Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2020/03/31
Update

実写映画『白雪姫(2020年版)』感想とレビュー評価【あなたが知らないグリム童話】として、英原題に込められた意味とは⁈

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラスト渋谷にて公開予定。

若く美しい女性と、その継母。一見仲睦まじきその二人の間には、寓話を越えた欲望や恐ろしき念が渦巻いていました……。

グリム童話などで知られる昔話『白雪姫』をモチーフに繰り広げられるエロティックスリラー映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』

アンヌ・フォンテーヌ監督が、女優のルー・ドゥ・ラージュとイザベル・ユペール演じる「白雪姫」と「継母」を、妖艶に美しく映し出しました。

スポンサーリンク

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』の作品情報


(C)2019 Mandarin Production – Gaumont

【日本公開】
2020年(フランス・ベルギー合作映画)

【英題】
Pure as Snow(原題:Blanche comme Neige)

【監督】
アンヌ・フォンテーヌ

【キャスト】
ルー・ドゥ・ラージュ、イザベル・ユペール、シャルル・ベルリング、ダミアン・ボナール、ジョナタン・コエン、リシャール・フレシェット、バンサン・マケーニュ、パブロ・ポーリー、ブノワ・ポールブールド

【作品概要】
グリム童話などで知られる物語『白雪姫』をモチーフに、現代に生きる女性たちの性と生を描き出します。監督は『恍惚』(2003)『ココ・アヴァン・シャネル』(2009)『夜明けの祈り』(2016)など数多くの作品で脚光を浴び、現代のフランス映画界を牽引する一人であるアンヌ・フォンテーヌ。監督はつねに女性の生き方や愛の目覚めを描いてきました。

そして命の危機を感じて逃げ、隠れて生活していく中で次々と男を翻弄してゆく娘・クレアをフランス映画界の女神と呼ばれる、ルー・ドゥ・ラージュが妖艶に演じます。

日本で開催された「フランス映画祭2017」で一般の観客によりエールフランス観客賞に選ばれた『夜明けの祈り』にて主人公の医師・マチルドを演じ注目を集めたラージュ。今回、同作で監督を務めたフォンテーヌと再びタッグを組みます。また恋人を義理の娘に奪われかけ、嫉妬に狂う義母・モード役に、フランスを代表する国際派女優イザベル・ユペールが担当、圧倒的な演技力で存在感をアピールしました。

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』のあらすじ


(C)2019 Mandarin Production – Gaumont

美しく若い女性クレア(ラージュ)は、亡くなった父親が経営していたホテルで働いていました。

現在ホテルは義理の母親のモード(ユペール)が運営。一見仲睦まじい様子を見せながら、クレアはモードに対して抑えがたい嫉妬心を抱えていました。そんな中、モードの若い恋人はクレアに恋をしてしまいます。

そのことを知り、クレアを永遠に葬ろうとするモード。しかし、クレアは間一髪、見知らぬ男に助けられ、彼の双子の兄弟とチェリストが住む牧場で一緒に暮らすことに。

クレアと生活を共にしていくうちに、一人、また一人と彼女の魅力に引き付けられ恋に落ちていく男たち。そして次第にクレア自身も、自分の中でなにかが解放されていくことを感じ始めていきます…。

スポンサーリンク

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』の感想と評価


(C)2019 Mandarin Production – Gaumont

ディズニー映画などのアニメ化でも知られた『白雪姫』。日本でもグリム童話の一つとして伝えられてきたこの物語ですが、現在一般的に伝えられているそのポジティブなイメージでこの映画を見ると、随分と大胆にアレンジされたなという印象を覚えるかもしれません。

しかし別の視点から見ると、この作品はグリム童話で描かれた物語の真相、真意を改めて見つめ直させてくれます。

たとえば日本で、前述のディズニー映画などのイメージで伝えられた『白雪姫』の主人公は、美しくかつ清らかな印象をもつキャラクターと推測されるでしょう。

しかしこの物語は昔から言い伝えられたドイツの民謡が元となっており、グリム童話をはじめさまざまな解釈、表現が今日まで伝えられています。

そしてグリム童話、そしてその元となったドイツの民話では、物語の最後に「白雪姫の継母は白雪姫と王子の挙式の席で、真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされた」と書かれています。その内容は、日本でよく聞かれる物語では、恐らくこの部分はほとんど描かれていないでしょう。

これは継母の罪の重さを示しているものと考えられるもので、それまで継母が白雪姫に与えた仕打ちを考えると、この継母が受けた罰はそれほどに値するとも考えられるのかもしれません。しかしなんとも残酷だともいえるでしょう。


(C)2019 Mandarin Production – Gaumont

その一方でこうしたエンディングとなる展開を考えると、白雪姫という人物は物語中で美しい人物であるという表現はされていながら、日本などで受け継がれている「美しく清らかな人物」であるというイメージとはなにか違う一面が見えてきます。

この作品ではその揺らぎをクレアという女性の妖艶な姿、そしてその彼女に惹かれる7人の小人、すなわち7人の男性たちとの、戯れの姿をもって描かれており、物語のクライマックス前に繰り広げられる「白雪姫と7人の小人の、楽しい暮らし」を、楽しくも生々しい印象としています。

またユニークなのはそういった主人公のイメージを描いたことで、物語を見るポイントが「白雪姫」から「継母」に移ったような印象になることであります。

『白雪姫』では主人公の白雪姫の目線で物事の善悪が見えてきますが、本作ではクレアが7人の男性たち、そしてモードの恋人までも引き付けたという展開から、ある意味クレアが悪役にも見えてきたりするわけです。

そしてルー・ドゥ・ラージュ、イザベル・ユペールは見事にその「白雪姫」と「継母」を演じきり、キャラクターとしても対照的で独特の『白雪姫』的世界観を作り上げています。

この2人の女性それぞれの性質、加えて2人の対立の描き方は、自身も女性でこれまでの作品でもさまざまな女性を描いてきたアンヌ・フォンテーヌ監督ならではといえます。

またサスペンス作品としながら鬼気迫る緊張のシーンを、敢えて一瞬の出来事として人物に緊張の表情を見せない演出など、映像全体を美しく描いているのも見どころの一つといえるでしょう。

まとめ


(C)2019 Mandarin Production – Gaumont

フランス語の原題となる『Blanche comme Neige』は、『白雪姫』と訳されますが、直訳すると「雪のように白い」となります。英題はこの『Blanche comme Neige』の直訳となる『Pure as Snow』となっていますが、英語で『白雪姫』の物語のタイトルは『Snow White』であります。その意味では作品で描かれる意図としては、あくまで『白雪姫』よりその語源にこだわっているとも考えられます。

語源からストレートに考えるとまさに「白雪姫」という女性に対し清らかなイメージをもてるわけですが、作品からは果たして「雪のように白い」ものとは一体なのだろうか、そんな問いを投げかけられたような気持ちにもなります

確かにクレアという女性は、劇中で誰か他人を殺めることはありませんが、その奔放な性格に翻弄される人々の姿からは、「雪のように白い」ものが残酷な面をもっているのではないかと思わせるのです。

この作品は『白雪姫』がモチーフなだけに、大きなポイントとなる「毒リンゴ」「王子のキス」といったアイテムもまた一味違った形で登場、物語に深みを与えています。そんな面からも幼いころから伝えられた美しき童話を改めて見つめ直したくなるような興味も得られる作品であります。

映画『白雪姫 あなたが知らないグリム童話』は2020年6月5日(金)よりヒューマントラスト渋谷にて公開されます!


関連記事

サスペンス映画

『私は確信する』ネタバレ結末感想とラスト考察。オリヴィエ・ グルメがヴィギエ事件をモチーフにしたサスペンスに挑む

『私は確信する』は2021年2月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開! フランスで実際に起こり、社会を騒然とさせた未解決事件「ヴィギエ事件」をモチーフにした …

サスペンス映画

『バスカヴィル家の犬』映画原作小説のネタバレあらすじと結末の評価解説。 探偵シャーロックホームズが推理で解決した“呪いの魔犬の謎”

小説『バスカヴィル家の犬』が2022年6月17日(金)よりロードショー 名探偵ホームズが謎多き事件を解決する痛快ミステリー小説。アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズは、数多のフ …

サスペンス映画

映画『天使と悪魔』ネタバレあらすじ感想とラスト解説の考察。宗教を軸にダ・ヴィンチコードに引き続きトム・ハンクスが挑んだミステリー第2弾!

“天使と悪魔”が聖職者の心に呼びかけた声と招いた結果とは・・・? 映画『天使と悪魔』は、ダン・ブラウンの世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」が映画化され、作中大活躍したロバート・ラングドン教授が …

サスペンス映画

映画『名も無き世界のエンドロール』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。最後にキダが見せるマコトへの“熱い想い”

一日あれば世界は変わる。 史上最大のドッキリの結末とは。 小説家・行成薫のデビュー作にして小説すばる新人賞受賞作品『名も無き世界のエンドロール』を、『ストロベリーナイト』『累 かさね』の佐藤祐市監督が …

サスペンス映画

三度目の殺人の撮影ロケ地とメイキング舞台裏【福山雅治主演映画】

9月9日(土)より全国の劇場にて上映される映画『三度目の殺人』。 2013年に『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を獲得した、是枝裕和監督と福山雅治主演という再タッグに、世界的に知られる大御所 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学