Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/27
Update

韓国映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』あらすじと感想解説。新人監督チョン・ヘウォンが描く“性犯罪と若者の現在形”|インディーズ映画発見伝26

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第26回

インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」

2021年3月にサイトがリニューアルされ、早くもミニシアターで話題を集めた映画や、話題作のインディーズ映画が目白推しです!

コラム第26回目では、韓国の学生映画作品からチョン・ヘウォン監督の映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』をご紹介いたします。

リベンジポルノを真正面から扱い、若者たちの今を映し出す映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』は大邱短編映画祭、済州女性映画祭に招待されました。

また、ヘウォンを演じたシン・ジウはアシアナ国際短編映画祭俳優賞受賞しました。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

『K大OOに似たような93生まれ.avi』の作品情報


(C)CentralPark Film Inc

【公開】
2019年(韓国映画)

【監督・脚本】
チョン・ヘウォン

【キャスト】
シン・ジウ、キム・ジェフン、ユイドン

【作品概要】

チョン・ヘウォン監督は1993年に生まれ、東国大学校で文芸創作学を専攻し、学内劇芸術研究会のサークルで演劇活動をしました。ソウル市青年芸術団支援劇団「HAN」を代表する作家として活動した後、2017年、韓国芸術総合学校映像院映画科3年課程演出専攻で入学します。

『誰かが好きだということは』(2017)、『とんと』(2018)、『K大OOに似たような93生まれ.avi』(2019)と監督を務め、『K大OOに似たような93生まれ.avi』(2019)は大邱短編映画祭、済州女性映画祭に招待されました。

最新作は『保護者』(2020)。仁川インディペンデントフィルムツアーとしてジャックアンドベティ、シネマテークたかさきにて上映された。

『K大OOに似たような93生まれ.avi』のあらすじ


(C)CentralPark Film Inc

26歳のヘウォン(シン・ジウ)は、自分の性行為の動画が流出したことを知り、ボーイフレンドを告訴します。

そして学校を辞め、住んでいたところを離れて新しいアルバイト先を始めます。

ホールではなく、裏方の皿洗いを志望し働き始めたへウォンでしたが、ボーイフレンドが花を持って会いに来て……

スポンサーリンク

『K大OOに似たような93生まれ.avi』の感想と評価


(C)CentralPark Film Inc

『K大OOに似たような93生まれ.avi』というタイトルを聞いて連想するのは、やはり韓国でも大ヒットし、映画化もされたチョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』ではないでしょうか。

『82年生まれ、キム・ジヨン』では33歳になるキム・ジヨンの半生をとして女性の生きづらさ、社会における地位などを浮き彫りにした小説でした。本作はどうでしょうか。

映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』(2019)で取り上げられているのは“リベンジポルノ”と呼ばれる性犯罪です。

韓国では2012年12月18日(2013年6月13日施行)に「性暴力犯罪の処罰等に関する特例法(性暴力特別法)」が大幅に改正されました。以前は“リベンジポルノ”などを処罰する条項がありませんでした。

スマートフォンを当たり前にもつようになった現代において、情報の拡散スピードは早まり、多くの人が簡単に目に触れてしまうようになりました。

自身の性行為の動画が拡散されてしまったヘウォンは人目に触れること、誰かと関わることに対して恐怖を感じています。それほど深く癒えることのない傷を抱えながら日々生きているへウォン。

一人で布団をかぶり、自身の動画を見ているへウォンが映し出され、動画の音声から「愛している?」と聞くへウォンの声が聞こえます。自分を愛している、自分も愛している相手が加害者となる恐怖、トラウマ。

遠くへ離れたへウォンを追いかけてきたボーイフレンドはへウォンに対し花を渡し、嘆願書を書いてくれるように頼みます。こんなに拡散されると思っていなかった、自分も学校を辞めたから許してくれとまるで自分が被害者かのように語ります。

挙句にへウォンが応じてくれないと苛立ちを全面に出し、言動も暴力的になっていきます。へウォンの人生を奪い、心に大きな傷をつけたことよりも自分の人生が大事で、自分が加害者である自覚がないのです。

淡々と描かれるへウォンの日常はひりついていて息苦しく、改めてこの問題について考えさせられる共に93年、つまり現代の20代の認識、彼らが抱える問題について考えさせられる映画になっています。

まとめ


チョン・ヘウォン監督(C)Cinema Discoveries

「この映画が(この映画を作る)私を自由にするのか、この映画を一緒に作る人々を幸せにするのか、この映画を見ることができる多くの人々を幸せにするのか」という考えで映画を作っていると言うチョン・ヘウォン監督。

『K大OOに似たような93生まれ.avi』(2019)では、“リベンジポルノ”に正面から向き合い、93年生まれの監督と主人公のへウォンを同じ世代にすることで現代の20代に対する監督自身の視点が表れています。

学校を辞めることは将来の展望が一気に崩れ去ってしまうような、人生のレールから外されてしまう恐怖が付き纏っているかのような20代の姿は、チョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キム・ジヨン』の80年代生まれの30代とはまた違う生きづらさの中で生きている印象を受けます。

へウォンはボーイフレンドが性行為の動画を拡散させたことにより、学校を辞めざるを得なくなります。

一方ボーイフレンドも学校を辞め、へウォンに直訴を取りやめる嘆願書を書くように迫る必死さの背景には自身の将来がたたれたことへの焦りがあるのかもしれません。

だからといってボーイフレンドのしたことは当然、許される行為ではありません。

次世代の監督が描く今後の作品も楽しみになるような映画でした。

シネマディスカバリーズTwitter

次回のインディーズ映画発見伝は…


(C)CentralPark Film Inc

次回の「インディーズ映画発見伝」第27回は、同じく韓国の学生映画作品からヨ・ソンファ監督の『星はささやく』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ラスト・パニッシャー』あらすじネタバレと感想。キャストのニコラスケイジが全力熱演俳優としての真骨頂を見せた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録23

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第23回 世界各国の様々な映画を集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一 …

連載コラム

映画『タンクソルジャー重戦車KV-1』ネタバレ感想。戦車道ファンにオススメの実物の迫力と臨場感!|未体験ゾーンの映画たち2019見破録35

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第35回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回も戦車が大暴れする映画が登場します。 …

連載コラム

映画『かざあな』あらすじ感想と評価解説。どろどろの恋愛ラブストーリーを内田伸輝監督が初長編作で描く|インディーズ映画発見伝21

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第21回 インディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画を動画配信するサービス「CINEMA DISCOVERIES」。 2021年3月にサイトがリニュー …

連載コラム

映画『私というパズル』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。亡き小さな命は親子の絆を誕生させる|Netflix映画おすすめ12

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第12回 死産という深い悲しみでバラバラになった心と家族。それはまるでパズルのようなものでした…。 Netflixのおすすめ映画『私というパ …

連載コラム

Netflix映画『赤い光点』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。スウェーデン発のスリラーで“獲物になる恐怖”と有色人種への“差別”|Netflix映画おすすめ19

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第19回 雪山を逃げ惑う夫婦を描いたスウェーデンのスリラー映画『赤い光点』。 妻の妊娠発覚をきっかけに夫婦関係を再構築のため、ハイキングへと …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学