Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/03/24
Update

映画『キャラクター』キャストの川瀬夏美役は高畑充希【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

映画『キャラクター』は2021年6月11日よりロードショー

菅田将暉と本作が俳優デビューとなる人気バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseの共演によるダークエンタテインメント。

『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』の永井聡監督が、『20世紀少年』など数多くの浦沢直樹作品のストーリー共同制作者を務めた長崎尚志によるオリジナル脚本を映画化。

主人公の未熟な漫画家・山城圭吾役を数々の映画賞を受賞してきた演技派・菅田将暉、美しき殺人鬼・両角役を、人気アーティスト「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseが演じます。

共演には高畑充希、中村獅童、小栗旬ら実力派が集結。

この記事では川瀬夏美役の高畑充希について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『キャラクター』の作品情報


(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

【上映】
2021年(日本映画)

【原案】
長崎尚志

【監督】
永井聡

【キャスト】
菅田将暉、Fukase、高畑充希、中村獅童、小栗旬

【作品情報】

浦沢直樹作品を数多く手がけた長崎尚志が、10年の歳月をかけて構想を練って生み出した完全オリジナルのダーク・エンターテインメント・ストーリー。

もしも売れない漫画家が、殺人犯の顔を見てしまい、その顔を「キャラクター化」して漫画を描いて売れてしまったら?

そんなアイデアをもとに、幾重にも”キャラクター”が交錯する物語が紡がれます。

監督を務めるのは、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』など、作品ごとに新しい映像世界を生み出してきた永井聡。

偶然殺人事件現場で犯人を目撃してしまう主人公の漫画家・山城圭吾を演じるのは、第41回日本アカデミー賞最優秀男優賞を受賞した人気実力派俳優のトップを走る菅田将暉。殺人事件の犯人との出会いから運命に翻弄される山城を繊細に演じます。

天才的な殺人鬼の両角を演じるのは、人気アーティスト「SRKAI NO OWARI」のボーカル・Fukase。俳優デビューとなる本作で、独特の存在感と美しさで観る者を魅了します。

共演にも超豪華キャストが集結。山城の漫画と事件の関連に気づいた刑事・清田を小栗旬、清田の上司・真壁を中村獅童、山城を支える恋人・夏美を高畑充希が演じます。

映画『キャラクター』のあらすじ


(C)2021映画「キャラクター」製作委員会

漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾。

画力があるものの、お人好しな性格からリアルな悪役を描けず苦悩していました。

そんなある日、スケッチに出かけた先で、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまいます。

しかし、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつく山城。その後、自分だけが知っている犯人をキャラクターにしたサスペンス漫画「34」を描き始めます。

山城が初めて本物の悪を描いた漫画は異例の大ヒットとなり、一躍売れっ子漫画家に。恋人の夏美とも結婚します。

しかしそんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生。

事件と漫画の内容が酷似していることを不審に思った清田刑事は山城に目をつけ…。

スポンサーリンク

映画『キャラクター』川瀬夏美役は高畑充希

参考映像:『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016)


映画『キャラクター』で川瀬夏美役を演じる高畑充希は1991年12月14日生まれの女優。大阪府出身。ホリプロ所属。

舞台鑑賞が好きな両親の影響で、幼い頃から舞台女優を目指して育ちました。

早稲田の演劇研究会を目指し、小学校時代から猛勉強して、進学校の四天王寺中学へと進学。

2005年中学在学中に、ホリプロ主催『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバックpart2~屋上の天使』オーディションで見事主演に合格。女優デビューを果たします。東京の高校に進学して、本格的な女優業を開始。

2007年から2012年まで6年間ミュージカル『ピーターパン』のピーターパン役を務め、舞台『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』で主演を演じます。

2007年『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』で映画初出演。

その後も快進撃を続け、2008年ドラマ『ナツコイ』のヒロインに抜擢。

2013年にはNHK朝ドラ『ごちそうさん』で、主人公の義妹・希(のり)子役を演じて大人気に。

その後も、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』や『問題のあるレストラン』、映画『アオハライド』『バンクーバーの夕日』などに立て続けに出演を重ね、実力派女優として認められていきます。

2016年NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン・小橋常子役を演じて大ブレイク。笑いと感動を日本中に届け、人気と実力を確かなものとしました。

同年の映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で初主演し、様々な新人映画賞を受賞

2017年『過保護のカホコ』で民放連続ドラマ初主演。

そのほかにも映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『ヲタクに恋は難しい』、ドラマ『忘却のサチコ』『同期のサクラ』『にじいろカルテ』など数多くの作品で活躍。

2021年には本作『キャラクター』のほか、メインキャストを務める『明日の食卓』も公開されています。

舞台女優を目指して声楽も学んでおり、「みつき」名義でシングル『大切なもの』で歌手デビューも果たしています。高畑の歌声にほれ込んだコブクロの小淵延太郎がプロデュースしました。

『瞳ひらいて』『夏のモンタージュ』などのほか、アルバム『COLOR』もリリース。

NHKバラエティ番組『おげんさんといっしょ』でもレギュラー出演。明るいキャラクターで人気を博しています。

映画『キャラクター』川瀬夏美はどんな役?

高畑充希演じる川瀬夏美は、菅田将暉演じる主人公・山城圭吾の恋人。

目撃した殺人犯をモデルに描いた漫画が大ヒットした山城と結婚します。

本作で永井組に初参加、しかも紅一点の高畑充希。そわそわしながら入った現場で温かく迎えられホッとしたといいます。

柔らかく頼もしい座長の菅田から助けてもらいながら、「良い奥さん」を目指して夏美として豊かな時間を過ごしたそうです。

スポンサーリンク

高畑充希の演技力の評価は

参考映像:『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(2018)

若手女優の中でも抜きんでた演技力を持ち、観る者の心をつかんで離さない高畑充希。

庶民的で親しみやすいキャラクターの中にしっかりとした芯があり、抜群の安定感を誇ります。

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』では、逞しくけなげで元気いっぱいのヒロインを演じ、橋田賞新人賞を受賞。

初主演映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』では、第40回アカデミー新人俳優賞、第26回日本映画批評家大賞新人女優賞を受賞しています。

映画監督の福田雄一は「これから絶対に来る女優」として、映画『女子ーズ』に高畑を大抜擢。2020年には再び『ヲタクに恋は難しい』でタッグを組んでいます。

高畑の舞台を観劇した映画監督の三木孝浩は、ツイッターで「観客の目を惹きつける間の絶妙さに唸りました!ナチュラルボーン女優」と絶賛。演劇界のプロまでもうならせる実力を持つ大型若手女優です。

ミュージカルで鍛えた美声の持ち主としても知られており、2013年のNHK朝ドラ『ごちそうさん』で、主人公の義妹・希(のり)子役で歌声を披露して話題を呼びました。人気脚本家・森下佳子が、高畑の歌声にほれ込んで歌唱シーンを追加したそうです。

本作『キャラクター』では、主人公の漫画家・山城と結婚する癒しの女性・夏美を演じます。

初共演の中村獅童は、菅田と高畑がとても注目していた役者だったことがこの作品に出演する決め手になったそうです。

高畑いわく「真綿で首を絞められ続けるようなザワザワをエンターテイメントに昇華した、近年の邦画では珍しい作品」という本作。ますます期待が高まります。

高畑充希の公式SNSの紹介

高畑充希の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


『20世紀少年』など数多くの浦沢直樹作品のストーリー共同制作者を務めた長崎尚志のオリジナル脚本を、『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』の永井聡監督が映画化した『キャラクター』。

未熟な漫画家が殺人犯を目撃し、犯人をキャラクター化して生み出した漫画が大ヒットしたことから、悲劇へと突き進んでいく様を描く衝撃作です。

主演を務めるのは、今もっとも注目される実力派俳優・菅田将暉と、本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukase。未熟な漫画家と異常な殺人鬼が、思いもかけない形で連続殺人事件を共作していきます。

主人公の妻・夏美を演じるのは、若手女優筆頭の演技派・高畑充希。スリリングな空気の中で癒しとなる女性を存在感ある演技で魅せています。

共演にも中村獅童、小栗旬という超豪華俳優が集結。

注目の映画『キャラクター』は、2021年6月11日よりロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』『全裸監督』の武正晴監督。初エッセイを2020年1月30日発売

武正晴監督による初の映画エッセイ刊行。 映画『嘘八百 京町ロワイヤル』や『全裸監督』で知られる武正晴監督による初の映画エッセイ『映画があってよかったなあ 監督・武正晴の洋画雑記』を、玄光社より2020 …

新作映画ニュース

映画『ドクター・スリープ』あらすじとキャスト。原作スティーヴン・キングの新作の公開日が決定!

伝説的ホラー映画『シャイニング』の惨劇から40年後の続編が公開! スティーヴン・キングが2013年に発表した同名小説を基に、前作『シャイニング』(1980)ではまだ幼かったダニーの40年後が描かれる映 …

新作映画ニュース

《動画で見る笠松七海・村田唯インタビュー》映画『おろかもの』での役作りと仙台ロケを語る

映画『おろかもの』 動画で見る、笠松七海・村田唯インタビュー 弁慶グランプリ・キネマイスター賞・観客賞・俳優賞(笠松七海)・俳優賞(村田唯)と、田辺・弁慶映画祭にて史上初の5冠受賞を果たした映画『おろ …

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018オールナイト上映!SFホラーのダークヒーロー作品とは

1980年代の映画はあらゆるジャンルが溢れたプログラムピクチャー最後の黄金時代! Images courtesy of Park Circus/MGM Studios Images courtesy …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学