年製作のアメリカの叙事詩的時代劇アクション映画『ラストサムライ』。 …

アクション映画

映画『暗黒街』あらすじと感想!ピッポ役キャスト(俳優)の紹介も

“この街は、人間の血と、涙と、性液で、腐敗している” 映画『暗黒街』は、イタリア映画界最高の栄誉であるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)で5部門にノミネート。 監督を務めたステフ …

アクション映画

映画『END OF LOYALTY』あらすじ感想。片桐裕司監督最新作を東京コミコン2022にて完成披露!

東京コミコン2022にて『END OF LOYALTY(原題)』の舞台挨拶付き完成披露上映会を実施! 3年ぶりにリアル開催となった東京コミコン2022。豪華ゲストを招いたイベントが盛り沢山で映画ファン …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学