Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/07/19
Update

映画『コインロッカーの女』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。韓国の闇“チャイナタウン”に生きる女の熾烈な戦いを描く!

  • Writer :
  • 鈴木めい

「未体験ゾーンの映画たち 2016」で上映されたコリアンクライム『コインロッカーの女』。

人は血縁関係がなくてもその背中を見て育つとき、同じような人生を結果的に生きることになるのか、生まれてきた意義を問わずにはいられない、「母」と「娘」の熾烈な人生を軸に描かれるクライム・ヒューマンドラマ『コインロッカーの女』。

『国家が破産する日』『修羅の華』のキム・ヘスが女ボスである「母」を演じ、若い時分から年老いた姿に合わせた体型含め、徹底した役作りを見せ圧倒的な存在感を出しています。

実際、キム・ヘスは本作で数々の主演女優賞を受賞。一方、「娘」を演じるのは『ユ・ヨルの音楽アルバム』『ウンギョ青い蜜』のキム・ゴウン。出演の韓流ドラマ『トッケビ』などで見せる可憐さを封じ、本作では孤独に生きてきたタフな人間を熱演しています。

監督・脚本はハン・ジュニで、本作が初の長編映画監督作品です。脇役には韓流ドラマ『青春の記録』などで活躍中のパク・ボゴムが、キム・ゴウン演じる娘イリョンが恋する相手役を爽やかに演じ作品に明るい光をもたらしています。

スポンサーリンク

映画『コインロッカーの女』の作品情報


(C)2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2015年(韓国映画)

【原題】
차이나타운(チャイナタウン)英題:Coin Locker Girl

【脚本・監督】
ハン・ジュニ

【キャスト】
キム・ヘス、キム・ゴウン、パク・ボゴム、アン・ジェホン

【作品概要】
国家が破産する日』(2018)『修羅の華』(2017)のキム・ヘス、『ユ・ヨルの音楽アルバム』『ウンギョ青い蜜』のキム・ゴウンが、「母」「娘」として韓国仁川近くの中華街を舞台に熾烈に生きる様をそれぞれ熱演するクライム・ヒューマンドラマ。

キム・ヘス演じる「母」のもと、闇金業そして臓器売買を生業に中華街を牛耳る一家の様子が至極冷徹に描かれつつも人が抱く感情を細部に捉えた作品となっています。

監督・脚本を務めるハン・ジュニの初の長編映画監督作品。第68回カンヌ国際映画祭国際批評家週刊出品作品。第52回百想芸術大賞映画部門新人監督賞受賞作品。本作品で主演のキム・ヘスは様々な賞において主演上優勝を受賞。

映画『コインロッカーの女』のあらすじとネタバレ


(C)2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

路上生活者によって駅のコインロッカーから発見された赤ん坊。ロッカー番号にちなみ拾われた赤ん坊の女の子は「イリョン」(10番)と名付けられます。

路上生活者として生きのびていましたが、ある日タク刑事によって仁川近くの中華街にある馬家に売られてしまいます。

「母」である女ボスが仕切る馬家は、馬家興業の名のもと闇金業及び臓器売買を生業にしており、イリョンのような身寄りのない子供を引き取り、駒として使用していました。「役に立たなくなったら殺す」というルールのもと、馬家は容赦ない取り立てをすることで中華街を仕切っていたのです。

母の右腕となったイリョンは、ある日債務者の家に取り立てに行き、そこで債務者の息子ソッキョンと出会います。

債務者である父親は既に外国に飛んでいたのです。取り立てに臆することなく、イリョンを女の子として優しく丁重に扱うソッキョン。そんなソッキョンにイリョンは次第に心惹かれていきます。

ある夜、ソッキョンと食事をして遅く帰ると母が出かけるのを目にし、イリョンは母のもとへ駆け寄ります。

雨降る夜、母は弔いをするためにある場所へ赴くところでした。イリョンは同行します。そして、その夜、母が弔いをしたのは母の母親であり、その母親を母が殺害したことを知るのでした。

借金を取り立てるはずのイリョンがソッキョンに恋心を抱きつつあるのを母は感づきます。そして、ソッキョンから借金を回収できないと判断した母は、イリョンにソッキョンを殺害し臓器売買するよう命じます。

ソッキョンのもとへ急ぐイリョン。ソッキョンに逃げるように伝えますが、悠長に構えるソッキョン。そこへ一味のホンジュがやってきます。

弟分のようにかわいがっていたホンジュでしたが、イリョンはホンジュを刺し、そしてソッキョンの手をとり逃げ出します。

地下駐車場まで逃げたところで、ソッキョンもイリョンも捕まってしまい…。

以下、『コインロッカーの女』ネタバレ・結末の記載がございます。『コインロッカーの女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

地下駐車場で一味に捕まってしまったイリョンとソッキョン。そこへ母がやってきます。

自身が役立つことを証明しろと母はイリョンに包丁を手渡しますが、イリョンは殴られた衝撃から動けません。そしてソッキョンを刺そうとする母を止めようとしますが、母はソッキョンの首を切ってしまいます。

血を吐くソッキョンと目が合うイリョン。ソッキョンはすぐに臓器摘出へと運ばれます。母はイリョンをも刺そうとしますが、結局殺せませんでした。そして独立した息子のチドにイリョンを引き渡します。

チドの目を刺し、逃げるイリョンは、海へ飛び込みます。命からがら逃げたイリョンは、ソンと良く立ち寄っていたおでんの屋台に立ち寄ります。

ソンから受けとっていた着替えを屋台のおじさんから手渡されたイリョンですが、巻き込まれたくないからもう二度と来ないでほしいとおじさんに言われてしまいす。涙をこらえるイリョンは、おでんを頬張りこれまでのお礼をしてその場を立ち去ります。

一方、母はチドに会い、イリョンに手を出したことを怒り、金貸しに吹っ掛けた報いだとチドを臓器売買の為に殺します。チドが母にとって役立たずとなったからでした。また屋台のおじさんのもとには、イリョンの行き先を訪ねるタク刑事の姿がありました。

イリョンが姿を現した場所には、刺されたことでイリョンに恨みを持つホンジュが待ち受けていました。

そこへ以前からイリョンを気に留めていた「家族」の一員であるゴンが現れ、ホンジュを止めにかかります。ホンジュを落ち着かせようとしますが、逆上したホンジュに刺されてしまい、ゴンもまたホンジュを殺してしまいます。

悲しみに打ちひしがれるイリョンのもとにタク刑事が現れ、イリョンは連れさられます。連れ去られる途中の車のトランクの中で幼少期の自分と会話し生きのびることを誓ったイリョンは、タク刑事ともみ合った結果猟銃で撃ち殺します。

そして、すべてが母の差し金だったことを知ったイリョンは、母のもとに戻り母を殺します。

母が自分の親を殺したように、イリョンもまた自分の「母」を刺し殺してしまったのです。死の間際、母はイリョンにロッカーの鍵を渡します。そして、彼女に死ぬ時が来るまで死なないよう伝えます。自分で決めて人生を生きるようにと。

イリョンがロッカーを開けに行くと、その中には養子縁組の書類とイリョンの正式な身分証明書が発行されていました。母であるマ・ウヒの娘として、マ・イリョンが登録されていたのです。その夜、イリョンは母がやっていたように、弔いの儀式を行い自分が殺めた母を忍びました。

スポンサーリンク

映画『コインロッカーの女』の感想と評価


(C)2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

映画の冒頭、「なぜ生まれてきたのか」と母がイリョンに問いかけるシーンから始まります。そしてその問いは、イリョンが生まれてからずっと抱えてきたものであり、彼女が生きていく決意をする時まで抱えていた疑問であることが映画全編を通して伝わります

名前も戸籍もない自分が、生きるために拾われた環境で強く生き延びるしかなかったイリョン。その中にいれば幸せだったものが、ソッキョンとの出会いで初めて外の世界、生き方、自身が属する環境にはない考え方を知ってしまいます。

「家族」以外の世界を知り、外の世界に出る夢を抱いてしまったがゆえに始まった崩壊。楽しさなど感じたことのなかったイリョンが、ソッキョンと過ごすことで彼の言う「生まれたからには簡単には死ねない、なら楽しく生きなきゃ」という言葉を実現させようとしていたのではないかと思えるのです。

けれども、イリョンはこれまで生きてきた環境もしがらみもそれを許すものでは決してなかったことを知り、悲しみとともにその中で強く生きていくことを決意し実行します。元来彼女が持ち合わせていた孤独の強みとともに。

登場人物各人が抱える孤独、そしてどこか歪んでいるものの抱く愛情といった感情が本作では台詞以外の表情や目線によって多分に表現されています。言葉の裏側にあるもの、起こす行動の背景にある心情、そういったものが第三者である観客側だからこそ画面を通して冷静にわかるものとなっています。

渦中にいるときには理解しえないものなのだろう不条理さが歯がゆく、また痛いほどに伝わってくる映画となっています。

まとめ


(C)2015 CJ CGV Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED

圧倒的な存在感のキム・ヘスの胸を借りるように体当たりの演技で立ち向かうキム・ゴウンの二人の「母娘」の共演は、最後にはまるでふたりが本当の親子のような錯覚を覚えさせます。

それは、ラストカットに映るキム・ゴウンのまっすぐなまなざしが、キム・ヘス演じる母の強いまなざしと同じ強度であり、そこに母娘がそれぞれに抱えていた孤独の強さが現れているからなのかもしれません。

コインロッカーで生まれて出自もわからない戸籍もない設定を、現実として役に投影できたのは、キム・ゴウンという孤独を醸し出せる女優が演じたものだからだとも言えます。

邦題は「コインロッカーの女」ですが、原題は「차이나타운(チャイナタウン)」の本作。

邦題からはイリョンを主軸とした「母娘」の二人の関係性が際立ちますが、作品では韓国の中国人社会、権力の栄枯盛衰、そして臓器売買など複雑な問題が絡み合った人間模様、またその中の縮図が描かれています。原題にある中華街に象徴される韓国の裏社会を知る作品としても興味を持っていただけると思います。

また本作は、ハン・ジュニ監督のデビュー作品ですが、監督は各登場人物の個性を際立たせることで重厚なテーマの中にも精彩をもたらし、見ごたえ十分のパワフルな作品となっています。

韓国ノワールが好きな方にも、そうでない方にお楽しみいただけるクライム・ヒューマンドラマです。是非ご覧ください。




関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ】女子高生に殺されたい|感想解説と結末あらすじ考察。原作漫画から田中圭演じる主人公の“欲望のディテール”をより鮮明に炙り出す

僕はただ、女子高生に殺されたいだけなんだ。 田中圭が主演を務めた映画『女子高生に殺されたい』。 「女子高生に殺されたい」という欲望に取り憑かれた高校教師が、「自己暗殺」のために前代未聞の完全犯罪に挑ん …

サスペンス映画

映画『ゲットアウト』あらすじ感想と評価。考察解説のホラーおすすめの見どころを深堀り!

2017年10月27日より劇場公開される『ゲット・アウト』。 新人監督には思えない本格派スリラーを低予算でありながら、本年度公開作のなかではズバ抜けた傑作と言い切れる作品です!!!! アフリカ系アメリ …

サスペンス映画

『蜘蛛の巣を払う女』ネタバレ感想レビューと結末解説。双子の姉妹カミラの存在と罠とは⁈

天才ハッカー、リスベットの活躍を描く、世界的なベストセラーを誇るミステリー小説「ミレニアム」シリーズを映画化した『蜘蛛の巣を払う女』。 2011年に公開された『ドラゴン・タトゥーの女』の続編にあたりま …

サスペンス映画

『ブリッジ・オブ・スパイ』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。実話映画を得意なスピルバーグが描く“冷戦下のスパイ交換”

実際に米ソ冷戦下で起こった「スパイ交換」をスリリングに描く良作 米ソ冷戦下で起こった実話をジョエル&イーサン・コーエン兄弟を脚本に迎え、スティーブン・スピルバーグ監督が描くサスペンスドラマ。 ソ連スパ …

サスペンス映画

22年目の告白キャストとあらすじ!映画舞台挨拶や試写会情報も

“すべての国民が、この男に狂わされる” 韓国映画『殺人の告白』を入江悠監督がリメイクしたクライムサスペンス映画『22年目の告白 私が殺人犯です』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学