Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/06/11
Update

映画『キャラクター』結末ネタバレと感想評価。漫画家菅田将暉と犯人Fukaseが真相までガチ怖演技力で魅せるホラーエンタメ

  • Writer :
  • 金澤響子

映画『キャラクター』は、2021年6月11日(金)より公開。

菅田将暉と、本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演による映画『キャラクター』が、2021年6月11日より公開となります。

『20世紀少年』など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志によるオリジナル脚本を、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』の永井聡監督により映画化しました。

長崎尚志が10年の歳月をかけて練りに練り上げた企画を映像化したという本作。

キャストの演技力とスタイリッシュな構成により、アップテンポなエンタメ作品になりました。

スポンサーリンク

映画『キャラクター』の作品情報

(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原案】
長崎尚志

【監督】
永井聡

【キャスト】
菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬、中尾明慶、松田洋治、宮崎吐夢、岡部たかし、橋爪淳、小島聖、見上愛、テイ龍進、小木茂光

【作品概要】
『20世紀少年』『MASTERキートン』を始め、浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志が10年の歳月をかけて、練りに練り上げた企画を実写映画化。

世界から猫が消えたなら』(2016)、『帝一の國』(2017)、『恋は雨上がりのように』(2018)など、作品ごとに新しい映像世界を作り上げてきた永井聡が監督を務めました。

主人公・山城圭吾(やましろけいご)を演じるのは、第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始めとする各映画賞を総なめにし、若手屈指の演技派俳優として活躍が目覚ましい菅田将暉。

山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角(もろずみ)を演じるのは、本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukase。

山城が描いた漫画『34』と殺人事件の関連性にいち早く気づき、その真相を探る刑事清田役に小栗旬。

清田の上司で、彼の良き理解者真壁役を中村獅童が演じます。山城を明るく支える恋人・夏美役には高畑充希。

映画『キャラクター』のあらすじとネタバレ

(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

漫画家デビューを目指しながら、有名ホラー漫画家・本庄のアシスタントを務めている山城圭吾。画力はあるものの、登場人物の“キャラクター”描写ができず、伸び悩んでいました。

漫画家デビューへの最後のチャンスを賭けた作品も、編集者からは酷評。漫画家への道を諦め、アシスタントも辞めることを決心します。

アシスタント業の最後の夜、本庄から「誰が観ても幸せそうな家」のスケッチを頼まれた山城は、ある一軒家をスケッチしに行きます。その家からはオペラの曲が大音量で流れていました。

玄関のドアが開き、山城は慌てて自分のことを説明しようとしますが、ドアはすぐに閉まってしまいます。

隣の住民から騒音への苦情を受けた山城は、警察への通報を恐れ、苦情があったことを伝えようとインターホンを押します。反応はありません。

玄関から家の中に入ると、そこは真っ暗で、床は謎の液体でベタついていました。

辿り着いたリビングには、テーブルを囲む4人の人物が。家の前を通った車のライトが家の中を照らすと、そこは血の海。4人も全員死んでいました。

山城は、庭に佇むひとりの青年と目が合います。ピンクの髪をした彼は、血塗れの刃物を持ったまま、ニヤリと笑いかけました。

しばらくして、警察がやってきます。事件の担当の刑事は、清田とその上司の真壁。被害者の船越一家は4人家族で、全員椅子に縛られて、全身刺し傷だらけという凄惨な状況でした。

清田と真壁は、事件の第一発見者である山城を取り調べます。犯人の影を見たと言う山城に犯人の顔をスケッチするよう頼みますが、顔は見ていないから描けないと答える山城。

その受け答えに不審なものを感じた清田ですが、本庄のスタジオを出た時刻と被害者の死亡時刻からアリバイが証明され、山城は解放されます。

山城は、犯人の顔をはっきりと見たことを隠していました。犯人が脳裏に蘇ります。山城はペンを取り、自分が見てしまった事件を描き始めます。

警察は、事件の容疑者をマークしていました。それは、事件現場の近くに住む、辺見という中年男性。30年以上前に、ストーカー殺人事件を起こし、医療少年院に入っていた過去があります。

警察が近づくと、辺見は謝りながら、一家殺人事件は自分がやったと言い出しました。しかし、事情聴取をしても、事件の詳細は曖昧。清田は真犯人は別にいるのでは無いかと疑います。

辺見逮捕のニュースを見た山城は、自分が見た犯人とは似ても似つかない辺見の顔に違和感を覚えます。描きかけのマンガの殺人鬼のキャラクターに、あのピンク髪の青年を描き込むと、それは驚くほど生き生きと動き始めました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『キャラクター』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『キャラクター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

一年後。ピンクの髪をした殺人鬼「ダガー」が登場するマンガ『34(サンジュウシ)』で、一躍人気漫画家になった山城。恋人だった夏美とも結婚し、高層マンションの一室に引っ越しました。

とある山道で起こった一家殺害事件の現場へ向かう清田と真壁。被害者である原一家4人家族は車の中で刺殺され、車ごと崖から突き落とされていました。

清田は、辺見が逮捕された船越一家殺人事件との関連を考えていました。彼は、被害者の車の天井から血がついた刺身包丁を発見します。

不審に思った真壁は、なぜ凶器が隠してあるのがわかったのかと清田に詰め寄ります。清田は山城が描いたマンガ『34』の単行本を見せました。

殺人鬼「ダガー」を捕まえるため、刑事、犯罪歴史学者、霊能力者の3人が協力するというそのマンガには、今回の事件とそっくりな描写が展開。

車の天井に隠された凶器のことまで描いてあります。そして清田は、『34』の第1話は、山城が目撃した一家殺人事件とそっくりだったと告げました。

清田と真壁は、辺見は冤罪であり、一連の事件は同一犯の犯行ではないかと考えます。

その後、山城の担当編集者・大村と待ち合わせ、山城の仕事場へ向かうふたり。山城に山道で起こった事件と、『34』の関係性を聞いても、心当たりが無いようす。

ですが、清田が「ダガー」のモデルはいるのかと聞くと、かすかに山城の顔に動揺が浮かびますが、あくまで創作物だと突っぱねました。続けて清田は、『34』の展開について尋ねます。

天井から発見された包丁は、一家殺害の凶器なのかと。山城は、どういう展開にするかはまだ決めていないと答えました。

清田と真壁が帰り、山城は大村と次回話のネームを練ります。ですが、山城は自分の過ちへの罪悪感から、思うようにアイデアが浮かびません。

大村を帰らせた後、山城は馴染みの居酒屋「パブ13番地」にひとりで訪れ、カウンターで飲んでいました。

そんな彼を、清田が尾行していました。「パブ13番地」に偶然訪れたかのように入り、山城の隣に座る清田。警戒する山城に、「山城のマンガが好きだ」と話しかけます。そして、どうしてマンガを描き始めたのか質問します。

(C)2021映画「キャラクター」製作委員会
 
負け側だった主人公たちが努力して奇跡を起こすのが好きだと答える山城に、『34』はどうなのかと突っ込む清田。

その後、清田は自分の名刺を渡し、山城の携帯番号も聞き出します。真壁から電話があり、清田は席を外します。

ひとりになった山城に、ピンク色の髪をした青年が声をかけます。両角と名乗った彼は、あの日あの現場にいた犯人でした。

両角は、車の中の殺人事件を実現したことを告げます。そして、車の天井から見つかった刃物の扱いをどうするのか決めずに描いたことを指摘した上で、あるアイデアを山城に与えました。

山城は、そのアイデアのおもしろさと危険さで、過呼吸になってしまいます。しばらくして両角の方を向くと、そこには誰もいませんでした。

戻ってきたマスターに両角のことを聞くも、心当たりはない様子。ビールのコースターの裏に、両角の似顔絵を描く山城。

マスターは見たことがないと答えますが、記念に似顔絵を店の壁に貼ります。真壁との電話が終わって、清田が店に戻ると、すでに山城は退店していました。

後日、清田は『34』最新話が掲載された雑誌を読み、驚愕しました。そこには、車中で見つかった刃物が、最初の殺人事件で使われた凶器だったことが描かれています。

真壁に問いただすと、実際の刃物も、船越一家殺人事件の凶器だったことが判明。これで山城が事件に関わっていることが確実になりました。犯人とされていた辺見は釈放されます。

夏美は山城との子どもをお腹に宿していました。産婦人科での検診から帰ろうとした山城と夏美の前に、両角が現れます。夏美に「『34』の共作者だと名乗る両角。

このままでは夏美を巻き込んでしまうと恐れた山城は、夏美にいままであったことをすべて打ち明け、清田にも自分の過ちを告白します。

清田は山城に新作を描いて欲しいと励まし、両角こそが真犯人だと確信。

山城は『34』をやめようと決意し、大村と掲載誌の編集長に掛け合います。しかし人気作である『34』を手放したくない編集長たちは反対し、長期休載という形を取ることになりました。

本屋で休載告知が載った雑誌を手に取る山城。そこへ両角が現れ、「僕は続ける」と言い放ちます。

清田ら警察は、両角逮捕に向けて動き、両角のことを調べますが、「両角修一」という戸籍は全くの別人から買ったもので、足取りがつかめません。

聞き込みで「パブ13番地」に立ち寄った清田は、店の壁に貼られたコースターに描かれた「ダガー」のイラストに目を止めます。マスターに聞くと、それは「ダガー」ではなくこの店にいた客をスケッチしたものだそうです。

捜査資料と『34』のマンガを照らし合わせて見ていた清田は、山道での殺人事件の一コマに、気になる看板があるのを見つけます。山城に聞きに行くと、ある過去の事件の資料を取り出します。

そこは、4人一家族が幸福の一単位だと理想を掲げた宗教団体が住みついていた場所だそう。その村の子どもは、みな出生届が出されず、無戸籍だったといいます。

清田は、そんな漫画の小さな一コマから、なぜ両角が一致する場所を探り当てられたのか考えます。導き出されたのは、両角こそその村で育った無戸籍の子どもだという答えでした。

真壁らが待つ警察署へ向かう清田を待ち構えていたのは、両角と辺見のふたり。辺見は包丁で何度も清田を刺し、清田は絶命します。両角はその一部始終を見ていました。

清田の告別式に訪れた山城に、真壁が声をかけます。清田が暴走族だった頃から、少年課だった真壁はずっと見てきました。清田は山城を恨んでなんかいない、清田は山城のファンだったと伝えます。

山城は、マンガで両角と戦うことを決心し、ペンを取ります。

『34』の最終話が雑誌に掲載、発売となりました。

メインとなるのは「ダガー」の事件をモチーフにしたマンガでヒットを飛ばしている漫画家。家族は、父、母、妹、そして漫画家という4人。マンガを描いていたところをダガーに刺される漫画家。家族も惨殺されるというストーリー。

漫画家は山城そっくりに描かれ、両角を挑発する内容でした。両角はマンガを読み、笑みを浮かべます。

山城の実家では、山城と家族が両角を迎えるべく囮となっていました。

山城の携帯に、清田の番号から電話が。両角でした。そこでは事件は起こらないと言います。実は山城の両親は再婚で、母と妹とは血が繋がっておらず、家族仲はぎくしゃくしていたんです。

そんな偽物の家族なんて狙わないと言い、電話を切った両角に、山城は不安を抱きます。夏美に電話をし、お腹の子どもが双子かと尋ねる山城。

案の定、子どもは双子で、両角のターゲットは夏美でした。慌てて夏美が待つ自宅へ向かう向かう山城。

マンションの入り口で、山城は両角に足を刺されます。鍵を手に入れた両角は、血だらけの山城を引きずりながら、山城と夏美の部屋へ侵入。

夏美を殺そうとした両角に、「ストーリーは守れ」と、自分から殺すように仕向ける山城。両角は山城の腹部を狙います。

しかし、防刃チョッキを纏っていたため、山城の腹部には刃が入りません。動揺を浮かべた両角に、山城は襲いかかります。

まるでふたりは入れ替わったかのようになり、山城は笑みを浮かべながら両角に包丁を振り下ろします。

そこへ、真壁がやって来ます。彼はふたりの状況が逆になっていたことに驚きながらも、拳銃を構え、発砲しました。

後日。山城は入院したものの、命に別条はありませんでした。夏美は双子を連れて見舞いに来ます。

夏美が帰った後、真壁が見舞いに訪れます。山城の枕元に置かれた紙には、清田の似顔絵が描かれていました。

逮捕された両角は裁判所の証言台に立っていました。共犯だった辺見との関係について、「最初は僕がファンだったけれど、次第に彼が僕のファンになっていった」と語ります。

名前、誕生日、本籍、その全てに彼は答えません。答えられません。両角は問います。

「僕は誰なんでしょうか」。

スポンサーリンク

映画『キャラクター』の感想と評価


(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

帝一の國』(2017)で永井監督との相性の良さを見せた菅田将暉。本作では帝一とは真逆な性格をした山城という人物を好演しています。

誠実だけれど自分の才能に自信が無い山城は、基本的に自分の感情を表出させることはありません。ですが、クライマックスで両角に馬乗りになった瞬間、ゾッとするような笑みを浮かべます。溜めに溜めて放たれる、その狂気のエネルギーは、菅田将暉の真骨頂とも言える演技でした。

対するFukaseも、初めての俳優業とは思えないほどの堂々たるサイコキラー役で魅了します。役作りにあたって、子どもの表情を演技の参考にしたというFukaseは、ピュアさと残酷さを併せ持つ人物として両角を浮かび上がらせます。

他人の言葉に食い気味に入ってくる早口の言葉、近ずぎる距離感、開きっぱなしの瞳孔、不規則に傾ける顔など、絶対にお近づきになりたくないキャラクターを体現します。こんなに不気味な両角なのに、不思議と心地よく感じてしまうのは、Fukaseの天性のリズム感のなせるわざでしょう。

夏美を演じた高畑充希は『明日の食卓』に続き、暗くなりがちな作品の清涼剤として、明るく輝きます。

メインキャストである中村獅童、小栗旬、中尾明慶、誰もが登場人物を活写し惹きつけてくれるんですが、特筆すべきは、辺見を演じた松田洋治です。

俳優としての活動はもちろん、『風の谷のナウシカ』のアスベルや、『もののけ姫』のアシタカ役の声で知られる松田が、辺見役を怪演しています。目つきや口調、歩き方、それら全てで「辺見」というキャラクターを描き出します。

ラストでは彼の登場はありませんでしたが、夏美を見つめていた視線は辺見のものだったと推測できます。両角と繋がっていた辺見がまだ夏美を狙っているという、続編を予感させる不穏な終わり方となりました。

まとめ

(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

「もしも、売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?しかも、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??」というアイデアを基に、長崎尚志が10年の歳月をかけて練り上げた本作『キャラクター』。

タイトル通り、個々のキャラクターが生きる、ホラーテイストなエンタメ作品となりました。

殺人描写や流血、両角の突然の登場場面など、ドキッとさせる描写も多いため、心臓の弱い方はご注意ください。

菅田将暉演じる山城と、Fukase演じる両角による、奇妙な共犯関係も見どころです。ふたりが「鏡」のようになる瞬間をお見逃しなく

映画『キャラクター』は、2021年6月11日(金)より公開







関連記事

サスペンス映画

映画『ハウス・ジャック・ビルト』あらすじと感想レビュー。トリアー監督の物議必至の問題作

映画『ハウス・ジャック・ビルト』は2019年6月14日(金)より、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー! 自身の欲求を満たすために、次々と凄惨な殺人を繰り返すシリアル・キラ …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』キャストとあらすじ。4番と13人目詳細も

ベストセラー作家・冲方丁(うぶかた・とう)のミステリー小説を原作とした実写映画『十二人の死にたい子どもたち』の公開日が、2019年1月25日に決定しました。 『イニシエーション・ラブ』『トリック』など …

サスペンス映画

映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』感想評価と考察レビュー。実話(1979年)の事件を基にBALLOONを手作りした飛逃亡

東ドイツから熱気球での逃飛行を図った家族を描いた実録ドラマ 東西冷戦下、手作りの熱気球で西ドイツを目指した平凡な家族がいた―― 奇想天外な実話を描いた映画『バルーン 奇蹟の脱出飛行』が、2020年7月 …

サスペンス映画

映画『パラダイスネクスト』ネタバレあらすじと感想解説。結末で選択した行動の真意を考察

映画『パラダイス・ネクスト』は2019年7月27日公開。 謎の多い男と、裏社会で生きてきた男。 2人の日本人の、台湾での逃避行を描いたノワール映画『パラダイス・ネクスト』。 「楽園」の存在を問いかける …

サスペンス映画

映画『よこがお』あらすじと感想レビュー。原作なしで筒井真理子という女優に惹かれた深田晃司監督がオリジナル作品で臨んだ真骨頂

映画『よこがお』は、7月26日(金)より角川シネマ有楽町、テアトル新宿ほか全国公開 2016年の『淵に立つ』でカンヌ映画祭“ある視点”部門審査員賞を受賞した深田晃司監督。同作で競作した筒井真理子を主演 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学