Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

映画『ゴッド・セイブ・アス』あらすじ【主演賞ロベルト・アラモ紹介あり】

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞や海外の国際映画祭でも話題となった『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』。

前代未聞の猟奇事件を追う2人の刑事は、何かと問題行動の多いハビエル&ルイス。

連続老女強姦殺人事件の真相は?真犯人は誰なのか?“スパニッシュ・ミステリー”という新ジャンルを告げた衝撃作とは?

スポンサーリンク

1.映画『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』の作品情報


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

【公開】
2017年(スペイン映画)

【原題】
Que Dios nos perdone (英題:May God Save Us)

【監督】
ロドリゴ・ソロゴイェン

【キャスト】
アントニオ・デ・ラ・トレ、ロベルト・アラモ、ハビエル・ペレイラ、ルイス・サエラ、ラウル・プリエト

【作品概要】
連続殺人事件を追う刑事コンビの戦いを描くスパニッシュ・ミステリー作品。『私が、生きる肌』のロベルト・アラモは刑事ハビエル役を演じてゴヤ賞にて主演男優賞を受賞。

一方の刑事ルイス役に『マーシュランド』のアントニオ・デ・ラ・トレが演じています。

日本公開は「ワールド・エクストリーム・シネマ(WEC)2017」上映作品。

2.映画『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』の見どころ


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

この作品は刺激的なモチーフである「連続老女強姦殺人」という事件をモチーフにストーリーは展開。

テンポよく見せるサスペンスに、ロドリゴ・ソロゴイェン監督の骨太な演出手腕と力量を見せる作品です。

前代未聞の猟奇事件を追う刑事の“スパニッシュ・ミステリー”と呼べる映画として結実しています。

ハビエル役(ロベルト・アラモ)


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

その刑事たちは直情的な暴力刑事のハビエル役に、映画『私が、生きる肌』などで知られるロベルト・アラモ

ルイス役(アントニオ・デ・ラ・トレ)


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

高い捜査能力を持ちながらもコミュニケーション能力に難のあるルイス役に、映画『マーシュランド』のアントニオ・デ・ラ・トレが演じています。

そのほかスペイン語圏ではおなじみのキャストたち、ハビエル・ペレイラ、ルイス・サエラ、ラウル・プリエトらが渾然一体となって超一級のミステリーとなっています。


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

もちろん、映画の醍醐味であるサスペンスとしても秀でたことで、本作はサン・セバスティアン国際映画祭や釜山国際映画祭など、各国の映画祭でも公式上映されました。

また、本国スペイン・アカデミー賞といわれるゴヤ賞では、6部門(作品賞/監督賞/脚本賞/主演男優賞/助演男優賞/編集賞)を含む23の賞にノミネートされ、ロベルト・アラモがゴヤ賞主演男優賞を受賞して大きな賞賛を浴びました。

スポンサーリンク

3.刑事ハビエル役のロベルト・アラモのプロフィール

Mínimo Homenaje a George Harrison (Between the devil and the deep blue sea). Pues otro que tal baila…vamos a ver…el hecho de que George Harrison fuera EL TERCERO EN DISCORDIA cuando nos referimos al talento musical de los Beatles, nos habla del talento conjunto del (en mi opinión) mejor grupo de Pop-Rock que jamás haya existido. Este músico escribió e interpretó, entre otras canciones: Something , Here comes the sun, While my guitar gently weeps, Only a Northern Song, Not Guilty, Piggies, I me mine, For you blue, I want to tell you, If I needed someone, Taxman, I need you, Do you want to know a secret, Devil in her heart, I'm happy just to dance with you, Long long long, Isn't it a Pity, My sweet lord, Give me love, All those years ago, All things must pass, Bangla-Desh, Last Saturday Night, Between the devil and the deep blue see… Pues eso, que el "tercero" tiene en su haber más de veinte obras maestras. Lo dicho…THE BEATLES: el mejor grupo de la historia! @varonamente @angynas @weyaaaaaa @roomonfirw @ruizbosch @serranodavid75 @mrdiegomartin @pepeocio @potito67

ROBERTO ALAMOさん(@alamoroberto)がシェアした投稿 –

ロベルト・アラモ(Roberto Álamo)は1970年にスペインのマドリードで生まれた俳優

演劇の学校を卒業した後、テレビドラマで人気を得て、1996年にスクリーンデビューを果たします。

それ以来、数多くのテレビドラマに出演、またシリアスなものからコメディ作品まで50本以上の映画に出演をする、スペインでは人気のある役者です。

日本の映画ファンには、2011年のペドロ・アルモドバル監督の映画『私が、生きる肌』のセカ役に出演したことで、ご存知の方もいるかもしれません。

参考映像:『私が、生きる肌』予告編

参考映画:『La gran familia española』予告編

2013年に南アフリカのワールドカップの決勝の日に結婚式を行なう、スペインの5人兄弟の大家族とモチーフにしたコメディ映画『La gran familia española』。

その中のベンジャミン役でゴヤ賞助演男優賞を受賞。またフェロス賞助演男優賞にノミネートされました。

2016年に『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(原題:Que Dios nos perdone)』で、ふたたびゴヤ賞にノミネートされると主演男優賞を受賞。そしてまたも翌年に同作でフェロス賞で主演男優賞を受賞を獲得。

型破りな刑事ハビエル役の演技が高く評価されたロベルト・アラモ


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

映画『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(原題:Que Dios nos perdone)』スペイン版予告編

俳優ロベルト・アラモに関連するインスタグラムや、予告編の動画を見比べるだけでも、彼がスペインで知られる俳優であることがお分かりいただけたでしょうか。

本作でルイス刑事役で共演した名優アントニオ・デ・ラ・トレは、9度のゴヤ賞の演技賞ノミネートされるなど、スペインを代表する俳優ですが、ロベルト・アラモも役者としても演技力に幅がある同じくスペインを代表する1人です。

4.映画『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』のあらすじ


©2015 TORNASOL FILMS, S.A. – ATRESMEDIA CINE, S.L. – HERNANDEZ & FERNANDEZ PC, S.L. – MISTERY PRODUCCIONES A.I.E

2011年夏、ローマ法王の来訪が間近に迫り、その熱気に沸くスペインのマドリード。

しかし、市内のアパートでは一人暮らしの老女の命が奪われます。

現場に向かったのは、高い捜査能力を持ちながらコミュニケーション能力に難のある刑事ルイス。

そして、もう1人の刑事は直情的な性格から度々トラブルを起こす暴力刑事のハビエルでした。

当初は単純な強盗殺人事件かと予測されたが、ルイスは被害者が強姦されていた事実に気付きます。

老女強姦殺人事件という、前代未聞の特殊な事件に捜査は難航していきます。

ほどなくして、またも新たな被害者が出てしまう事件…

しかし、法王来訪を目前に事を荒立てたくない警察上層部は“老女強姦”をなかったと、隠蔽するよう捜査陣に命令を下します。

だが、それに納得のいかないルイスとハビエルは水面下で捜査を進めるが…。

スポンサーリンク

まとめ

ロドリゴ・ソロゴイェン監督の『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』は、10月22日(日)よりヒューマントラストシネマ渋谷、また関西では、11月4日(土)よりシネ・リーブル梅田にて公開されます。

刑事ハビエル役のロベルト・アラモと、刑事ルイス役のアントニオ・デ・ラ・トレ。

2人がどのように事件の真相にたどり着くのか?また犯人は誰なのか?

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

サスペンス映画

韓国映画ザ・メイヤー 特別市民|あらすじとキャスト!ミンシク紹介も

日本映画では忖度ばかりをしていまい、映画として娯楽性の高さや魅力的な人物描写が不得意なジャンルがあります。 それポリティカルものです。逆にメディアのひとつとして得意とも言える手法で政治の裏側を描く韓国 …

サスペンス映画

映画『凜りん』ネタバレ感想。佐野勇斗と本郷奏多が又吉直樹の原作を超える!

映画『凜-りん-』は2019年2月22日(金)ロードショー 芥川賞作家・又吉直樹が書き下ろした舞台の台本を、時を経て映像化した映画『凜-りん-』 現代の片田舎に暮らす男子高校生たちの日常と、田舎に伝わ …

サスペンス映画

韓国映画『トンネル』あらすじとキャスト!ネタバレ解説も

全長1900メートルの暗窟の中、自動車共々崩落したトンネルに閉じ込められた男…。その手元には残量78%の携帯電話、ペットボトル水が2本、娘の誕生ケーキ…。 閉ざされた暗闇の災害現場から男は無事救出され …

サスペンス映画

映画『ハウス・ジャック・ビルト』ネタバレ感想と解説。主人公ジャックの実際のモデルはラース・フォン・トリアー自身という快作

カンヌ映画祭を出禁になった鬼才中の鬼才ラース・フォン・トリアーが5年の時を経て完全復活! 強迫性障害の殺人鬼の12年間の記録、凶行の果てに彼が見たものとは。そして彼が建てた“家”とは? 上映途中の退出 …

サスペンス映画

映画『ダンケルク』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

公開以前から各メディアでも取り上げられ、映画ファンからはバッドマンシリーズのクリストファー・ノーラン監督の最新作と期待が高まり、そうでない人でも全く見たことの無いようなジャンルの映画であると告知され、 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP