Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/03
Update

映画『スカイライン 奪還』感想と評価。ラスト結末は前作のモヤモヤを収束させる熱い完結|SF恐怖映画という名の観覧車17

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile017

このコラムで取り上げたSF映画の多くは、「社会とのリンク」や「人類の進化の先」など、深いメッセージ性を汲み取ることで、より楽しみが増える作品が多く、映画ジャンルとしての「SF」がどのような立ち位置にあるのかを垣間見る部分もあったと思います。

しかし、今回ご紹介する、2018年10月13日(土)公開の映画『スカイライン -奪還-』は、今までご紹介したどの映画とも違う、過ぎ去った夏を惜しむような「ド派手」で「熱い」映画となっています。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『スカイライン -奪還-』のあらすじ


(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

ロサンゼルス市警のマーク(フランク・グリロ)は、問題ばかりを起こし拘置所に入れられた1人息子トレント(ジョニー・ウェストン)を拘置所から連れ戻します。

しかし、地下鉄に乗り帰路につく途中、突如宇宙から襲来した、特殊な光を放って人間を「回収」する宇宙生物からの襲撃を受け、ロサンゼルスは崩壊。

騒然となる街の中で逃げ場所を探す2人は、生き残りの女性オードリー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)と合流し、街からの脱出を試みますが…。

前作のモヤモヤにケリをつける、完璧な完結篇

本作は、エリック・バルフォー主演で作られた映画『スカイライン -征服-』(2010)の続編です。

前作はロサンゼルスに遊びに来ていた主人公のジャロッドを中心に、宇宙人そのものへの「恐怖」と、宇宙人が人を集める「目的」に焦点が当てられている作品でした。

一般人であるジャロッドには、ハイテクな宇宙生物に対抗する術は無く、人類がただただ「征服」されていく様子が描かれています。

参考映像:スカイライン -征服-』(2010)

しかし、本作『スカイライン -奪還-』は同じ時系列を描いた作品でありながら、主人公のマークや、中盤から登場するスアに至るまで、登場人物は皆、宇宙人や敵に対してとても好戦的かつ戦闘能力が高いのです。

また、逃げるだけではなく、誰かを守るために「立ち向かう」ことを選択肢に入れ、「存亡」と「奪還」をかけた宇宙人との戦いに挑んでいきます。

どのような結末を迎えるのかは、この場でお伝えするわけにはいきませんが、お茶を濁すような中途半端なオチではなく、しっかりと物語を収束させる壮大な「完結篇」です。

「前作はあまり自分には合わなかったな」と感じた人こそ、本作を一番楽しめる人であると断言できます。

前作を鑑賞済みだと更に熱くなる「クロスオーバー」


(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

前作から登場人物が変更となった続編映画の作中で、最も熱くなるのは「過去作人物の登場」ではないでしょうか。

本作では、『スカイライン -征服-』の登場人物がマークたちの前に姿を現し、短時間ではありますが熱い「クロスオーバー」を展開させます。

その後の展開で前作の登場人物の存在が非常に重要な鍵となり、『スカイライン -征服-』の物語が『スカイライン -奪還-』に受け継がれていきます。

クロスオーバーによって、1つの映画シリーズ「スカイライン」が、同じ時間軸を複数の視点から描いた「群像劇」であるという面白さを生み、物語の中に「視点」と言う深みも加わっています。

一般人を含んだ「人類」全体と、侵略を目論む「宇宙人」との壮大な戦いの行方は、前作が未鑑賞でも面白く、鑑賞済みだと更に「熱い」、究極のSF映画最新作と言えます。

スポンサーリンク

「漢気」と「バトル」に溢れた地球奪還の戦記(クロニクル)


(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

本作の最大の見どころは、「熱さ」の一言に尽きます。

主人公のマークを演じたフランク・グリロは、以前紹介した「パージ」シリーズの2作目『パージ:アナーキー』(2013)以降で主演を務めたワイルドな俳優です。

今作でも持ち前のハードボイルドな魅力で全編を引っ張っています。

そして、この映画を語る上で避けて通ることの出来ない俳優が、物語の中盤から登場するスアを演じたイコ・ウワイスと、警察でありながら略奪を繰り返す悪徳警官を演じたヤヤン・ルヒアンと言う2人の「アクションスター」です。

イコとヤヤンは、ギャングの巣窟とされるビルの中で奮闘するSWAT隊員を描いた『ザ・レイド』(2012)で、キレのある圧倒的なアクションシーンを見せつけ、世界的に有名になりました。

その後も『ザ・レイド GOKUDO』(2014)や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に2人揃って出演するなど、ハリウッドでも活躍の場を広げており、本作でもまた相まみえることとなります。

宇宙人とガチンコで戦え!


(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

そんな対「地球外生命体用のフルキャスト」と言った面々が揃う終盤では、宇宙人との壮絶な戦いが繰り広げられます。

フランクが宇宙人の武器を使い、イコとヤヤンがナイフや剣でスーパーテクノロジーを駆使する敵に立ち向かい、あるものは巨大な宇宙人の兵器を利用する、決戦と言うにふさわしいド派手なバトル。

『インデペンデンス・デイ』(1996)や『バトルシップ』(2012)のように人類が存続のために戦う「熱い」宇宙人侵略映画でありながら、その2作とは違い、対抗する手段がまさかの「近接武器」と言う「男」のロマンに満ち溢れた作品です。

まとめ


(C)2016 DON’T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

アクション映画ファンにも、SF映画ファンにも自信を持ってオススメ出来る映画『スカイライン -奪還-』。

「熱い」だけではなく、「家族愛」や人間同士が争った「戦争の爪後」など、様々なメッセージが込められた本作。

そのメッセージを読み解こうとするも良し、純粋なエンターテイメントとして楽しむも良し、と楽しみ方は様々です。

連続して日本の各所を襲った台風の影響もあって、涼しくなったり暑くなったりと気温のはっきりしない今日この頃。

完全に寒くなる前に、今年最後の「熱い」思い出として、10月13日(土)公開のこの作品に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile018では、『ゾンビ』や『28日後…』などのゾンビ映画から探って観ることの出来る、怪物を越える恐ろしさを秘めた「人の狂気」に迫ります。

10月10日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『ロリータ』ネタバレあらすじと感想。キューブリックの描く異常性癖の先にある破滅|電影19XX年への旅2

連載コラム「電影19XX年への旅」第2回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」第2回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』のスタ …

連載コラム

映画『少年の君』あらすじと感想評価レビュー。中国社会問題を鮮烈に描写した青春ドラマ|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録5

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『少年の君』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全域から寄りすぐった …

連載コラム

映画『ココディ・ココダ』あらすじ感想と考察評価。タイムループで殺人鬼サイコパスや人喰い犬からエンドレスに襲撃される!【シッチェス映画祭2020】|SF恐怖映画という名の観覧車125

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile125 一度心に根差した後悔の気持ちは、自責の念が強ければ強いほど悪夢のように何度も人の心を蝕みます。 暗く薄暗い「後悔」と言う危険なヴェール。 …

連載コラム

映画『連合艦隊』あらすじと感想評価。戦艦大和の悲劇を二つの家族の悲劇を通じて描く|邦画特撮大全54

連載コラム「邦画特撮大全」第54章 2019年7月26日より公開される『アルキメデスの大戦』。戦艦大和の建造を巡る人間ドラマで、山崎貴監督のVFXによって戦艦大和が描かれます。 (C)2019「アルキ …

連載コラム

映画『「16」と10年。遠く。』感想評価と内容解説。兎丸愛美が体現する自分探しを乗り越えた「強い嘘」の奇跡|映画道シカミミ見聞録55

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第55回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年5月15日(土)より池袋シネマ・ロサにて1週間限定公開される映画『「16」と10年。遠く。』を紹介いたします。 兎 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学